井戸の中心で哀を叫んだ蛙

サーチエンジンからお越しの方は、↑で検索するとお探しのものが見つかるかもしれません。
…が、あまり期待しないことをお勧めします。

はてなアンテナに追加 RSSフィード ポイント送信 おとなりページ

井戸の中心で哀を叫んだ蛙

The frog that shouted sadness in the center of well

2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2010-01-21 (Thu)

[]人力検索が廃れた理由について思うこと 13:43

id:alpinixさんが最近興味深いことを書いているなぁ……とは思っており、話題に入ろうかと思ったのだけど「ガッツがたりない!」って感じなんで本格的に参戦するのは無理ぽ。


……だけでは流石にアレなのでちょっと書こう。

とりあえず、まず最初に個人的に気になったのはここ。

当初id:piroriさんに勧められて始めた頃は人力検索が面白くて仕様がありませんでした。ダイアリーと連携させていろんな遊びを考えたり、他のユーザーとのやり取りも楽しんだり、はてなアンテナで更新されたユーザーのダイアリにすぐに書き込みに行ったりと、連携の取れた各サービスは斬新で新鮮味に溢れていました。

http://d.hatena.ne.jp/alpinix/20100120

ここに同意したい。自分が過去に人力検索を始めた頃もとても楽しかった。そして、個人的には「連携の取れた各サービスは斬新で新鮮味に〜」という箇所よりも「他のユーザーとのやり取り」に比重がある。いくらサービス間の連携が取れており、斬新・新鮮であったとしても、その連携によって繋がる相手がいなければ意味がないのだから。*1
話は少しそれたが、上記の引用した内容についてよかったと感じるユーザーが数人はいるのは確かであり、これらが人力検索の魅力の1つだったのは確かなのだ。

んで、「今上記のような魅力があるか」って考えたときに、これが無いような気がするのよね。
ここで数年前に話題になったはてなダイアリーの衰退についての話とリンクさせたかったのだけどソース探してくるのが面倒で力尽きた。いわゆる「はてな村」辺りの話題だったと思う。続きは仕事終わってからガッツが貯まってたら書く……かも。


めも。

2005年1月時点で既に質の低下が話題になっている。既に覚えていないのだが、当時は自分も思うところあったようだ(d:id:frain:20050124:1106570100
また、コメントやトラックバックでも当時の人力検索について質の低下等を懸念していたユーザーがいたのを確認できる。

*1:余談だが、当時仲が良かったユーザーもほとんどはてなから去ってしまったなぁ。saizさんがいなければalpinixさんのダイアリーをアンテナに入れることもなかっただろう。

alpinixalpinix 2010/01/21 14:41 ガッツ貯めといて下さい。私ももう少しだけあがいてみようと其の二、其の三・・・と記していく予定です。手垢のついたやり方ですけど、最初にダイアリでぶち上げておいて人力にも波及できればいいなと考えてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/frain/20100121