in my daily life このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |


20180818 (Sat)

[]姉弟と夏休み後半戦

世間的にはお盆休暇だった今週だけど、我が家通常運行。ただムスメの学校は全学休校期間なので、部活も講習もなく、自宅をベースに学校の宿題習い事の夏期講習に取り組んでいた。中学受験勉強の習慣ができたのか、やらなくてはいけないことはきちんと取り組む性格なためか、昨年に続き今年の夏休みも前向きにしっかりと勉強に取り組んでいるムスメ。部活動で相当みっちり身体を動かしているので、休校期間があってちょうどよかったね。

一方のサニスケは、普段は100名前後の子どもたちが集まっている学童にて、13日(月)には”今日は20数名しかいなかったよ”と比較的空いている学童満喫していた。学童が学校の敷地内にあるので、開放プールにも毎日参加して、海の子のように真っ黒になり、なんと顔はゴーグル焼け。15日(水)には開放プール後にスイミングもあり、”両方参加する!”とのことで、水泳を満喫している夏。17日(金)から習い事の夏期講習の後半が開始し、知識を身につける勉強身体を動かす活動自分アイデアを形にするLEGOやLaQでの活動により、比較的バランスのよい生活を送っているサニスケ。

二人ともそれぞれ充実した夏休みをおくっていて、何よりだと思う。思い返せば一昨年はムスメが5年で担任先生が妊娠トラブルにより予定より早い休暇に入り(これ自体はおめでたいことで仕方のないこと)、副校長先生担任代行になり、クラス崩壊を始め、二学期不安を感じて夏休み突入(そして二学期にさらに状況が悪化するとは当時は思いもよらず)。サニスケは年長組で、卒園関係イベント等があった夏休みだった。この他にも色々あって、なんだか落ち着かない夏休みだったことを覚えている。そして去年はムスメの受験体制が本格化した夏休みで、模試付添や学校説明会英検準備等々、思い出すとよく乗り切ったものだと思う。

おまけ。仕事では各方面における複数案件が大きな展開をみせはじめており、夏が穏やかな反動で秋以降の猛烈な慌ただしさがほぼ確実…。7月から新年度業務が開始するということは、こういう進捗になることだなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180818

20180812 (Sun)

[]ポコンたんとピザトースト

ムスメの中学校では各教科から多種多様大量の夏休み課題が出されており、だらけずに済んでいるのがありがたい。家庭科課題は”朝食を作ること”で、制作途中の写真も含めて外部のコンテストに全員出品するらしい。

そんなわけで今日の朝食はムスメ作のピザトースト。とーっても美味しかった。サニスケも含めて全員から”また作って”とリクエストが出ていたほど。また作ってね、ポコンたん。

ただあの絶妙な焼き加減は、20年選手の電子レンジでは厳しかっただろーなーと内心で思っていたハハであった。その後、半信半疑でレシピのとおりアルミカップに生卵を落としてヘルシオさんにおまかせ調理したら、見事な目玉焼きができて、す、す、すごいっ!!と吃驚した。

我が家のヘルシオさんは設置場所の高さの関係で1段にしたけど、これは2段(同時に別調理可能)が欲しくなるのは大いにわかるな〜。

[]サニスケと恐竜

サニスケが大好きなテレビ番組の夏休み企画に”恐竜に会える夏”というのがあり、ちょうどパ○システムの割引チケット掲載されており実質ポイント交換で入手できたので、今日の午後にさいたまスーパーアリーナまで遠征してきた。わたし自身はテレビ番組の企画ではなく恐竜なら博物館に化石見に行こうよと思うのだけど、一方で子どもと出かけるときには親の価値観ではなくて子ども自身の”行って見たい!”を(時間と予算が許す限り)叶えてあげたいという気持ちもあり、どちらかというと後者に流れがちな甘いハハなのであった。

日差しは翳っていたけれど湿度がものすごく高い一日で、もともと体調もいまひとつなため、駅のホームで変な汗が出て来て倒れそうになったけれど、なんとか目的地着。物販には長蛇の列ができていたけれど、長蛇すぎたため、休憩所として開放されていたホール内部で待機。ようやく会場に入ったところ、アリーナ中央26列目という席で、”なかなか良い席じゃん!”とサニスケのひとこと。

ショー自体はさすがにエンターティメントと学びの要素がmixされていて、ほぼ等身大の恐竜が自立歩行し会場内を歩き回り、目の前に見ることができたのは”プチ・ジュラシックパーク”で、大迫力!! 実体映像と音と舞台があわさりあったショーは、インパクトがあり、なかなか楽しく記憶に刻まれるものだよな〜と思ったり。ハハも勉強になった。テレビ企画あなどれない。あと最後に登場した都立高島高校のダンス部の演技が、ついムスメに重ねてしまい、とてもよかった。

サニスケも面白かった〜と帰り道で感想を色々聞かせてくれたので、連れて行ってあげられてよかったな。

おまけ。サニスケは希望にそってあちこち連れて行ってあげられているけれど、思い起こせばムスメが小学校低学年の時期は乳児であったサニスケの世話でいっぱいいっぱいであまり連れ出してあげられなかったなとつい省みてしまい、もう少しムスメの希望もかなえてあげてもよいかなかな、などと思ったのだった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180812

20180809 (Thu)

[]ポコンたんと部活

ムスメは中学校でダンス部に入っており、夏休みも大半は部活があるのだけど、明日から学校全体が休みになり、後半は家庭事情で欠席のため、今日夏休み部活参加は最終日。入部以来、9月下旬文化祭での発表に向けた練習が続いており、一年生の出番の他に先輩たちの行うダンスミュージカル?の裏方役が割り振られていて、ムスメはスポットライト担当とのこと。

本人は不満もたくさん抱えているようだけど、文字通り裏方があっての表舞台なのは何事万事共通なので、大人目線からは非常に貴重な経験を積んでいると思う。本人の不満もわかるけど。

ちなみにサニスケは”(中学生になったら)テニス部と鉄道研究会に入る!”といまから決めているらしい。母親としてはテニス部をおすすめしたいところだけど、鉄道模型をちまちまと工作している姿の方が目に浮かんでしまう。い、いかん。

(サニスケの志望校鉄道模型で名高い鉄研があり、先日の文化祭訪問教室一面のジオラマに心を掴まれた模様)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180809

20180808 (Wed)

[]ヘルシオde唐揚げ

数日前、ヘルシオで唐揚げに挑戦した。付属のレシピには市販の唐揚粉を使用するとあったけれど、普通に下味に漬けこみ、帰宅後に片栗粉をまぶして、鉄板アルミホイルを敷いて付属の網を置き、その上に載せる。自動調理メニューの唐揚を選択して、スイッチオン!!

約20分後に無事に唐揚が完成♪

油好きな夫氏からは”え〜、これ唐揚?”と疑義申立てがあったけれど、子どもたちには好評で、油使わずに揚げ物できるなら油っぽくなくてもいいのだ。ただ下味だけはもう少し長時間漬け込んだ方がよいかも。

朝は時間に追われるのでレンジ使用、夜は水蒸気おまかせ調理でメイン(+サブ)製作というのが最近パターンになりつつある。やはり強力な助っ人なのであった。

おまけ。最近他法人の施設見学に行く機会が増えているのだけど、それぞれの施設で工夫を凝らした取り組みがあり、大変に勉強になる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180808

20180805 (Sun)

[]”インクレディブル・ファミリー”を観に行きました

今日は珍しく夫氏が日曜出勤だったため、サニスケの希望で映画”インクレディブル・ファミリー”を観に行くことに。ムスメも誘ったのだけど、”弟と一緒はヤダ”とのことで振られてしまった。母はしょんぼり

本編の前に中国風の短編アニメが上映されたのだけど、この作品の画の質感が素晴らしくて魅入ってしまった。”インクレディブル・ファミリー”自体は、黒幕はすぐにわかってしまったけれど、典型的米ドラマ?という感じでシンプルに楽しめた。しかし、吹替版とはいえこういう映画を一緒に楽しめるようになったことにサニスケの成長を実感する。

なお本人希望留守番となったムスメは、モルモル宅で夏休み勉強計画づくりと勉強に勤しんでいた。素晴らしい!!

おまけ。調べたところ、その短編アニメは”Bao”というタイトルだった。”ピクサー初の食べ物を主人公にした作品”と知り、ピクサーはあんなに色々なモノを主人公にしていながら、食べ物は初めてだったのか〜と思ったり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180805

20180802 (Thu)

[]サニスケとソーラーカー

2日は仕事休みをとり、サニスケの希望にてソーラーカー教室に参加。てっきり保護者同伴かと思いきや、最初説明だけ一緒に聞いた後は、突如降ってきた2時間フリータイム。近くに居心地の良さそうなカフェを見つけしばらく過ごした後、GAPのセールにて夏休み旅行用の衣類を入手。最近は本当に必要なモノしか購入しないので、厳選に厳選を重ねて決定。

終了時間教室に戻ると、手先が器用なサニスケは難なく組み立てていたけれど、自分世界に没入する傾向があるので先生の話を聞いてないっ!! ”THE男子”という感じもしなくもないけど、先生が話しているときは聞いてほしいな〜。持ち帰ってきたソーラーカーは、モーターカーにもなる優れもので早速自宅でも走らせていた。

ソーラーカー教室の会場にて、以前にサニスケが地元でお世話になっていた先生と遭遇し、ご挨拶。どうやら参加者名で気がついてわざわざ様子を見にいらしてくれたらしい。このあたりの距離の近さがありがたい。

午後はムスメも合流して、眼科受診。1学期の健診で二人とも再検査となったのがようやく受診できた。今回から小児眼科標榜のある医院に変更したところ、さすがに子どもの扱いに慣れていてサニスケの検査スムーズ。結果としてはサニスケは裸眼0.3、眼鏡0.5で、いますぐ眼鏡を変更するほどではないとのこと。ゲームが一律悪いわけではなく、同じ焦点で長時間固定されることが問題なので、ゲームでも読書でも30分経ったら焦点距離が変わる活動をするように、とのアドバイス外遊びが推奨されるのは、焦点距離自動的にあちこち変わるため、とのこと。

一方のムスメは裸眼0.1、眼鏡0.3で半年前より低下。サニスケはタブレット使用制限しているけれど、今春からあいほんユーザーとなったムスメは以前よりスマートフォンの利用度が高くなっていることが原因だろうと思われるので、朝のあいほんは禁止することに。ついでに自分の眼精疲労もみてもらったところ、遠視のため視力は1.5とよかったけれど、逆にPC作業等は眼鏡必須となる。乱視は軽度、ローガンはギリギリ入口手前とのことでホッとする(あれ?前回より少し改善したかな)。眼精疲労の多くのひとのご多分にもれずわたしもドライアイ

[]サニスケとお祝い

サニスケの記念日が近いので、夜はお祝い。ケーキは夫氏が仕事帰りに入手してくれて、実家の両親も来てくれてみんな揃って子どもの成長を祝うことができる幸せ

プレゼントは当日の前夜に枕元に置いてほしいとリクエストを受けたので、そのように。ちなみに本人からの強い希望により、両親からLaQの”LaQ ハマクロンコンストラクター スピードホイールズ”という車輪?系のパーツの大量に入ったセット。祖父からはLEGOスピードチャンピオンシリーズからポルシェフェラーリ。しかし本当に乗り物とLEGOとLaQが好きだな〜。

なおサニスケが目下一番好きな車はスウェーデンのケーニグセグ(Koenigsegg)というメーカースーパーカーらしく、なかなか良いセンスをしていると思うのは親の贔屓目?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180802

20180731 (Tue)

[]7月の終わり

これを書き始めたのは8月3日で5日に完成した遡りの記録。とにかく暑い7月が終わった。

仕事6月で前年度が終わり、ようやく今年度の業務に本腰を入れることができたのだけど、業務てんこもりで怒涛のごとく過ぎていった。

家庭は、サニスケのクラス読み聞かせボランティア学童保育保護者会、終業式後のサマーフェスタスタッフ業務。ムスメは上旬期末試験、答案返却、三者面談、課外授業の水族館と一緒に行った初めての歌舞伎鑑賞教室。後半は夏休み突入し、サニスケは学童ベース習い事の夏期講習や初めてのキャンプに参加し、ムスメは部活と学校の夏期講習、合間に小学生時代のお友だちと遊びにでかけたり。サニスケがキャンプで不在の日曜日に、ムスメを連れて美術館。子どもたちだけで行動する機会も多く、二人とも盛りだくさんの夏休み満喫している。ハハは公私ともてんこ盛りすぎて、少々息切れ気味の夏。

最大のニュースはヘルシオさんの購入に踏み切ったこと。毎朝毎夕、強力な助っ人として大活躍してくれるので、感謝

今年の野望の進捗状況の振り返り。

野望その1の”子どもたちと一緒に色々な体験をする”は、3人で一緒にすることはたま〜に夕食を二人同時に手伝ってくれるときくらいなので、それぞれと過ごす時間意識的に確保している。サニスケとはメダカの実験教室に参加したり、スクラッチで一緒にプログラミングしたり。サニスケ最大の”体験”は初めて家族から離れて参加した二泊三日の山中湖キャンプ!あいにくの台風にぶつかってしまったけれど、ビッグカヌーもキャンプファイヤー体験できて、ひとまわり成長して帰宅した。そのほか、学童でお友だちとがっつり外遊びしたり、夏期講習に参加して勉強に重点をおく数日間があったり。サニスケの生活は、割とバランスよく構成できているように思う。

ムスメとは、課外学習の歌舞伎鑑賞教室に一緒に参加したり、美術館鑑賞したり、いくつかの初めての体験を共有した。そのほかに、課外学習として水族館見学に参加したり、お友だちと外出したり。ムスメは部活と学校の夏期講習で毎日学校に通いお友だちと過ごす充実の夏休みを過ごしている。ただ夏休みの重点課題であった社会が実現できておらず、これはわたしの反省点。中断している新聞スクラップは再開してほしい。

メダカの観察教室でもらってきた卵4つは全て孵化したけれど、水が少なかったのか内3匹は天に召されてしまった。一番小さな1匹はいまでも元気に成長していて、毎日眺めては和んでいる。水槽の前住人?だったヤゴは一切興味がもてなかったけれど、メダカがスイスイと泳いでいる姿はぼーっとみていると飽きない。

野望その2の”すっきりした住環境を手に入れる”は、ヘルシオがきたのでキッチン周りを少し片付けた。そのほか、ついに物置と化している書斎の片付けに着手し、その第一歩として不要生地や毛糸等を地区社協の手芸サークルに寄贈。日々の生活で”使わないモノ”をみつけると、その場で処分するように心がけているけど、まだまだ先が長い。住環境ではないけれど、月末の土曜出勤にて職場デスク周りの書類をようやく片付けることができてスッキリ、満足。

個人目標の”ジムに月2回以上行く”は、中旬にジムを退会した。Apple Watchをつけてアクティビティを計測してわかったことは、予想していたより日常生活において身体を動かしていたこと。特に休日は全てのリングが完成することが多く、さらにジムに行くのは体力的にもたないと自覚した。あとよく言われることだけど、月2回ジムで1時間運動するより、日常生活のなかで階段を使ったり動くことを心がけて、”リングを完成すること”を目指す方が大切だと気付いた。ジムに通っていたときに最もよかったのはヨガだったので、起床時や就寝前、職場の休憩時間等に”ズボラヨガ”を実践している。目標を”休日リングを完成する”に変更。

”月1回はリフレッシュタイムを確保する”は、一日だけど夏休みを確保できたのが最大のリフレッシュ自分個人の出納記録を整理していて、結局カフェでのひとりタイム日常的なリフレッシュタイムなのだなぁと自覚した。短時間でも読書とこのニキの更新をできると、その日の満足度が高いので、なるべくその程度の時間は確保できるとよいな。

勉強の再開に向けた一歩を踏み出す”は、大学院時代の指導教授の定年記念の会がゼミの後輩主催であり、参加できた(日曜日冠婚葬祭仕事以外で単身外出したのは、母親になって以来初めてのこと)。目標を”月1冊、勉強/仕事関係書籍読書する”に変更。

[]7月に読んだ本

仕事関係でパラパラと読み返した書籍は、石坂隆監修・アルテ監査法人編著”決算効率化を実現する会計監査対応の実務”(中央経済社,2014)と全国社会福祉法人会計研究会社会福祉法人不正防止・内部統制監査 (改訂増補) ”(清文社,2016)の2冊。会計監査人監査の導入に備えて、書店でみかけるこの領域書籍はほぼ全て手にとって内容を確認した自負があるけど、この2冊が一番参考になった。特に後者特定社会福祉法人担当者は必携。今後も年1回は読み返して初心に戻りたい。

渡辺充彦・竹重俊文・渡辺征克”医療社会福祉法人経営変革」の教科書”(日本実業出版社,2016)は、一昨年に購入して以来、何度か読み返している”愛読書”なのだけど、愛読しているからといって全面的に内容に賛同しているわけではなく。ただ今後社会福祉法人がどういう土俵で生き残っていかなくてはならないのかについて、よく理解でき、その深刻さを切実に感じる。

今月の購入本は3冊で、田中亨"Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版”(翔泳社,2016)は、成り行きで仕事でVBAを使用することになり、はるか昔の記憶を呼びもどすために購入。持ち帰って作業していたので、ある日の食卓では、サニスケはスクラッチを、わたしはVBAを並んで格闘していたり。

勝間和代”勝間式 超ロジカル家事”(アチーブメント出版,2017, kindle版)は、ヘルシオ購入前の電子レンジ調査期に、以前に書店立ち読みしたことを思い出してkindleにて購入。この書籍が決め手になってヘルシオが一気に候補に躍り出て、購入に至った一冊。ヘルシオとビストロと電気圧力鍋があれば、コンロは不要というのは極端に思えたけれど、実際にヘルシオが活躍を開始したら大いに納得。ビストロとの2台持ちはさすがに我が家には贅沢だけど、電気圧力鍋はいずれ狙いたい。

勝間女史回帰月間になったので、続いて勝間和代”2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム”(文藝春秋,2016,kindle版)をkindleにて読了。首をぶんぶんうなづきながら一気に読み進めたほど、Apple Watchの効果をはじめ同感な箇所がたくさん。本書の最後の方で登場する恋人が、最近話題になった方なのだろうなぁなどと余計な邪推をしてしまったり。

息抜き枠では、ムスメが中学受験勉強期に頻出図書として読んでいた椰月美智子”しずかな日々”(講談社文庫,2010)が資源ゴミになる寸前に救い出して読了タイトルの通りに”しずかな”気持ちになる読了感の素晴らしい一冊だった。

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

勝間式 超ロジカル家事

勝間式 超ロジカル家事

しずかな日々 (講談社文庫)

しずかな日々 (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuchikoma/20180731