Hatena::ブログ(Diary)

俺の犬の飼い方を知っているか?

2010-03-20

ドッグフードをこってみた

16:36

先日ホームセンターで買ってきた、激安ドッグフード。最近、太り気味の愛犬ポチ郎は明らかに栄養過多であるため、コイツを食わせる事にした・・・

が、しかし・・・

食わない、まずいと顔が鬼のように行っているのである。

こしゃくなヤツ!

食うまで、ほったらかしにしてやろうと思ったが、仕方ないので、ジャッキーを細切れにして入れてみた・・・

すると・・・

2009-08-28

個性。

01:34

ヤツラには個性がある。

先頭になって走るヤツ。

少々気後れするヤツ。

面倒見のいいヤツ。

我儘なヤツ。

真面目なヤツ。

ジョークの通じるヤツ。

正しく相棒。

犬は人の相棒そのもの。


そんな彼等の個性はこちらの

人生も変えてしまうのだ。

2009-08-13

ブリーダー問題。

07:40

国内のブリーダー問題がTVニュースに。

これを観て、哀しかった。

悪質なのは、金儲けのために彼等をまるで

物扱いのように量産、処分されていた事。


一方、歴史あるイギリスでは愛犬のために

その繁殖方法や彼等の情操教育にまで気を配る

法制度が確立されている事も報道されていた。


日本でも当然一刻の猶予なく法的にその制度を

整え、日本古来の犬種の保護にも力を注いで欲

しい。


彼等は話せない。

彼等は我等を頼るしか活きる術はない。

彼等は献身的に愛してくれる。

彼等は共に生きてくれる。

彼等は共に悲喜コモゴモに付き合ってくれる。


本当に大切にしたい。

大切に共に生き抜いて行きたい家族であり友。



そのニュース、戦争よりも哀しい出来事だった。


人間のアサマシサ、拝金主義餓鬼道に堕ちた

輩の汚物めいた動きその所業に憤りとヤルセナイ

感情はついつい理性を凌駕してしまった。

2009-07-30

散歩。

16:12

ワンちゃんにとって、最も待ちわびている一つの日課の

一つでしょう。

中にはご主人様の顔色を伺いながら、共に散歩を愉しむ

彼等の姿には、他人の当方にもその光景は微笑ましくも

あり、幸せそうな尻尾の振幅に人を和ませるえもいわれぬ

平和を感じるものです。



愛犬の情操は、日々の散歩でも培われているようです。

たとえ雨の日でも、ご主人たちとの散歩ほど彼等にとって

心地よい日課はないのでしょうね。


大切にしてあげたい日課の一つです。

2009-07-14

アヒルのガー君。

11:26

 彼(私は彼をオスだと決め付けていました)は

他人の飼いアヒル。

多分ご主人様から名前も付けられていた事でしょう。

しかし、私は彼をガー君と呼んで意思の疎通を図って

おりましたね。

それには理由があります。

と言うのは彼との初対面のおり、私は彼にガー君と

声をかけると、ガーガーと鳴きながら愛嬌のある尾を

振り、接近してきたからなのです。

バリ、人なつっこい彼でした。


季節は夏でした。

大き目のタライに水がはってあり、水鳥ガー君の憩いの

ひと時を少しでも演出してあげようとする飼い主の

ささやかな愛情が彼のその姿と相まって、何となく

ホノボノとさせてくれたものでした。

彼との何度かの対面があってからしばらくして、

大雨が降った後、彼が行方不明。


次の朝。近くの河川でアヒルが川面を気持ちよく

泳いでいました。

私が声をかけてみたら、かのアヒル君こちらを見たような

気にしたような。

飛べないアヒルは、地上との段差が4mほどあるその河川

からは、容易に近寄る事は出来ません。

彼は困っている様子もなく、声をかける前の仕草に戻り、

河川を下っていきました。

都会の薄汚れた街中での出来事です。