分裂勘違い君劇場 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-09-03

とてつもない奇跡 21:29 とてつもない奇跡を含むブックマーク とてつもない奇跡のブックマークコメント


宝くじの1等に3回連続で当たるなんて、確率的にほとんどありえない。

もし起きたとしたら、世にも珍しい奇跡的事件として、全世界のテレビ局がニュースとして取り上げるだろう。


ところが、ここに、100回どころか、何万回、いや、何億回も宝くじに当たり続けるほどの、とてつもない奇跡が存在する。


それは、「あなた」という存在である。


あなたが、何気なく、澄んだ初秋の青空を見上げ、「ああ、今日も気持ちよく晴れたなぁ」と、心地よく感じることができる確率は、数兆の数兆倍のさらに数兆倍のそのまたさらに数兆倍分の1以下の確率なのだ。


そもそも、もし、ビッグバン膨張の初速が、実際より、ほんの少し遅ければ、宇宙は0コンマ数秒で、収縮して終焉を迎えただろう。

逆に、もう少しだけ速ければ、薄い水素ガスが広がるだけの退屈な宇宙になっていただろう。地球どころか、いかなる星も銀河もない不毛の宇宙だ。


ビッグバンの特異点のパラメータセットが、現在のような銀河に満ちあふれる宇宙を作り出すような、ちょうどよいものになる確率は、100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

0000000000000000000000000000000000000000000000000000000分の1だ。


単に、この宇宙が、こうして存在すること自体が、それほどのレアな偶然なのだ。

この宇宙が生み出されるまでに、いったい何個の失敗作の宇宙が生み出されたのかを考えると、気が遠くなりそうだが、要するに、この宇宙のビッグバンの初速が、ほんのわずかでもずれていたら、あなたは、そこに存在しないということなのである。


また、われわれは、毎夜、当たり前のように、月を見上げているが、月は、太古の地球に、火星ほどの大きさの微惑星が衝突し、そのとき散らばった微惑星と地球との破片が凝集してできたと推定されている。その微惑星は、いびつな楕円軌道を描いていて、偶然それが地球の軌道と交差し、偶然に地球に衝突したわけだ。そして、地球に衝突するまでに、何兆キロもの距離を移動してきたわけで、その軌道が、何らかのきっかけで、初期のうちに、ほんの一センチでもずれていれば、長距離を移動するうちに、そのズレは拡大され、地球に衝突することはなく、地球は月をもたない惑星になっていただろう。


そして、月が無ければ、現在の地球の一日は、24時間ではなく、8時間だったはずだ。なぜなら、月の引力の影響で、地球の自転が少しずつ遅らされ、現在の24時間になったからだ。そして、月がなければ、地球は、その高速な自転速度のために、地表は凄まじい強さの風と嵐が吹き荒れているだろう。最大風速は、時速300キロメートルにもなる。

なにより、微惑星が地球に衝突したとき、大量の大気が奪われ、宇宙に拡散していったために、現在の地球の大気は、こんなにも薄くなったわけだが、その衝突が無ければ、地球の大気は、金星のように、現在の地球の100倍もの質量をもつ、濃密な二酸化炭素の大気に覆われた、凄まじい温暖化地獄になっていただろう。

これでは、生命は誕生したかも知れないが、はたして、人間のような高度な知的生命体が生まれたかどうか極めて怪しい、過酷な状況だ。少なくとも、あなたが生まれることはなかった。


逆に、月と地球との距離が、今の4分の1だったら、潮汐力は、単純計算でも64倍になる。満潮時の海面上昇が、64倍にもなるのだ。満月のたびに、満潮で、関東平野がかなり浸水してしまうのだから、海岸付近に文明を築くのは、かなり厳しそうだ。


というか、それ以前に、水がちょうど液体で存在できるような0〜100度という温度帯の、太陽との距離関係に、たまたま地球が位置していることからして、かなりラッキーな偶然なのだ。


そして、地球上の生物種の99.9%は、絶滅している。

あらゆる生物種は、絶滅するのが当たり前であり、絶滅しないで生き残っている生物種の方が、レアな例外なのだ。

そして、人類は、そのレアな例外の一つだ。


そして、あなたの元となった卵子と精子が出会うまでに、あなたのお父さんは、いったい何回のセックスをし、何回の射精をしたかは、分からないが、1回の射精だけでも、数億もの精子が放出される。そのうちの、たった一つの精子だけが、あなたになるのだ。あなたの元となった精子が、途中で膣壁のどっかに引っかかってもたもたしている間に、別の精子が卵子に飛び込んでいたら、あなたは存在していなかったのだ。


偶然、ブサイクorイケメンに生まれたとか、偶然、お勉強がや運動や仕事が得意に生まれついたとか、そんな偶然なんか、たいしたことないと思えるほどの、とてつもない奇跡なのだ。


そして、それほど凄まじい奇跡の積み重ねで、やっと存在するあなたは、あと100年もしないうちに、死ぬ。そして、一度死んでしまえば、1億年たとうが、1兆年たとうが、生き返らない。もう一度、深呼吸し、青空を見上げ、「ああ、今日も気持ちよく晴れたなぁ」と言うことは、絶対にできない。未来永劫、無限の時が過ぎ去ろうとも、あなたが再び生きることはない。ずっとずっと終わったままで、ずっとずっと、何も感じることができないままなのだ。


あなたが、何気なく生きる今、この瞬間。

何気なく飲んだ水のおいしさ。

何気なく笑ったたわいもないジョーク。

それらは、そういう、気が遠くなるようなとてつもない奇跡の連鎖によって生まれた奇跡中の奇跡であり、そして、あっという間にはかなく消えて、二度と再び戻ることはない。


それは、そういう瞬間であり、水であり、笑いなのだ。