琥珀色の戯言 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

この日記のはてなブックマーク数

2011-01-05 個人ブログの現在、そして、たぶん未来

[]個人ブログの現在、そして、たぶん未来 個人ブログの現在、そして、たぶん未来を含むブックマーク 個人ブログの現在、そして、たぶん未来のブックマークコメント


 これを書いているのは、2011年の1月5日です。

 いまの時点では、「ホームページ・ビルダー」を使って作られたような「個人サイト」は、もうほとんど死滅してしまっていて、その後隆盛を極めた「個人ブログ」も、すっかり斜陽コンテンツになってしまいました。

 5年前くらいのブログ黎明期には、一般の雑誌にも「あなたもブログをつくって、友達作り! お金も稼げるかも!」というような記事がたくさん載っていたのですが、いまでは、「個人ブログ」を薦める声はかなり小さくなり、『mixi』などのソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)や『twitter』が「個人がネット上に発信する機会」の主役となりつつあります。

 個人サイトから、個人ブログになって、「更新しやすさ」や「他人とのつながりやすさ」は、格段にアップしましたし、「ネット上で何かを発信するための敷居」も大きく下がりました。それは、とても喜ばしいことだと思うのです。

 でも、その一方で、ネット上は、ネット外の世界とシームレスになってしまって、「ネットだからこそできる匿名での内緒話」みたいなのは、許されない時代になってきました。

 mixiで「友人だけに公開」にしていたはずの話がネット上に拡散され、「友人限定」だったのに、という話をすると、「ネット上に公開されているものは、友人限定にしていようが何だろうが、書いた本人が責任を取らなければならない」という正論が襲いかかってきます。

 ネット上が「アンダーグラウンド」だったのは、ごく初期の数年間くらいで、ブログやtwitterという新しいツールが流行るたびに、「息苦しさを感じるまでの期間」は、どんどん短くなっていきます。

 twitterだって、結局のところ、「もともと潜在的なフォロワーを多数抱えていた芸能人・有名人(有名ブロガー含む)のほうが、圧倒的に有利なツールですしね。

 無名の人が成りあがるには、誰かに引きたててもらうか、「炎上作戦」をとるしかない。

 現在の個人ブログは、大多数の「何を書いても炎上すらしない閑古鳥ブログ」と、ごく一握りの「何を書いても炎上する可能性がある有名ブログ」に二極化しています。

 正直、「ブログで自分を宣伝したい人(あるいは、自分の存在価値を証明したい人)」か、「失うものが無い人」以外には、ブログを書き続けることは、「百害あって一利くらいはあるかな……」という感じでしょう。

 僕は最近の「息苦しくなってしまった個人ブログ」に接しながら、こんなことを考えているのです。

 なんでもっとみんな「自分のこと」を書かないのだろう?

 僕はよく本や映画の感想を書いているのですが、それに対しても、必ずしも好意的なメッセージばかりが寄せられるわけではありません。

 いや、「自分はそう思わない」っていうのは構いませんよ、それはあくまでも「個人個人の見解の相違」だから。

 でも、「そんな感想を抱くお前はおかしい、間違っている」って言う人がけっこういるのは悲しいことです。

 いやまあ、「他人の感想をおかしいと思う」のも自由だと言われたらその通りなんだけど、そういうのは、その人が胸にしまっておけば良いことじゃないですか。

 僕が最近の個人ブログで「つまらない」と思うのは、みんな「公的な立場を意識しすぎている」というか、「評論家としてふるまおうとしすぎている」ことなんですよ。

 自分で考えたこと、感じたことを書くのではなく、「世間」と戦おうとしすぎているのではないかなあ。

 あるいは、自分を大きく見せようとしすぎて、借り物の言葉ばかりを並べてしまっているようにも思われます。

 ごく一部の「専門家のブログ」を除いて、多くの人は、個人のブログに「この人は、どう感じたのか?」ということしか求めていないはずです。

 そういう「個人的な感想」の集積が、ある一つの作品に対する「評価」になるし、それは、ひとりの有名映画評論家のコメントよりも、ずっと「普遍的な意味」を持つのではないかと僕は考えています。

 でも、実際に人というのは、自分が「世論という大きなものの、ひとつのパーツになる」ことを受け入れられない。

 だから、奇をてらったことを書いてみたり、他人の感想を否定してみたりしてしまう。

 もちろん、「ネットでは書くべきではないこと」って、たくさんあります。

 モラルとしても、処世術としても。

 しかしながら、僕たちは、「自分のこと」しか書けないんですよ、基本的には。

 そこで、自分=世間だと思ってしまう、あるいは、思わせようとしてしまうことが、ブログをどんどん、僕たちの手から遠いところに追いやってしまっているのです。

参考リンク:『はてなダイアリー』トップページ

 でもまあ、実際に↑からランダムに「個人ブログ」を観てみると、なかなか「これは面白い」っていうものは少ないなあ、と感じるのも事実です。

 これを書きながら、ファミコンのゲームが少ない時代には、『ロードランナー』とか『忍者ハットリくん』もミリオンセラーになったけど、ファミコン円熟期だったらあんなには売れなかっただろうなあ、とかも考えました。

 みんなの時間が有限である以上、より洗練されたものに人が流れていくのは、しかたがない面はあるのでしょう。

 それでも、僕自身は、今後、個人ブログが生き残る道があるとすれば、それはまさに「自分のことを書く」しかないと思うのです。

 「人気ブログを書くには?」

 「まず有名人になって、それからブログを書けばいい」

 これって、一昔前は「ネタ」として扱われていた話なのですが、いまは「単なる事実」でしかありません。

 いつの間にか、「(無名の)個人ブログ冬の時代」が到来していて、春が訪れる気配はないのです。

太宰治人間失格』より。

「しかし、お前の、女道楽もこのへんでよすんだね。これ以上は、世間が、ゆるさないからな」

 世間とは、いったい、何の事でしょう。人間の複数でしょうか。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。けれども、何しろ、強く、きびしく、こわいもの、とばかり思ってこれまで生きて来たのですが、しかし、堀木にそう言われて、ふと、

「世間というのは、君じゃないか」

 という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。

(それは世間が、ゆるさない)

(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)

(そんな事をすると、世間からひどいめに逢うぞ)

(世間じゃない。あなたでしょう?)

(いまに世間から葬られる)

(世間じゃない。葬るのは、あなたでしょう?)

 汝は、汝個人のおそろしさ、怪奇、悪辣、古狸性、妖婆性を知れ! などと、さまざまの言葉が胸中に去来したのですが、自分は、ただ顔の汗をハンケチで拭いて、

「冷汗、冷汗」

 と言って笑っただけでした。

 けれども、その時以来、自分は、(世間とは個人じゃないか)という、思想めいたものを持つようになったのです。

 僕はある時期から、「みんなが」「社会が」「常識的には」「日本人は」「男は」「女は」などと書くのを極力やめるようにしています。

 誰も、僕のブログに「社会常識」を教わろうなんて思っていないはずだから。

 そして、僕は、僕自身として、ここにいることに心地よさを感じているから。

 それを意識するようになってから、そして、コメントに返信するのをやめてから(本当はコメント欄そのものが不要だと思うことも多いのですが、先日の『ノルウェイの森』のエントリのコメント欄のように、みんなが好きなことを書いて盛り上げてくれる場合もあるので、とりあえず存置しています)、だいぶ書くのがラクになりました。

 

 なんのかんの言っても、僕はブログが大好きです。

 10年やってもこの程度ですが、それでも、書くことは愉しいし、反応を貰えると嬉しい。

 たぶん、「自分のこと」を書いているから、なのでしょうね。

 

youyou 2011/01/05 22:05 はてぶから来ました。
僕は最近になって個人ブログを始めようと思っています。
目的としてはいろいろ感想書いたりとか手帳だけでは収まらない備忘録のようなもののためです。しかし今までもなんどかブログを作ってはどうしても虚しさが出てきて長続きしてなかった過去もあります。
そうなるとどうしても人気になりたい、とかそんなことを考えてしまいます。
もっとも、と記事を読んで思わせて頂きました。非常に参考になりました。

keisuke9498keisuke9498 2011/01/05 23:09 hatenaのtwitterのリンクから来ました。すごく共感できます。私は15年くらい前に個人サイトを立ち上げ、
その後、3,4年間遊び倒してサイトは閉じました。その後、10年くらいお休みを経て、去年から
ブログとやらを始めて見ました。以前と雰囲気がずいぶん変わっていてびっくりしました。
今の方が便利になったけど、自分の作ったブログは完全にネットの波に埋もれていることも実感します。
(以前はそれなりに目立った個人サイトだったので)

そういう意味で、二極化の話は、もっとも、と思いました。それと、自分の事を書くしかない、
っていうのが、響きます。私もそう感じています。背伸びせず、自分がそこにいるという事を喜んで、
というか、楽しんでやっていこうと今は思っています。実際、そこにいることで満足感を得られるので。
非常に参考になりました。

bakorerbakorer 2011/01/06 00:48 同じくはてブから来ました。
個人でブログをやっていますが、段々と当たり障りの無いことしか書かないようになってしまっていました。
このエントリを読んで「自分の意見を書こう」と改めて思えるようになりました。
良記事ありがとうございました。

ff 2011/01/06 02:21 >いまでは、「個人ブログ」を薦める声はかなり小さくなり、
>『mixi』などのソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)や『twitter』が
>「個人がネット上に発信する機会」の主役となりつつあります。
twitterを始めるとブログの更新頻度が下がるというのはよく聞きますね。
でもそれは用途別に使うようになっただけで、個人ブログの衰退とは思わないです。

>大多数の「何を書いても炎上すらしない閑古鳥ブログ」と、
>ごく一握りの「何を書いても炎上する可能性がある有名ブログ」に二極化しています。
私は人気のないブログとあるブログに二極化しているとは思わないです。
例えばTopHatenarを見ると分かりますが、
人気のないのが多数ではあるものの上位への勾配はなだらかです。

>twitterだって、結局のところ、「もともと潜在的なフォロワーを多数抱えていた芸能人・有名人(有名ブロガー含む)
>のほうが、圧倒的に有利なツールですしね。
有利不利が何を意味しているか分からないですが、影響の大きさのことなのかな。

OzakimakuraOzakimakura 2011/01/06 18:44 すごい的確な指摘ばかりでぐさっと来ました。前は過疎ブログで自分の思うこと主張してたのに反応が無いから、最近はTwitterをしてごくわずかな友人と慣れあっています。でもTwitterじゃ伝えられることってぜんぜん少ないし愚痴や無駄な言葉に混じって伝えたいことがどんどん埋まっていきますよね。

OzakiOzaki 2011/01/06 18:44 すごい的確な指摘ばかりでぐさっと来ました。前は過疎ブログで自分の思うこと主張してたのに反応が無いから、最近はTwitterをしてごくわずかな友人と慣れあっています。でもTwitterじゃ伝えられることってぜんぜん少ないし愚痴や無駄な言葉に混じって伝えたいことがどんどん埋まっていきますよね。

DD 2011/01/06 21:04 >いやまあ、「他人の感想をおかしいと思う」のも自由だと言われたらその通りなんだけど、そういうのは、その人が胸にしまっておけば良いことじゃないですか。

「発信されたものに対する反応」という点で、何かの感想をブログに書くのも、
その書かれた記事の感想を書くのも全く同じベクトルじゃないですか?
だから結局その「そこはしまっとけ」は「ブログを書く」事自体に帰ってくる気もしますけど。
ブログ各側の個人視点じゃ違うんですかね

aetos382aetos382 2011/01/06 21:16 mixi は、それでもまだ、mixi をやってない人には見れないままですし、SNS と言えば世界的には Facebook なのでしょうが、日本では普及しているとは言えない状況です。
Twitter を始めてから長文を書かなくなったのは確かに認識していますが、それでもやはり、文字数制限があったり、標準で写真を載せる機能がないなど、Blog の完全な代替になるとは思えません。

> ごく一部の「専門家のブログ」を除いて、多くの人は、個人のブログに「この人は、どう感じたのか?」ということしか求めていないはずです。

と全く思わないのは、俺が「専門家」の端っこの方に引っかかるような人間だからかもしれません。
俺にとっては、「この人は、どう感じたのか?」ということこそ、「ふーん、で?」という感じです(芸能人ブログとか、何が面白いのかさっぱり理解できません)。

今度、新たにブログを始めたいと思っていますが、「人気ブログになりたい」とは思いません。
といって、誰もコメントしに来ない閑古鳥ブログも嫌ですけど…数人の固定読者がいれば十分だと思っています。

ふーんふーん 2011/01/06 22:38 「個人ブログの現在、そして、たぶん未来」ではなくてあなたのブログのことじゃないか。

通りすがり通りすがり 2011/01/07 00:02 「自分のこと」を書くと聞いて、ふとエッセイみたいだなあと思いました。

774774 2011/01/08 10:11 ネットの意見のぶつけ合いって、どちらがより冷めて達観してるようにみせるかの勝負になっちゃいますね
ってこれもそこから逃れてないけどw

spikespike 2011/01/08 21:15 このブログは人気ブログの一つであり、書くのは心地いいでしょうね。
今の時代に、閑古鳥のブログは、下手すりゃ自分以外は誰も読まないので、モチベーションを保つのは難しいと思います。
生き残るどころか、生きてないんですから。

山やま山やま 2011/01/09 08:09 佐々木俊尚さんのツイッターからとんできました。
たいへん共感させていただきました。ブログだけではなく、あらゆる場面で言えることだと思います。主語のない文章でもっともらしいことを語るのはマスコミの常套手段ですが、市井の人々もそれに付和雷同しすぎているように思えてなりません。それは、ご指摘のとおり「公的な立場を意識しすぎている」からだと思います。「私」を出発点にしない「公」は空っぽな気がします。世論を形成する一部となる、自分の考えとはほんとうに自分の実感から生まれているものなのか、それを確認するために、ぼくもブログを書いています。

cojicoji0228cojicoji0228 2011/01/09 10:37 みんな「人気ブログになりたい」からブログをやってんのかなぁ。
「何となく書いてみたいから」とか、ふわーっとした理由じゃだめなのかな?
自分自身がそうなので。

石山城石山城 2011/01/09 10:56 とても興味深く読ませて頂きました、ありがとうございます。

ボクもたった今ツイッターで「日毎にツイッターで口数が少なくなっている」といったことを投稿したばかりだったので、特に、「そんなことは胸にしまっておけばいいこと…」というくだりには「そうそう…」と、他のご意見にも増して深く共感いたしました。

>>なんのかんの言っても、僕はブログが大好きです。

ボクもです^^(細々としたブログしかやっておりませんが…w

ひろひろ 2011/01/09 13:23 初めまして。私は会社代表としてブログを十年間、書いていますが、毎日300人がみに来ます。しかし、コメントははいりません。全く気にしてません。こんな人間もいてるんです(^.^)

ひろひろ 2011/01/09 15:39 今の時代「ネットで何かやろう」というのは、Yahooだのwikipediaだのという金と時間と労力を無尽蔵に注ぎ込んだサイト達と時間の奪い合いをするようなもので、正直勝ち目なんてありゃしません。ウィナーテイクスオールの最たるものであるネットなんて、今さら成果を求めて参入する意味はないですねぇ。

キューキュー 2011/01/09 16:28 遅まきながら、今年から、ブログをはじめたものです。
ですから非常に参考になりました。ありがとうございました。
私は、バリバリに自分の日常のことを書いています。
自分が書く意味は、等身大で、素の自分を表現してみたい、書くことで頭と心を整理してみたい、そして、もし読んでくれる人が居るとすれば、笑って何かの励みにしてくれれば、くらいです。いつまで続くかわかりませんが・・・

児斗玉文章児斗玉文章 2011/01/09 19:20 はじめまして。
思うんですが、世の中、そんなに自意識過剰な人ばかりなのでしょうか。
ブログを書いて有名になりたいとか、多くのコメントを得て自分の影響力に自信を持ちたいとか、それも一つの動機でしょうが、単に息をするように文章を書いてしまう人も多いのではないでしょうか。
少なくともわたしはそうです。
そして、ブログは雑誌に例えると記事をバラバラにして好きなものだけ読めるという形式にこそ意味があると思っています。
コメント欄がどうあろうと、ブログがテキストサイトに対して持っているこういう特色は、今の時代に沿っているのではないでしょうか。
と、ここまでは疑問を呈するという形ですが、全面的に首肯する部分もあります。
今のブログのエントリーには、予防線が張られ過ぎているというのは、常日頃、感じることです。
そういうのって、つまらないですよね。
初のコメントで長々と失礼しました。

chuunnchuunn 2011/01/10 08:52 僕もブログやっていますが、共感できることや、ちょっとわからないこともあり、参考になりました。自分のこと書いていく というのは、基本的に「そうだよな」と思いました。

chuunnchuunn 2011/01/10 08:52 僕もブログやっていますが、共感できることや、ちょっとわからないこともあり、参考になりました。自分のこと書いていく というのは、基本的に「そうだよな」と思いました。

chuunnchuunn 2011/01/10 08:52 僕もブログやっていますが、共感できることや、ちょっとわからないこともあり、参考になりました。自分のこと書いていく というのは、基本的に「そうだよな」と思いました。

chuunnchuunn 2011/01/10 08:52 僕もブログやっていますが、共感できることや、ちょっとわからないこともあり、参考になりました。自分のこと書いていく というのは、基本的に「そうだよな」と思いました。

alshine5alshine5 2011/01/10 11:24 はてブから飛んできました。
自分のことを書くというのもありますが、モチベーションの保ち方にもあるんだと思ってます。
私の場合、ブログ書くネタはあっtも色々時間が足りなくて結局ブログ書くよりTwitterであげた方がいいやってことになっちゃう状況もあります。
私としてはそんな感じを受けたのでコメントしました。失礼します

sachix17sachix17 2011/05/29 12:11 わたしも個人ブログやっています。といっても、書き始めたばかりですが。
今までもブログ書いていたのですが、まさに閑古鳥ブログ!って感じでした。
確かに自己満足で書いているのだけれど、やはりずっと一人で黙々書いているのもさびしいですよね。
更新がめんどうになったときに、「どうせ誰も見てないし」って簡単に消せちゃう。
自分の考えたこと、感じたことばかり書いているので、もしかしたら面白いと思う人がいないのかもしれません。
モチベーション保つために、未来の自分のために書いてるんだ!と自分をはげましてます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20110105/p1