Hatena::ブログ(Diary)

そんな話はいつでもできる このページをアンテナに追加 RSSフィード

ひま〜じ〜ん! きっと何者にもなれないfu7mu4が告げる!

2017-08-18 Behind the skin and the muscles

[][] darkmatter on macOS で libev がみつからないとき

TL;DR

darkmatter といえば、Common Lispノートブック形式の環境macOSで darkm を実行するとlibevがみつからないときがある。

LD_LIBRARY_PATH=/opt/local/lib darkm 

としてやるとうまくいく。 ここで /opt/local/lib は libevのあるパス

続きを読む

2017-08-11 いつだって空まわり

[] オフライン環境apt する apt-offline

開発環境dockerにしていて、dockerネットワークに直接接続していない場合apt-getがつかえなかった。

前は apt-get を駆使して依存関係のあるパッケージを調べて、それらを package.ubuntu.com からダウンロードして、共有フォルダで渡してインストールしていた。

しかし Libreofficeなどの依存パッケージが多いパッケージではやっていられない。

そこで apt-offline を使うと依存パッケージなどの情報シグネチャとして取得し、シグネチャを元に パッケージをダウンロードできる。

あとはこのパッケージ群を apt-offline でも apt でも dpkg -i でもインストールできる。

2017-08-09 そして月と躍る歩道橋

[][] debian 9 に Real World OCaml 環境をセットアップ

https://github.com/realworldocaml/book/wiki/Installation-Instructions には debian 8 にこうやって準備しろとある

sudo apt-get update
sudo apt-get install m4 ocaml-native-compilers camlp4-extra opam

これでだいたいうまくいく。ただし追加でインストールしなければ。

opam install async yojson core_extended core_bench cohttp async_graphics cryptokit menhir

これらのOCamlパッケージを追加すると外部ライブラリ(OCamlではないパッケージの意)が不足しているため失敗することがある。

失敗した場合、次のパッケージを追加すると回避できるようだ。

sudo apt-get pkg-config zlib1g zlib1g-dev

なお、macOSでは re2 のインストールで失敗するが回避方法がみつからなかった。

2017-08-05 Kill me softly with his song

[][][] OCaml の re2 が macOSに入らないので Debian を使う

まだ Real World OCamlで遊ぼうとしている。

macOSではなぜか、re2のインストールでこける。

それはまあ、別にいいのかもしれないんだけど、このmacOSには dockervagrantVirtualBoxインストールされている。macOSダメならLinuxがあるじゃない。

ということで、ちょっと前に試しにいれてみたDebian 9を起動してみた。

いけそう。

しめしめ。

Real World OCamlのInstallの項目を進めていくとエラー

ディスクフル....

しかたがないので、Debian 9を再インストールすることに。

ちなみに、docker環境OCamlインストールすると、ルートでやるのはちょっと...と言われてしまうので止めた。

2017-07-28 The car, my cdr, my everything -- lisp

[] opam update したら re2 のビルドに失敗した

opam helpしたら、opam update と opam upgradeというのがあるのがわかったのでやってみた。

続きを読む

2017-07-22 That is why all the girls in town follow you all around

[] Keynoteプレゼン資料(日本語)を slideshare にアップ


TL;DR

Keynote (Ver 7.2 4582)のプレゼンファイルからエクスポートしたPDFslideshareアップロードすると日本語が消えてしまう。

Keynote印刷する際に PDF のプルダウンメニューから PostScriptとして保存を選択して保存し、PostScriptファイルダブルクリックしてプレビューで開くと自動的PDFに変換してくれる。これをアップすればいい。

続きを読む

2017-07-08 No one feels like this

[] 関西Lispユーザー会 第二回 潜入の巻

関西Lispユーザー会 第二回 @グランフロント大阪Sakura Internetさんの提供でお送りしています。

会場

そのた全体

続きを読む

Read the top page of this blog in English (Translated by Google) ここの文章は無断リンク(トラックバック含む)、無断引用可。トラックバックは無断で削除することもあります。 All code on this blog without some notation is released Creative Commons 0 v1 or MIT License.