ある日の日記

2018-06-01

ガチャのお値段

お値段比較してたら混乱してきて結論がなくなりかけたという話。

とりあえず今やってるゲーム、*1

を比較。

シノアリス

  • ガチャ1回30、10回300(\3000)
  • SS確定ガチャ(たまに)10回500(\5000)
  • デイリーミッションコンプで10個/日(300個/月)
  • ガチャはキャラとアイテム(装備品)混在*2
価格個数(通常)個数(セール)単価(通常)単価(セール)ガチャ回数(通常)ガチャ回数(セール)
120122410.0005.0000.400.80
360367210.0005.0001.202.40
6006012010.0005.0002.004.00
30003106009.6775.00010.3320.00
500052010009.6155.00017.3333.33
740078014809.4875.00026.0049.33
9800105019609.3335.00035.0065.33
1400140+アイテムセット-10-4.67-
3000300+固定キャラクター-10-10.00-
  • 購入時のおまけ石が少ないため割高に見えるが、ガチャの単価が¥300と安いため、ガチャ回数に換算するとそんなでもない。(後述するが、9800円でガチャ35回相当は他の2ゲームとあまり変わらない)
  • 通常時のおまけ石が少ないため、セール時との単価差が大きい。
  • デイリーミッションの10個/日が意外と大きい。毎日全獲得すれば月1回10連無料に。

アナムネシス

  • キャラガチャ1回500、10回5000(\5000)、武器ガチャ1回300、10回3000(\3000)
  • デイリーミッションコンプで300個/日(9000個/月)、週間ミッションで200個(600個/月)。
  • 1日1回ガチャ無料
価格個数(通常)個数(セール)単価(通常)単価(セール)ガチャ回数(通常)ガチャ回数(セール)
1201205001.0000.2400.241.00
480500-0.960-1.00-
960(※1)1920-0.500-3.84-
20002400-0.833-4.80-
3000400060000.7500.5008.0012.00
4800720096000.6670.50014.4019.20
980016500196000.5940.50033.0039.20
  • 120円と9800円で石単価が1.68倍の差になる(のだけれど、これはコトダマンも1.7で同じくらい)
  • セール期間のみ、1日1回限定だが、120円500個が一番お得。ガチャ1回分。
  • ※1はプレミアムログインボーナス。14日間で合計1920個の石を受け取れる(137.1個/日)。120円500個に次いで安く、セール石と同等の単価
  • もともとのおまけ石が多いため、通常時とセールとの差は相対的に少ない。

コトダマン

  • ガチャ1回100、10回1000(\4800)
  • デイリーミッションコンプで30個/日(900個/月)、週間ミッションで250個(1000個/月)。
  • 無料ポイントガチャ有
  • まだ魔法石セールしたことがないのでセール価格不明
価格個数(通常)個数(セール)単価(通常)単価(セール)ガチャ回数(通常)ガチャ回数(セール)
12025404.8002.6670.250.45
480120-4.000-1.20-
480100+アイテム-4.800-1.00-
840240-3.500-2.40-
2000600-3.333-6.00-
38001200-3.167-12.00-
48001600-3.000-16.00-
98003500-2.800-35.00-
  • 10連が4800円相当。
  • 120円と9800円で単価に1.7倍の差。
  • 120円40個のお得セットは常設*3。1日1回の購入限度があるが、買い続ければ9800円よりすこしお得。(9800円分買うには82日かかるが…)

9800円比較

通常価格
タイトル個数単価(通常)ガチャ回数(通常)
シノ10509.33335.00
アナ165000.59433.00
コト35002.80035.00
  • それぞれガチャ単価は異なるが、9800円でできるガチャ数はあまり差がない。
  • ガチャ単価に換算すると1回あたり2800〜2970円。10連で3000円くらい、が目安だろうか。
セール価格
タイトル個数単価(セール)ガチャ回数(セール)
シノ19605.00065.33
アナ196000.50039.20
  • コトダマンはセール未実施なため除外。
  • どちらも2倍セールなので、ガチャ単価の低いシノアリスが多くガチャを引ける。

120円比較

いわゆるジュース課金。

価格個数(通常)個数(セール)単価(通常)単価(セール)ガチャ回数(通常)ガチャ回数(セール)
シノ122410.0005.0000.400.80
アナ1205001.0000.2400.241.00
コト25404.8002.6670.250.45
  • 通所価格はどれもおまけ石なし。ガチャを表示通りの価格で引ける価格。
  • コトダマンのセール値が低めに見えるが、これは期間限定でなく常設のため。9800円のときと近い石単価に設定されている。

結論

  • 石セールを無視した場合、ガチャ10連は大体3000円相当になる。
  • ログインボーナス、ミッションの石獲得などを加えると、実質2500円くらいになるのではと予想。
  • 異なるゲームの単純比較は無理。
  • 考えてた以上に複雑な料金体系だった。

補足

  • ガチャの単価だけを比較しているが、ガチャで引ける内容が各ゲームまちまちだし、必要パーティ人数、装備アイテム数なども違う。安いからお得か、たくさん引けるからゲームが易しいか、などは一概に言えない。
  • ログインボーナスは確認が難しいので今回の調査対象外。
  • デイリーミッションでもらえる石の個数についても、ミッション難易度が関係するので何とも言えない。
  • メンテやゲーム外イベントによる無料配布もゲームによって以下同文。

*1:深く調査する気がない

*2:キャラクターはあまりステータスに影響せず、装備のほうが全体の強さを左右する

*32018年5月現在

2018-05-11

サイトブロッキングについて思うこと。

立法主義、検閲、通信の秘密、クリエイターへの報酬、著作権、いろいろ問題点はあるけれど、広く語られているのとは少し違う、個人的な歴史観の話。

大昔、15年以上前の話。

企業名によく似たドメインで、無関係な人がサイトを運営する……という問題がありました。

ドメインは先着順で取得できるため、「goo.co.jp(wwwが無い)」「Itoyokado.co.jp」などのドメインを、無関係な第三者が取得することが可能です。「goo.co.jp」にはgooのサービスと関係ないアダルトサイトがありました。「Itoyokado.co.jp」は、Yahooオークションに10億円で「ドメイン売ります」と出品されていました。

登録者は、不動産賃貸業、ゲームセンターショッピングセンターなどを経営す

る会社であり、JPNIC に本件ドメイン名を登録し、2000 年4月以降、URL

http://itoyokado.co.jp/」において「SHOPPING PLAZA」と題するホームページ

を開設している。このホームページは、申立人のほか、ダイエージャスコ、西

友、マイカル伊勢丹高島屋三越の各公式ホームページへリンクするほかは、

「ITOYOKADO.CO.JP ドメインお譲りします」という記載があるのみである。

また、登録者は、大手サイトYAHOO JAPAN」のオークションにおいて、最

落札価格 10 億円で本件ドメイン名を出品していた。

http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/01kaisei.pdf

今の感覚からすると信じられないかもしれませんが、当時「ドメイン名は、本来、サーバーを特定するための文字・数字等の配列にすぎない」という解釈でした*1。そのため、上記のようなドメインを取られても、法律に罰則規定がなかったのです。


結局、不正競争防止法が改正され、取り締まられることになりました。具体的には、損害賠償請求が可能になりました*2

(1) ドメイン名の不正取得等(第2条第1項第12号)

不正の利益を得る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商

品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章その他の商品又は役務を

表示するものをいう。)と同一若しくは類似のドメイン名を使用する権利を

取得し、若しくは保有し、又はそのドメイン名を使用する行為

http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/01kaisei.pdf

(3) 損害賠償請求(第5条第2項第4号)

第2条第1項第1号から9号まで、第12号又は第15号に掲げる不正競

争によって営業上に利益を侵害された者は、故意又は過失により自己の営業

上の利益を侵害した者に対し、次の各号に掲げる不正競争の区分に応じて当

該各号に定める行為に対し通常受けるべき金銭の額に相当する額の金銭を、

自己が受けた損害の額としてその賠償請求することができる。

http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/01kaisei.pdf

近年、自分の身の回りでは、上記のような問題は特別盛り上がっていません*3

そういう感じに、この数十年で、いろいろインターネットに対する法律は整備されてきました。不正アクセス禁止法や、ウィルス作成罪(不正指令電磁的記録に関する罪)も。

法律がある利点は、免罪を防ぐ仕組みがあることです。

たとえばウィルス作成罪は、ウィルスをただPCに保存しているだけでは罪になりません。誰かにウィルスを送り付けて、それを通報して逮捕させる、ということが考えられるからです。ワーム型のような不特定多数に伝染していくウィルスもあります。メールで受け取って保存しているだけで逮捕、となりかねません。だからウィルス作成罪は「電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供」が条件になっています。

ほか、「ブラウザキャッシュ著作権法上の無断複製にあたるのではないか?」という議論もありました。これは「技術上やむを得ないから、無断複製には当たらない」と解釈されました。だから我々はブラウザ自由に使えているわけです。

そういう問題と対策の積み重ねが、見えないところで効果を果たしていて、今のインターネットがあるわけで。

そこにブロッキングが登場したわけです。ブロッキングはとても分かりやすい。

「悪いサイトを表示できなくしてしまえばいい」

「悪いものが何か」は法律のように明確でありません。今ある何かを指して「あれが悪い」という答えになるでしょう。

ガイドラインの存在するtwitterの凍結やDMCAでさえ悪用されるのに「悪い」を何か決めないで使おうとしている、それが問題の一つ目。

問題の二つ目。もしブロッキングを、現在の状態のままでずっと使われた場合、前半にあるドメイン問題や、不正アクセスウィルス作成、全部に利用できるわけです。

一つ一つ検討されて法律化されたものが無意味になる。今までの積み重ねが台無しになってしまうように感じるわけです。せめて適用範囲を決めてくれないと、ちょっと効果が強すぎる。二次的に「ブロッキングされると被害が実証できない*4」という問題も心配しています。

三つ目。これは個人の心境。

仮に実際にブロッキングが良いとされて、実行されて、今の問題が解決したとして。

そのあと何か悪い事件が起きたとき「こんな記事やサイトブロッキングしてしまえ」と言う人が出てくると思うのです。実際には適当な法律で取り締まれるのに、ブロッキングで全部解決しようという、言い方悪いけれど「安直な」意見が。

歴史を無視されるのは嫌だなあと、個人的に思うわけです。

今心配されているのは政府圧力による検閲。それは反対して止めることができる。でも国民の多数が「ブロッキングでいい」と思ったら、政府も遠慮する必要がなくなる。そうなってしまったらもっと嫌だなあと。

ブロッキングが実現しようがしまいが、そういう意見を見ないようにすることは、できないと思う。

そして、見つけたときには、少し不機嫌になるのだろうと思います。

それだけ。

*1:まだ企業サイトが少なく、会社名+comのようなサイトが少なかった

*2:サイト無しのドメイン保持だけでも「使用料相当額を自己が受けた損害の額として請求することができる」そうです

*3amazonと1文字違いのサイト問題、などはありますが、少なくともストレートな商標ドメインは封じられている

*4:サイト運用されないと、ドメイン損害賠償の元になる「通常受け取るべき金額」が計算できない。「電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供」の「提供」に影響しそう、など

2018-04-11

パズドラデータ引継ぎ・復旧で聞かれること

通常の引継ぎの場合には、引継ぎ前のスマホを動かせるから問題ない。

何らかの事情で引継ぎ前のデータが動かない、スマホが壊れた、なくした、等のときには動いているアプリ自体を失ってしまい、何も参照できなくなる。

昨日まで元気に動いていたスマホが急に電源入らなくなることもあるんです(実体験)。

何年も積み上げたゲームデータをなくすとショックは大きい。下記は通常の引継ぎを含めた、データ復旧の手順である。

必須

ゲームID

これがないとどうにもならない。絶対に絶対に、スマホ以外にID9桁を保管しておく。できれば2か所以上にバックアップを取っておく。

Googleアカウント同期設定している場合

引継ぎ画面で上記IDの入力の後、アカウントログインしておしまい。

同期設定がない、もしくは別の理由でアクセスできない場合

運営サイトから問い合わせることで、復旧の可能性がある。ただし確認事項、作業手順が細かくて非常にハードルが高い*1。1つでも間違っていると復旧できないと思われるので慎重に。

下記のようなことを聞かれる。ダンジョン名などは1つ以上の回答が必須。可能な限り正確に保存しておくこと。

問い合わせたけどダメだった。

仕方ないのであきらめましょう。

*1:なりすまし復旧、アカウント乗っ取りなどの不正を防止するためだと思われる

2018-04-08

最近思い出した単語

LibraHack

テラ豚丼(2007)、ローソンアイスケース(2013)

カレログ

コロンビア(アタック25)

知恵袋カンニング

ただ思い出しただけなので、個々の内容を掘り返すつもりは無く。

今年は新社会人の会社糾弾が多い気がするのだが*1、彼らはこの辺を何歳ぐらいで経験したのだろう。

ポプテピはアニメじゃない、とは言わないけれど。

「ポプテピはアニメじゃない」アニメ大好き芸人・ハライチ岩井が『ポプテピピック』大絶賛の風潮に反論*2

完全に理解できているかわからないけど、雰囲気は理解した…かな。

シュールをやりにいっちゃいけないんですよ。シュールをやりにいったら、ネタとか劇とかできない。

 たとえば舞台があります、何時に劇場に集合してくださいって言って、みんなでそこの劇場に行かずに、蕎麦屋蕎麦を食べている。これがシュールです。そこに行って、演劇をやっている時点でシュールじゃない。

なんとなく、言わんとしていることはわかる…ような、気がする。

アニメ1話で印象に残っているのは、あんた名は、クロノトリガートトロ、あたりだ。そのあと原作漫画を買ったけれど、これらのネタ全部なかった。2話の勇者ネタも無い。料理ネタは何回かあるけれど「ポプテピクッキング」とセリフにあったのは1度きり。推理ドラマやホラーは影も形もない*3

たぶん原作既読の人にとっては「こんなのねーよw」というネタとして受け取られたのだろう。星色ガールドロップ同様「無いものをあるように見せる」というネタともとれる。一方、「原作が面白いからアニメ化した」という視点で見た場合、その面白さをトレースしていない、ともとれるわけで。何でもアリ、パロディ多め、(誉め言葉の)クソである、という共通点、方向性の一致はあるけれども、原作を台本に演出・再構成したものとは異なる。「シュールをやりにいったら、ネタとか劇とかできない。」はこれを指して言っているのかなと。わけがわからない闇鍋をやるためには、わかってるものを出すと合わない、というか。

最終回に有名(?)な「竹書房ゥァア゛ーッ」がそのままの形で出てこなかったのも、台本に沿ったらシュールにならない為なのかもしれない。

声優を楽しむというのも、漫画には存在しない楽しみ方である。まあそれは他のアニメでも同様だけれど「役に合っている」「合っていない」という軸での評価ではなかった。「男声かよ!」とか、パロディを元ネタの声優がやってしまった*4とか、そういう方の面白さだった。ボブネミは原作にわりと忠実だけれど*5、どちらかというと台本よりも絵の面白さでウケている。ゲームネタを本当にドットにするのや、料理ネタを本当にTV番組風にするのは「実際にやってみた」系に見える。原作漫画はパロディを多く含むが、アニメパロディ漫画のパロディになっていたのかもしれない。「才能の無駄遣い(有効活用)」「プロの犯行」に近い概念というか、なんというか。

一番原作に忠実で長いネタは、星色ガールドロップのオープニングだったのではないか、そんな気すらしてくる*6


かといって、原作無視してるから原作と関係ないのでは無いか、と言うとそうでもなく。

ポプテピピックオリジナルアニメだったら、たぶん星色ガールドロップは使えないなとか。ヘルシェイク矢野も原作に数コマという前提でのネタだよなとか*7

まあ4コマを30分アニメにする時点で、原作に忠実なアニメというのは無いんでしょうけどね*8

*1:観測範囲内での話

*2:このタイトルの正確性には疑問がある

*3:逆に、オリジナルだと思っていた竹書房彦摩呂ハム太郎やヘルサザンクロスは原作にあって驚いた

*4声優さんの持ちネタ披露ともとれる?

*5:「ヘルシェイク矢野」除く

*6アニメ全部記憶してないため、見直したら変わるかもしれない。

*7:紙芝居単体でも面白いけど

*8:原作者監修は、どのあたりの作業を指してたたんだろうか

2018-04-05

化粧品の界面活性剤?という話

ツイートを加筆修正したもの。引用先は2018年4月5日の記述に基づきます。

事の発端。

https://twitter.com/Yukifunese/status/980446110480134146

安くて良い化粧水を上手に選ぶための、簡単な品質チェック法があります。ずばり、思いっきり振ってみること!細かい泡ができてしばらくしたら消えるだけならOK、大きめの泡ができてなかなか消えなかったら、それは大量の界面活性剤が入っている証拠なので長期使用は止めた方がいいかも。

これについて素人がわかる範囲のことを調べてみました*1

泡ができたら界面活性剤が多いのか

上記に関しては化粧品会社のQAがあります。

よくあるご質問 | ポーラ公式オンラインストア

Q. 化粧水が泡立ってしまいましたが、大丈夫でしょうか?

A. 化粧水には、そのままでは水中に溶かすことのできない油性成分を透明に溶かすために可溶化剤が配合されています。この成分は泡を安定させる作用を持っているので、振動によってできた小さな泡が消えにくくなり、泡立ってしまったかのように見えることがあります。品質には問題ありませんので、ご安心ください。

「可溶化剤」というのが界面活性剤です。泡立ちと界面活性剤との関連があるのは化粧品会社も認めているようです。

ただし、化粧水の泡立ちの強さは界面活性剤だけとも限りません。他の(安全な)成分によって粘性が高くなることもあります。

たとえば、保湿効果で人気のヒアルロン酸も粘性が高いです。というか、粘り気の高さが保湿効果になっています。着け心地をよくするための増粘剤が入っていることもあるようです。

界面活性剤は肌に悪いのか

どうも、上記ツイートに限らず、また化粧品に限らず、界面活性剤を悪者にした根拠不明な記事は多い様子。「界面活性剤 不使用」で検索すると色々出てきます。頭痛が。

まずは化粧品会社の公式回答から。

よくあるご質問 | ポーラ公式オンラインストア

Q. 界面活性剤は肌に悪いのでしょうか?

A. 界面活性剤は肌へのなじみや商品の安定性、有効成分の安定配合など多くの機能を発揮しており、化粧品にとってはなくてはならない原料です。

界面活性剤にもいろいろな種類があります。化粧品に用いられるものは家庭用洗剤や日用品の洗剤とは異なります。さらにポーラでは、洗浄品からスキンケア品・メーク品に配合する乳化剤まで、目的に合わせた成分を厳選し、その配合量も厳しくチェックしています。

「洗剤の界面活性剤とは違う」と強調されてます。

そもそも界面活性剤ってなんだっけ、というと。

界面活性剤 - wikipedia

界面活性剤(かいめんかっせいざい、英語: surface active agent, surfactant)とは、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。

分かりやすく言うと「水と油を分離しないようにする効果を持つ物質の総称」です。天然素材にも合成素材にもあります。化粧品以外の界面活性剤というと、卵とか、石鹸(天然も含む)とか。具体的な物質のことではないので、界面活性剤=悪いもの、とは言えません。卵のように食べて平気なものもあります。

洗剤で手が荒れるのも界面活性剤ですが、汚れを落とす目的の洗剤に対して、化粧水の界面活性剤は成分の分離を防いだり、肌に成分を浸透させやすくする効果のために配合されています。配合量は多くありません。いずれにしても、肌につけるものであるため、化粧品会社ではアレルギーテストなど念入りに行って発売しています。もし界面活性剤=肌に悪いなら、化粧水に限らず、ファンデーション乳液など全部肌に悪いことになるでしょう。

参考にしたサイト:

誤解の理由、というか

なんでこんな誤解が生まれたんだろうといろいろググったところ、次のような状況を確認しました。


そもそも化粧品は科学とニセ科学の交差する世界のようで。マイナスイオンどころじゃなかった。頭痛い。

真面目な化粧品会社を応援します。

*1:おもにGoogleで:)

*2:Wikipadiaに書いてあるから真実、という意味ではなく、そういう言論がどこかにあるということ