Hatena::ブログ(Diary)

AD/HD(?)+運動音痴な私がもがいてみる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

運動音痴のふじはじめが、自分のblogで書き殴ってた、運動関連のエントリを集めただけのところからはじめた日記です。
あっちでは体育関係者からのコメントもらいづらいかなーと思っておいてみました。
言語的理解がないと動けない状態だった運動音痴がもがき苦しむザマをお楽しみ下さい(ぉぃ

なお、ここには細かい運動のhow-toは今のところありません。もし、それっぽい記述があったとしても、あくまで自分の身体に合わせたやり方をメモしてるだけなので、参考になるかどうかはわかりませんが、せっかく迷い込んだついでに、こんなことで苦しんで来たヤツもいるという事実が、何かの参考になれば幸いです。

ちなみに、現状を機械に例えるとフレームはがっちりしとるし、モーターもええのが乗っとるし、メカニズムも油がささってないだけで、えい設計のんが乗っとる。しかし制御回路に学習性無気力という名の埃がかぶって湿気吸ってしまって、回路がいたるところでショートしとんと制御基板の中の部品と配線(=調整力)に、つけ忘れ(=未分化)があるくらいでしかないのだが、そこをなんとかするためにもがいてるところでございます。

6/28追記。2007年6月16日にADHDであるとの診断が出ました。

11/25追記。最近、診断名が怪しくなってきました。「軽度発達障害であることは確実」だそうです。

2007-01-23

記録

| 11:21 | 記録を含むブックマーク 記録のブックマークコメント

あさ、ラジオ体操1本

古い記事で恐縮だが

11:21 |  古い記事で恐縮だがを含むブックマーク  古い記事で恐縮だがのブックマークコメント

no title

Jリーグでは“解決策”として、学年別ではなく能力に分けた指導や、スクール入校時期を4月に集中させず、年に2回にするなど、早生まれ子供も取り組みやすい態勢作りを各クラブに指導している。

えーと、学校体育の現場ではどうなの?

既に、学校体育においても下記の調査結果から

順天堂大学大学院生の真鍋清孝さんは一昨年、小学生775人に対し、体育に関するアンケート調査を実施した。その結果、早生まれ子供たちは、自分は運動ができるという自信を示した「運動有能感」が、他の月より低いという数値が出た。

運動有能感のなさが数値で出てるわけでしょ?

そもそも、そんな有能感を持たないまま育った人に対する対策はどうなってんの?

メタボリックシンドローム対策としての運動を推奨するなら、運動有能感を持てないまま大人になってしまった層への対策をきっちりやらない限り、健康系の行政主導のイベントに「同じ人ばかりが来る」スパイラルから抜け出せないと思うんだがなぁ。

ついでに言うと、そういう運動有能感を持たない層を取り込むことを考えていかないと、中期的に見たスポーツ業界の拡大にも限界が見えてくるわけで。

そろそろ恨み言が出てきそうなので別の資料を出そう。

岡山大学岡山大学大学院社会文化科学研究科(文学部・心理学領域兼担)・長谷川研究室404 Not Foundより2003年5月28日の記録を見る。昨日のリファラからたどり着いたものだ。

この中で、学習無気力の説明として、このようにある。

自分の反応や行動と関わりなく嫌悪刺激が与えられるなどし、それが自分では何をしてもコントロールできないこと(コントロール不可能性)を経験的に繰り返すと、無気力になる。

自分の事例と比較しつつ一つ一つ見ていこう。

自分の反応や行動と関わりなく嫌悪刺激が与えられる

「こっちは一生懸命まじめにやってる」=自分の反応や行動

のに

「教師から『マジメにやれ』などといわれる」「生徒から役にたたねーなどと言われる」=嫌悪刺激が与えられる

そして

(コントロール不可能性)を経験的に繰り返すと、無気力になる。

一生懸命まじめにやって」も、周囲から「まじめにやってる」とされる行動に結びつかない=コントロール不可能性

それが、体育の時間ごとに繰り返される=経験的に繰り返す

「運動は一生懸命やってもダメなんだ」と思いこむ=無気力になる

はい、学習無気力のできあがりっと。

と、ここで終わると単なる恨み言になるので、次へ持って行こう。

で、ワテが今やってることは、そのページ内のコメントにある

そのような状態では、ある程度周りから、その人に結果が随伴する経験を、簡単なものから薦めていくことが必要かもしれない。うつ病の人に頑張れとか励ますのは危険とされるが、結果のない状態でそのようにむやみに励ますのは義務感や焦燥感に襲われるだけであるし、結果が得られたことを当人が実感した上で、褒めたり励ましたりすることが望ましいだろうと思う。

まさにコレにあたるわけだが、これを実際に一般のスポーツジムなどでやってもらおうと思うと、とんでもないカネを積んで専属トレーナーを用意せねばならなくなるわけだ。

教育行政の現場における瑕疵が原因で学習無気力に追い込まれているのに、本人が高いカネを出して治療せねばならんのだろうかと疑問に思う。「同じ人しか来ないのは問題だ」と言うのなら、そろそろ過去の行政の過ちを認めて、対策にカネを出すべきじゃないかと思うが、それができないからこその「お役所仕事」なんだよなぁ…。

「どうして体育をしなきゃいけないの?」

12:51 |  「どうして体育をしなきゃいけないの?」を含むブックマーク  「どうして体育をしなきゃいけないの?」のブックマークコメント

子供の「どうして勉強しなきゃいけないの?」→ 勉強することの具体的で直接的で切実なメリットを説明 - 分裂勘違い君劇場 by ふろむだ

全文に目を通した上で

。。。とは言ったものの

以降の文章の「勉強」を「体育」に置き換えて読むと、体育嫌いの問題と同じことだなと思う罠

久しぶりに健康ネットの記事にかみついてみる

14:39 |  久しぶりに健康ネットの記事にかみついてみるを含むブックマーク  久しぶりに健康ネットの記事にかみついてみるのブックマークコメント

まずは運動嫌いの原因を探るという記事の最後の方「運動非実施者に共通する特徴」で、以下の5つの特徴に注目している。

1) 狭小化した運動・スポーツイメージ

2) 自己概念固定化

3) 個人的要因の外的要因へのすりかわり

4) 性格特性

5) プロダクト効果予測

特に、性格特性の分析にこうある。

従来、運動心理学の分野では運動選手スポーツマンの性格特性に関する研究が数多くなされた。これらの研究にみられる彼らの性格特性をあげると、のんきで活動的、社会的指導性に富む、男性的で劣等感が少ない、神経質傾向はなく攻撃的である、野心的で精力的である、愉快で社交性がある、現実性が高い、陰気・悲観的気分・罪悪感などが少ないといったものである。これらの性格をそのまま一般の運動実施者の性格特性として当て嵌めることは軽率ではあるが、該当するところは多分にあると思われる。逆に、運動非実施者の場合には、上記の特性を裏返した性格であると考えられる。特にこのような関係は、集団状況で行われる運動参加状態と関係の深いことが考えられる。

 また、波多野らが大学1年生を対象に行った「運動ぎらいの事例研究」においては、消極的・神経質・臆病・内気・小心・不安感・劣等感といった性格的側面が運動ぎらいの生成要因として位置づけられることを明らかにしている。

 運動非実施者のすべてが「運動ぎらい」であると認めることはできないが、情動における得点の平均値が2.27と低い値を示していることからも、「運動ぎらい」の研究結果にみられた性格的側面を運動非実施者が有する可能性は高いと考えられる。本調査では「皆さんの迷惑になるのも嫌ですから」(T.M運動潜在群)、「人の前で何かをやるのが嫌いで恥ずかしいと思ってしまう」(F.Y運動潜在群)などといった「他人を気にする」「恥ずかしがり」というような性格が認められた。また、「集団で何かを行うことが苦手」(F.Y運動潜在群)などのような非社交的な性格を有する者もいた。さらに、「他人と競争するのがいやで、マイペースでやりたい」(T.M運動潜在群)と運動の競技性を強くイメージした狭小化とともに「劣等感を感じやすい」といった性格を有する者も見受けられた。

 これらの性格は、「くわずぎらい」「不安感」などの運動実施にネガティブな情動に波及していると考えられる。つまり、運動非実施者の情動の内容が運動実施にネガティブであることは、彼らが有する「他人を気にする」「恥ずかしがり」「非社交的な性格」「劣等感を感じやすい」などといった性格に起因すると考えられる。

つまり「性格に問題があるから運動嫌いになった」という流れで理論構成されている。

しかし、その性格はどこから来たものなんだろうか?

成長期における体育や運動の体験において、「運動の競技性を強くイメージした狭小化」させられるような体験、たとえばルールの説明すらしない球技偏重の体育授業や、できないことに延々挑戦させられ、対策を練ろうともしない授業などのネガティブな体験を重ねれば、学習無気力の状態に陥るであろうことは容易に想像できる。そうすれば性格にも変調を来すのではないだろうか。

そもそも、この研究を出した委員会のメンツを見ると

 杉原隆  東京学芸大学教授

 坂井重遠  (財)余暇開発センター政策研究部長研究主幹

 佐々木義雄  練馬区教育委員会社会体育課社会教育主事

 山口泰雄  神戸大学助教授

      (編註:神戸大学 発達科学部 人間行動学科 身体行動論コース主担当教員 専門分野:スポーツ社会学)

 中込四郎  茨城大学助教授

      (編註:現在筑波大学 人間総合科学研究科(体育科学専攻)・教授

えーと、どう見ても体育会系の人しか見あたらないんですが…。

そりゃ、「体育・運動」=良いもの。っつー見解からしか論理展開できねーわな。

運動音痴・運動嫌いのメンタルを分析するなら、まずは、その出発点を見直さないと、話にならないと思いますけどねぇ。

さらに、専門が違うのでつつくのはアレかもしれんが、この調査に参加している神戸大学山口助教授は、中年期における健康・体力つくり 平成7年度 健康・体力つくりに関する懇談会において、そうした運動に参加する人としない人の2極分化の危険性について、こう述べている。

普段運動やスポーツをしない人がやってみようというように動機づけるにはやはり三つあると思うんです。

 一つはネーミングだと思うんです。自治体スポーツ教室など行きますと、大体、テニス教室、バドミントン教室と、種目名だけしかないんです。それだけで来る人はいつも固定化してしまうんですけれども、例えば先ほど大東さんが言ったように、民間フィットネススクールは逆にカタカナが多すぎたんですね。非常にハイセンスなというかファッショナブルな感じはあるんですけれども、なかなか身近に来ないので、快適生活塾だったですか、これは集まったそうですけれども、例えば、「今日から始めるウォーキング」だとか、「泳げない人の水中運動教室」とか、こういうネーミングだとちょっと行ってみようかなという気持ちになるんですね。だからそういうように、やはりもう少し日本語で身近に参加したくなるようなネーミングにするのも一つではないかと思うんです。

 二番目は、例えば公共施設の場合ですと、今使おうと思っても予約しないとほとんど出来ないんです。スポーツ教室を利用している人かあるいは予約しないと使えないということで、予約しなくても出来るというプログラムを用意するということが大事だと思うんです。特に中年層というのは時間的にタイトですから、練馬区でスイミングとかトレーニング・ルームの利用者が多いというのは、予約しなくても行ける、1時間で終わる、こういうところがあるからやはり行けるのではないかという、予約しなくても出来る手軽にさっと行って自分で1人でも出来るという、こういうプログラムを考えるというのは大事ではないかと思います。

 三番目は参加したくなるようなイベントを工夫してやるということが大事ではないかと思うんです。最近、歩く、ウォーキング大会が増えて、参加者が非常に増えています。普段運動しない人、結構中年層が参加者に多いんですけれども、余りスポーツクラブとかに所属していないんです。サークルにも入っていないんですけれども、ウォーキング大会だとぱっと行ける。かなり健康意識が高くて、歩くことがいいということが分かっていて、普段かなり歩いている、こういう大会にも出てくるという、こういう参加したくなるようなイベントがあるということが、余り普段しない人にとっての非常にいいきっかけづくりになるのではないかと思います。

えーと、だから、「運動が怖い人」「運動をしていると強迫性障害様の症状を呈する人」への対策になってないと思いますけど?

とりあえず自分のことを振り返るとですね、こーいう「ちょっとでも『体育』の気配のするイベント」の情報は、目にしたり耳にしたりしたとしても、拒絶してたんですよ。

それこそ、ひどい時期、つまり「運動」=「体育」と思ってた頃は「運動しないと、生活習慣病で死ぬよ?」なんて言われても、「運動(=体育)するくらいなら、死ぬのも同じだ!」と拒絶してたわけで。

しかし、「運動音痴」の人との人脈を築きにくい環境にある体育科系の従事者には、そんなことはわからないわけで。

つーわけで、体育大学運動音痴な大人、中年への対策を検討してくれるなら、私は喜んでモルモットになりましょうぞ。それが、私と同じように、運動音痴だったが故に未だに苦しむ人たちを救うことにつながるのならね。

自己要約すると

15:01 |  自己要約するとを含むブックマーク  自己要約するとのブックマークコメント

体育関連の学問に携わる人や研究者には「体育=良いもの」という固定観念があるが故に、運動音痴として育ってきた大人、特にそれが原因で運動を拒否する中年男性に対する分析や対策がピント外れのものになってしまっている。

運動を拒否する人たちは、運動をすることで自己肯定感や有用感とは逆の感触しか持てずに生きてきた。

まずは運動によってそれらを持つことができるようにする指導をせずに、口先だけのネーミングを変えたところで、彼らを運動というフィールドに誘い込むことは不可能ではないだろうか。

といったところかな。

しかしまぁ

15:41 |  しかしまぁを含むブックマーク  しかしまぁのブックマークコメント

会社でちゃんと業間体操してて、向こうの通路のパートのババァ集団と目が合った時に、その後ああ言われたらこう流そうとか、こう言われたああ流そうとかシミュレーションしてる俺ヨワス。

脱感作の道は長そうだ。

結局のところ

18:08 |  結局のところを含むブックマーク  結局のところのブックマークコメント

小学6年のときの走り高跳びで、みんながまたいで越えている高さを、跳んで越えたら笑われた経験は、今現在「がんばってる姿や表情を見られたら笑われる」という思い込みにつながってるんだろうな。

それと、「体育の時間は、一生懸命やって、成功しても笑われたり怒られたりするし、失敗したら殺される勢いで罵倒される時間」という図式が、このときにできあがったのかもしれないな。

結局、スポーツ選手揶揄して笑いものにしようとしてしまう俺のセンスも、この時の裏返しなのかもしれない。「いくらがんばって結果を出してる奴でも、中身がスポーツなら嘲笑っていいんだ」みたいな変な価値観がついてしまったのだろう。それは間違ってるんだけどね。

なんとなく

22:55 |  なんとなくを含むブックマーク  なんとなくのブックマークコメント

スポーツカウンセラーに相談するというのはどうだろうと思って、いろいろググってみるが、香川に人材いなさそう…。

記録

| 07:09 | 記録を含むブックマーク 記録のブックマークコメント

出勤直後ラジオ体操第二

業間体操×2

脚のストレッチ、カニ歩き、指揮適宜

mike_nmike_n 2007/01/23 19:17 運動をしない大人の中で、「運動音痴として育ってきた大人、特にそれが原因で運動を拒否する中年男性」というのは数として少ないか、或いは少なくないんだけど、表面化しないがゆえに少ないと考えられてるんじゃないですかね。
この手の分析や対策が運痴視点でピント外れに見えるのも、単なる勘違いというより、そういう層がそもそも対策や救済の対象とされていないんじゃないかという気がします。

fuji_hajimefuji_hajime 2007/01/23 22:14 やっぱり行政訴訟(ry

dhalmeldhalmel 2007/01/24 21:57 初めまして。人力の質問に回答を寄せた者です。
あの質問自体を非常に興味深く拝見したのですが、こちらを拝見して、その質問の真の意味(?)に気付いて、なんか共感を覚えた次第であります。

当方、自分でする運動は苦手で体育の時間は苦痛だったのですが、
なぜか昔からスポーツ観戦をこよなく愛する者でした。
研究をする人にもその指導をする人にも、どうしても自分が得意だという人が多いので、あまり運動が苦手だという立場の人間の視点に立ちづらいのかなぁという気はしています。

まぁ、運動はマイペースでやれることに絞るに限るという感です。自転車はえぇなぁと最近思います。バレーボールはやってみたいのですが、相手のあることですし(しかも経験者が多いのでしょうし)なかなか難しい…

ということでまたよらせていただきます。よろしくおねがいします。

fuji_hajimefuji_hajime 2007/01/24 22:02 dhalmelさん
ようこそお越しいただきましてありがとうございます。
大人になってから何度か運動に挑戦しましたが、やはりこうトラウマといいますかパニックのようなものを起こして、何度も挫折しております。その原因をさぐりつつ、教育・医療などの行政への対策も呼びかけていきたいと思っております。
道のりは長そうですが、生暖かく見守っていただければ幸いに、さらにコメントやご意見などいただければ幸甚に存じます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fuji_hajime/20070123
Connection: close