Hatena::ブログ(Diary)

TRUST NO ONE.

2011-08-14

凶鳥 ”フッケバイン” ヒトラー最終指令 / 佐藤大輔


これは王道も王道、勇者が悪魔を成敗するヒロイック・ファンタジーです。


舞台は崩壊間際の1945年ナチス・ドイツ

”フッケバイン””フー・ファイター”と呼ばれ各国が血眼で手に入れようとしている未確認飛行物体をドイツ空軍撃墜した。

それを手に入れれば世界の軍事バランスは一転すると言われる”フッケバイン”を手に入れる為、ヒトラーはその回収を親衛隊に命じる。


というところから始まるこのお話。

ナチスが!UFOが!ゾンビが!E-100が!V2ロケットが!ペーパークリップ作戦で!

そんな感じです。


”フッケバイン”が生み出す”異形者”、その未知なる脅威と戦い生存する為に、プロイセン軍人がユダヤ人、敵国のアメリカ人やイギリス人とまで手を取り合い立ち向かうというこの構図の熱さ!

そして何より主人公のグロスマイスター大尉の格好良さ!

彼は真の英雄たる証・騎士鉄十字章を授与された数少ないプロイセン軍人であり、国家社会主義への忠誠ではなく故国と民衆・戦友を守ることに命を捧げる正義の男なのだ。

彼に付き従う優秀な副官オスターや、ナチスの人種政策が生み出した少女ペピ、敵国人である美しい英国女性レイラ、ユダヤ人科学者ゲルトマン教授、そしてかつて毒ガスで負傷したアドルフ・ヒトラー伍長を救い出した経験を持つ修道僧ブライエルなど、実に魅力的なキャラクターが彼に力を与える。


 グロスマイスターが修道院のテラスに向けて小さく手を振った。オスターはそこを見上げた。そこに立っていたのはペピを抱いたレイラ、ブライエル師、ゲルトマン教授。

 姫君と王女、枢機卿、大錬金術師の見送りを受け、アメリカからやってきた盗賊を連れた勇者が旅立つ。悪魔の本拠へ。勇者の手には伝説の剣。足りないのは喇叭の響きだけか。

 オスターは首を振り、思った。

 狂ってやがる。なにもかも狂ってやがる。


彼は立ち向かうのだ、宇宙からの脅威に!

申し訳ないがこのシーンで熱くならない人間がこの地球上に存在するなどとは到底思えない。

ナチスUFOゾンビといったB級オカルト定番の素材を、ここまで王道の冒険活劇として成立させているのは実に見事。

軍事オタク的要素は控えめではあるが、そこは佐藤大輔、E-100が登場したところで思わず噴き出してしまった。


これは本当に普通で、王道の、SF風味オカルト冒険活劇。

なのにこんなにも面白い。

レッドサン ブラッククロス」「遙かなる星」「皇国の守護者」などの未完結シリーズを多く抱え未だ続きも新作も見られぬ佐藤大輔でありますが、この「フッケバイン」をもって自分の中で「彼は完結した」と定義してしまっても問題無いような、そんな気さえする。

ううん。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/foxnumber6/20110814/1313323786
リンク元