Hatena::ブログ(Diary)

「2010.12.4 黒い彗星★救援会」跡地 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-12-07

12.4排外主義デモに抗議した「黒い彗星」の不当逮捕にかんする声明【6日に釈放】

《追記: 以下の声明の発表日である6日の夜に、「黒い彗星」さんは釈放され、友人たちと再会することができました。釈放後の詳細などについては、あらためてお知らせします。》

 京都の朝鮮初級学校を排外主義団体「在日特権を許さない市民の会」が襲撃した日から、12月4日で一年になります。ちょうどこの日に「排害社」なる団体が、在日朝鮮人への差別と排斥をあおるデモを渋谷でおこない、またそれにたいして、差別・排外主義に抗議する個人やグループも渋谷に集まりました。ところが、その抗議者のひとりが不当にも逮捕されるという事態が起こりました。

 わたしたち救援会は、経緯を次のように確認しています。この日の午後に逮捕された「黒い彗星」は、排外デモにたいして単身で抗議の横断幕を正面から示すという、非暴力直接抗議をおこないました。それにたいして、排外デモ参加者のひとりがすぐさま飛びかかり、かれと接触するやいなや、ほかの排外デモ参加者たちもいっせいにかれを囲み、袋叩きにしました。しばらくして、渋谷警察はかれを排外デモから引き剥がし、「保護」と称してかれを渋谷署に連行します。しかし、取調室に到着するや、前言をくつがえして「暴行による現行犯逮捕だ」とかれに告げ、そのまま署に勾留したのです。しかも、かれは排外デモの暴行により顔などをケガしていましたが、警察は同日の深夜までそれを放置し、病院に連れて行きませんでした。

 これがどういう事態かは誰にもあきらかでしょう。排外デモへのひとりの抗議者を、排外デモ参加者はよってたかって暴行したのです。しかも、あろうことか渋谷警察はその集団暴行をとがめることもなく、逆に暴行をたったひとりで受けた抗議者のほうを逮捕したのです。

 在日朝鮮人への差別を扇動し、朝鮮学校を襲撃したレイシストをまつりあげるような、とんでもない排外デモに抗議することは、100パーセント正当なことであって、そのような抗議への弾圧をわたしたちは許せません。そのうえで、暴行をおこなった排外デモは事情聴取だけで放免し、逆に集団暴行の被害者であるかれを「暴行」罪で逮捕した渋谷警察は、二重にも三重にも不当であると訴えます。そして、かれを袋叩きにし、自分たちはピンピンしていながら、被害づらをしている排外デモ参加者たちは、どこまでも徹底的に糾弾されねばなりません。

 したがって、わたしたちはこの不当逮捕を断固として糾弾します。

2010年12月6日 12.4黒い彗星★救援会

French version


【救援カンパをお願いします】

弁護士費用や「黒い彗星」さんのケガの治療・検査費のために、みなさまからのご支援が必要です。カンパへのご協力をお願いいたします。

ご支援ありがとうございました! カンパ報告 - 「2010.12.4 黒い彗星★救援会」跡地


問い合わせ先(メール) schwarzerkomet<@>gmail.com ※< > は外してください。


D

渚 2010/12/08 22:19 絶対許せません。民事裁判するべきです。
私は、在日朝鮮人の方のお陰で今があります。

今週中にカンパ致します。仕事の状況により、金額がはっきりしませんが、体を労わって下さい。

にゃらにゃら 2010/12/09 09:46 被害届出さないって何で?出そうとしたけど、断られた?
法的には、警察には受け取る義務があり、告訴されたら捜査開始しないといけないんだけど。
(でも、実際は受け取り拒否が多々ある。それが問題になってるんだけど)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1123110271

弁護士同伴で行くと随分違うらしい。と、弁護士の友人が言ってた。
最初の逮捕といい、行政訴訟モンですな。
法的行動を起こすのにカンパ代足りないのなら追加支援しますんで、
後方支援として何が足りないのか、明記して下さいませ。専門家なのか、お金なのか、人手なのか。

free_antifafree_antifa 2010/12/10 04:22 > 渚さん
カンパのお申し出、ありがとうございます。

> にゃらさん
ご意見ありがとうございます。
このブログでも、具体的な呼びかけを
しかるべきタイミングで行っていきます。

矢部史郎矢部史郎 2010/12/11 10:11 支持表明

直接行動「黒い彗星」を支持します。
「黒い彗星」が何者であるか、何を考えているのか、私は詮索しません。
その行為が自由と正義に向けた欲望を表現しているのだから、それだけで充分です。
言葉がもつ真の力が見失われつつある時代に、また、表現するということの真の意味が忘れられようとする時代に、ANTIFA(反ファシスト闘争)は、到来する新たな言表行為を発明するでしょう。我々が批評だとか政治だとかみなしているくだらない慣習を洗い流し、真に創造的な思考が甦るのです。
「黒い彗星」と、今後あらわれるだろう若きANTIFAたちに、支持を表明します。

矢部史郎(Voice of ANTIFA)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close