Hatena::ブログ(Diary)

グラフと方程式で学ぶ外国語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-08-12

多読とTOEICの点数との関係について

 

SSSの掲示板で話題が盛り上がっていたのですが、文章で表現するのが面倒くさいので(表現力が足りないだけですが)、絵を描いてみました。

 

f:id:fujishima:20100812225416j:image

 

前提

・TOEICの点数が高くても英語ができるとは限らないが、英語ができる人はTOEICの点数が高い

・大量のインプットだけでは英語は上達しないが、大量のインプットは英語が上達するための前提であり、英語ができる人は大量のインプットをしている。

 

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009-06-14

fluency over accuracy 正確さよりもまずは使ってみる

 

f:id:fujishima:20090614231944j:image

 

伝統的な英語教育では、正確さを追求し、やれ三単現のSがないであるとか、例外的な文法事項であるとかを授業でも教え、テストにも出題してきました。

受験で選抜するための材料としての英語という教科の位置付けであれば理解できないでもないですが、最近の流行の fluency over accuracy で行くならば、教育もそのようになるべきですね。

 

大前研一さんもそのように書いていらっしゃいました。

 

「サラリーマン「再起動」マニュアル」 58ページ

(引用開始)

現に世界の"標準語"はブロークン・イングリッシュであり、英語を学んでいる世界中の人々は"アバウト正しいもの"を繰り返しているうちにうまくなっていくのである。つまり英語教育は、最初のうちはファジィでアバウト正しければ良いのである。

(ここまで)

 

もちろん、中には英語の道を極めたい、きちんとした英語を話したいと思う人もいるわけですが、最初にfluencyを追求してとりあえず日常生活・日常業務に支障が出なくなると、それを正しくしていこうというモチベーションが出てきません。(「化石化」と呼ぶようです)

 

逆に旧来のまずはaccuracy、次にfluencyというアプローチは、なかなか出来るようになっているという感覚がないことから、挫折しやすいと考えられます。

 

間を取った学校教育、また我々成人に於いても、間を取ったアプローチを指向したいものです。

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009-06-07

意味領域がどんどん拡がる

 

外国語にたくさん触れるに連れて、意味の領域が拡がっていったり、はっきりしたりしていきます。

 

hot という単語は、熱いと暑いだけだと思っていたら、イギリスで辛い食べ物を表すのに hot と使っているのを聞いてびっくりしました。

その瞬間、hot の意味領域が拡がりました。

 

f:id:fujishima:20090607223045j:image

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

 

2009-05-23

単語の意味領域 英和辞典か英英辞典か

 

生まれて初めて犬を見て(柴犬だったとしましょうか)、親に「これが犬だよ」と教わって、その後にこんどはセントバーナードを見て、「これも犬だよ」と言われ、さらにはチワワダックスフンドを見て「これも犬だよ」と言われ。

 

でもオオカミは違うと言われ、ヒツジも違うと言われ。

 

f:id:fujishima:20090524102953j:image

 

その単語の意味領域がどこまで拡がっているかは、少しずつ分かっていくわけです。

 

私たちの日本語における国語辞典でも、英語における英英辞典であっても、提示される語義・訳語は、意味領域の中のどこかに打ち込まれる座標でしかなく、その周辺に肉付けをしていって、輪郭をなめらかにしていくためには、大量のインプットで調整していくしか無いと思います。

 

英語の学習に於いて、英和辞典ではなく英英辞典を使うべきという意見が一部にありますが、私は賛成しません。(私自身、英和辞典しか使いません。というか英英辞典を使いこなせていません)

 

英英辞典であっても、代表的な座標を示すだけであると考えるならば、最初の(いくつかの)座標を英和辞典を用いて印すか、英英辞典を用いて印すかの違いだけであり、やがては多読多聴で解決していく問題だと思います。

 

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

2009-05-19

英語を英語のまま

 

外国語を使う時には日本語とは別のフィルターが必要になると書きました。

 

英語を英語のまま理解すると言う時には、英語で表されたメッセージを英語のフィルターを通して取り込んでイメージを再構築するということになります。

 

これが、英語を習いたての時は、英語の単語を/文の構造を、該当する日本語のフィルターの該当箇所に都度置き換えて、しかる後に日本語として理解しようとします。

 

f:id:fujishima:20090519062556j:image

 

英文和訳をする際でも、本来は英語を英語のまま理解し、しかる後に取り込まれたイメージを今度は日本語のフィルターを通して吐き出すことになります。

が、英語を習いたての時は、日本語のフィルターにマップしてそれをそのまま吐き出すことがあります。

結果として日本語としても意味の取れない訳文が出来上がることがあります。

 

f:id:fujishima:20090521062708j:image

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ