ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

成毛眞ブログ RSSフィード

2009-10-16

芸術祭十月大歌舞伎・昼の部

| 01:19

f:id:founder:20091016082216j:image

席は1階10の18という今月最高の場所だったのだが、たまたま通路を挟んで隣が小泉元総理であった。昼にお目にかかるのは、5−6年前に日産のゴーンと一緒に官邸を訪ねて以来だ。無粋であるから、軽く会釈しただけだ。

昼の部は「毛抜」から。なんだか全体がちいさくまとまってしまって、それで終わりだ。病が治った時の梅枝が良いくらいか。遅れてくる人も多く、客席も最後までざわざわしている感じだ。まあ、まだ昼飯前だからこの感じで良い。昼飯はざるそば2枚。歌舞伎座のざるそばはもちろん水切りしてある更科系で意外にも美味しいのだ。

「蜘蛛の拍子舞」前半は拍子舞。玉三郎松緑菊之助の3人だから安心して見ていれるものの、いつもとさほど変わりない。後半も玉三郎お得意の蜘蛛メークで「カーーーッ!」だ。これもいつもと変わりない。とはいえ客席は最後の見得で大いに盛り上がる。なにしろ舞台は蜘蛛の糸もふんだんで、ギンギラギンだから見栄えは良い。じつはこの舞台、玉三郎の化粧直しのための場つなぎに出てくる蜘蛛役が素晴らしかった。蜘蛛のかぶり物で見得を切ってあれほどきまるのはすごいことだ。筋書きに名前を出すべきだ。蜘蛛には隣の小泉さんも大喜びだった。

今月はここからいきなり藤十郎の「河庄」だ。藤十郎はあいもかわらず、常時「ジュルジュル」だ。鼻をすする音なのか、涎をすする音なのか意図はわからないのだが、人が泣いた時のいわゆるすする音をほとんど全ての台詞の合間にたてる。あまりに板についているので筋書きとは関係なくすする。泣いてもすする。笑ってもすする。段四郎中日でもまだ台詞を覚えていない。こういうとなんだか芝居はぐちゃぐちゃのようなのだが、終わってみるとグッと胸に迫るものがある。やはり間違いなく藤十郎が上手いのだ。途中でてくる亀鶴が良い。時蔵は劇中ほとんど伏しているので肉体的にはつらいかもしれないが、演技的には工夫はいらなさそうだ。小泉さんは涙でウルウルになっていた。いい人だ。

最後は松緑の息子である藤間大河のお目見得だ。可愛いったらありゃしない。きちんと指を伸ばしてご挨拶するさまはお人形のようだ。菊五郎富十郎吉右衛門松緑と挨拶が進んで、菊五郎劇団の登場で「だんまり」である。こんな劇を「あらうれしや」「あらおもしろや」と見るのは日本人だけであろう。踊りも台詞もなく、暗闇で10人ほどの大人が手探りしながら歩きまわるさまだけの劇作だ。ところが、これがじつに豪華で面白いものなのだ。いっきに江戸時代タイムスリップしてしまえる。歌舞伎があるおかげで日本人はいつでも現代と江戸時代の二つの時代に生きることができるのだとつくづく思う。「あらありがたや」

kahorukkahoruk 2009/10/21 01:08 こんにちは。いつも楽しく観劇記を拝読しています。
藤十郎@治兵衛の「じゅるじゅる」に吹き出してしまいました。確かに、毎回どんな役でもそうですね。
成毛様、11月は大変ではありませんか? 私は、国立、演舞場、歌舞伎座すべて行くので、土日は歌舞伎漬けです〜。
個人的には成毛様の国立観劇記が楽しみです。
それにしても、「毛抜」はやっぱり、團パパで見たい……。来月は「外郎売り」♪

founderfounder 2009/10/21 07:18 kahorukさん、来月は歌舞伎座は1日通し、演舞場は2日に分けて行く予定です。イギリスにも行きますので、国立はパスいたしました。とりわけ三五大切を楽しみにしています。配役が絶秒というか、期待通りでもありワクワクしてます。11月の海老さまはピップエレキバンだけですか?

kahorukkahoruk 2009/10/22 00:12 成毛様のコメントには、いつもそこはかとなくユーモアが漂っているので、クスッとさせられます。
そーなんですっ!!ピップエレキバンだけなんです。何が「流れがきたきた〜」なんだか。
花形歌舞伎なら海老様も出ていいはずなのに、最近疎外されているように感じるのは私の思いすごしならよいのですが……。
1月は演舞場に登場だそうです。
私も「盟三五大切」は大好きです。今回の演舞場は昼夜ともに本当にいい狂言が揃いましたね〜。
時蔵、菊五郎、吉右衛門の大御所版も面白かったですけど、「花形」には私も今からワクワクです♪
イギリスには、どうぞお気をつけてお出かけくださいませ。

なかのひと