Hatena::ブログ(Diary)

Android開発-fs随筆- RSSフィード

2005-06-17

朝目覚めたらそこは知らんところだった。

石造りのでかい通りに面した建物の壁に寄りかかってた。

んーここはどこだろう?

目の前を馬車が通り過ぎる。朝霧に包まれて遠くまでは見えないけど、どうも中世ヨーロッパを彷彿させる町並み。

んー、マジでここは一体どこなのでしょう?

たぶん夢の中かしら?

予定変更

今日から創作に移ろうかと思ったんだが、気になるニュースが・・・

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20050614nt07.htm

俺の通ってる専門の学生全員にブログやらせたらましな人間が育つと俺吼えてた気がするが・・・小学生か・・・

小学生ブログをやるなら最低でも以下の条件をクリアしなければならない。

生徒が暴動起こさないようにきちんと管理するように。個と言う認識の無い未熟な個性を自分の好き勝手に染めようとする教師が出ないように。

個人特定しちゃいけないってのは、現実での発言と、ネットでの発言の使い分けが出来ない生徒と先生が必ず問題を起こすからだ。ネットでの人格と現実での人格はきちんと使い分けないといけない。現実で社会人なら会社の地位や家庭の地位があるけど、それをネットまで引っ張り込む意味は無いだろ。ネットでの人格が何を発言したかこそが重要なわけだ。


ん、いろいろ考えたが無理だな。小学生には無理。有益だと思うが、怖いな。家庭への帰属を経てない子供にこれをやらせるのは怖い。成長過程を踏んでない子供ブログと言う言葉のみのコミュニケーション環境に突っ込むのは怖い。

やるんだったら、それぞれの日記オンリーとかにしてコメントトラックバックも禁止にするべきじゃねえかな・・・当然日記プライベートモードのみ。担当教師と肉親だけが閲覧可能とかな。んー、難しいもんだ。

ブログやると自分の考えを認識するのの手助けになるし、現実を見つめる手助けになる。でもそれはちゃんと今までにいろんなことを考えたりした後のことであって、そう言う経験なしの子供インターネットにほおりこんでトラックバックの応酬なんてできっこない気がするんだがなあ・・・。

あーでも、議論の仕方とか、妥協点の模索の仕方とか、相手意見の理解の仕方とかいろいろ学べるかもなあ・・・。事実俺はブログ始めてそういった面は成長してる。

んー、小学生やらせるのは怖いが、無駄じゃあないだろうな。個人的にはブログ内で小学生なんかと話したくないんだけどな。

ん、やっぱ俺個人の好き嫌いが先行してたみたいだわ。

Connection: close