ある日の日記

2014-03-21

最近買った本とか読んだ本とか(読みかけ含む)

全2巻読了。

表紙買い。物語にちょっと疑問(説明不足感)もあるものの、ほのぼの話あり悲しい話あり、安定して読めた。メイプルさんの表情やしぐさが良い感じ。

こころの処方箋 (新潮文庫)

こころの処方箋 (新潮文庫)

読み途中。

学術的な話でなく、コラムとかエッセイに分類される内容。人間関係や仕事など、身近なテーマを挙げて、心理学専門家観点から語っている本。悩み相談をより一般化して書いているもの、というといいんだろうか。1テーマ4ページほどなので、空き時間に読みやすい。

もともとの連載は88年から91年だそう。「ものごとは努力によって解決しない」「男女は協力しあえても理解し合うことは難しい(註:主に夫婦間)」「健康病が心身を蝕む」など、テーマが普遍的。今読んでも古さは感じないし、他人や自分に思い当たる内容がもりだくさん。分析や事例が主なので、悩みの対処法には踏み込んでない。読んで見識を深める系の本。

孤独のチカラ (新潮文庫)

孤独のチカラ (新潮文庫)

読み途中。

人づきあいばかりでなく、一人でいるときに自分を見つめるのも良いよ、という内容。独りの状態を肯定する内容は、読んでて納得する部分はある。ただ文章が力強くて読み進めにくい。日本のビジネス本ほど熱血ではないけれど。

理念や信念から入って具体例に持っていく流れって、前半で感情動いてないと後半に抵抗感じるのかもしれない。