Hatena::ブログ(Diary)

そんな話はいつでもできる このページをアンテナに追加 RSSフィード

ひま〜じ〜ん! きっと何者にもなれないfu7mu4が告げる!

2017-11-03 definetly no logic

[][] opam install core で失敗する

こんな人はほぼいないと思うが、opam install coreOCamlcore パッケージをインストールすると失敗することがありえる。

そのMacデフォルトのCコンパイラclangではなくgccになっている場合Applesyslog.hを読みにいって、そこで死ぬ

原因は macport でインストールした gccデフォルトになっているから。

さてどうやって戻そうか

できなかったので、とりあえず、PATH環境変数から /opt/local/bin を削除して /opt/local/bin/gcc を見付けられないようにしてから、opam install coreインストールするとうまくいった。

以下、失敗した例


CC, CPP, CXX環境変数

こういうときにデフォルトコンパイラ指定する方法として、

export CC=/usr/bin/clang
export CXX=/usr/bin/clang++
opam install core

CC=/usr/bin/clang CXX=/usr/bin/clang++ opam install core

といった方法があるがこれもうまくいかない。

gccが呼出される。ビルド時に別のシェルでもよんでいるみたい。

DEVELOPER_DIR環境変数

複数Xcodeがある場合に、DEVELOPER_DIR環境変数Xcode環境を設定できるらしい。

Xcodeは最新のものひとつだけだったがこれを指定した。しかしやはり gcc が呼出されてしまう。

export DEVELOPER_DIR=/Applications/Xcode.app/Contents/Resource/Develop

だったか。

plistにかいておいて、ログイン時に読み込ませればあるいは可能性があったのかも?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fu7mu4/20171103/1509691616
Read the top page of this blog in English (Translated by Google) ここの文章は無断リンク(トラックバック含む)、無断引用可。トラックバックは無断で削除することもあります。 All code on this blog without some notation is released Creative Commons 0 v1 or MIT License.