ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

成毛眞ブログ RSSフィード

2010-02-13

就職活動中の大学生を応援してみる

| 02:55

この面接メモは成毛父娘の共作である。対象となるのはメーカーや商社などの営業系総合職希望者だ。理由は父娘とも面接官・被面接者として、それしか経験したことがないからである。あらゆる業種の開発・製造技術者金融など個人の信用力を試される職業、即戦力を求められる一般職については別の戦略が必要かもしれない。

1.日経新聞を読む必要はない

完全に理解していれば別だが、付け焼刃的な知識をひけらかすのだけはやめたほうがよい。「自分が持っている知識はせいぜい半年以内に読んで知りえたことであり、そんなことはビジネスマンを20年もやっている人の前では子供騙しだ」ということすらイメージできない愚か者だと思われかねない。逆に嘘でも良いから、自宅で親は日経新聞をとっているが、自分はあまり読まなかったと言ったほうが良いかもしれない。少なくとも親は愚か者ではないことだけは証明できる。

2.サークルのリーダになってはいけない

なぜか日本では、ほぼすべての学生が面接の時には、なにかのサークルのリーダーになってしまう。そもそも、サークル体験は就職上の価値は低い。リーダ-であってもなくてもほとんど意味をなさない。にもかかわらず、ほとんどの学生が自分にリーダーシップがあることを伝えたいあまり、いわばウソをつくのだ。

3.誰がエライのかを一発で見抜くこと

意地悪い質問をしない人が一番エライ人であり決定権者だ。その人に向かって話すこと。残りの人は完全に最後まで無視してよい。残りの人も決定権者の視点で見ているので問題はない。

4.徹底的に営業すること

誰でも好きだと言われると嬉しい。したがって会社を褒める必要がある。業績や社史などを持ち出して難しく褒めることはお勧めしない。誰でもやるからだ。社内に入った瞬間に好きだと思ったことをいえばよい。空気がいい匂いだといえばよいのだ。そして「一番偉い人」に敬意を払うこと。その人が万が一にも自慢話でも始めたら、絶対に止めてはならない。

5.目立つこと

顔の印象が薄い人は、たとえば太い黒ぶちの眼鏡を作るなど考えたほうがよい。髪型だけは事前に偵察して、その会社の1-2年生の社員と同じようなものにしておくことをお薦めする。

6.面接中に失敗したと思ったらリセットすること

全員が極度に緊張していることは面接官は重々知っている。そして、良いところを見出そうともしている。だとするならば失敗しても「はい! もう一回やります!」が完全に有効なのだ。絶対に諦めないこと。むしろ諦めない人間だということをアピールできる良いチャンスだ。

7.どの企業を受けるかは信頼できる身近なビジネスマンにきく

自分が何をやりたいかなどを考えても意味はあまりない。自分が何に向いているかすら考えても無駄だ。仕事そのものを知らないからだ。学生だからではない。社会人だって隣の会社について本当はなんにも判らない。信頼できる人に自分はどの職種・業種の「雰囲気」なのかを聞いたほうがまだ正確なのだ。

8.大人にならない

難解な言葉は使わないこと。難しいことを簡単に伝えることができない愚か者だという印象を持たれかねない。それよりも、ともかく面接官を笑わせたら勝ちだ。

こんなノウハウをつかって入社しても意味がないだろうと思われるかもしれない。しかし、前置きで書いたように、これはメーカーや商社などの営業職用だ。もう一度見てみよう。商品の売り文句は付け焼刃ではない、ウソはつかない、決定権者に臆せずアプローチできる、売り込みに失敗してもリセットできる、情報を収集できる、そして交渉は和やかに、これらはこの分野のビジネスマンの必須条件なのだ。

ちなみに娘は一切の就活マニュアル本を読まなかった。そのため、上記と同じことがマニュアル本に書かれているかもしれない。マニュアル本を読むと、競争相手と同じようになってしまうのが怖くて読まなかったとのことだ。それゆえ、もしこのメモが参考になるようであれば、コピーしないでほしい。参考にならなければ、黙って無視してくれればよい。本当に気の毒な就職環境だけれど、がんばってほしい。

founderfounder 2010/02/13 09:06 「7.どの企業を受けるかは信頼できる身近なビジネスマンにきく」についてですが、第3者(親でも第3者、第2者は就活先)にぼんやりとでも、自分と業界や会社の相性を聞いたあと、面接で聞かれるであろう志望動機などは、もちろん考えておいてください。じつは面接官は口火を切るためにとりあえず聞くだけです。「親にお前なこの会社に絶対に向いている。100%貢献できると勧められたので、心から信じて来ました」といっても、加点されることはあっても減点はされないと思います。

founderfounder 2010/02/13 09:14 「1.日経新聞を読む必要はない」についてですが、まったくインターンなどもしたことがなく、経済社会の理解に不安があるようであれば、テレビ東京系のワールド・ビジネス・サテライトを数か月視ることをお勧めします。他のバラエティー系テレビニュースと違い、ホンモノのビジネスマンが出てきます。口のきき方などが参考になります。ただし、その口調を真似する必要はありません。面接官は日ごろそのような口調で話しているのだという参考になります。

katu0822katu0822 2010/02/13 12:06 私も現在就職活動中ですが、最近一番良かったことがワタミの会長の話をタダで聞けたことです。テレビで見るといつもニコニコしすぎていて、なんとなく胡散臭いですが本物を見ると、この人と働けたら幸せだろうなと思いました。その会長が言っていたのが「お前ら我慢して就職するなよ。楽しいところで働かないと頑張れないし、絶対続かないからな」ということでした。その話を聞いて次の日に合同説明会があり、全く興味の無かった企業で「楽しそうなイメージしかできない企業」と出会いました。自分の頭でシューカツするには限界があると思います。給与や労働環境、事業内容は置いておいて、ある程度は勘にたよるのも有効なのかと思います。

future_bookfuture_book 2010/02/13 12:58 拝見させていただきました。ありがとうございます!

それを踏まえ質問させていただきたいのですが、2の「サークル体験は就職上の価値は低い。リーダ-であってもなくてもほとんど意味をなさない。」ということですが、これはなぜなのでしょうか?

founderfounder 2010/02/13 16:01 katu0822さん、勘が働く人であれば、下手に考えるより有効かもしれません。かくゆう自分もじつはw

founderfounder 2010/02/13 16:11 future_bookさん、サークルは単に趣味だとみなされます。体育会とはまったく別物です。もし、4年間にわたり300日/年、朝5時に練習に行くようなサークルであれば語る価値はあります。(インラインスケート部なんてのはそうかもしれません)それでやっと体育会と同じ程度の時間だけは使ったということでしかないんですよ。

future_bookfuture_book 2010/02/13 19:23 コメントありがとうございます。

サークルと体育会では明確な差があるのですね。高校時代は運動部として週6でガンガン練習しておりました。それも副部長でしたが。

それから話がずれますが、面接官は基本的に「編入学」に関してはどのような判断をされるのでしょうか?
法学部→法学部などの同系統や、経済学部→社会学部といった異系統などいろいろなパターンがあると思いますが。

founderfounder 2010/02/14 09:08 future_bookさん、ほとんど気にもしないと思います。会社にもよりますが、足切りやスクリーニングが終わったあとの学生にたいしては大学名すら気にしないと思います。ほとんどの企業は大学での教育に全く期待していないと思います。

yuzuki0922yuzuki0922 2010/02/15 09:30 時間差ですみません。今学生さんをバイトに雇い入れていますが、大部分、この子達『純』過ぎだと思ってしまう。この『純過ぎる』ことって
本当に怖い。気を悪くしないでね、future_bookさんも私から見ればかわいいなと思ってしまう。

redoctopusredoctopus 2010/02/16 03:32 初めまして、私は大学生です。このブログと成毛さんの本を楽しませていただいております。
異なる環境に飛び込み暮らすことがいきがいとなりそうので、世界中で働ける力をつけるために休学して、縁があって、海外で2年間くらい働こうと思います。今後どの辺がおもしろいですか?!チュニジア、ブラジル、ガーナ、ドバイ、インド、中国、、etc
また働く言語はもちろん英語なんですが、長期で行くため英語以外を身につけようと思ってるのですが何語がおもしろいですか?人それぞれと言われたらそれまでなので、恐縮ですが、成毛さん流の考えが知りたいです。また、参考になる書物等がありましたらなんでも御紹介していただきたい。よろしくお願いします。

founderfounder 2010/02/16 09:54 redoctopusさん、例として挙げられている6カ国であれば、ボクが大学生ならとりあえずチュニジアに行くと思います。同じくソフトイスラム国のトルコやモロッコも魅力的ですね。ソフトイスラムは安全だしキレイなのです。たぶん、サハラ以南アフリカ諸国は選ばないと思います。かなりの覚悟がないと。ケニアや南アフリカでもかなり危険ですから疲れてしまいそうです。

神様から「5年間どこに行ってもよい、その間は年をとるのと、メタボ化を停止してやる」言われたら、絶対イタリアですね。南北裏表駆け回って、ウマイものを食えるだけ食ってやる。

buchi_Rbuchi_R 2010/02/17 16:32 私は大学4年生、つまり直近の就職活動経験者です。そういう立場なりにブログを読んで感じた事を書かせていただきます。

>面接で聞かれるであろう志望動機などは、もちろん考えておいてください。じつは面接官は口火を切るためにとりあえず聞くだけです。
これはまさにその通りだと思います。面接は会話、つまり情報の交換だと思いますが、お互いに交換できる情報が何なのかを把握し切れていないために、まず志望動機など「接点らしいもの」を聞くことになるのだと思います。
本当に魅力的な、様々な情報・知識を持った面接官の方は学生の趣味や、世間話でも会話をきちんと成立させられるのでとてつもないと思います。御社の社員の方などまさにそうでした笑。

>3.誰がエライのかを一発で見抜くこと
意思決定者を見抜けということですね。全くその通りだと思いますが、やや我々学生には要求が高いかもしれません笑

>それよりも、ともかく面接官を笑わせたら勝ちだ。
そうなんです。私自身の経験として「君、馬鹿だねぇ」といわれた面接で落ちたことはありません。しかし、これも要求が高いですね。苦笑

なかのひと