Hatena::ブログ(Diary)

茶の湯ノート

2008 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 09 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 |
 

2015-01-01 お知らせ このエントリーを含むブックマーク

茶の湯ノートは二冊目に入りました。
つづきはTumblrで。

2014-12-09 師走(二/研究会)

[] を含むブックマーク

「立處皆真」by 南山*1
「冬嶺秀孤松」とうれいこしょうをひいず

[] を含むブックマーク

椿(白)+蝋梅、焼物の掛花入に
椿(白)+ドウダンツツジ、焼物の掛花入に

[] を含むブックマーク

十畳間:桐四方棚 利休好写 盆香合を客
八畳間:丸卓 濃茶点前を亭主

[] を含むブックマーク

主菓子:じょうよ「初霜」
干菓子:あずきせんべい(愛知県名古屋市 秀松堂総本店)

*1大徳寺真珠庵 南山和尚

2014-12-02 師走(一)

[] を含むブックマーク

「冬嶺秀孤松」とうれいこしょうをひいず

[] を含むブックマーク

椿(赤)+蝋梅、焼物の掛花入に
椿(白)+ドウダンツツジ、掛花入に

[] を含むブックマーク

十畳間:桐四方棚 利休好写
八畳間:丸卓

[] を含むブックマーク

主菓子:「北風」
干菓子:「瑞鹿」(東京都渋谷区 岬屋)

2014-11-11 霜月(二)/炉開き

[] を含むブックマーク

「圓満」紫野達道
「好日」並木光昭画 尋牛斎賛

[] を含むブックマーク

おぜんざい おこうこ 大徳寺納豆

[] を含むブックマーク

十畳間:炉薄茶運び点前
八畳間:炉薄茶運び点前

2014-10-28 神無月(四/研究会)/大徳寺利休忌月次茶会

[] を含むブックマーク

「一無位真人」いちむいのしんにん*1 by 紫野嶺雲室
「渓楓紅似錦」けいふうくれないにしてにしきににたり by 紫野桂堂

[] を含むブックマーク

主菓子:薯蕷「菊の香」
干菓子:麩焼せんべい「白酔墨客」(下京区 末富)

[] を含むブックマーク

十畳間:道安風炉 中置
八畳間:大板

[] を含むブックマーク

「一無位真人」いちむいのしんにん*2 by 紫野嶺雲室
「渓楓紅似錦」けいふうくれないにしてにしきににたり by 紫野桂堂

[] を含むブックマーク

主菓子:薯蕷「菊の香」
干菓子:麩焼せんべい「白酔墨客」(下京区 末富)

[] を含むブックマーク

十畳間:道安風炉 中置
八畳間:大板

[][] を含むブックマーク

ひさしぶりの月釜。興臨院、瑞峯院のお席に入りそれぞれいい時間をすごさせてもらった。
印象にのこる道具は、即中斎宗匠の「渓楓紅似錦」、面取り部分に赤い漆が塗られた桐木地の大板、手のひらにすいつくような赤楽茶碗、茶碗に描かれた茶碗のたっぷりとした感じ、可愛らしい鶴の薄茶器(金林寺)、大原籠という花入、黒あんの中に粟の入った光琳菊のおそらく嘯月製の菓子、以上興臨院。江月宗玩(1574-1643)による掛物「会衹」(えぎ)*3、万作の照葉、堺の「肉桂餅」*4、亀屋伊織の吹き寄せ、大らかな席主と弟子たちのいい雰囲気。偶然釜が両方とも刷毛目。