musiclover blog このページをアンテナに追加

PhotoAlbum集:12/3分掲載中です。

2005-09-17

[]JASRAC内設置『楽譜コピー問題協議会』の極論

楽譜の無断コピー防止に向け、昨年9月、日本音楽作家団体協議会(FCA)、JASRAC日本楽譜出版協会、日本作曲家協議会日本現代音楽協会、日本童謡協会の6団体が連携して、継続的な啓蒙活動の具体策を検討するために発足させた「楽譜コピー問題協議会」(CARS/カーズ)が、ホームページを開設しました。

(社団法人日本音楽著作権協会 お知らせ(9/1付)『楽譜コピー問題協議会(CARS)がホームページを開設』より一部抜粋)

言いたい放題『楽譜コピー問題/楽譜と著作権』にて楽譜コピー問題を取り上げられています。的確な指摘をされており、必読の内容となっております。

楽譜コピー問題協議会(無論構成団体であるJASRAC等も含め)側は、"楽譜の無断コピー防止"を謳っていますが、言いたい放題さんで掘り下げていく内容を読むにつけ、極論であると言わざるを得ません。

例えば、楽譜など出版物の製作に関するJASRACFAQにおいて、このようなものがあります。

合唱団の練習用に楽譜コピーして使いたいのですが?

質問

合唱団の練習用に楽譜コピーして使いたいのですが?

回答

無断でコピーすることはできません。必ず購入するようにしてください。ただし、絶版などで手に入らないときには、楽譜の出版元の了承があればコピーが可能な場合もあります。その曲がJASRACの管理作品であれば、あわせてJASRACへの出版の手続きが必要です。

(以上、FAQより一部抜粋)

これに関して、社団法人日本音楽著作権協会 お知らせ(9/1付)『楽譜コピー問題協議会(CARS)がホームページを開設』に記載されている『「無断でコピーできない=必ず購入する」というのはわからない。』の言葉に激しく同意します。

穿った見方をすれば、そこまでして権益を確保したいのか、とまで思ってしまうのですが。

問題にしたい点は多岐に渡るのですが、個人的に気になった箇所は下記の点。

楽譜のコピ−に関する諸問題は相変わらずこれといった解決策もないまま、いわゆる「版面権」の創設も遅々として進展がみられない状況にあることは頭の痛いところです。現行著作権法は著作物の無断コピ−を禁じてはいるものの、制限規定を含め、コピ−は野放し状態です

(以上、日本楽譜出版協会『適正なコピー・ルールの確立に向けて』より一部抜粋)

啓蒙活動、人々を教え導いていこうとする団体は、我々を"コピーを野放し"にする者と見なしているのですか。もしくは、(私的録音録画補償金制度の政令化で予測しうる行動とし)一方的に法制化して我々の意見を無視するのですか。そんな見なし方をする団体に啓蒙する云々を語る資格はないと断言します。

[][]JASRAC、及びJASRACの考えへの指摘・不信感

昨日の『JASRACへ、一方的な論調は止めてユーザーの意見を聞く姿勢を見せてくれませんか?』の追記です。

(若旦那の独り言2005 Ver.3『JASRACはおとりじゃないか?』経由)

●"JASRACの考え"について、JASRACの問題点の的確な指摘

昨日の記事で取り上げたJASRACのお知らせ『JASRACは他の音楽関連団体とともに、iPodなどハードディスク内蔵型録音機器等の、早急な政令指定を求めています』に関して、試される。(ココログ mix)『「JASRAC の考え方」の言葉のあや』にて、JASRACの考えにおける問題点の的確な指摘がされています。必読です。


JASRAC正会員の作詞家小室みつ子氏が日記の中でJASRACへの不信感を表明

TM NETWORK(TMN)の作詞で知られる、作詞家JASRAC正会員の小室みつ子氏が、自らのHP内でJASRACへの不信感を表明しています。

『突然ですが。』から始まる文章は必読です。JASRACの"政治権力に群がる姿勢"やJASRACの"CD売上が下がるのになぜか徴収額は過去最高でそれを誇っている態度"等、その実態を知ることが出来ます。個人的に気になった箇所だけ挙げさせていただきたいと思います。

総会でも年配の作家が「もっと著作権に対する意識を広めるべき。たとえば小学生がともだちからCD借りてお礼にお好み焼き奢ったとかしたら、それは著作権法違反になるって教えるべき」とか言う人もいたので、はあ、そこまでやる? と、びびったことがあります。

どう考えても極論でしょう。しかし、その極論、とまでは言わずもそのような考えをしている人間は実際多数存在し、小室みつ子氏と同じ考え方の音楽関係者・権利団体の人間は少数とのことです。


上記の引用箇所を読むと、音楽業界の権利関係の中枢に居る方は、音楽の楽しみを知らないのではないか、だからこそ音楽恩恵を受ける者(イコール広く国民である、と言えるでしょう)から音楽の楽しみを剥奪することが平気で行えるのではないか、と考えることが出来、悲しい思いを抱いてしまいます。