Hatena::ブログ(Diary)

成毛眞ブログ RSSフィード

2010-01-26

『ぼくらの頭脳の鍛え方』

| 02:34

ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)

ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)

じつは『本は10冊同時に読め』の続編を執筆中である。そのために何冊か最近の読書本を読んでみたのだが、やはり本書が面白かった。佐藤優は相変わらずの衒学趣味の匂いがする「知の怪物」なのだが、あくまでも「文系の知」でしかないように思えてしまう。つまり世界の半分しか知らないということになる。しかし、その世界の半分について佐藤はまさに比類なき「怪物」だ。

それに比べて立花隆は本物の「知の巨人」である。その立花が「あくまで仕事を一般教養のための読書についてであり、趣味のための読書についてではない」と前置きして読書に役立つ14カ条というのを1982年に書いている。その中から抜粋してみる。

1.「金を惜しまず本を買え」、全く同感だ。

2.「1つのテーマについて類書を何冊か求めよ」、まったく同感だ。

3.「選択の失敗を恐れるな」、まったく同感だ。

4.「自分の水準に合わないものは、無理して読むな」、まったく同感だ。

7.「本を読みながらノートを取るな」、まったく同感だ。

8.「人の意見やブックガイドのたぐいに惑わされるな」、まったく同感だが互いに自己矛盾。

9.「注釈を読みとばすな」、まったく同感だ。

10.「本を読むときには、懐疑心を忘れるな」、まったく同感だ。

13.「翻訳は誤訳、悪訳がきわめて多い」、まったく同感だ。


そして最後の14条は「大学で得た知識など、いかほどのものでもない。社会人になってから獲得し、蓄積していく知識の量と質、特に20代・30代のそれが、その人のその後の人生にとって決定的に重要である。若いときは、何をさしおいても本を読む時間を作れ。」である。

本書のなかでも立花が含蓄深い。「今、教養という言葉は死語になりつつある。万巻の書を読みつくせる人はいない。結局は、人生の残り時間を確認しながら、最大の成果を得られるように計画を作るしかない。(そのためには)知識の系統樹が頭に入っていることが大切だ」で読者にお勧めなのは「巨大書店の書棚をすべて隅から隅まで見て回ることです。」というのだ。まったく同感「はい、先生!実践しています!」

その二人がなぜかホリエモンについて本書で話している。さすがにこの分野では二人ともすこし誤解しているようで可愛げがある。ゲノム解読の先にあるプロテオミクスなどについて語り合っていないことをみて、嬉しくなる。理系雑学だけは佐藤優に勝てるかもしれない。

ともあれ、本書で立花隆がとりあげた本と、これからボクの取り上げようを思っている本の重複がスゴイので、本当に困ってしまった。どう考えてもこちらの分が悪い。科学と軍事を読まなければならないという立場そのものが同一なのだから仕方ないのかもしれない。

東洋経済1月30日号「ゴルフざんまい」

| 01:24

平成18年に総務省が行った社会生活基本調査によれば、30才代、40才台ともに、もっとも人気のあるスポーツはボウリングで、23%ほど人が参加しているという。50才代の第1位は登山ハイキングで13%だ。不思議なことに人は年をとると、いきなり室内のボウリングから山へと向かうのだ。

この調査によれば、わがゴルフは成人のほぼ全世代で2位だ。30才台では11%、40才台と50才台では12.5%、60才代では10%が参加しているという。ところがこの数字は男女合わせてものだから、男性だけに限るとゴルフの人気は30代以上の世代では非常に高いことがわかる。

いっぽう、社会経済生産性本部のレジャー白書によれば、ゴルフは1兆7200億円ですべてのスポーツの中で断トツに大きい。内訳はゴルフ場が1兆1500億円、用品が4200億円、練習場が1600億円だ。ちなみに第2位のフィットネスクラブの売上はゴルフ用品と同額の4200億円あまりである。

ところで、同規模のサービス業を統計局のサービス業基本調査で調べると、日本料理が2.3兆円、中華料理と美容業が2.0兆円、西洋料理は1.6兆円、すし屋が1.5兆円だ。たしかにクラブハウスで鉄火丼、チャーシューメン、ハンバーグ定食がメニューにあると産業規模順に人気であろう。ということは、ゴルフ場にエステや1000円カットなどを併設すると、意外と人気になるかもしれない。

数字を羅列したのには意図がある。このように人気があり、かつ大きなサービス業でもあるゴルフにだけは、ゴルフ場利用税という1人最大1200円もの税金が課せられているからだ。

ゴルフ税は昭和25年に施行された娯楽施設利用税の名残である。娯楽施設利用税はパチンコ屋や麻雀荘にも課されていたもので、いまではゴルフ場だけに名前を変えて残っている。この税金を新設するときの当局の説明のなかには、ゴルファーは担税力があるからというものがあった。しかし、いまではゴルファーの半数以上が年収700万円以下である。

それどころか、担税力のない国民はゴルフなど贅沢だから楽しんではいけないという理不尽、不平等な税金でもある。ちなみに国家公務員はたとえ自費であっても、利害関係者とゴルフと麻雀をしてはいけないという規則がある。つまり利害関係者でも、自費であればボウリングや登山はできるのだ。

これらの税制や規則を作った昔のお役人たちは、お金持ちの利害関係者と高級ゴルフ場で賭けゴルフでもやり、良い目にあっていたのであろう。ともあれ、ゴルフ場利用税の廃止は経済政策からみても妥当であると思うのだ。

dotcomdotcom 2010/01/26 15:27 読書家の成毛様へ質問です。

いつも楽しく読ませて頂き有難う御座います。

原田常治氏の絶版本とかお読みになられてましたら、特にノンフィクの歴史物に関してご見解等お聞かせ頂けると有難いです。

http://www.amazon.co.jp/gp/search?field-keywords=%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%B8%B8%E6%B2%BB&index=blended&tag=mozillajapan-fx-22&sourceid=Mozilla-search&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&linkCode=qs

お忙しいところ誠に恐縮ですが、勝手ながら宜しくお願い申し上げます。

PS 佐々木俊尚さんのtwitで古代日本正史をお読みになっているのを知り、歴史物を取り寄せて読んでおります。

yasuji81yasuji81 2010/01/26 18:59 成毛様
『WORKERS』をご紹介頂きまして、ありがとうございます。普段、写真展や写真集等にはあまり興味がなかった分、今まで興味なかったことが悔やまれます。この本に出会えたことが本当に本当に良かったです。チョコレートの真実と同様に打ちひしがれる思いをし、また、チョコレートの真実であった過酷な状況がリアルに映像化されたように思えました。普通で得られない真実が見えたような貴重な体験でした。

書評、毎回心酔させて頂いております。今回の「ぼくらの・・」も購入させて頂きました。ありがとうございます。
この機会に教えて頂きたいのですが、よろしいでしょうか。
初心者が歌舞伎を楽しむ為にはどのような本がお勧めですか。
また、中世ヨーロッパの歴史でおすすめな本があれば教えていただければと思います。他力本願で申し訳ありません。

leon900xleon900x 2010/01/27 01:50 成毛さん初めまして。
僕は大学の暇な時間にブラっと立ち寄った図書室にあった「本は10冊同時に読め」を見て成毛さんの存在を知りました。僕はその後貸出をしてそのまま帰りの電車で読んでしまったのですが、その足で「大人げない」を購入しました。
僕も周囲には「お前みたいなタイプは社会に出てやっていけない」と言われたりするような天邪鬼なタイプなので、「大人げない」は共感できました!とても楽しかったし、同世代の人たちからしてみたら僕は”大人げない大人”なのかもしれませんが、自信がわきました!!

実は僕は大学に入るまで読書はほとんどしなかったのですが、大学に入学してから通学時間が長くなり、時間がもったいないので適当に買い読み始めたらすっかり読書狂になってしまったのですww

成毛さんの考え方や僕もまったく同感である部分が多いので、続編も楽しみにしています!

founderfounder 2010/01/27 09:50 dotcomさん、原田常治の著書は読んでおりません。じつは日本の古代モノはちゃんとした研究者の手によるものから、ゲテ物本まであまり興味がわかないのです。今後も重要な天皇陵などを開けることはないでしょうから、この時代は本質的にロマンで良いのではないかと思ってしまいます。

founderfounder 2010/01/27 09:58 yasuji81さん、面白そうなので、本記事でお答えしたいと思います。少し、お待ちください。

founderfounder 2010/01/27 10:03 leon900xさん、いい感じですw 大人げない人たちが本に埋もれ、たまに顔を上げて社会にもの申す、なんてのは成熟した社会の証かもしれません。

dotcomdotcom 2010/01/27 17:35 成毛様へ

お返事有難う御座います。

yuzuki0922yuzuki0922 2010/01/27 18:21 新世代ビジネス〜を読んでいます。松村氏との戦術、戦略についてとてもとても読んでいて分かりやすいし、楽しいです。
社員をサーフィン〜ご冗談でしょファイマンさん上もこれから読みますが、勿体なくて。わくわくです。
成毛さんのご紹介の本はハズレなしですね♪

dotcomdotcom 2010/01/27 19:20 yasuji81様、成毛様

あまり日がないので、恐れ多くも成毛様のblog上で不躾ですが恐れ入ります。


2/2 (火) 5:05 〜 5:35   (再) NHK「日本の伝統芸能」 歌舞伎 最終回 

http://www.nhk.or.jp/dentou-nyuumon/index.html


番組概要
「日本の伝統芸能」歌舞伎シリーズ最終回。講師は市川團十郎。代々の團十郎が築き上げてきた芸と、当代そして現海老蔵の舞台を紹介し、脈々と流れる「芸の伝承」を観る。



番組詳細
今回は「歌舞伎シリーズ」の最終回。講師は歌舞伎俳優の市川團十郎。十二代続く團十郎の名跡は、初代以来350年の歴史を有する。その代々は、常に時代とむきあって生きてきたといえる。いま、團十郎は先人の遺産をどう受け継ぎ、自分は何をし、それをどう後世に伝えていこうと考えているのか? 代々の團十郎が築き上げてきた芸と、現團十郎、そして現海老蔵の舞台を紹介し、團十郎家に脈々と流れる「芸の伝承」を紹介。

【ゲスト】歌舞伎俳優…市川團十郎,【司会】高橋美鈴



テキストも私のようなど素人向きだと思います。

http://www.nhk.or.jp/dentou-nyuumon/books.html


NHKの古典芸能番組一覧

http://www.nhk.or.jp/koten/bangumi.html


もしご存知でなくご参考になれば幸いです。

なかのひと