Hatena::ブログ(Diary)

fuchan1839の日記

2017-04-20

油彩 No.2

09:22


 油彩、第二作目はユーカリの葉っぱ。

ハートの形をしたオリーヴ色の葉は千切るとメンソレータムのような香りがする。画材屋さんで先生が絵の具の説明をしてくれたとき、「この色、好きなんだよね」とグリーングレイの絵の具を買ったばかり。


 「なんて、素敵なタイミンング!」と勇んでモチーフの前に座ったはいいが、意外と葉っぱを描くのは難しい。ちまちまと葉っぱを並べていたら「こんな風に」とバーっと塗りこんで背景から葉っぱを模った。ーーーなるほど...。

 そして、元職場の上司のアドバイスはユーカリの葉を円を描くようにして、手前のレモンをもっと強調し、抱え込むようにすると構図が良くなるとのこと。彼は三岸好太郎美術館の初代館長でもあり絵に詳しい。若かりし頃、三岸節子さんを教えてくれたのも彼だった。


 絵の具を乗せては拭き取り、また乗せて、「いい感じかな?」と絵筆を置いて買い物して戻ったら、「なんか、へん?」とまた消して、絵の具を消費するばかりで絵は完成しない。

 生前、保次先生が「消すのは大事。無駄なことはひとつもない」とおっしゃっていたとか。やよひ先生もいつも消していて、アクリル絵の具で下水管が詰まり業者を呼んだとか。それだけ絵を描いたってことで、いまも来月出品予定の作品を消したばかりと言う。


 ーーーなるほど、絵を始めたばかりのわたしは消して当たり前ってことね。



f:id:fuchan1839:20170420093441j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchan1839/20170420/1492647735