Hatena::ブログ(Diary)

フロムさんの大きなお世話〜コミュニティFM編 RSSフィード

2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 06 | 07 | 09 |
2013 | 10 |
2014 | 02 |
2016 | 02 |

2007-01-30 デジラジ再び

さて、しばらくオジサンの主張を書いてきたわけですが、正直あまり反論が来なかったので拍子抜けです。

暴論と思われてもいい、思い切って言いたいことを書こうと決心したのですが、結果的に大したことも言っていなかったのかもしれません。

若者は、今どこに自分の未来を仮託しているのだろうという疑問は残ったままです。

むきになって反論するより、とにかく損しない方法を今の時代から得ていこうと思っているのでしょうか。

そのうち誰かが選択肢を提示してくれる。

その中から、一番得なものを選べばよいと思っているのかもしれません。

変に自分の意志を鮮明にすると、社会から潰される可能性が大きくなると判断しているのかも。

ネットの世界で日々起きていることを見ていると、そんな感想を持ってしまいます。

イジメの構造が若者精神マトリックスに色濃く反映しているとでも申しましょうか。

ま、こういった議論は本ブログの趣旨とかけ離れるので、これぐらいにしておきたいと思います。


放送の業界誌「放送界」(マスコミ研究会発行)新年特集号に「新春鼎談・新産業としての3セグデジタルラジオ」という特集がありました。

TFM後藤会長とニュービジネスフォーラムキーパーソン杉山・宝珠山両氏による3セグデジタルラジオの可能性をさぐった鼎談です。

ジラジにどんなビジネスモデルを描かれるのか、楽しみにして読んだのですが、一般論というか理想論ばかりで、あまり参考になりませんでした。

その中で、唯一後藤会長がこういうことを言っておられました。

「デジタルをきっかけに新しいプロファイリングをいかに売りにむすびつけるかを考えないと。」

イギリスのデジタルラジオが、マーケティングデータを駆使して、この放送を聞いている人はこういう生活をしている、こういう車に乗っているというプロファイリングを商売に結び付けているのに驚いたという体験も語られていました。

ラジオはますますパーソナルメディアになり、あのラジオを聞く人はこういう属性を持った人だということが明確になる、それが商売に結びつくと考えておられるのかもしれません。

ラジオがどこまでプロファイリングを前提としたパーソナルメディアになるかが勝負ということもできるでしょう。

デイリーレポートが出せないラジオが、よりテンポラリーなユーザー属性を提示できるようになれば、インターネットシフトしつつある広告費を再び呼び戻すことができるようになるのではないか。

聞かれないラジオは淘汰され、より聞かれるラジオに変わっていく、当たり前といえば当たり前の競争社会の原理がやっとラジオ業界にも適用されてくるのではと思います。

真の実力が問われる時代が来た、コミュニティFMもまた然りではないでしょうか。

oh-gattaoh-gatta 2007/01/30 19:25 おじさんの主張をすんなりと受け入れている一人かもしれません(笑。コミュニティFMとプロファイリングについては、ずっと考えていました。どう実現するかのアイデアもいくつかあります。ただ、今はまだ試せない。必要なステップを踏まないとただ集めているだけになりかねないので、そんなコストは今は払えないという感じです。今の若者に意思はありますが、私の世代とは異なるものです。それと考え方を知らない人が多い。突きつけて初めて考えて、出てきた言葉は、今が楽しければいい、これができればいい、という非常に個人的なもの。社会にどう自分を置くかなんて視点があるかどうか疑問です。とにかく無知であることを知らない方もおおく、絶対的に勝てない存在として、彼らと対峙し、決しておごること無く、偉ぶること無く、ただ、そういう存在であると感じさせることから始めないと彼らを使いこなすのは難しいですね。経験的に感じたのは、それができない大人もまた多いということ。それを若者のせいにしている方も多くいらっしゃいますね。

とおりすがりとおりすがり 2007/01/30 20:01 大手局だと、聞かれているリスナーをプロファイリングしても、それなりのサンプルが提示できるかもしれませんが、正直なところ、コミュニティーFMで、そんな事をしてしまえば、恐らく、逆宣伝になりかねないデータ出せない様な気がします。(一歩待ち上げれば、地方県域局でも結構、厳しいデータになるかもしれませんね)

とおりすがりとおりすがり 2007/01/30 20:02 訂正=『恐らく、逆宣伝になりかねないデータしか出せない様な気がします。(一歩間違えれば、地方県域局でも結構、厳しいデータになるかもしれませんね)』

かじかかじか 2007/01/31 00:12 フロムさん。私はフロムさんと同じこと思ってますが、日本人の大半が「所与の(予め与えられた)環境にいかに迎合するか」を人生最大のテーマだと思っているフシがあるのは事実です。であれば、29日記事のコメントにあったような見方が徘徊するに決まってます。そりゃ商売上(特に商工会議所を敵に回すような言動は)差し支えることも多いでしょうが、その意味では関係のない人々までそういう構造のもとに置こうとすることは、あってはならないことです。自分たちの商売に都合の悪いものは無視か隠蔽かつぶす、ということでは、不二家や関西テレビと同じです。おそらく電通とも同じでしょう。

関係者関係者 2007/02/22 23:52 かなり時節が過ぎてしまってからの書き込みとなります。
最近参加させて頂き始めたため、このタイトルへの書き込みをしていませんですが大変興味あるものでした。
「団塊の世代がダメだ」という認識はありませんが、これまでお会いした方の割合からすれば確かに視野の狭い人が多いかもしれません。特に、卒業後これまで同じ会社を勤め上げた人です。たぶんご自身も抑圧されてきたのでしょう。自身が考え行動することを否定されてきたのでしょう。多少なりとも情を感じております。
団塊の世代や今の若者に限らず、時代背景や体制側の意向が多様に影響しているではと思っています。60年代学生闘争の敗北を発端に、若者は体制に対して従順になり(表面だけでも)クールになり。70年代のヒッピー傾向(無抵抗)や80年代の誤摩化すための快楽主義、そして、80年代の快楽主義を信じバブル崩壊までつづいた本気の快楽世代と。。。(さらには、本格的なアダルトチルドレンでしょうか)
団塊の世代は学生闘争の敗北を目の当たりにした世代。体制に従順なような気がします。20代の若者については、権利を盾に快楽主義に走る傾向があるのではないでしょうか。常に前世代の特徴が次世代に反映しているように思えます。
長い間、放送広告・ジャーナルという世界にいて感じることは、「本当に良い物・事」というのは表に出てきません。世に紹介されたらクライアントが商売にならず困るからだと存じます。このため、メディアはほとんど取り扱いませんし、悪い心象を残すときのみ採り上げます。日本のメディアは、国に保護された(使われている)媒体と思っています。(誤解しないで頂きたい。大勢に属しながらも、それに立ち向かうジャーナリスト・政治家は勿論います。)
メディアが発達したように見える今の日本には、実は教えられていないことがたくさんあります。日本の住宅の間取りは、より次世代の生産者・納税者(子供)を作るよう設計されていること、戦時中多くの軍人が戦争を嫌い逃げ出したこと(逃げるための訓練をおこなう軍隊もあったという)、反目する国家との友好的な話はニュースに挙がらないこと等々(グリーンピースの話題を良い方向で伝えようとするメディアはほとんどない。娯楽面でも採り上げられない事務所は存在するでしょう)
実際、世の中が変わるほどの大層な発明品も珍しくありません。ただ、発明者や関係者も表立ったら潰されることを知っているから地道に行動している。
コミュニティFMの置き換えれば、地方行政の酸甘なんて嫌でも目に入るでしょう。ジャーナリストとして追求したくても、何とかコントロールできるようにしておくのが賢明でしょう。出資を頂いていればなおさらです。
よく知り、考え、現実的な行動を。そして、次世代に自身の背中を魅せることが大事なのではと考えるようになりました。
ただ、今、一番危惧しているのは、学歴社会を生き残り、それなりの知恵も地位も力もある30〜40代の者たちが、このような現状に呆れ、体制側(団塊の世代)に迎合し始めたのではないか、ということです。もともと能力と共に処世術も多く持つ世代ですから、多いに危惧しています。厳しい時代ではありますが、そのような世代に踏ん張って頂けたらと思っています。
繰り返し申し上げておきますが、全てではない。そのような傾向が強いのではと感じているのです。