Hatena::ブログ(Diary)

サッカー蟻地獄 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-11

ペトロビッチ体制の終焉は暗黒時代の始まり(1)

ペトロビッチ監督が留任しないことが確定した今、僕は、多分サンフレッチェのファン・サポーターをやり始めて3回目の危機を感じています。1回目はJリーグバブルが終わった後、高木や森保が広島を離れた時。2回目は2006年の債務超過直前の状態になった時。そして3回目が今回です。
なぜそんなに危機を感じているか、ということを書こうと思ったのですが、おそらくクラブ側から切った→クラブに財務的な問題がある、というのが普通の考え方です。その結果、コーポレートファイナンス的な話になってしまったので2回に分けて書いてみます。

話の前に

僕は、広島を暗黒時代にしたいわけじゃない。
でも、今後数年間の暗黒時代は覚悟するべきで、覚悟した上でサポはどうしたらいいのか、を書きたいと思っています。

今回の話の流れ

こんな流れで話を進めたいと思います。
・何が危機なのか
・危機を解消するには
・その手を打つとクラブはどうなるのか
・サポはどうしたらいいのか

今回の危機

前回と同じ、債務超過です。
債務超過は文字通り、「自分が持っている資産より負債が多い状態」ですが、債務超過になると、基本的には金融機関からお金を借りられなくなります*1。従って、倒産しやすくなります*2から、なんとしてでも避けなければならないことの一つです。

財務諸表上は「資本金より累積損失が多い」とも言いかえられます*3。Jリーグ公開の財務諸表によると、広島は2010年の決算で純資産が8,000万円。つまり、あと8,000万円赤字が出たら債務超過に陥る状態でした。

f:id:frecce:20111112131137p:image

そして、広島の営業利益の直近5年平均は▲1.8億円。平均通りで推移すると、確実に債務超過に陥るというわけです*4

前回の債務超過の危機はどう解決したか?

前回の危機、2007年の時はデオデオが5億円の増資を行いました
この時は、減資をして株主に迷惑をかけることはできないということで増資という説明がなされています。
それまではマツダが筆頭株主だったのを、デオデオが5億円出資することで筆頭株主が交代し、名実ともにデオデオ(エディオングループ)が経営の主導権を握ったということになりました。ただ、この持株比率は絶妙で、デオデオが40%未満の持株比率のため、子会社にならない=損失を全部連結しなくてもいいというギリギリのラインの出資でした。

今回の対応は?

債務超過の解決方法は大きく4つあります。
・利益でちょっとずつ返していく
・第三者割当増資
・デット・エクイティ・スワップ(DES)の実施
・債権放棄
が、利益で返せる見込みがあるくらいならこんな話はしないので、残り3つについて考えてみます。

増資で対応できないのか?

2007年に5億円の増資を行ったものの、4年後に再び債務超過の危機に陥っています。そのため、債務超過寸前→「増資してください」→債務超過寸前→「またお願いします」は難しいと思いますし、この5年で株価が3分の1まで低迷しているエディオングループから、再度数億円規模の増資は難しいと思います。
また、仮にデオデオが増資できたとしても、確実に持株比率が40%を超えてしまいます*5。今後利益が確実に出るという状況でない限り、増資には応じないと思われます。

DES(Debt Equity Swap)で対応すればいいじゃん

債務超過になりそうなのであれば、その債務を株式に変えて(デット・エクイティ・スワップ)債務超過を解消できます。出資者が純粋に投資目的であったり、会社が上場したりしているとDESを選択しやすいですね。
f:id:frecce:20111111212113p:image
しかし、広島では2つの理由で選択しにくいです。

(1)株主構成が大きく変わる

融資をしているのは銀行だと思いますが、広島の主要株主に銀行はいません(株主にはいますが)。数億円単位のDESを行うと、10%程度の持株比率になります。
また、仮に三菱東京UFJ銀行*6からの融資をDESしたとすると、サンフレッチェの主要株主に突如東京・名古屋が地元の会社が入ってくるわけです。Jリーグの株主は「地元」というのが重要ですから、そのような選択をするのは現実的に難しいのではないかと思います。

(2)減資が可能であれば、減資の前にDESはありえない

そもそも、非上場企業であるサンフレッチェの株式を取得したところで、株式売却や値上がり益を狙うことは難しい。そのため、DESとはいえ債務放棄に近いことになりますし、累損21億、負債9億という状況では、数年後であっても確実に減資が待っていますのでまあ・・・むずかしいよね。
というわけで、減資の後じゃないとDESには応じないと思われます。その方が持株比率が高くなりますしね。

債権放棄は?

債権を株式という資産に変換することで資産がわずかでも残るDESにも応じられないという予想なのに、資産が全く残らない債権放棄はありえないですね。

じゃあ無理なんじゃね?・・・いえいえ。

というわけで、債務超過の危機を完全に回避する方法はなくなってしまいました。しかし、債務超過を解消しやすい状況には出来ます。その方法は、
・増資をされやすい状況にする*7
・累積損失(累損)を0にする/なくしやすい状況にする
ということになりますが、これを可能にするのが減資という手段です。

減資って何よ

資本金を減らすことです。出資されたお金は使ってしまいますが、減資を行うことで過去の損失をカットできます。徳政令っぽいのですが、違うところは「現実の負債はリセットできない」ということ。あくまで「負債を返しやすくなる」だけです。累損が多いと「まだ過去の投資を回収してないよ!」ってことで新たな投資もしにくいですし、会社の価値としてもトータルで利益を出しているのか、損失を出しているのかによって融資や投資判断が異なってきます。

サンフレッチェで減資をするとどうなるか

減資によって累損の一部を減らそうとするとこんな感じです。

f:id:frecce:20111111212111p:image

あれ?もっと減資したら累損ゼロにならね?って思った人は正解。去年の決算であれば、96%減資すれば累積損失を0に出来ます。

f:id:frecce:20111111212114p:image

こうなると、利益が出れば配当も期待できる*8わけですから、より増資を募りやすくなります。そして、このあとに改めて増資が実現すると

f:id:frecce:20111111212115p:image

こうなって、これで健全な会社に生まれ変わるわけです。わーい。

次回

今回はここまで。次は減資したらサンフレッチェはどうなるかということを書きたいと思います。健全な会社にはなれますが、減資という大ナタの副作用は大きいのです。

続きはこちら

*1:正確には、非常にお金を借りにくくなります、ですが

*2:倒産は支払う現金がなくなることなので、いくら債務超過でも現金があるかぎり倒産はしません

*3:資産=負債+資本=負債+(資本金+累計損益)なので、資産<負債ということは資本がマイナス、つまり資本金<累損ということ

*4:とはいえ、利益をだそうとすれば出せなくはない体質ではあるので、債務超過にならない程度に損失を抑えてくるとは思います

*5:40%未満は出資比率に応じて損益を連結すればいいので影響は少ない

*6:確かエディオンのメインバンク

*7:以前もJリーグが鳥栖に対する支援条件として「100%減資」を挙げていましたね。http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004042001003822.html

*8:累損がある状態では配当は期待できないですからね

rnyaarnyaa 2011/11/16 22:49 おっとこっちの領域にも手を出しますかw

減資もDESもないでしょうね。
それぞれ資本勘定が改善する分、受贈益といって会計上ではなく税務上の益が出て余分な税金を払わないといけなくなる。
それを打ち消すほどの税務上の繰越損失もないでしょう。
それを回避するなら民事再生法などの法的破たんを選ぶという方法もありますが、負の影響が大きすぎるのでやらないのでは。

思うに貸し手の立場に立てば、業績堅調なエディオングループとマツダの関連会社ということで新規の融資は持ち株シェアに応じた債務保証でももらえれば十分。最終デフォルトを起こした場合、親会社に責任取ってもらえるなら融資するでしょう。ましてや株主でもありメインスポンサーでもある広島銀行さまなら間違いない。(赤いメガバンクはどうかなー)
万が一、広島銀行がスポンサー降りるとか取締役を引き揚げるとかしたら終わりですけど。

あとはマツダとエディオンの株主の投資家に対する説明責任だけですね。
保証債務は有価証券報告書に記載されるし、価値の回復の見込みのないサンフレッチェに出資しておく意味があるのかと問われるでしょう。

いずれにせよ、ロマンチックに美しいサッカーを求めるならば、結果を何が何でも出さなければいけなかった。
ペトロビッチなら何とかしてくれると賭けたんですよね。それが裏目に出たと。

サポーターも結果にこだわらなかった。優しく優しく選手に接した。どんなに惨敗しても「次、頑張ろう」って。自業自得なのでは。
広島サポーターの方向性も精神論じゃなくて腹決めないとね。
温かく見守るなら「みんなで5億円くらい集めて増資しよう」とか。

それも非現実的なので、融資残高維持のため、身の丈経営に落ち着くんでしょう。
代表クラスの選手の流出も覚悟しないとね。。。

kazuyuki_todokazuyuki_todo 2011/11/17 11:03 まあ、もともとベンチャーの人なので、こちらについても一定の知識はありますw

> 業績堅調なエディオングループとマツダの関連会社ということで新規の融資は持ち株シェアに応じた債務保証でももらえれば十分。
これはちょっとw
方や前回の投資時から株価が3分の1、かたや超円高で(ryな会社ですよ。
まあ、事実上の債務保証ではあるとは思いますが、さすがに今以上の保証状態は難しいと思います。
あと、マツダからは一昨年から今年にかけてスポンサー料が上昇している(ACL等)ので、それでも赤字かい、という気持ちは大きいはず。

> マツダとエディオンの株主の投資家に対する説明責任
これはそれぞれの会社でやればよろしいかと。どちらかと言うと、業績に関する、サンフレッチェ側からの2社への説明責任ですな。

> 広島銀行がスポンサー降りるとか取締役を引き揚げるとかしたら終わり
これは影響少ないと思います。いや、大きいですが、金額的には小さいという意味で。
あと、仮に債務超過だとすると、さすがのひろぎんでも追加融資は無理でしょう。融資する気があったとしても、債務超過に陥る危険を回避させてからだとは思いますよ。

kazuyuki_todokazuyuki_todo 2011/11/17 11:05 あ、それ以外は首もげるほど同意ですw

rnyaarnyaa 2011/11/18 09:31 いやいや。
今後の運営資金を借り入れで調達するとするならば、
マツダとデオデオの債務保証をもらってサンフレッチェが銀行から金を借りればいいという話。
マツダはBBB、エディオンはAの格付けがある投資適格企業なので、その債務保証があれば、債務超過会社だろうが銀行は間違いなく金を貸すでしょうと。(マツダやエディオンとの取引の一環として)

「投資家に対する説明責任」ってのは結構やっかいですよ。
マツダの株なんて14万円程度、エディオンは6万円程度で簡単に株主になれるわけで、株主総会で質問できる権利を得ます。
中にはサンフレッチェに出資することを良しと思っていない人もいるわけで、そんな人に追及される隙を与えてしまうことになりかねません。

なので、

・マツダもエディオンも簡単には保証は入れないよね
・じゃあお金を借りるのも無理だよね
・緊縮財政でやるしかないね

ということで以下結論は同じですw

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証