ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

成毛眞ブログ RSSフィード

2013-11-22

空怒族(コンヌーズ−)

| 07:37

凶暴化する中国人象徴する言葉。空港でのフライトの遅れなどに対して、クレームから暴行事件にエスカレートすることがある。職員を殴るだけでなく、空港設備の打ち壊しも。フライトの遅れにキレて、乗客が滑走路に飛び出し、ほかの飛行機を無理やり止めたこともあるという。

空怒族の様子と空怒族に対抗するために護身術を習う女性グラウンドスタッフの記事。いやはやグッときます。

http://www.toychan.net/archives/2013/08/01_0515.php

この記事によると2013年6月に北京首都国際空港から出発した2万2000便のうち、定刻に離陸できたのはわずか18%とのこと、そりゃあ怒るわな。

とはいえ、ご存知のとおりアメリカの搭乗前検査にも辟易。チョー長い行列、ランダムサンプリングの追加検査、素っ裸風X線スキャン、アメリカにはとても観光で行く気になりません。中国も観光で行く気になりません。昔よく行っていたケニアエジプトなんかも物騒な感じ。そうだ、京都 行こう!

『「全身病巣」国家・中国の死に方』石平著 196ページ

なかのひと