琥珀色の戯言 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

この日記のはてなブックマーク数

2006-04-13 「才能」の墓場から

[]「才能」の墓場から 「才能」の墓場からを含むブックマーク 「才能」の墓場からのブックマークコメント

 先日ある宴席で、同僚の女性にこんなことを言われた。「先生って、あんまり勉強しなくても成績良さそうなタイプですよね」と。そんなふうに実際に言われてみると、それはそれで悪い気はしない。もちろん、そういう言葉にはイヤミとしてのニュアンスが含まれている場合も多いのだが、彼女はそんな感じで言ったわけではなさそうだし。

 そんなふうに言われて、むろん悪い気はしない。そうか、そんなに頭良さそうに見える?なんて、心の中でニヤついていたりして。

 でもまあ結局、僕と彼女は似たような偏差値の大学を出て、一緒に働いているわけであり、僕としては、「いや、自分なりに勉強したつもりなんだけどねえ」なんて答えたのだけれど。

 僕の学生時代は「勉強ができる人たち」と過ごしていた時期が長かった。「天才的にできる人たちばかり」という領域ではなかったけれど、「天才的から中の上くらいの偏差値」の人たちばかりが、僕の周りにはいたわけだ。

 そして、僕は思い知らされた。「勉強しなくてもできる人」なんていうのは幻想なのだ。何も音楽をダウンロードしなければ、2GBのiPod nanoと30GのiPodに「内容」の差がないように、その効率に違いこそあれ、「インプットする作業」というのは必要だ。少なくとも、僕の周りの「できる人たち」は、みんな努力を惜しんではいなかった。

 僕のことを「やればできるのに」と評価してくれた人だって先生や同級生のなかにはいたし、自分でもきっとそうなのだと思い込んでいたのだけれど、結果的に、僕は「自分を搾り出すくらいに勉強した」ということは全く無かったのではないか、という気がしている。もちろん、その場その場ではボロボロになるまで勉強した夜もあったのだが、それでも、「臨界点」を超えることはなかったのではないか。少なくとも、エンジンがばらばらになるかもしれないようなアクセルの踏みかたはしていなかったのではないか。

 でも、それがたぶん、僕の「限界」だったのだ。そして、そういう限界を抱えていたがゆえに、僕は自分の能力や才能を、自分の中で腐らせてしまった。それは「余力」なんてものじゃなくて、単なる「持ち腐れ」としか言いようのないものだ。

 20歳くらいまではわからなかったのだけれども、「やればできるのに」に安住してしまった人間の末路というのはみじめなものだ。彼らは「やればできる」と信じて、「できることをわざわざやるなんてカッコ悪い」と、結局は何もやらない。そして、「本当はできない」ということを信じたくないばかりに、やろうという意欲すらなくなっていく。ガン検診を受けなかったらガンにならないというわけではないが、「知るのが怖いから」とガン検診を受けない人のように。

 僕が今になって思うのは、高校時代に半分尊敬し、半分バカにしていた「自分の能力というマヨネーズのチューブを、最後の一滴まで搾り出そうとする人」のほうが、自分より遥かに「有能な人間」だったということなのだ。とても悔しいけれど、そんなふうにチューブを絞る訓練をしておくというのは、人生のいろんなシチュエーションで非常に役に立つ。本当にギリギリのところで勝負を分けるのは、その「最後の一滴」だったりするものなのだ。

 僕の中には、まだマヨネーズが残っているはずなのだが、もう、その出し方がわからなくなってしまっているのだ。「やればできるはず」なんていうのは、30を過ぎれば、ため息のオマケにしか過ぎない。

 

 大人にとっては、「やればできる人」になんて、何の価値もない。問題は「やる人」か「やらない人」か、あるいは、「できる人」か「できない人」か、ただ、それだけのこと。

 「少年老い易く、学成り難し」使い古され、垢にまみれた言葉だ。

 でも、それはたぶん、悲しいくらい普遍的な真実。


 「才能」になんて、何の価値もない。評価の対象になるのは、ただ「作品」だけなのだ。

 

chaosdevilchaosdevil 2006/04/13 20:44 確かにねぇ。でも搾り出せないマヨネーズを途中からハサミで切ってスプーンでほじくり出したオイラってただ逃げただけなのかなぁ。逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ…

DorablueDorablue 2006/04/13 21:56 いつも興味深く拝見させて頂いています。とても共感したので日記で言及させて頂きました。ではでは。

http://dorablue.blog51.fc2.com/blog-entry-249.html

aaaaaa 2006/04/14 02:00 要するに人生最大の敵は面倒くさいってこと?

coltishcoltish 2006/04/14 14:17 30代前半なんでしょ。まだまだ、これから。やればできるよ。

SHIMADASHIMADA 2006/04/14 14:57 ドラッカー選書『新訳 経営者の条件』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/447832073X

そういう気持ちになったとき、読むと勇気が出てくる本です。

tkmisawatkmisawa 2006/04/14 16:24 はじめまして。
私は30歳も後半になってやっと、勉強は何歳になってもできるんだと思えるようになってきた。
そりゃ昔よりは若さも時間もないけど、その代わり経験とお金とネットがあるわけで。
遅すぎるってことは全然ないとおもいます。

old boyold boy 2006/04/14 19:38 30代そこそこで、人間の末路とはね。逆にその開き直りが末路かも。チューブを搾る訓練は、年代問わずできると思うけどな。別に受験勉強じゃなくてもいいわけだし。

guldeenguldeen 2006/04/14 19:43 ホームランを打てば点が入るのは分かっていても、どうやったらホームランを打てるのかが分からない、あるいはシュートが入れば点になるのは分かっていても、どうやればゴール前の敵陣を突破してシュートをゴールポストの中に入れられるのかが分からない、そんな感じなんでしょうか。

teskateska 2006/04/14 23:51 これはそうとうな自己欺瞞だと思う。
何か外部的な事情が(親の介護とか)あるならわかるが。

teskateska 2006/04/15 01:06 このままだと只の通りすがりの悪口なので、ちょっと足し。

これ以上絞れないマヨネーズのチューブが冷蔵庫の限られたスペースを占有していることによって、なんらかの機会損失が発生しているという感じがします。
半分しか絞れないのであれば、残りの半分はさっさと捨てて新しいマヨネーズを買えばいいのだと思いました。そんなこんな。

hiroponhiropon 2006/04/15 15:17 お医者先生に対して何を説教してんですか皆は。言うほどのことを為し得てるとも思えませんが。

きよこきよこ 2006/04/15 21:58 「才能の墓場から」とてもとても共感してしまいました。
私も同じことを感じていたのですが、こんなにうまくまとめられなかったので、書き表してもらえてうれしいです。

私も限界までアクセルを踏み込むことができないです。
できないことに対する見極めが早くて、自分ができそうなことしか手を出さない人間です。
とにかく「やる」ことができるというのは確実に才能だなあ、と、ひしひしと思います。

zicozico 2006/04/17 23:15 なんでサポティスタにリンク張られちゃってるの? 「先生」もサポティスタの中の人?