I walkin’ the journey course for the ”morning of glory”. Twitter


風雅舞人が書いてます。

2018-12-29 COUNTDOWN JAPAN18/19 二日目

DJ出口→さユりTHE BAWDIES→9mm→シシド・カフカ→SOIL→Capsuleくるり→DJピエール中野

今日はどれかが突出してたと言うか満遍なく良かった。

飛び道具ありならDJ出口博之の

『良いじゃん、良いじゃん凄えじゃん』をベストにしたいところ。

やっぱり今年は〇〇の年、のうちの一つは電王の年だと思うので。

さユりさんはZEPPツアーの映像をフェスでも再現、といったところか。

やはり弾き語りのときも思ったけれどもフラレガイガールの歌が本当に洗練させれてきてるな、と。

 

さユり(2018/12/29)COUNTDOWN JAPAN 18/19 クイックレポート |音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

レイメイは喉にダメージ大きそうですね。ちょっとミカヅキにも影響が出ていた気がする。


THE BAWDIESは今日は良い音でした。そしてHOT DOG前の寸劇、世代的にストライクなママレード・ボーイ

キューミリはやはり「ハートに火をつけて」がセトリの中では良かったな。

9mm Parabellum Bullet(2018/12/29)COUNTDOWN JAPAN 18/19 クイックレポート |音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

まあ、有名バンド、フェスでありがちな解説を挟む彼氏みたいなカップルが邪魔でしたけれど。

二年ぶりのシシド・カフカ

シシド・カフカ(2018/12/29)COUNTDOWN JAPAN 18/19 クイックレポート |音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

百年ビール結構好きなので嬉しかった。しかし毎回MCには息が切れ切れでしんどそうだな。

まあ手が長くてワキが美しいこと・・・・

SOILはアストロでお酒のBGM的に。Capsuleも安定の域にあるな。

くるりはガッツリと堪能した。毎回編成が違うバンドなので、

「今宵のくるり」が常にあると思う。今日はロックンロールがとても良かった。

上海蟹もファンファンが復帰してから本当に良いよね。

岸田一人だと何か違うと思ってしまいますね。

くるり(2018/12/29)COUNTDOWN JAPAN 18/19 クイックレポート |音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最後はドラムDJピエール中野。セトリに目新しさはないのですが、

DISCO FLIGHTで我慢できずにバドワイザー取ってきました。

終わってから「最高だなピエール中野」とか言うんだったら

全力で楽しめ!!!いちいち曲を知ってるかどうか仲間内で騒ぐんじゃない!!

We will rock you、最高だったなー。

DJピエール中野(凛として時雨)(2018/12/29)COUNTDOWN JAPAN 18/19 クイックレポート |音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20181229

2018-12-28 COUNTDOWN JAPAN18/19

COUNTDOWN JAPAN18/19 一日目 13:41

Hump back

一昨年のミナホで入場規制で観られなかった時から数えて

ようやく初体験というところ。CDJ始まりという感じがとてもありました。

からの、ねごと。

https://rockinon.com/quick/cdj1819/detail/182811

場外乱闘気味だったけれども、「解散だからヤバT蹴ろう」なんて輩はともかく、

そんな音楽への愛を持たない層にキレるより「どのステージを選んでも最高の景色だと思います」的なことを言った

沙田瑞紀さんの発言が大人だったなーと思います。


混むと思っていたけれどもまあ所詮「解散するから見よう」勢はギリギリまで来ないもので、

普通に前から3列目ぐらいで観られましたね。


ライブはヴォーカルの声が弱かった(音響的な意味で)のが残念。

セトリはETERNAL BEAT以外はオルタナ期ばかりで良かった。

M1 DESTINY

M2 ループ

M3 カロン

M4 シンクロマニカ

M5 ETERNALBEAT

M6 アシンメトリ


シンクロマニカ聴いたら真夜中のアンセムも聴きたくなるけれどもね。



ラストツアーは名古屋ではなく東京のファイナルを取りました。

名古屋がツアーの頭なら2つ行くんだけど数日しか開いてないとなると・・・。

多分カロンのアウトロあたりだったと思うけど、

キーボードをオラオラーって叩く幸子が可愛かった。

やっぱり、自分の中でねごとはEDMではなく、オルタナティブロックバンドですね。

初期のランデブーや七夕から始まり、endlessなんかも。

瑞紀がギタリストとして起用なので、DestinyやGreat city kidsみたいな

王道ギターもこなせるのが欠かせない魅力だとも思います。

また、ループや真夜中のアンセムのベースラインに

見られる「不穏さ」を表現できるところも魅力ですね。


パスピエを少しだけ観てからの東京スカパラダイスオーケストラ。

結局最後まで白と黒のモントゥーノは聴けなかったなあ。

来年はやらなさそうだなあ。

そしてfripside。二年ぶり。こういう時しか恐れ多くて見れない感じ。

sister〜かOnly〜かどっちで終わるかなあと思ったけれど。

Onlyで終われて悔い無しですね。

https://rockinon.com/quick/cdj1819/detail/182823

M1 killing bites

M2 under a starlit sky

M3 black bullet

M4 Love with You

M5 only my railgun

King Gnuは12/23に観たときより音が段違いに良かった。

これを書いてるときはバズるアーティスト一位なのも聞いていますが、

順当ですよね。


一日目トリはBUMP OF CHICKEN

毎回バンプCDJで見るたび思うのは序盤で抜ける人が多いんですよね。

本当に天体観測ぐらいしか知らんのかな、みたいな。

ま、それは各自の自由ですけれども。今回、ちょうどこの日の朝に

昔の職場の人と当時の同僚の話をしていたのですが、

先輩Aがカラオケで歌っていたギルド、先輩Bが「唯一好き」と

言っていたガラスのブルースがそれぞれ聴けたのが幸せでした。


スノースマイルを演奏したあとに「冬が寒くて本当に良かったなんてことはないんだ」

って最後に伝えて去るのは以前のCDJでもあったんですけど、

「あのな、スノースマイル、冬が寒くて本当に良かったの後に僕はこうも歌っている」

「君の冷えた左手を僕の右ポケットに お招きする為のこの上ない程の 理由になるから、と。

 そういうノロケの歌なんだ、あれは。そういう対象がいない、僕もだけどそういう人には、

 冬の寒さは耐えねばならない試練なんだ。だから、暖かくして、体調を崩さないように」


人として丸く、優しくなっていく、そういう藤原基央がまた尊いなあとそう思った冬。

https://rockinon.com/quick/cdj1819/detail/182792

M1 スノースマイル

M2 望遠のマーチ

M3 記念撮影

M4 話がしたいよ

M5 ギルド

M6 虹を待つ人

M7 天体観測

M8 ray

EN1 メーデー

(すまない、本編終わった時点で20分も余ってしまっていたので一曲やらせてくれ)

EN2 ガラスのブルース

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20181228

2017-10-15 進むべきLife 生きてくだけ

※結局はてなブログが使いにくいのでこっちにも書くっていう

仮面ライダーエグゼイド ファイナルステージ&番組キャストトークショー スペシャルバージョン 22:51

ウィザードの時は大阪で一度だけ観て、鎧武、ドライブとライブビューイング。

しかもどちらもミナミホイールと被ってたからわざわざ大阪まで行ってる状態で

途中で抜けてなんばの映画館で。(名古屋住みですから)

ゴーストについてはお察しください

で、今年はライブビューイングの報せがないからどうなるかと思ったら

東映ヒーローチャンネルで意外にも無料配信。

Chromecast持ってて良かったと今回以上に思ったことはないかもしれない。

前半戦のファイナルステージショーも、

パラドのグラファイトへの「ドヤ顔すんな♪」とか

「ケーキこっちにあるよー」とかニコと大我のコンビネーションに

「仲良いじゃーん」とか見どころ満載だったわけですが

そして毎年そうだけど本編作家(高橋悠也さん)脚本なので話に無理がないのも好き。

いきなりトンデモ設定ぶち込まれると萎えることはあるので。

トークショーは昔のライブレポみたいに時系列で書くなんて出来ないので

覚えていることを各キャスト別で箇条書きします敬称略

・博多 華丸  【鏡灰馬 役】

 最初に「私、失敗しないので」のドクターXパロから

 入ってかなりスベったように感じたけど、

 繰り返すことで笑わせるのはさすが芸人と思いました。

 大吉先生がいないと暴走したボケを誰も止めなくて面白かった。

 初期のイベントは観ていないので知らないんですが、

 「飯島くんが頼りなかった」話が信じられないほど

 今日の飯島くんは座長としてしっかりしてたよな。

 瀬戸くんに「彼はNHKで英語を勉強してるから」

 相方の話で「彼は仮面ライダーよりウルトラマン・・・」

 とかカットされそうな発言も多くて良かったー。

・小手 伸也  【天ヶ崎恋 役】

 今日、改めて変身を観たらカッコよかったな・・・

 延べ五話しか出ていないとは思えないぐらいのインパクトがあったし、

 名刺を正宗のポケットに突っ込むシーンは何かの特典で入れてほしいなあ。

 最後の「エグゼイドという作品をは宝物であり重荷になることもあり壁」

 はとっちらかった印象もあったけど役者というものと名作というものの

 複雑な関係性みたいなものが垣間見えた気がします。

町井 祥真  【グラファイト 役】

 グラファイトというキャラクターが持っている矜持、

 町井さんがグラファイトという役に持っている矜持、

 どちらも凄く感じられましたね。

 ライダー以外の敵役で同等のエフェクトが付いたのは・・・

 魔進チェイサーとかですかね。でもあれも後にライダーか。

 そういう話の後に仮面ライダーグミからの「ジューシー!!」はズルいだろ!!

 

・甲斐 翔真  【パラド/仮面ライダーパラドクス 役】

 

 色々なトークや台詞が聞けたわけだけど、実は名場面再現のときに

 飯島くんに振られて「いいぜ」って応えたとこが一番好きかも。

 変身シーン改めてカッコよかった

・貴水 博之  【檀正宗/仮面ライダークロノス 役】

 こちらは悪役としての矜持というものをヒシヒシと感じました。

 ラブリカとの歴史的和解(三度)とか、親子愛とか、

 合間のネタもしっかり笑わせてもらったけどね。

 「絶版おじさーん」コールも最高だった。

 本編撮影中は敢えてピリピリさせてたみたいで、

 なんだかフラストレーションの解放を感じましたね。

 「シーッ・・・審判の時は静粛に」だっけ、かっこよい。

・岩永 徹也  【檀黎斗/仮面ライダーゲンム 役】

 神、何回Xのポーズしたんですかね??

 あんなにキャストから「気持ち悪い」連呼された人他にいます?

 

 前半戦の「モルモットたちよ!!」のが振り切っていたかもしれない。

 どこか掴めない天才肌なところは役との共通項かな。

 Vシネマは2つの歴史と1つの神話。楽しみにしてます。

 「卒業式で泣いたことがない松田るかが今日どうなるのか楽しみだったけど、

  涙が見られて良かったです」から唐突に感じる年長者。

 コンティニューしないようにクリアしてやる・・・

・黒崎 レイナ 【西馬ニコ 役】

 「ライドゲーマーニコ」は役に含まないんですね。

 まあまず可愛いですよね。生脚ですしね。

 松田るかも可愛いんですけど

 仮野さんじゃないと枠がやっぱりバグスターだから。

 松本さんが「ニコ可愛い・・・」って呟いてたの暴露したのは

 すっごく良いホームランだったなと思います。

 

 変身シーンかわいい・・・

 あと、変身した後に大我に寄り掛かるのは打ち合わせ済みなのかな?

 そうだとしても息ピッタリだしなんてお似合いなんだろうと思う。

 しかも「セーンセ」ですよ。男なら一度ぐらいそうやって呼ばれたいだろ!!

 最後の挨拶の感謝の言葉は何ていうか欲張り、全部に感謝を一つずつ。

 それがでも「ニコらしくて」とても良いんじゃないかな。

・松田 るか  【仮野明日那/ポッピーピポパポ/仮面ライダーポッピー 役】

 パ行噛みませんねえ、パねえよな。

 仮野明日那が好みのストライクすぎてポッピー嫌いじゃないけど

 出てくるとガッカリしてしまう複雑な感情を抱いています。  

 変身シーン、ときめきクライシスの音声と相まってグッドですね。

 「人間が嫌い」で「メンタル弱い」とは思えない強い輝き。

 大我が泣き崩れそうな時に間髪入れずに「頑張れ大我!」

 ポッピーでした、やっぱり。

 僕も卒業式では多分泣いてないけど

 仕事を辞める時は結構泣いてる。

 何かを成したかどうかがポイントだと思う。

小野塚 勇人 【九条貴利矢/仮面ライダーレーザー 役】

 コーヒー、ブラックは飲めない設定だったから

 芝居をコーヒーの苦さが顔に出るよう切り替えた話、

 役者魂だよなあって。カットされたことも含めて。

 もし復活の予定は最初はなかったのであれば

 それはやはり小野塚さんの演技の魅力の賜物でしょう。

 変身シーンのキャラセレクトのダイナミックなところ好き。

・松本 享恭  【花家大我/仮面ライダースナイプ 役】

 メインの4ライダーでは一番好きかもしれない。

 ドライブで言うところのプロトドライブですよね。

 最初に変身した責任、飛彩に対しての責任、

 新しく芽生えたニコへの責任。

 序盤の「妖怪ガシャット置いてけ」からは想像できなかった変化。

 そして「ニコ可愛い・・・」「ニコが黒崎レイナで本当に良かった」

 久々に役者で「この二人くっつけばいいのに」と思ってしまった。

 もちろんその後の「永夢が飯島寛騎で良かった」もとてもグッと来ました。

 そして、病気の方からのファンレターの話から他の二人の涙腺も崩壊しましたね。

・瀬戸 利樹  【鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ 役】

 この人が「花家先生」って呼ぶシーンは凄く好きですね。

 ケーキの切り方でNG出た話の後に

 「ケーキにも限りがあるので」

 を華丸父に「予算が少ないみたいなこと言わないでもらえます?」

 「世界で一番のドクターになってね」な彼女のことを

 「いつまで女を引きずっておるのかと」といじられたりとか

 良好な親子関係が微笑ましい。

 変身シーンの「行くぞ無免許医」「ああ、おぼっちゃん」良かった。

 そして本当にアカンぐらい涙腺が挨拶の時に崩壊してて・・・

 俺も最初は爆笑したものの途中から

 嗚咽を出しつつ笑うみたいな感じになってました。

 一年ありがとうな!

・飯島 寛騎  【宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド 役】

 サプライズ色紙なんて渡すからもう最初から号泣やないか・・・

 佐野岳も鎧武パーカーに寄せ書きされてて崩壊してたな・・・

 僕はシーズン初期のこういうイベントでの飯島くんを知らないのですが、

 ライダーの役者は勿論みんなファイナルステージではそれぞれに

 堂々としているものですが、彼も本当にシッカリしてた。

 この号泣の合間でも、永夢のセリフを言う時は表情も引き締まり、

 涙も止めるんですよね。北海道から出てきて、

 電車もわからない、虫もでかい。

 そんな状態から一年でここまで来れたなら、この先彼は何処まで行けるのだろう。

 役柄が役柄だし、どうにも頼りないイメージを

 抱えてスタートしたエグゼイドだけど。

 終わってみりゃやっぱり皆すげーなあ。

一年番組を追いかけて、色々な喜怒哀楽をもらって、

最後に番組から飛び立つキャストを観られる。

仮面ライダーというのは大切な年間行事なんです、もはや。

今回は配信で自宅で友達と観たので、結構喋りながら観たのだけど、

これはこれで斬新だった。一人でTwitterに投稿しまくると肝心な映像見逃すし、

良いね、こういうの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20171015

2017-09-29 「つづく!」のか

交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1 00:42

序盤の素晴らしさは本編を観た前提なら確かにファン必見かなと。

その後の話ですが、再構築や設定改変をガンガンやりたいならば

説明は説明は丁寧であるべきだし・・・

(「本編を知らなくてもわかる」作品ではないと断言します)

「虹がいっぱい」は話自体が面白いかとか置いといて、

まだ一つの話として意味がわかる作品だったんだなと

これを観ると思えますね。

ホランドとタルホ以外ゲッコー号の皆さん完全なるモブ

→本編ファンは納得できない、新規の人は誰なんだこいつら。

 ホランドは序盤以外ただキレてるだけにしか見えない。

ニルヴァーシュが活躍しないどころか、何なのかの説明が殆ど無い

→本編ファンは残念、新規の人は主人公の機体だとかろうじてわかるかな?

そもそも、エウレカレントンの出会いがほぼ割愛

→これは本編ファンなら知ってて当然だからまあ良いとして、

 新規の人は「何故この少年は彼女に会いたいのか全然わかんねえな」

 例え次作で挽回するとしても、この映画観てエウレカ

 ヒロインとしての魅力があったでしょうか・・・


レイとチャールズ編で一番グッと来たDAYSが絡む

あのシーンもバッサリないしな・・・

あと、あの時系列を縦横無尽にする演出ですけど、

あんまりセンスっていう感覚的な言葉使いたくないけど

やっぱり「センスがない」としか言えない。

勿論、数日前の心情を思い出して今の気持ちにリンクみたいな

意味がある場面もあるんだけど、大抵が唐突過ぎて戸惑うだけ。

やりすぎ。

ガンダム劇場版とか、まどか☆マギカみたいに

本編使いまわしつつ細かな設定を変えて無難にまとめた作品、

逆にエヴァ序みたいに新規キャラ追加してキャラの名前変えて

大胆に再構築した作品もあるけれど、

どれもまず「面白かったな、次も楽しみ」だったと

考えたらやっぱりこれ、「面白くない映画」と言わざるを得ないです。

映画観た後に連れと本編の思い出語ってたのが楽しかったので

そういう思い出話のネタにするには良い映画なのかも知れません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20170929

2017-09-21 ブルースは今もこの世界のあちこちで

佐々木亮介ソロツアー名古屋、行ってきました。

だってねえ、ex.TMGEウエノコウジGRAPEVINE不動のサポートであるイサオスキー助教授、

Base Ball Bearのサポートとして今年は大活躍の弓木英梨乃とか言われたら・・・

すみません、SANABAGUN.だけ不勉強でした。


---

ツアー中なので具体的な曲の話はしないが、

大方の予想通りLEOだけでは曲数が足りないので色々な試みが見られたライブだった。

何より、「音楽って良い」ってことを感じられる夜だった。


弓木さんがまさかバイオリン弾けるとは知らなかったし、

いつもは笑顔で弾いているイメージが強いけれども

今回は結構なしかめっ面でロックスター然としてたの良かった。


イサオスキーのキーボードは「ああ、バインで聴けるあの音だなあ」と思えることが何度もあったし。


ウエノコウジシシド・カフカのサポートとして観たことしかなかったかも。

佐々木亮介にとって彼もまた良いアニキなのだなあと思いました。


あと、ステージと直接は関係ないけど、自分より前の人で

アンコール待ちで誰もスマホいじってなかったのは「音楽バカしかいねえな」って感じで最高だった。


まだ聴きたいなら手を叩け。それすら面倒くさくてスマホ触りたいなら外でやれ。

俺はそう思う。


とにかく良い夜だった。ラーメン食ってビール飲んで明日も仕事だぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20170921