Hatena::ブログ(Diary)

fuchan1839の日記

2018-07-15

たのしい週末

23:06


 授業を途中で切り上げて郊外に住む友人宅へ。

久々に会う友人たちと楽しい時間を過ごした。それぞれフルタイムの仕事を持ち忙しい日々を過ごしていて、私も朝から晩まで大学にいるので会うのは難しい。



 「大学どう?」と聞かれて「どうもこうもないわ.....。みんなの顔見たら元気になるかと思って、きたのよ」と近況報告。

美味しいものを食べて、おしゃべりに花を咲かせて、お隣りの学校祭の花火大会を見て、すっかり元気になりました。ーーー美味しいおもてなしに、感謝。



f:id:fuchan1839:20180715231341j:image

f:id:fuchan1839:20180715231454j:image

2018-07-14

「戦争は女の顔をしていない」スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ

07:37



 『言葉がきこえることがある……歌だったり……女の人の声だったり……私が感じているいたことがそこにあるの。何か似たものが……戦争の映画を見ても嘘だし、本を読んでも本当のことじゃない。違う……違うものになってしまう。自分で話し始めても、やはり、真実ほど恐ろしくないし、あれほど美しくない。 

 戦争中どんなに美しい朝があったかご存知? 戦闘が始まる前……これが見納めかもしれないと思った朝。大地がそれは美しいの、空気も……太陽も……』ーーーオリガ・ニキーチチュナ・ザベーリナ軍医(外科)

 

 第二次世界大戦中、ロシアドイツに侵略され、男たちはみな戦場へ駆り出され、女性たちが戦場に赴いた。「ボタン穴から見た戦争」についで、聞き込みを記録した戦争のドキメンタリーである。


 祖国のために戦う、という強い意志を持ち、血と泥沼の修羅場を生き延びて村に戻っても、非難の目を向けられトラウマを抱えたまま生きなければならぬ過酷さ。人間の尊厳という言葉が重みのない薄っぺらなものでしかない状況、それが戦争なのだ。

 忙しい、と言いながらページから目が離せなくなり、深く重すぎて眠れなくなった。



f:id:fuchan1839:20180714074251j:image

2018-07-12

札幌エスタ 11F プラニスホール

23:48



 プラニスホールで、札幌在住のアーチストの展示をしている。

誰もいなくてシーンとしている。屋上のガーデンには広い空が広がる。布の作品が素敵だったね。



f:id:fuchan1839:20180712235456j:image

f:id:fuchan1839:20180712235610j:image

f:id:fuchan1839:20180712235715j:image

糸塚章子 個展 大通美術館

07:30


中田やよひ教室でお世話になった友人が大通美術館で個展をしている。

いつも、手早くダイナミックに描くので「男前の絵だよね」と言っていた。本人もさっぱりとして素敵な人だ。展示数も半端なく多く、見応え充分。絵を描く楽しさが伝わってくる。



7月15日まで。ギャラリー大通美術館 大通西5丁目11 大五ビル



f:id:fuchan1839:20180712072825j:image

f:id:fuchan1839:20180712072937j:image

2018-07-08

爽やかな日曜日

22:48


 久々に爽やかに晴れ渡った日曜日。

キッチンのかたずけをし、食器棚の戸棚を開けたら、上に釣っていたワイングラスが落ちて割れた。湿気で強化テープが剥がれたのだ。シャンパングラス3個と赤ワイングラス1個、全部で4個割れてしまい大損害。ーーーいただいた高価なグラスが割れなくてよかった!


 冷蔵庫の中では野菜が腐り大変なことになっていて、これまた掃除に手間がかかる。忙しいと冷蔵庫の中身が把握できなくて、料理もしないから、こんなことになるんだね。

 午前中は掃除に専念、午後は実技の下絵を描いたり、レポートの最終チェックをしてプリントアウトしたら、これまた湿気で紙詰まり。手を真っ黒にしながら紙を取り除く。ーーーもう、イライラするわ。


 幼馴染が家庭菜園の野菜を届けてくれて、地下鉄直結スーパーでおしゃべり。道南の実家へ行ったからと「イカ刺し」をいただいたので白ワインで頂く。黒ガレイの煮付けも美味しかった〜! 友人のおしゃべりでと差し入れで元気回復

 さてと、また一週間が始まる。


f:id:fuchan1839:20180708230847j:image

2018-07-06

歩きながら....

22:07


 超、忙しくなって、朝からぼーっとしている。自転車は危ないので止め、歩きながら休んでいたら、降車駅を間違えた。先日は地下鉄の入り口を間違えて、他のビルに入ったのに気づかずに「あれ?駅、引っ越した?」と、半ボケ状態。


 地下鉄ゲートの自販機の前で、いつもパソコンを開いて仕事をしている40代くらいの男性がいる。

よっぽど忙しいんだ、と思い「がんばって」と心のなかで応援している。ーーーわたしも、あと、ちょいだ。


 イラストレーターの共同作業「メニュー作り」のイラストができた。

おしゃべり男子三人はメニュー作り担当で、私がイラスト係というわけ。メディアの男子はパソコン操作はお手の物だし、パソコンの画面が眩しくてかなわんので作業はおまかせ。後ろに立って、その色良くないとか、活字が変とか、口だけだしている。

 

 図学の投影図の宿題がわからなくてYoutubeで検索したら、なぜかみんな中国語だった。

先生の研究室をノックして、「先生、投影図は線をたくさん引かなければならないから、スペースが足りないですよ」と文句を言ったら、「それは、若いときに作った問題なので、今は老眼で見ずらいですね。」という答え。そういう問題じゃなくて、問題2の立ち位置、点SとVcで両サイドの問題1と3の投影図を作らなければならないので線がかぶって点が落とせないのだ。ーーーまあ、なんとなくは理解できてやれやれでした。



f:id:fuchan1839:20180706223708j:image