フリジッド・ガゼット【all the footprints I’ve ever left】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-19

[][] 我が禁煙(上)

もう面倒なので禁煙の秘策とは何なのか、端的に結論から先に書く。それはすなわち、チュッパチャップスでタバコを代替する、と云う策である。

いや、先日ある人に言われたのよ。「そんなにチュッパチャプスが好きなら、タバコの代わりに舐めてれば禁煙出来るんじゃないですか?」と。その時はあまり深く考えなかったのだけど、いざ禁煙の必要性に迫られた瞬間、この言葉を想起したのであった。

折も折、ちょうど金銭的にも余裕のなくなってきたタイミングでもあったので、この際だから禁煙することによる経済効果も考えてみようと思った。以下、その試算を記す。



f:id:frigidstar:20101120014345j:image:h270,w180 vs. f:id:frigidstar:20101120014344j:image:h270,w180


まずは、それぞれの単価を割り出してみる。


【タバコ】(一箱)420円くらい÷20本≒21円/本

【チュッパチャップス】(一個)42円÷1個=42円/個


この時点では、タバコの一本あたり単価はチュッパチャップスのそれの半値であることが分かる。しかし、ここからそれぞれを味わう時間あたりの単価を割り出してみると、事態は全く異なった様相を呈してくる。


【タバコ】一本21円÷(一本吸うのに)5分くらい≒4.2円/分

【チュッパチャップス】一個42円÷(一個舐めるのに)20分くらい≒2円/分


ここで両者は逆転し、チュッパチャップスの一分あたり単価はタバコのそれの半値であることが分かる。しかも、チュッパチャップスを舐めるのに要する20分とは、あくまでも最低限の時間であり、実際は舐めようと思えば30分でも一時間でも舐めていられるものである(先日映画を観ながら舐めた際は、2時間くらい咥えていた)。

つまり結論として、チュッパチャップスのコストパフォーマンスはタバコの二倍か、もしくはそれ以上であると云う衝撃の事実が判明したのである。


そんな訳で早速近所のコンビニでチュッパチャップスを大人買い(笑)して、今日から本格的に禁煙を始めることとした。

したのだが、ここでまたしても新たなる衝撃の事実に直面したのである。


(続く)



エレクトリカルパレード

D

チュッパチャップス本山こと、本山雅志の屈託のない笑顔が大好きだ。

シャビにも匹敵する才能を持ちながら、結局その生涯において一度もワールドカップの舞台を踏むことも、海外移籍を果たすことすらもなさそうな本山。

それを「挫折」と言えるのかどうかは本人のみぞ知るところであるが、少なくとも彼の屈託のない笑顔からは、そのような後悔や諦念は感じさせない。いまここを肯定し愛する者のみが持ち得る邪気のない明るさが、彼の笑顔にはある。

だから僕は、本山雅志の屈託のない笑顔が大好きだ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/frigidstar/20101119/p1