I walkin’ the journey course for the ”morning of glory”. Twitter


風雅舞人が書いてます。

2012-07-07 遠慮するな雑種。許す。今宵、夏の宴の口火を切れ。

今宵この幻想のために 23:46

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

はーいはいカオスといえばニャル子さんよりも

ネロ・カオス!風雅ですこんばんは!

夏フェス盛りだくさんの昨今ですが!

http://www.typemoonfes.com/

タイプムーンフェス一日目に足を運んできました、

ライブビューイングですけど。

そもそもTYPE-MOONとは、細かいことはwiki参照として、

元々は同人ゲーム「月姫」で一世を風靡した同人サークルでした。


当時は18禁ゲーム、いわゆるエロゲの全盛期のため、

シナリオライター志望の人がこぞってエロゲでシナリオを書いたりしていたので、

なかなかエロゲとナメてられない

両シナリオゲームが多数輩出された時期です。

月姫もその中の一つ・・・というか同人発のシナリオ重視ゲームとして

時代を築いたといっても過言ではないでしょう、

同人の同人なんてものまで大量に産みました。

その時の思い出なんですが、当時のゲームって音楽部分は

ゲームディスクの中にCD音源として入れておいて、

パソコンのCDドライブで再生させるって手法が結構見られたんですよ。

曲数が少なければそっちのが音質は良いですしね。


そして僕はドキドキしながら月姫(月箱という当時出てた月姫関連全部入りセット)

を始めたら、流れてくる上質のオペラのような曲にガツンとやられまして。

さらに、フレディばりのハイトーンボイス!月下に血が降り注ぐ場面になんて

幻想的・・・これが同人ゲームだというのか・・・・!!!!


・・・・はい、CDドライブにQUEENのCD入れっぱなしでしたwwwww


http://www.youtube.com/watch?v=5L8-FTvSVxs

その時の曲がこれです。正直月姫の序章にピッタリすぎるよ。

誰かMAD作っていいレベル。


---

「人の死が見える」という厨二病全開のナイフ使いの主人公、

高貴なる吸血鬼、真祖の姫君アルクェイド・ブリュンスタッド

(「私を殺した責任、取ってもらうんだから」)

あとカレーとブラコン。


そんな訳で、月姫ファンディスク歌月十夜

大変楽しませていただきました。


そんな折、僕は別のゲーム「AIR」におおいにやられ、

ついにコミケデビューを果たしたわけです、

二十歳の青春の大いなる浪費。恍惚の寄り道は魔獣の獣道。


---

確か冬コミだったと思うんですが、

何しろお金なかったしあっても同人誌買いたかったので、

夜行バスで名古屋→東京の早朝、そのままコミケ夜行バス出るまでカラオケ→バス

もう今の俺なら「腰wwwwやばいwwww」って絶対言うよね。

とにかく、冬の寒い朝、12月31日の朝に俺を名古屋駅で迎えたのは

柱前面ビッチリと「その日、運命に出会う。」と書かれた

Fate/stay nightのポスターたち!

確かフェイトは限定版商法で4種類のカードのうち1枚封入だったので、

俺はカード目当ての人がカードだけ手に入れて

放流した限定版を買ったんだよね。

---

泣いたよ・・・仮にもエロゲでヒロインより

男キャラに夢中(変な意味ではなく!)に

なるなんてありえない話だよ・・・

そのぐらいアーチャーは素敵だったんだよ・・・

体は剣で出来ている

血潮は鉄で

心は硝子

幾たびの戦場を越えて不敗

ただ一度の敗走もなく、

ただ一度の勝利もなし

担い手はここに一人、

剣の丘で鉄を鍛つ

ならば、我が生涯に意味は不要ず

この体は、無限の剣で出来ていた


これ、ポスターでは打ちひしがれるセイバー

絵の背景に書かれていた文言なのね。

プレイした人はそのカラクリ気付いてるだろうけど、

今思えば憎たらしいものだよな・・・



So as I pray, unlimited blade works.


---


そんな訳で実に最高だったんですよ、フェイトも。

(桜ルート?あるんです?)


それから・・・最後にコミケにちゃんと行ったのは多分

2007夏だと思うんだけど、それまでは毎回TYPE-MOONブースは並んだねえ。

知らない人に話しかけられてセイバー愛語られたりねえ。


---

それからも月姫の格ゲー出ちゃあ遠野志貴使って17分割したり

(七夜志貴厨二病台詞超好き。「蹴り穿つ」とか「その六銭、無用と思え」とか)


Fateの格ゲー出ちゃあ王の財宝で遊んだり。


空の境界Fate/ZEROもしっかり読んだし、

なんだかんだでずっとボチボチと追い続けてるな、TYPE-MOON

ちなみに僕がアニメFate/ZEROが好きな理由を本気出して考えてみたんだけど、

虚淵弦の作品であるphantom of inferno

NOIRの作曲担当、後にFictionJunctionとしても

 良曲バンバン出す梶浦由記

・もちろん原作であるFate/stay night


これ全部10代〜ハタチの時だもん!そりゃ好きだわ!!



---

さて、そんな僕がこの10周年記念イベントに行って楽しめないわけがない!

ジョージ・クルーニーこと中田譲治さんの挨拶から始まり、

動いて話す姿は初めての人ばっかり!

緑川光は結構映像で見てる気がするけどねー。

ジャック・バウアーでお馴染みの小山力也さんが

ZEROでは主に司会進行。「アイリもいいけどマイヤもね」



ライダーとランサー間違えてたけどw


小山「こう・・・槍(ゲイ・ボウ)を追った時の心境はいかがでした?」

緑川「意外と簡単でした笑」


そしてギルガメッシュ関智一、出てきた瞬間客を煽ってから


「黙れ雑種!」


いいなあ・・・言われたいっていう女子、

会場にいたけど俺も言われたい・・・


小山「犬でも今はミックスって言うんだよ!」


それから

小山「僕のセイバーを勝手にとってもらったら困るんだよね」


「二人でセイバーをシェアするか・・・」


セイバー川澄綾子さんも「彼氏彼女の事情」の

柏木雪乃から知ってる声優さんなんで感激でしたー!!

ケイネスの山崎たくみなんて俺の大好きな

「意地があんだろ!男の子にはァ!!」

という名言を放った人ですもんね。


「貴様らに誅罰を与える」

ってたまらんな。

塩沢兼人を失ったアニメ界に山崎たくみがいて良かったよな。


置鮎龍太郎ぬ〜べ〜ぐらいから知ってるもんな。

Fateでは唸るぐらいしかやってないので

マトモに喋れてることに感動してましたね。



でも!なんて言うか一際すげえと思ったのは!


俺の永遠の姫アルクェイド・ブリュンスタッド

中の人柚木涼香


ですね。

ビジュアル的にも可愛い人でしたけど

それはそれとして・・・


本当に賑やかで、言いたい放題で。


フェイトゼロのコーナー長すぎるんだよ!

 こっちの時間ないじゃん!」


「なんでフェイトばっかり・・・!」


「皆、今日は月姫リメイクのお知らせあると思ってるでしょ?

 台本読んだ限りはなかったからね!!!


「皆様・・・休憩時間はおくつろぎいただけましたでしょうか・・・

 ってさ、10分程度でくつろげるわけないよねー!!」


---

ほんとうに良い意味で酷かったです。


---

ライブパートは映画館固有なのかライブビューイングが

全体的にそうだったのか低音が割れすぎてキツかった。

ベースとヴォーカルが重なると特に酷い。

ここだけは正直残念でしたね。

それでも空の境界のインスト曲とか超かっこいいね。

ストリングス全開だったね。

でもそれならエミヤと約束された勝利の剣もやってほしかったな。


---

柚木「夜も更けて参りました・・・皆様にメッセージがございます」


  「もう終わりだと思ってたでしょ?w」


ここで坂本真綾さんからビデオレター。

そっか、四畳半神話大系で明石さん役を坂本真綾って

イメージと違うみたいに思ってたけど空の境界

両儀式やってるなら全然おかしくないね。


柚木「いいなあ、空の境界フェイトは・・・

   きのこー!仕事しろー!

   どこだきのこー!!

   ねえみんなも思うよねー!?

   この皆の声を聞いてるかきのこー!

最後の最後に川澄綾子さんが奈須きのこのメッセージを代読。

さすが永遠の厨二病


「今宵は七夕にございます。織姫と彦星のように

 また皆様とお会いできる日を切に願って・・・」

だとさ!仕事しろー!!!


そしてアーティストと声優陣が揃ってご挨拶。


中田譲治「メェ〜(執事を羊をかけての)」

川澄綾子「みなさんは、最高のマスターたちです!」

山崎たくみ貴様ら全員に、誅罰を!

緑川光「マスター!私だけに、誅罰を

置鮎龍太郎「困ったお方だ・・・(これしかバーサーカーにマトモな台詞がない)」

速水奨「愛してるよ」

関智一「雑種!」

そして最後の最後にまた流れるPVたち。


7VS7の聖杯大戦とやらも気になりますが

(とうとうジャンヌ・ダルク降臨)




「あぁ、今夜は、月がとても綺麗だ―― 」





月姫・・・・!

最初にさっちんこと製品版ではシナリオが削られた不遇の少女が

出てくる辺り奈須きのこ贖罪意識を感じましたがw

シエル先輩凄く綺麗になってた!

アルクの髪がさらに短く若作りに!

琥珀さんと翡翠大して変わってない!

秋葉・・・?

---

今宵我らの十年という歳月で蓄積された型月に対する愛は、

各地の映画館という転送機を伝いパシフィコ横浜、即ち大聖杯を満たした。

具現化した我らの願望、空想の具現化、それこそが月姫である。


刮目して見よ。




To the next 10 years











・・・・


きのこ仕事しろぉぉぉぉぉおおおおおおおおおお!!




---

たまにこういう文章書きたくなるのもTYPE-MOONのせいです。

それが今週のお題「私の七夕

なんだけどなあ・・・お題の趣旨には全く添えないなあ。


---

帰りはTHIS ILLUSIONを口ずさみながら帰りました。

Fate/Zero 第四時聖杯戦争展は名古屋からスタートだよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuga_maito/20120707
Connection: close