热纸 RSSフィード

NEWSBUY 18WANT ALL


2016-01-30 Sat

[]熱紙19号

二人の結婚をお祝いする本が完成しました。

嘉江
神谷あるて
皆藤齋
山本悠
こなちゃん
二艘木洋行
福士千裕
しわしわ
ゆかまん
りりA錠
とっしゅ
ジーエヌシーケイ
tutoa
すけちゃん
一輪社
すずま

編集

tutoa(アントニーの誘惑)
すけちゃん(金閣寺の裏には何があるか)

翻訳

すずま

通信販売の案内

宛先(郵便番号も)を明記のうえeメールを送信してください。送料180円が必要です。昔のものも欲しい人はWANT ALLをクリックしてください。

  • 値段は800円
  • nightof25[at]gmail.com

f:id:fuji_n:20160124223122j:image
内容の紹介をどういう風にするのがいいかわかりません。上のは福士千裕さんの絵。本書では嘉江さんや二艘木さんの絵に描かれたような人物を流用しています。そういうのが多くて説明がしにくいです。

f:id:fuji_n:20160124225441g:image
tutoaさんとsukechanさんと付け足しで藤がそれぞれ編集した3つの物語が入っています。頑ばって読まないとおもしろさが出てこない本になったと思うので頑ばれる人は頑ばってほしいです。

f:id:fuji_n:20160124223120p:image
sukechanさんが書いた「金閣寺の裏には何があるか」のはじまり。この書き出しがライトノベルか美少女ゲームみたいな感じがしていいと思いました。これだと褒めていないようだけど気に入っている部分。

f:id:fuji_n:20160125002806j:image
制作のしおりからの抜粋。しおりは18号でも作りました。何事においても説明するのが下手なので作ってみています。

f:id:fuji_n:20160125003216j:image
制作のしおりトッシュ用。すずまさんに英語をチェックしてもらいました。19号は日本語と英語で読むことができます。英文への翻訳は(後書きを除いて)全てすずまさんの働きです。断然トップの仕事量・・・・・・。

f:id:fuji_n:20160124223117j:image
しわしわさんの描いた絵。カラーで描いてくれた人もいたのに本文スミ一色です。悩ましい。多分カラーもバンバン使えばよかった。tutoaさんもsukechanさんも色を使わない判断をしたのです。なんでなのか聞きたい。聞きたいことがかなりあります。とくにtutoaさんの仕事に関して質問がたまっています。

f:id:fuji_n:20160124223116j:image
sukechanさんによる漫画形式の原稿。編集段階でばらばらにしました。このへんの説明も面倒です。

f:id:fuji_n:20160124223115j:image
同じく一輪社さん。

f:id:fuji_n:20160124223114j:image
これに影響を受けました。

f:id:fuji_n:20160124223152p:image
編集について相談役として活躍した山本悠さんによるレイアウト案です。実現しなかった幻の漢文調。僕は源氏物語を大いにパクろうとして挫折しました。

やっぱりうまい説明ができないので読んだ人にたくさん教えてほしいです。よろしくお願いします。


☆彡Happy New Issue☆彡

PICTURE

Tosh
LLAJ
yukaman
GNCK
Yuu Yamamoto
Hiroyuki Nisougi
Chihiro Fukushi
siwasiwa
Itsuki Kaito
Yoshie
Kamiya Allte
Konachan
tutoa
Suzuma
sukechan
Ichirinsha

EDITING

tutoa, “Temptation of Anthony”
sukechan, “What is there in the backyard of Kinkaku-ji?”

TRANSLATION

Suzuma

2015-12-31 Thu

2015年のカレンダー

*ここにはこれから見たい展示やほしい本を書いています。だから日記の日付は嘘です。

行きたい

ほしい

marvellous


去年のカレンダー

2015-12-30 Wed

[]もらった漫画

先日はコミティアに御越しいただき、誠にありがとうございました。いただいた物について感想を書きます。ひとつだけだったのでもっとください。

f:id:fuji_n:20151230004920j:image


f:id:fuji_n:20151230004919g:image:right4ページだけの漫画、形式が明確で読みやすい。
初めの2ページで、彼女の変でおもしろさがひとつひとつ紹介される。3ページ目で、女が本音トークを始めると、やっぱりつまらないやつだったとわかってしまってがっかり。するけど、そこで性的倒錯に走って、閉じた世界に閉じこもりはしないのが、死霊のすがわらの漫画が変化してきているところだと思う。
題名の付け方が効果的。


https://note.mu/shiryou_sugawara/n/n9abcccd673f9 この作品はインターネットで読むことができます。会場でもらったものは台詞も手書きでした。文章も書き換えられています。死霊のすがわらさんの字は作品にあっていると思うので手書きのが手に入って嬉しいです。


ほかにコミティアで入手したもののなかからよかったものを書きます。

  • 海上都、2015、「みかみじゃーなる」、1
    超よかった。
  • 海上都、2015、『ゆとり』
    よかった。
  • しわしわ、2015、「カロリーメイト」
    気になった。
  • しわしわ・他、2015、『BLACK BOOK』
    しわしわさんの作品が、印刷がうまくいってた。
  • 鷹林ケイ(作画)・清水ニューロン(原作)、2015、「りんご・ガラス・玄武岩」『胃が無い』
    よかった。
  • くわがた、2015?、作品名不明(透明樹脂のなかに人形がいる)
    よかった。
  • ナクヤムパンリエッタ、2015、『のおあっとわんだほわるづ』
    よかった。
  • 嘉江、2013、「泣く女」『軌道ラウンジ』、11
    よかった。

2015-09-09 Wed

[]交換してもらった本

コミティアのことを書きます。2000円分の『熱紙』と900円分の『いかの教育』、デブリが2200円分も売れました。ありがとうございました。引き続き購入のほうよろしくお願いします。そんじゃあ次に交換していただいた本のことを書きます。


  • 中島武明、2015、『フツパ(56号)』

f:id:fuji_n:20150909153635j:image:right青山ぴゅー多の絵が見られることだけが救い。


  • 中島武明、2015、『フツパ(57号)』

f:id:fuji_n:20150909153636j:image:right青山ぴゅー多の絵という救いがない。


f:id:fuji_n:20150909153632j:image:right絵は紙の両面に描かれているけど、2回折り畳まれてラミネート加工されているので、四分の三が見えない。彼女の印刷物を見るときにこれを横に置いておくと、この線はこのタッチで描かれているはずだなあと思うことができる。


f:id:fuji_n:20150909153633j:image:right9人の作品が載っている本、だいたい漫画。

「ある地平とまがまが」、なにが描いてあるのか半分までしかわからない。縛られた蝦。ホタテの上に空の煙?変な月。草だらけのネズミ飼いの女。ネギが刺さった隕石。
ウツボカズラのページの男の髪の毛の切り抜き方がふざけている。ファッション誌等で絶対に見ることができる人物切り抜き処理の気持ち悪さへの反動だと類推する。この作品をどう見たらいいのかまだわからないけれど、エビとクサがいいと思う。
しわしわが描く絵のもやもや感が死んで平面的に見える。これは印刷したせいではないか。液晶ディスプレイで、光を溜めているような見え方のほうがいい気がする。たとえば《この絵》がよかった。《こっちの絵》のやる気のないライトもいい。今回は背景も趣向を変えてのっぺり気味にしたのか。わかりません。

「本当は仲良くなんてなくって」、短くて掴みにくいので150ページくらいの物語で見たい。

「巨人の鼻水でちっそく死」、印刷失敗!鉛筆書きの原稿をそのまま印刷するとしたらフルカラーで刷ったらいいのか?
読み返しても読んだ覚えのない感じがする漫画。三段ぶち抜きの丸太というのが新鮮。定規の使い方が天才的にラフ。

「ロングバケーション」、電車で読んでいたのでエッチなページを飛ばした。デジタルの調整されたがたがたの絵が気持ちいい。

「いちねんにくみ」、怖過ぎ、ルール違反。


  • しわしわ・他、2015、『月刊メリス(47号)』

f:id:fuji_n:20150909153634j:image:right一部にしわしわの発言が載っているらしいけれど、トークで発言者の名前が書いていないし、紹介もないため完全にわからないフリーペーパー。そこが解消されたとしても、登場する人たちと仲良しでないと楽しむことは難しそう。編集した人の後書きに、「これを見て一瞬でも心が軽くなってもらえたら本望です。毎日つらくてだるいけど何とか生きて行こう」と書いてある。やだなあ。澱んでいる。エビデー・ライフを楽しんでいる人は対象読者ではない。


f:id:fuji_n:20150909153637j:image:right

まず子供は最新のマイチケがどれかわからんし毎回同じチケ読み込んで毎回なかよしライブやったり毎回同じワンピを印刷したりしてる子結構見る…まあ親がこのライブでこの服を着ろとか言ってくるよりは全然いいと思うけど
https://twitter.com/oplant/status/635010964593573888

そんなことは言えない。毎回同じセッティングで遊んで面白いということは、まず、プリパラの力はその楽しさのなかにあると思ったほうがいい。1000回以上遊んで、神ランクに達して、プリパラにIDを5つ持つたなかは目が曇ってしまった。なにが最新のマイチケだよ。そんなの心のなかに装備されているから気にしなくていいんだ。


f:id:fuji_n:20150909153638j:image:rightいままでより話を丁寧に書こうとした感じのする作品。死霊のすがわらの漫画を読むのはこれで、いま部屋で発見したのを数えて13。いままでと違う感じ。ぶっ飛んでて、フェティッシュであざとい、萌え萌えネコミミ決めポーズでごり押し、だったのが消え去っている。わかりやすく魅力的だった部分がごっそりなくなった。新しく始めるために、使い慣れた強烈な武器を捨てたような感じ、武道家が僧侶に転職するときと同じ。

でも語られる話は変わらない。コンプレックスを持った中年男性が女子高生に癒されるパターン。あるいは、その逆パターン。監禁して一方的に好き勝手する話、監禁して共依存的な芝居がはじまる話。『猛獣狩りにいこうよ』に似ているのは2011年の「rumbling hearts (君が望む永遠)」。2013年の「裸であなたと出会いたい」は内容も絵柄もイレギュラーで、世界を俯瞰する視点があった。そういうのもあったけど共通するのは、妙な観念で自分を縛って苦しんでいてカタルシスを求めるところ。とにかくカタルシスがほしくて仕方がない人たちが出てくる。そんな陳腐なものを絵の勢いで見せるというのが死霊のすがわらの漫画のイメージだった。

気になったところ。主人公・Tを性風俗店に誘う友人・Yが登場すること。友好的な第三者が物語に入ってくるのは珍しいと思う。いちばんよかったのもここだと思う。

悪いところ。とくに悪いのは、後編最初の小学生・T。小学生の感じが全然描けていない。同じページのおばさんの絵も全然よくないから、描きたくないものは描かなくていいんじゃないか。描くならもっとがんばれ。

本当に良くないのは花。この作品では花が花だけで何より美しく描けていないと駄目な気がする。

死霊のすがわらが『猛獣狩りにいこうよ』でやろうとしたことがわからない。とにかく絵を変えた。タイトルは元ネタがあるっぽいけど知らない。タイトルのポップさが作品にも入っていてほしい。

裏表紙が『空想下校』の使い回しだ。なにか関係があるのかな。

2015-08-30 Sun

来るコミティア113、

  • 熱紙の最新刊は依然18号のまま。在庫が北与野にあるということが今回わかった。北与野に行く機会があれば在庫が復活する。
  • 山本悠の『イカの教育』。5月5日に描かれて、京都で配布されて全部無くなった。佳作。増刷あるか。
  • 粘土細工。曲げられたプレート風で塗装が油絵具なのが山本作。小石ほどのごみが藤作。ノーマル、レアの各種を販売。
  • 文を書く練習で作るコピー本。非売。

お気に入りのサークルさんを紹介させてください。


吾らの配置は「む04a」です。よろしくおねがいします。19号は2015年絶対発行予定です。