fslashtのサアラたん日記

ドール写真アルバム
トリップ:WMfSLASHTY
主なカテゴリ:
[お人形(あるいは法廷)]:[sahra]サアラたん/[lycee]リセたん/[maya]マヤっち/[mokochan]もこちゃん
[メイド喫茶(あるいはパテント)]/[maid]
[プログラミング]:[lua]/[proce55ing]  マイコン:[USBSPYDER08]/[MXSDVK]

slashdot.jpでの日記はこちらです。サイトはこちらです。(簡易投稿フォーム,転記処理)
1000 | 01 |
2001 | 01 | 06 |
2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2012 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 12 |
2013 | 01 | 04 | 05 |
2014 | 03 | 04 | 05 |
2015 | 11 |

2009-09-09

FTF japan 2009 ジェネラルセッション 12:54

Freescale Technology Forum Japan 2009なう。


雅叙園到着

f:id:fslasht:20090909084627j:image

f:id:fslasht:20090909084842j:image

f:id:fslasht:20090909084902j:image

f:id:fslasht:20090909085133j:image

f:id:fslasht:20090909085143j:image

f:id:fslasht:20090909085151j:image

ヒーローチップ


f:id:fslasht:20090909085344j:image

f:id:fslasht:20090909085626j:image

同時通訳ヘッドホン


さてはじまりです。

f:id:fslasht:20090909121336j:image

以下「ジェネラルセッション」のメモ


--------------------------------------------------------------

FTF japan2009


f:id:fslasht:20090909090806j:image

f:id:fslasht:20090909090303j:image

f:id:fslasht:20090909090403j:image

破壊的変化へのフリースケールの対応

(´・ω・`) 携帯電話向けチップセットの撤退、仙台開発センターの統合

(`・ω・´) 車載デバイス、通信にフォーカス、8インチFabへの移行

f:id:fslasht:20090909090740j:image



■ CEO リッチベア

f:id:fslasht:20090909090852j:image

f:id:fslasht:20090909091914j:image

グローバル組み込みプロセッシング・RFのリーダー


● 成長トレンド


ネットワーク

・健康

・環境

組み込みプロセッシングで解決


ネットワーク

高速なネットワーキングが要求されている

ネットワークTVは、日本・韓国で世界の50%の利用数

例として、ニコニコ動画がされてた。ニコ動のコメントはOnscreen Scriptingとか呼んでた

f:id:fslasht:20090909092150j:image

あと、なんかケータイイメージ画面にハルヒがいたぞ


【健康・安全】

・予防医療(医療コスト低減)→医療とITの連携→モニタリングフリースケールの低消費電力、RFを活用

f:id:fslasht:20090909092540j:image

f:id:fslasht:20090909092714j:image

・安全→自動車市場にフォーカスエアバッグ、車間コミュニケーションによる安全確保、各種モニタリングレーダーフリースケールが提供

f:id:fslasht:20090909092948j:image

f:id:fslasht:20090909093350j:image


【環境】

 エネルギー効率の向上



● 成長のチャンス

【車載コンピューティング

 ・中国、インド自動車産業・市場に非常に注目している

  →車載MCU,センサーネットワークを提供していく

   DSIコンソーシアムで、センサーエアバッグなどの通信の標準化・互換性の確保


ネットワークインフラ

 中国・インドで3Gが普及してきている

 日本ではLTEが普及する


 高速化するネットワークに対応するためプロセッサの高性能化が必要

 →クロック高速化ではなくマルチコアで対応していく(性能あたりの消費電力がリニア)

  MSX8156マルチコアDSP

  関連技術:PowerQUICC,Star☆Core,QorIQ


 TimeToMarket

 →ソフト開発はハード開発の20倍のコストがかかる

  →VortiQaプラットフォームによる開発効率向上


エネルギーネットワーク

スマートグリッド

 ユーザーの需要情報を電力会社にフィードバック

 →スマートメーター→実現のための技術(低消費電力MCU,通信技術)


組み込み

 EBook(i.Mxのシェア60%)、SmartBook(ケータイとPCのギャップを埋める)

 →i.Mx

 例:Sharp NwtWalkerなど

f:id:fslasht:20090909094714j:image

f:id:fslasht:20090909094736j:image

f:id:fslasht:20090909094919j:image




フリースケールジャパン 高橋社長

f:id:fslasht:20090909095312j:image

f:id:fslasht:20090909095100j:image

f:id:fslasht:20090909095306j:image

ケータイやPCといったクラウドに次ぐクラウドの創出→新情報端末・SmartBookなど

ケータイのUIはしょぼい→センサーなどを活用


【 安全・健康・環境】

f:id:fslasht:20090909095755j:image

・CO2排出削減

交通事故死亡者ゼロを目的


いままで、パッシブセーフティ

 ぶつかってから加速度センサー→通信IC→エアバッグ点火ドライバ

 ※DSIでI/F共通化

 今後は電界センサー、圧力センサーも活用


アクティブセーフティ

 衝突を未然に防ぐ

 衝突速度が10キロ下がるごとに死亡率が半減

 ・トラクションコントロール

 ・ミリ派レーダー

  課題:高い演算性能が必要、GaAsは高価

  GaAS→SiGeによるシステムチップ数削減


セーフティ向けマイコン


【LTE】次世代無線ネットワーク (3.9G)

DL:300Mbpd UP;70Mbps

モバイルでも高速な通信を実現

f:id:fslasht:20090909100908j:image

f:id:fslasht:20090909101648j:image

f:id:fslasht:20090909101652j:image

f:id:fslasht:20090909101815j:image

3.5→3.9Gにあたり、チャンネル推定で4-6倍、誤り訂正で10倍の性能要求がある

マルチコアDSP、特化したアクセラレーター、45nにより性能向上

例)MSC8156マルチコアDSP (6DSPコア 6GHz相当,セキュア演算、ベースバンドアクセラレータ

デモ:デモボードで、ビッド誤り率の高いデータのturboのエラー訂正デモ

コア性能が10倍にあがっているので、チップ数を減らし面積、消費電力と低減できる

4GのチップはDL最大1Gbpsに対応。アクセラレータの性能も10倍の性能アップを予定


【コンティニュア・ヘルスアライアンス

 健康機器(体重計、血圧計、歩数計)などの情報をPC,ケータイ転送できる

 USB,BTなど、今後ZigBee,Wifi

f:id:fslasht:20090909102408j:image


 健康器具ネットワーククラウドの一部となる

 セキュリティも重要

 →フリースケールでは、センサー(10億個出荷済み)、プロセッサー(低消費電力)、通信(コンティニュア対応スタック

 センサーMEMS加速度センサー(歩数計)、圧力センサー(血圧計、呼吸)、近接センサー


 ZigBee対応の開発ボードでデモ

 TANITAのコンティニュア対応歩数計、体重計でデモ

f:id:fslasht:20090909102908j:image

f:id:fslasht:20090909102959j:image

f:id:fslasht:20090909103133j:image

f:id:fslasht:20090909103231j:image

 →USBで接続して歩数、消費カロリーをPC上で表示、履歴管理ツール見える化


★TANITA 谷田社長

f:id:fslasht:20090909103312j:image

 ・フリースケールとのサンプル共同開発→短期間んでサンプル開発できた(安定したライブラリ、機能、サポート

 ・今後のコンティニュア対応化していく

  →体温計なども。

  →携帯型デジタル尿糖計の対応

f:id:fslasht:20090909103410j:image

f:id:fslasht:20090909103511j:image


【新たな市場】

PCでもなくケータイでもない新たなデバイス

SmaetPC , eBook (i.MXは50%以上のシェアをもっている)

・Sharp NetWalkerデモ→起動、YouTube再生

f:id:fslasht:20090909103842j:image

f:id:fslasht:20090909103831j:image

f:id:fslasht:20090909103853j:image

f:id:fslasht:20090909104153j:image

 i.MXプロセッサを搭載→低消費電力


 i.MXは・・・

 ・ARMベース

 ・車載クォリティをもつ(稼動温度など)→車載ネットワーククライアントにも応用


マイクロソフトとの協業

 ・Windows7進機能→センサーを活用するAPI→センサードライバーを組み込んでいる

  →リファレンスデザインバッチボード加速度センサー、圧力、電界などのセンサー搭載マイコンボード) ※今日会場で購入可能

   デモ:バッチボードを活用したデータグローブピアノを弾くデモ

f:id:fslasht:20090909104505j:image

f:id:fslasht:20090909104556j:image

f:id:fslasht:20090909104601j:image

f:id:fslasht:20090909104608j:image

f:id:fslasht:20090909104610j:image

f:id:fslasht:20090909104617j:image

f:id:fslasht:20090909104643j:image

f:id:fslasht:20090909104725j:image

データグローブの動きにあわせて画面上の手が動く。それでバーチャルピアノ演奏

趣味の世界だ・・・(笑


マイクロソフト 中川本部長

f:id:fslasht:20090909104855j:image

 Windows7 (9/1法人向けVL発売開始、10/22一般販売)

 ・開発ポイント

 ・強化ポイント(使いやすさ、信頼性・互換性、特にパフォーマンス

 ・PentiumM相当の古いPCでも使える性能(1GHz,1GbyteRAMで十分動くよ)、3年前のPCで快適使用できること

 ・「センサーに対応した初めてOS」→センサーAPIを搭載→センサーハードウェア間でドライバに互換性をもたせることができる(ロゴプログラムあり)→クロスプラットフォーム

   →近接センサーによるロックなど


■ NTT 小森 執行役員

ケータイの将来動向について」

f:id:fslasht:20090909105927j:image


【LTE】

国内携帯市場は1億台

3Gは2001年に開始、2005年ごろから50%を超え現在が92%

f:id:fslasht:20090909110146j:image


ユーザーあたりのデータトラフィックが2003→2008年で9倍

動画データが急激に伸びている


2010年から世界の先頭集団としてLTEを導入していく(3GPP使用に準拠、2007/7から実験を開始している。2008/2から実証実験

世界ではいままではW-CDMA,CDMA2000にわかれていたが、今後LTEに統合されていく

100Mbpsオーバーの通信速度も特徴だが、ユーザースループット、電波利用効率も注目

f:id:fslasht:20090909111023j:image


2014年に2万局、人口カバー率50%を目指す

端末は3G/LTEデュアル端末を提供する(Fomaの反省をふまえる)

2Ghz帯から導入、免許取得により1.5Ghz帯へ拡大


フェムトセル

 小型の家庭内設置を目的とした小型基地局

 バックボーンはFretsなどのWANを利用する

 エリアが細かく分割されることで、高速化が図れる


ドコモチャレンジ

携帯電話の役割、

 コミュニケーション→情報アクセス→生活インフラ→行動サポートiコンシェル 170万契約)へと進化

f:id:fslasht:20090909111601j:image


・動画

 エンターティンメントから

 →エンタメについてもケータイ専用コンテンツ拡充

 →生活に役立つコンテンツ


・地上派の空チャンネルの活用(2012年開始にむけて)

 ストリーミング

 ダウンロードキャスティング


・融合サービス

 産業機器(遠隔制御、監視)、車(ITS)、情報家電、放送、固定機器


・端末

 オープンOS端末(Android,WindowsMobile)

 LTEでは遅延時間が短くなることから、アプリの構造がかわってくる(サーバ側に機能をおいだせる)。ケータイ側の機能はもっとほかのことにつかえる


・価値創造

 ユーザーの位置情報から、社会の動態の見える化→社会システムの改善の活用



-----------------------

ジェネラルセッションおわってお昼休み

f:id:fslasht:20090909113159j:image



お弁当でました。うまうま

f:id:fslasht:20090909113343j:image

f:id:fslasht:20090909113426j:image



さて、午後はセンサーボードハンズオンセミナーに参加してきまーす

FTF japan 2009 FTFハンズオンセミナー 17:40

フリースケールのセンサー製品概要をToolBox(センサーボード)を使った実習演習」

f:id:fslasht:20090909130235j:image

f:id:fslasht:20090909130238j:image

f:id:fslasht:20090909130210j:image

f:id:fslasht:20090909130229j:image

センサーの概要

フリースケールのセンサーの強み

加速度

・近接

・圧力

MEMSセンサーを車載、医療、コンシューマー向けに10億個出荷


加速度センサー

0〜2G LowG 加速や振ったりするような動き

50G〜  HighG 自動車の衝突センサーなど


LowGでの応用は・・・

落下、傾き、移動(モーション、万歩計)、衝撃、振動


今日使う3軸で示達加速度センサーMMA766FC

・低消費電力

・モーション検地

 加速度以外に、タップ、シープなどの専用の検地モードがあるので低消費電力


【圧力センサー

地表 101.3KPa

血圧 13kPa近辺


 センサーの構造は大きく3種類ある。

 従来のセンサーは、センサー→増幅→温度保障→ADC→マイコン といった処理がひつようだったが、最新のチップはワンチップで1段階で可能。また、大変小型化された。



【近接センサー

 タッチセンサーなどに仕様

 静電容量の変化から指などの接近を検地する。ここでは、ボタン(パッド)として使用する。


 原理含めた解説がわかりやすかった。




ハンズオン

Sensor ToolBoxを実際に使ってみます。

f:id:fslasht:20090909125916j:image

f:id:fslasht:20090909125804j:image


【近接センサー

f:id:fslasht:20090909131611j:image

f:id:fslasht:20090909131638j:image

f:id:fslasht:20090909132049j:image

f:id:fslasht:20090909132158j:image

f:id:fslasht:20090909132347j:image

近接センサータッチパッドを使用してWindowsピンボールゲームプレイ

f:id:fslasht:20090909132143j:image

ゲームが成り立つレスポンス


【圧力センサー

f:id:fslasht:20090909132921j:image

f:id:fslasht:20090909133150j:image

フリス犬の肺活量を計る

f:id:fslasht:20090909133644j:image

チューブをふさいで指でつぶしたり水につけると圧力が変わることを確認できる


加速度センサー

センサーボード+USBボード(大きいほう)

f:id:fslasht:20090909133936j:image

左上のちっちゃなチップ加速度センサー

f:id:fslasht:20090909133945j:image


振ってみると画面上のグラフが振れる

f:id:fslasht:20090909134940j:image

ケータイに見立てて傾けると画面上のケータイも傾く


生の3軸加速度以外に、大まかな90度単位の向きやタップシェイクの有無も取得できる。

高頻度にアクセスしてタップシェイクを判定する必要がないので、アクセス頻度を下げられ消費電力を低減できる。

そのほか大変高機能。


ログ記録モードにして、ボードを放り投げた

f:id:fslasht:20090909135946j:image

マイコン上の記録データをUSBでPCに転送→CSVで保存→Excelでグラフ化、



Sensor ToolBoxはPCにつないですぐ動作させることができるので、センサーの動作を把握するために大変便利。

f:id:fslasht:20090909140421j:image

お土産に加速度センサーのキットをいただきました。

f:id:fslasht:20090909141038j:image

f:id:fslasht:20090909143836j:image

FTF japan 2009 テクニカルセッションなど (9/9) 18:16

前回のエントリ

ジェネラスセッション

ハンズオンセミナー

(→去年のFTF


f:id:fslasht:20090909191307j:image

f:id:fslasht:20090909143406j:image

f:id:fslasht:20090909143512j:image

f:id:fslasht:20090909143527j:image



Windows7 センサーアプリケーション開発ソリューション (C-3)

f:id:fslasht:20090909153909j:image

 Windows7では、センサーロケーションデバイスを統一的につかえるAPIが定義された。

 マウスキーボードなどの従来のデバイス以外に、加速度センサー、圧力センサー、照度センサーなどをUIや制御に取り入れることができる。

 同一種類のセンサーであれば、メーカーを問わず統一的に利用できるようになる。

 また、生活に密着したものであるのでセキュリティサポートも重視している。


 センサーは、主に以下の種別(カテゴリー)に対応

(位置、環境、モーション、方向、電子、機械、生体、光、スキャナー)

※ 存在しないカテゴリーはDDKで開発して拡張することができる


Sentor COM APIで提供される

・同期・非同期モデルの両方に対応

・複数アプリからの利用が可能

プロパティとしてセンサーの値を取得、設定できる

イベントを定義すると非同期的にコールバックで呼び出される


デモ:

・Freescale Sensor Development Kitボード(バッチボード)を使ったデモ

加速度センサー、光センサータッチセンサー)で取得した値をWindows7上のアプリで表示する。

f:id:fslasht:20090909155042j:image

 たとえばWindows7では、ノートPCの照度センサーによりLCDの明るさを制御するサービスが動いているが、このボードを接続しても同様に機能する。


 VisualStudio2010上でソースを解説しながらの解説。

 加速度センサーつきグローブでのデモも行われた。

 ロケーション取得を利用したGPSによる位置情報を表示するガジェットの紹介もされた。


応用して実現されている機能

ロケーションプラットフォーム

 GPSWebサービス連携

バイオトリックフレームワーク

 指紋認証など


センサーへのアクセス制御

センサーによってはセキュリティセンシティブな情報を扱う

ユーザーごとにアクセス権を指定することができる


開発に必要なもの

・Windwos7/Windows7SDL/UMDF対応のDeveiceDeriver/VisualStudio2008以降

センサーデバイス側のPlatoformとしては、.Net micro frameworkなどを利用して開発することができる。

※参考資料へのリンクが配布された(日本語資料はまだない)


センサーデバイスとの遠隔接続

Windows Rally technologyを使えば、ネットワーク、Wifi,BTを介したセンサーを利用することができる



メリット

ユーザーセンサーデバイスとPCの組みあわせ選択の自由

・ISV:ソフト開発が容易(統一したAPIで開発できる)

・機器メーカセンサーデバイス選択の自由

デバイスメーカー:採用されやすい


デメリット

・囲い込みができなくなる

・すり合わせ開発が困難になる


/

 Windows7センサーAPIは、今日はじめて知りました。

 開発環境も整備されていてこれからWindowsからのセンサー利用が容易になるとおもいます。

 当然Windows7自体もAPIを活用していますので、さまざまなセンサーを接続してWindows自体の操作を行えるというのも楽しみです。




CodeWarrior v.10

f:id:fslasht:20090909164035j:image

Eclipseベースになる。大きな変化。

もちろんリファクタリングなどEclipseの機能は利用できる。

従来のプロジェクトはインポーターで取り込める。

デバッグEclipse上で完結する。

マイコンは順次対応していくロードマップ

f:id:fslasht:20090909164257j:image

ベータ版のCDが配布された。

フィードバックがほしいとのこと。




■ 応用製品

フリースケールのデバイスを利用した製品群

f:id:fslasht:20090909144126j:image

リョーヨーからOPEN BDMを利用した製品が出品されている。

秋葉原などでかなり安価に販売するのこと。これはありがたい。

f:id:fslasht:20090909152754j:image

f:id:fslasht:20090909152759j:image

加速度センサーアナログデジタル)もストロベリーリナックスで販売中

f:id:fslasht:20090909152904j:image



テクノロジーラボ

f:id:fslasht:20090909143709j:image

インフルエンザ対策されてる

f:id:fslasht:20090909143726j:image


おなじみのマイコンのコーナー

f:id:fslasht:20090909183906j:image

f:id:fslasht:20090909183856j:image

f:id:fslasht:20090909185207j:image

f:id:fslasht:20090909183842j:image

Poken持ってないので、たけ○さんと握手してきた


バッチボードのコーナー

パワーグローブを触らせたもらった

f:id:fslasht:20090909185546j:image

f:id:fslasht:20090909185619j:image

指先にそれぞれ加速度センサーがついていて、バッチボードにSPIで接続されている。

指先の角度から姿勢を検出して、PC画面上の手も連動してうごく。かっちょいい!



そろそろ閉場

f:id:fslasht:20090909185819j:image

f:id:fslasht:20090909185821j:image

f:id:fslasht:20090909185828j:image


19閉場。パチパチパチ(・・・はしないw)

f:id:fslasht:20090909182146j:image

f:id:fslasht:20090909191509j:image


今年も充実した内容で勉強になりました。

来年も行きたいです。




● ばんごはん

緑の人にカレーうどんがおいしいお店へ連れて行ってもらう

f:id:fslasht:20090909192315j:image

目黒では有名店だって。

レギュラーってたのむと、カレーうどん。ホットとたのむと辛口。

f:id:fslasht:20090909193106j:image

f:id:fslasht:20090909193224j:image

替え玉投入!

f:id:fslasht:20090909194437j:image


● フリス犬

アンケートに答えてフリス犬をいただきました。

当りだとスワロフスキー付フリス犬がもらえるそうですが、残念ながらノーマルフリス犬。

しかし毎回凄い色だなあ。去年は緑だった。グリーンでエコ? では、ことしのピンクはなんだろう。健康安全とかかな

f:id:fslasht:20090910090003j:image

f:id:fslasht:20090910090040j:image

bird_dip_jpbird_dip_jp 2009/09/09 15:38 迅速かつ詳細なレポート、感謝です。
ワタシもスワロフスキー・フリス犬欲しい!(当たった?)

ottyotty 2009/09/10 11:40 昨日ポロシャツを着て皆さんの机の周りをうろうろしていた者です。
ご来場いただきありがとうございました!たしかにピンボールちゃんとゲームできるレベルでしたね〜。

fslashtfslasht 2009/09/15 11:31 >bird_dip_jpさん
お役にたてると嬉しいです。当日ノート持ち込んで書いた甲斐があったかな。次回はNetwalkerを持ち込んでるかもしれません(笑
フリス犬は残念ながらノーマルフリス犬(ピンク)でした。これはフルスワロスキーフリス犬を自作しろということかなー

>ottyさん
たのしいハンズオンセミナーで大変勉強になりました。
近接センサーの応用面白そうです。バッジボードにはパッドが8個ありましたが、複数チップ使っているのでしょうか。

キミのこと忘れない。
counter: (since:2004/07/16) , profile
リング: