Hatena::ブログ(Diary)

Android開発-fs随筆- RSSフィード

2006-03-21

プライドの報酬を少し考える。

仕事をしてお金を貰う。それは金銭的な報酬だ。

良い仕事をすると同僚から尊敬を得る。それはプライドの報酬だ。

良い仕事をすると顧客から敬意を得る。それはプライドの報酬だ。

仕事をして顧客からお金を貰う。それは金銭的な報酬だ。

よく考えれば、必要な金銭的報酬さえ受け取れば、後は仕事に対して求める事はプライドの報酬なのだ。

尊敬されるという事は尊敬する事を学ばなければいけない。良い同僚に対して尊敬を表す方法、顧客として仕事をしてくれた人に尊敬を表す方法。学ぶべきだろうと思う。

そいつは謙譲語や尊敬語を正しく使えるようになるとは別の話だと僕は思う。言い換えるなら正しい謙譲語や尊敬語を使う事が果たして他者へ敬意を表す重要な要素であるといえるのだろうかと僕は思う。

それは、尊敬語や謙譲語の語彙が無くても想いは伝わるからだ。敬意を伝える方法は他にもたくさんあるように思える。むしろ尊敬語や謙譲語が氾濫した今の日本コミュニケーションではその語彙が本当の気持ちを隠しさえするように思える。年上だから尊敬語をというのでは、良い仕事をした年下に投げかけるのは尊敬語ではないということになっている気がする。


Sccottさんのコメントを思い出す。

理系リーマンが一番身近に感じる金以外の名誉が「プロジェクトX出演」だったりするわけですぜw

良い仕事したときに同僚や顧客から敬意を受け取る事が出来ていないのが理系リーマンなのだろうかと考える。その意味プロジェクトXのような社会的な敬意を勝ち取る方法は的を得ているのだろう。


OSS(オープンソースソフトウェア)の開発に関わる報酬はそれこそ名誉だけだ。ソフトウェア開発者が得られなかった報酬がそこには用意されているのかもしれない。


弾さんの一言がヒントになった。

憶測もいいところだが、それには「芸術家」を認定しているのが「芸術家」ではなく「批評家」だという背景があるように思われる。日本において芸術家は「批評家市場」なのだ。芸術家を決めるのが芸術家ではなく批評家。これでは芸術家が縮退するのもやむえまい。

芸術家批評家によって敬意を得ている図だ。芸術家の金銭的な報酬は敬意と比例するように思えるんだが、そこには評価する側の人間、敬意を与える側の人間である批評家が必要だという事だ。大昔、絵は一部の貴族の娯楽であった。絵を描くというスキルを発揮して出された成果物を理解する貴族が、スキルの持ち主にプライドと金銭の報酬を与えたのだ。大きな貴族に召抱えられた芸術家はそれだけでプライドと金銭を満足させたのだろう。

ここプログラマーなどが金銭以外の報酬を得られない理由を見つけた。

■無縁の心理

 人は人生の中で一回は絵を描いたり、作文を書くので、グラフィッカーやシナリオライター仕事と心情を察することは不可能ではない。

 しかし、プログラムは違う。やらない人は永遠にやらないし、義務教育でやらされる内容も、絵や作文に比べてグッとレベルが低い。

 また、文章やグラフィックに比べて、入力と出力の直結性が、知識のない人には理解しがたいところもある。プログラマは、コンピュータを制御・操作し、コンピュータプログラマの書いた指示書ともいえるプログラムを読む取って彼らの意図すること(また意図しないこと)を表現させる仕事だ。

 誤解を恐れずに言えば、プログラマは直接的にはコードと向かい合っている。絵描きや物書きは、紙の上で作ったものをそのまま他の職業の人に見せることも出来るが、プログラマエディタ上で打ち込んだコードは、プログラマでなければ理解はできない。

 小説を書かない人も、趣味小説を読むし、絵を描かない人も絵画鑑賞を趣味にできる。

 だが、プログラマでもないのに、コードを読むことを趣味にする人はいないだろう。

 大工工事だって工事中の状態を見れば、目で分かるものだが、プログラムの場合はそうはいかない。極端な話、プログラムの知識がない場合、プログラマに対して、

「働いているのかサボっているのか分からない」

 という気持ちを抱くことさえあるという。ちなみにこの言葉は、週100時間労働をこなすプログラマに対して、実際に吐かれた暴言だ。

プログラマーの成果物を評価してプライドの報酬を与えるにはプログラマーにならなければできないということだ。弾さんのヒントから考えるならプログラマー批評家がいない状態なのだといえる。

ならば、プログラマープライドの報酬を与えるのは同僚しかいないではないか。プログラムをよく知らない顧客がプログラマに与えられる報酬は金銭的な報酬しかないじゃないか。そうだ、よく考えればプロジェクトXプログラムソースを映すわけにはいかないじゃないか。

プログラマープライドの報酬を求めてOSSを生み出したのは、プライドの報酬を他の手段ではなかなか得られなかったからではないだろうか。よく考えれば、ハッカー(含クラッカー)が未だに憧れの対象としてあるのもその理由が関係してるんではないだろうか。自分のためにハックする人間もいるが、多くのハッカーは自分のハックを外に露見させようとしている。


今はまだこれしかわからない。もう少しプライドの報酬について考えを巡らせたいところだが。

追記

http://satoshi.blogs.com/life/2006/03/post_8.html

少なくとも今の日本を見ると、階層構造化されたエンタープライズ系のエンジニアたちよりは、オープンソース系の「設計からコーディングまで全部自分でやる」エンジニア達の方がずっと元気があるし幸せそうだ、ということだけははっきりと言える。

オープンソース系が元気である事、幸せである事、をみてプライドの報酬と絡めて考える材料になるかと思った。

日本では、エンジニア達が階層化されている。アジャイル曰くの工学的アプローチの間違いとかそういうことだろうか、と考える。

ソフトウェア開発は協調ゲームだという観点を持つのが良いという事なのだろう。そうしたときプライドの報酬とは何だろう。

エントリーに対してタグを使ったり使わなかったりすること

タグを使うのは後でサルベージするかもしれない。タグを使わないのは完全なメモ書き。

何故メモ書きタグを作らないかというと、メモ書きタグを作ると、すべてがメモ書きになりそうだから。

nvsnvs 2006/03/21 16:15 >プライドの報酬
イチローのように絵にかいたようなトップランナーのプライドや報酬は分かりやすく、大は小を兼ねて映し出してくれるものもあるんだけど、自分の足もととリアルな事情は自分の肌で感じることとネット等情報と照らし合わせながら見るのが把握するにはいいかもしれないですね。

foursuefoursue 2006/03/21 21:32 もー少し説明ください><

nvsnvs 2006/03/21 23:23 あにゃ。
職業によってプライドの位置づけって事情がいろいろ違いそうだしぃ。とか思いました。それにどこかプライドとか報酬面で諦めを抱いてる自分として適切なこと言えなさそうな、というか。

foursuefoursue 2006/03/22 01:45 同じ仕事をしてる人達に認められるって言うのは、全職業に共通してプライドの報酬なんじゃないかとか思っちゃいました。そのカタチはまだわかりませんけど。
ぬださんだって、一人前にフリーで食っているって言うのは周りに認められてて、そういう風に扱ってもらえるというのは報酬なんじゃないかとか思います。尊敬できる仲間と一緒に仕事をしたりするのがプライドの報酬なんじゃないかなとも、思ったり。まだ考えがまとまらないです。

nvsnvs 2006/03/22 09:12 私も少し考えてみようと思います。今ひとついえることはあります。
本格的に仕事はじめて報酬をもらうサイクルの中に入らない内は考えはまとまりませんよ。断言します。

foursuefoursue 2006/03/22 11:03 んー、バイト経験で金銭とプライドの報酬をいくらかは経験してます。上に立つ人が尊敬できる人なら人ほどそのプライドの報酬は高かったなあと。すばらしい板長の元で100回怒られた(納得できる理由の上で)後に一度だけボソッと褒められる事は、こいつは報酬だなあと感じるには十分でした。一緒に働くバイトたちに仕事を任されるようになることは気持ちのいいことでしたし、でも、こういう風に感じる人は稀なのかもしれないと不安にも思っています。100回おこられれば理由が正当であろうと無かろうとバイトをやめたりめんどくさいから仕事を誰かに任せたり、そういう人のほうが多いのかもしれませんかも。

nvsnvs 2006/03/22 17:22 プライド違いかな。アルバイトのことも考えた上で考えはまとまらないと言ったのです。自分にとって「本格的な仕事」に位置づけられる内容でなければ私にとってはプライドはネガティブイメージのみでしかとらえられないということです。
ネガティブとは自分にしか出来ない仕事でない、代替わり可能な仕事をあえてやる、もしくは誰でもできることをやることについてのイメージです。また自分でも考えがまとまればアップしてみようと思います。報酬に対する視点と着目するところが違っているようですね、おもしろい。

nvsnvs 2006/03/22 17:48 とか言いながらコレ書くのって現実直視するのもいいとこですが。論点をどこにあわせるかが難しいですね。
○プライド(自尊心)
○尊敬
○仕事に対する評価を誰を軸に見るか
○認められる事って何か?信用の度合い?
あと、報酬の度合いも考慮に入れたい?
たぶん「報酬」に関して理不尽な事だらけなのでまとまりにくいんですよね、私としては。

Connection: close