Hatena::ブログ(Diary)

fukasaku eye Institute blog RSSフィード

2018-04-07 4月10日のTBS夜7時から8時「この差って何ですか?」に出演します

来週の、4月10日火曜日の夜7時から8時まで、TBS放送での、「この差って何ですか?」に、深作秀春院長が出演します。

 通常の行為が緑内障を起こすような危険性があることなど、分かりにくい眼科の病気についての一般的な啓蒙的知識をお話しします。ぜひご覧ください。

f:id:fukasaku:20171019161034j:image

f:id:fukasaku:20171019154727j:image

 予告内容が以下のTBSホームページに出ています。

http://www.tbs.co.jp/konosa/

 目にとって良いこと悪いことの差では、やってはいけないのはどっち?大予想。

今まで目にとって良い事と思っていた常識が覆る。

多くの人がよかれと思ってかけているサングラス…実はこれが白内障リスクを高めている可能性があるというから驚きだ。

さらに、テレビの前の皆さんも簡単にできる緑内障のチェックも学ぶ。

知って得する!目からウロコが落ちる情報を満載でお送りする。

乞うご期待。

レギュラー

土田晃之

上地雄輔

【パネラーゲスト(50音順)】

生稲晃子

井上咲楽

井森美幸

オカダ・カズチカ

指原莉乃

佐藤仁美

澤 穂希

篠原ともえ

滝川クリステル

千秋

つるの剛士

中村梅雀

西村知美

増田惠子

松本明子

峰竜太

【VTR出演】

内山信二

【専門家ゲスト(50音順)】

江原陽子(洗足学園音楽大学 教授)

神永曉(日本国語大辞典 編集者)

巴ひかる(東京女子医科大学 東医療センター 泌尿器科教授)

深作秀春(深作眼科 院長)

山口謠司(大東文化大学 准教授)

f:id:fukasaku:20171019161034j:image

2018-03-11 *糖尿病には糖質制限食、増殖性糖尿病性網膜症には超上級眼科外科医

糖尿病には糖質制限食、増殖性網膜症には超上級者の眼科外科医による硝子体手術』が世界の公理です。

昨日に引き続いて、日本糖質制限医療推進協会主催の江部先生の講演会に参加しました。

以下の写真は左から糖質制限協会の理事長で日本に糖質制限食を普及させた江部康二先生と私と右は糖尿病の理由でお産を諦めさせられていた患者を救い、糖質制限でのお産を可能にしただけでなく、とケトン体エネルギーでの先駆的研究で知られる宗田哲男先生です。

日本においては、糖尿病が引き起こす糖尿病網膜症による網膜剥離緑内障白内障を、日本の眼科医は治療できずに失明させていました。これに対して、私がほとんどの糖尿患者の視力を救い、最高の視力を出す眼科手術治療術式を開発したことで、世界中で講演依頼を頼まれる状況にあります。優れた眼科外科医は世界でもほんとに少なくて、患者の皆さんが自分の目を治したいなら、研修病院などで下手に手を付けずに、手遅れでなければ、我々のような世界トップの眼科手術であれば、必ず治せます。毎日多くの患者が来院しますが、半数は残念ながら、大学や総合病院のような研修病院ですでに手を付けて目をつぶしかかってから来るのです。研修は必要悪ですが、患者のあなたは研修病院で練習台になることを理解して手術や治療を受けているのでしょうか?もっと、自分の目を大事にしましょう。病識をしっかり持って、本当の眼科医療を多くの情報を総合的に集めて、正しい判断をしなくてはなりません。

f:id:fukasaku:20180310213921j:image

今や日本での糖尿病患者が1000万人であり糖尿病予備軍も入れると2000万人が糖尿病対象者です。この方たちが、従来の糖尿病内科学会のガイドラインの治療法、つまりたっぷりの糖質をとってカロリー制限する方法では、糖尿病は治らないどころか悪化します。

糖質を取ることで急に血糖が上がり、それを内服薬やインシュリン投与により急激に血糖が下がる、血糖が急に上下する、私が日本で最初に述べた「血糖値のジェットコースター現象」が起きます。この急激な血糖のスパイクが起きることの結果、糖尿病網膜症が急激に悪化するのです。皮肉なことに日本の糖尿学会のガイドラインに沿った治療を内科医が行なった後から、急激に網膜症が悪化して失明に至るのです。

二型の糖尿病患者は糖質を取らないようにすれば、血糖が上昇しなくてすみ、血糖を下げる薬も必要なくなります。一定の正常な血糖値が保たれ上下動がなくなり、糖尿病合併症が起きにくくなります。

しかし、すでに糖尿病性増殖性網膜症の起きている方は、糖質制限で治るわけではないのです。この増殖性網膜症網膜剥離を起こし失明するので、超上級者の眼科外科医による硝子体手術を受ける必要が有ります。残念ながら日本は眼科の後進国なので、研修病院などで硝子体手術を施行して失明する人が、助けを求めて大変に多く当院に来ます。

他院で手をつけないで、初めから最高の硝子体手術を行えば必ず治せます。手遅れになることなく、他院で手をつけずに、最初から世界トップの技術と設備の深作眼科で治療することが、患者の目を守る最善の方法です。

2018-01-16 1月22日TBS夜7時から『名医の太鼓判』出演

f:id:fukasaku:20171223201652j:image

来る1月22日月曜日の夜7時から「名医の太鼓判」に出演します。

下記のページは番組のホームページです。


http://www.tbs.co.jp/the-taikoban/

今や、寿命が90歳を迎えようとしている時代です。ところが、目の寿命はせいぜいが70才なのです。自動車でも車体本体は大丈夫でも、ブレーキやライトやタイヤなど交換しないと、大事故に繋がったり車が動かなくなりますよね。それと同じです。ちゃんとした目のメンテナンス治療をしないと、目が駄目になってしまいます。

別の言い方をすれば、ちゃんとした眼科外科医による治療を受ければ、目は100歳で、裸眼視力を1.0に保つのは難しくありません。大切なのは世界最高レベルの眼科手術治療を受けることです。

f:id:fukasaku:20171223205400j:image

f:id:fukasaku:20171223192936j:image

日本は残念ながら眼科治療が、特に手術治療が遅れた国です。今日もシンガポールから来た患者さんを手術しましたが、世界から来た患者さんは良く分かっています。この海外から手術を受けにきた患者さんは、「日本で、これほど世界的に著名な、深作先生が治療をしてくれるのは、ほとんど奇跡に近い。」と、深く感謝しておりました。海外の患者さんのほうが、深作眼科が世界でトップの施設であることを良く知っております。

f:id:fukasaku:20171019161034j:image

先月12月8日の「この差って何ですか?」に出演した時も、目の健康を守る方法についていくつも例を紹介しました。


f:id:fukasaku:20171223192959j:image

今回は、目の寿命のなんとか守るためのより積極的な治療法についてもご紹介します。

f:id:fukasaku:20171223201652j:image

2017-10-27 「この差って何ですか?」への番組出演で眼科解説

テレビ出演のお知らせです。10月31日(火曜日)午後7時からTBSテレビの「この差って何ですか?」に出演し、眼科の病気について解説する予定です。ただし、野球の日本シリーズによっては翌週となるかもしれません。日本シリーズの放送の場合は翌週の11月7日だそうです。結構長く(約20分程の尺だそうです)眼科の解説をしていますのでご覧ください。今回の番組は制作に時間がかけられており、結構面白く、役に立つと思います。

f:id:fukasaku:20171019154727j:image

TBSの制作と話したところ、10月31日に野球の日本シリーズの放送が入りそうです。かつて横浜ベイスターズTBSがスポンサーだったこともあり、今回のセリーグ代表が横浜ベイスターズとなったので、TBSの放映になるんでしょうね。もしそうなると、日本シリーズ後なので1週間後の11月7日火曜日7時からの放送になるかもしれません。ただし、私の眼科疾患の解説が尺の中では最も長く20分はあるようです。この番組は真面目な番組で私への取材も随分と時間を掛けましたので、医学的な内容も興味深いと思います。ぜひご覧ください。

 僕は翌8日から渡米し、世界最大(約5万人眼科関係者が集う)の国際眼科学会AAO(American Academy of Ophthalmology)の講演に向かいます。今回はニューオリンズでの開催です。常に世界最先端であり続けるには、常に研究と勉強が重要です。

2017-08-20 ニューヨークから世界最高の眼科外科医が発信する

f:id:fukasaku:20170819081903j:image

ニューヨークに出張中です。前回の南アフリカと違って、自宅に滞在なので気は楽です。写真は、我が家から見たセントラルパークです。

f:id:fukasaku:20170819183110j:image

今日は土曜なので、セントラルパークのシープヤード(昔、羊の放牧場だったのでこの名前)の芝生には、多くの市民がくつろいでいます。しかし、因みに僕は仕事でした。この近所はビルがどんどん高くなります。建設中のビルは、どうやら全米一の高さになるそうで、500メートル以上になるようです。ここも58階ですが、横の新築ビルの高さが分かりますね。

f:id:fukasaku:20170819183148j:image

出張中に23日にフジテレビで私が放映されますが、残念ながら自分では見れません。

f:id:fukasaku:20170810183742j:image

さらに、30日には、新しい本が主婦の友社より上梓します。「一生よく見える目になろう」です。アマゾンでも予約ができます。

女性の皆さんに、特に主婦の方達に話伝えるように書きました。主婦の方達は自分はもちろんですが、子供さんや、ご主人やご両親の目の心配もしなくてはなりません。とくに、子供さんは目に異常があっても小さすぎて異常を訴えません。ご高齢の両親もそうです。異常を見過ごすのです。主婦の方々は、お子さんやご両親の目の異常を察して見つける必要もあるのです。この知恵を私の本から学んでください。

子供さんやお年寄りがいつの間にか目が悪くなり、失明でもしたならば、どんな恐ろしいかが想像できますか?私の本で学習し、目の病気の早期発見をして、最高の目の治療をしてください。

いまや、平均寿命が90歳時代です。すぐに100歳まで伸びるでしょう。でも、目の寿命はせいぜい70歳です。さらに、想像以上に子供さんの目の病気は多いのです。ぜひ私の本を読んで、生涯最高の視力を保つヒントを得てください。

f:id:fukasaku:20170810000727j:image

f:id:fukasaku:20170810150831j:image


世界最高の眼科外科医を顕彰する制度の、クリチンガー・アワードにアジア太平洋地域で初めての受賞者に選ばれました。我々の施設が、アメリカヨーロッパを抜いて世界最高の眼科手術治療を行っているのが、世界最高の権威として認められたものです。

2017-08-10 新たな眼科の本です。最高の眼科を平易に理解しやすく書いています

8月30日に、主婦の友社より、私の新刊が上梓します。

本の題名は「一生よく見える目になろう」です。

この一般向けの眼科本は、特に女性に向けて語りかける内容の本です。

f:id:fukasaku:20170810183742j:image

女性はご自身だけでなく、お子さんや、ご主人やご両親など家族皆を面倒見なくてはならない大変な立場です。

特にどの世代も目の病気はあるし、お子さんの目の病気をしっかりと面倒見なくてはならないのです。

ぜひその際にあわててパニックにならずに対処できるように、この本をお読みください。

2017-08-09 世界一の眼科外科医に贈られるクリチンガー・アワード受賞

7月26日から30日にかけて、南アフリカダーバンに世界中から代表的な眼科外科医が集まっております。今回の大きな特徴は、世界最高の眼科外科医を表彰し、特別講演会を行うクリチンガー・アワードを受賞に、世界11人目の受賞者として私が選ばれました。今回、この記念講演を行いました。

f:id:fukasaku:20170810000727j:image

この写真は、クリチンガー・アワードの授賞式のものです。昼間は受賞記念の講演会があり、夜は表彰式とディナーパーティーでした。

f:id:fukasaku:20170810150831j:image

世界中から集まった、世界有数の眼科医の中での授賞式は大変な名誉でした。今後も頑張れよという、世界中からのメッセージととらえ、さらに多く目を救うべく、世界最先端の眼科外科医である為の努力を続けます。

それにしても、世界中から集まった、各国では最高の眼科外科医といると、自分のやってきたことが王道であり、全くの正しい正義であることが分かり、感動しております。

2017-01-01 世界最先端の手術法と機械は日本ではまず初めに深作眼科に入る

川尻選手の結果は残念だったようです。相手が世界一の柔術一家のグレーシーだったのですが、健闘したことをほめたたえるべきでしょう。

川尻選手の偉さは、後輩の格闘技の選手が網膜剥離になると深作眼科を紹介して、世界最高の治療を受ける機会を、網膜剥離になった選手に与えることです。

f:id:fukasaku:20170101105523j:image

この写真は、私がアメリカにくる前々日に手術した格闘家網膜剥離への手術です。

この方法ですが、良く見ると変わった色眼鏡みたいなものをかけているでしょう?実はこれは3Dの立体メガネなのです。目の前のモニターは特殊な4K画像で、手術の様子を立体的に写しています。私が手術をしているのですが、顕微鏡をのぞくのではなく、このモニターの立体画像を見ながら手術をしているのです。

これは、ドイツで開発されたもので、これが、いま世界最先端の方法です。このような方法はかなりの上級眼科外科医にしかできない方法です。メーカーも良くわかっていて、日本では最初に深作眼科に導入して、私が日本での一番最初の症例を立体画像で手術しているところなのです。

世界最先端の方法は日本ではまずは深作眼科で始まるのが世界のお約束です。つまり、深作眼科にくる患者さんは、つねに世界最先端の技術と設備の中で治療できるのです。

もちろん、この格闘家網膜剥離は完璧にすぐに治りました。この選手も1か月すればまた運動ができるでしょう。

2016-12-30 網膜剥離を完全に治せるのは深作眼科だけと格闘技選手が証明

網膜剥離など他人ごとと思っていると、ご本人や子供さんが野球のボールが当たったりサッカーでのヘディングで小学生や中学生が網膜剥離になることがよくあります。アトピー性皮膚炎の子供などは目を掻いたり叩いたりするので、10代での白内障網膜剥離は非常に多いのです。日本では網膜剥離の手術に子供にバックリング法を行うのが普通です。でもこれは先進国ではまずは行わない方法です。私はバックリング法の開発者のハーバード大のスケペンス先生から直接ボストンで習っているくらいで、バックリング法の名人でもあります。スケペンス先生は私がご自宅に遊びに行くほどの、個人的にも良く面倒を見てもらった方で、ハーバード大の網膜の主任教授でした。そのバックリング法の名人の私だからこそ、バックリング法の限界を知っています。そして、この方法は理屈に合わない方法なので、ドイツの仲間と硝子体手術法を開発したのです。アメリカで生まれドイツで改良した硝子体手術法が世界の標準になってきています。しかし、日本では20年以上遅れているのでバックリング法を受けてしまい、網膜剥離になるとスポーツなどの過激なことはできなくなるのです。今回、いかに最新の硝子体手術が優れているのかを、私が網膜剥離を治した格闘家の川尻選手が、今晩のフジテレビでの格闘家選手権でのメンイベントとして試合をします。このなかで少し私の説明も流れるはずです。網膜剥離に関心ある方は川尻選手の試合をぜひご覧ください。

12月30日の夜のボクシング世界戦には、私が網膜剥離を治して復帰し世界チャンピオンになった選手が、世界選手権防衛戦を行います。さらに翌日のフジテレビでは格闘技世界選手権もあり、これには私が網膜剥離を治した選手が参加します。

f:id:fukasaku:20161230125806j:image

12月31日に格闘技の世界選手権が放映されます。このメインエベントの一つの川尻達也選手がいます。ちょうど2年前ですが、選手は網膜剥離になり、T大学病院で旧来のバックリング法による手術を受けました。当然ながらまた激しい運動をすれば網膜は剥がれます。練習や試合で衝撃を受けて、再び網膜剥離となり、こんどはT医大で2回目のバックリング手術をしても治せないとなりました。そこで、今度は必死になり日本で最も良い眼科施設はと多くの人に聞いて調べました。当然のことながら、日本で唯一世界トップレベルの眼科手術を全ての分野で行っている深作眼科の名前を知りました。ちょうど2年前ですが、私が診察して、網膜が剥がれたままになっていました。2回も旧式のバックリング法で手術していた為に、難しい症例でしたが、慎重に手術を施行して完璧に網膜剥離を治しました。あれから2年経ちますが、川尻選手が現役の格闘技選手として活躍しているのを見ると大変うれしく思います。いまでも、時々経過観察に深作眼科に通院してますが、何の問題も無く視力も1.2出ています。

川尻選手の偉いところは、深作眼科で網膜剥離を手術して治したことを、自分のブログではっきりと述べていることです。しかも、多くの格闘技選手が網膜剥離になったときに、自分の経験を生かして、すぐに深作眼科に行くようにとアドヴァイスしてくれています。年末のこのフジテレビでのRINZIN放送時も、自らの網膜剥離からの生還した経験を話したいと、フジに掛け合って番組の中で、私にインタヴューした内容を、川尻選手の紹介時に放映予定です。彼は、自分の経験を隠すことなく、多くの人々を救うのに生かしています。

川尻選手は人間的に大人であり、礼儀正しく、実に素晴らしい選手です。彼のようなトップの選手が礼儀正しい団体は、多くのファンを大事にしているのだなと感じます。

f:id:fukasaku:20161230125806j:image

2016-12-26 この世に溢れる毒から子供を守るには。

Yさんから私のフェイスブックに投稿がありました。【マクドナルドの偉い方が以前なにかのインタビューで「ハッピーセットで子どもたちの心をつかめば、その子どもたちは将来ずっと購入してくれる顧客になる」と答えていたかと。

確かに儲けるための戦略なのでしょうが、子どもを健康に育てたい親としてよく考えなければと反省しました。】

とあります。これは重大な問題です。

私は答えました。

『こと、食品は経済原則で考えてはいけないのです。子供時代にジャンクフードに慣らされた人は、大人になってもそのジャンクフードの束縛から逃れなくなると言うことです。怖いですね。マックの社長は正気でそんなことを言ったのですか?もしも、これを覚せい剤に置き換えたら、アスカや清原の話とダブってきますね。子供は判断力が無いのです。親のあなたが子供を守らないで、誰が守るのですか?』

 怖い世の中です。薬も医療も、食品も、誰かの利益や権益の為にゆがめられているのです。もっと冷めた目で、疑いの目を持って注視しないと、より悪い裏の本音で生きている者達にいいようにやられてしまいます。

 さらに、ある方が、マクドナルドの食品について心配されていました。食は医食同源と言うまでも無く、健康に最も大切なものです。医療人は食の健康について、正しい意見を述べて、人々を啓蒙する義務があると思います。

私の経験を述べます。

マクドナルドのハンバーグを20年ほど前に食べたことがありますが、気持ち悪くなってすべて吐きました。これほど気持ち悪くなった経験は今までなかったので、今思い出しても食材の酷さが記憶に残ります。

いろいろな方の実験でも分かりますが、はっきり言って毒でしょう。完全な健康体の方が、実験でマクドナルドを1っか月食べてどうなるかを実験していました。完全な健康体が酷く不健康になり、血液検査は最悪になり、血圧も上がり肥満体になり、ドクターストップがかかりました。これはアメリカの実証番組でみた事実です

 皆さんが日常的にテレビにて、マクドナルドのイメージを良くしたり、いかにもおいしそうな期待値を高める広告を見ることが多いですよね。あのような高価なテレビ広告などで、期待値を高めるドーパミンを出すようなあざとい広告を打って、毒を食べさせるのですから、これは悪質ですね。

医食同源を待つまでもなく、対極にある毒物を食することの危険性について、もっと客観的な医学的なデーターを多くがとるべきです。

 広告費を使わないレストランでも、経済原則では、食材の原価は3割までが多いのです。マクドナルドは多くの高価なテレビ広告(30秒で一回数百万円ですので、おそらく収入の半分は広告費でしょう)を打っています。それでも利益が出ているのですから、想像ですが、食材の原価はせいぜいが1割でしょう。200円のハンバーガーなら20円ってとこでしょう。こんな原価でまともな食材を使うと思いますか?

最近、中国の毒としか言いようのない、床に捨てられていたチキンを、マクドナルドは使い問題になりましたが、現在の食材なども大差ないでしょう。

彼らは人々の健康など優先事項ではありません。金儲けしか考えていない企業の、しつこくテレビ広告を打つ企業がまともでないことなど、ちょっと理屈で考えればわかります。

子供をおもちゃで釣るなど悪質そのものです。子供に判断力はありません。おもちゃが欲しいならおもちゃだけ買うべきです。お母さんはこんな毒を、未来ある子供達に食べさせないように、きちんと管理してやってください。

ジャンクフード肥満糖尿病を起こすだけでなく、あらゆる毒物を身体に取り入れる、一種の毒への依存性を作ります。

 判断力の無い子供が、たばこ業界の巧みな広告で喫煙に誘導され、判断力の無い子供が、悪としか言いようのないタバコを吸うのも同じです。大人になり、タバコをやめたいと判断力が出てきても、ニコチン中毒になった身体は、悪の煙を吸い続けます。覚せい剤だけが悪ではないのです。なぜ、こんなタバコジャンクフードは野放しなのでしょうか?

悪に満ちた世界から子供を守ってやるのは、親であり専門的知識を持つ医療人であると思っています。

 我々医療人は、本来はなぜこの仕事を選んだのかをいつも自問すべきです。人々を救おうという崇高な使命感から選ぶはずです。ですから、あらゆる世の悪と戦わねば駄目なはずです。でも、現実にはそんな同志たちはごく少数派なのです。患者さんなどの支援が重要です。

世の中の歪みを皆の力で変えましょう。

f:id:fukasaku:20161212194559j:image

この文章を、アメリカで書いています。今日はアメリカクリスマスです。

世界最大の、モミの木を使ったクリスマスツリーがニューヨークロックフェラーセンターにあります。

2016-12-25 自閉症やアスペルガー症候群の治療にオメガ3などのサプリメント治療

自閉症の子供さんのサプリメントの質問がありましたので、私も専門家なのでお答えします。いま、アメリカに出張中ですが、海外から報告します。

実は自閉症の子供さんは、目を叩いたりの自傷行為も多いのです。目を叩くことによる眼外傷で起こる、網膜剥離白内障などの病気で多く来院します。その為に深作眼科でも自閉症の子供さんも多く診ます。

EPADHAなどのオメガ3とよばれる必須脂肪酸は、脳の発達と機能において重要な役悪を果たしています。一方で、この必須脂肪酸の脳内での不飽和脂肪酸が低いと、脳内の電気信号の伝達に使われるシナプス(脳内の配線みたいなもの)間の電気信号伝達に不具合が生じます。これも自閉症の一つの原因であろうと思われます。

この為に、米国自閉症アスペルガー症候群の多くの研究では、このオメガ3を子供に内服させています。この結果、学習能力や言語能力向上、社会性の向上など著しい向上がありました。

日本でしたら武田薬品のロトリガなどのEPADHAのあるオメガ3と言った、必須不飽和脂肪酸を毎日1回内服したらどうでしょうか。

私はアメリカの学会で、サプリメント医学的アドヴァイザーとして指導していますので、サプリメントの専門家でもあります。このオメガ3などのサプリメントの治療法は最近広く行われています。

このサプリメントについての話も私の近著である「視力を失わない生き方」(光文社新書)に出て来ます。

アマゾンでの注文は以下の通りです。

https://www.amazon.co.jp/dp/4334039596/ref=sr_1_1

2016-12-10 糖尿病、網膜剥離、緑内障は治せる。何で間違った治療で失明を選ぶ?

糖尿病になると、ほぼ必ず糖尿病網膜症となっていきます。現在日本の失明原因の第一位を緑内障と競っているような状況です。毎年公表されているだけで、少なくとも3000千人以上の方が糖尿病網膜症で失明しているのです。糖尿病網膜症の最後のステージは、増殖膜が張っておこる網膜剥離です。さらに、この糖尿病は新生血管が張ってきて、難治性の血管新生緑内障を起こし失明します。これは原因として緑内障に入るのですが、糖尿病が多くの原因です。従来これらの増殖性糖尿病網膜症は、ほぼ日本の医療機関では治療できずに失明していました。

しかし、我々がドイツの医師仲間と15年ほど前に開発した、網膜を全体見ながら手術できる広域観察システムBIOMなどと、小切開無縫合による近代的な硝子体手術での両手法などを駆使することで、ほぼ治せるようになりました。残念ながら、日本は世界の眼科レベルからは眼科手術の面で遅れていますし、間違った情報に基づいた失明しかねない方法が行われています。これらの最新の眼科知識や手術方法は一般の患者さんが知らないだけでなく、一般の眼科医も知らないことが多いのが現状です。

また、増殖性糖尿病網膜症による網膜剥離をいかに良く治しても、残念ながら旧来のカロリー制限と糖質の割合の多い糖尿病への食事指導では、再び血管が破れてまた見えなくなることがあるのです。この為に、糖尿病の方の「糖質制限」は近代的な硝子体手術と同時に重要な治療法でもあります。

現実には、これらの方法を含んだ眼科知識が、あまりにも日本人のなかで不足しているのです。これを何とかしたいと、今まで専門書は多く書いていた私も、一般書を書いて皆様方の目を守る一助にしたいと考えました。9月23日に出版した角川書店の「やってはいけない目の治療」に引き続いて、このたび12月15日に光文社新書として、「視力を失わない生き方」を上梓しました。これらの本をお読みいただいて、皆様が生涯健やかな目を保ち、幸せな生活をお送りいただきたいと祈念します。両書ともに大手書店だけでなく、アマゾンで注文できます。

アマゾン予約のURLは以下のとおりです。

https://www.amazon.co.jp/%E8%A6%96%E5%8A%9B%E3%82%92%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%9C%BC%E7%A7%91%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%AF%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%B7%B1%E4%BD%9C-%E7%A7%80%E6%98%A5/dp/4334039596/ref=pd_sim_14_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=AVFDS06Q43TC8K7SGZEQ

f:id:fukasaku:20161119011836j:image

f:id:fukasaku:20160901193505j:image

2016-11-18 視力を失わない生き方、光文社新書新刊上梓

 毎日2時間睡眠で追い込みながら、やっと次回作『視力を失わない生き方。日本の眼科医療は間違いだらけ』が、上梓できることになりました。12月15日発売の予定です。アマゾンでの予約サイトが開きました。皆様よろしくお読みいただければ幸いです。皆様の眼科診療や治療の際のお役にたてればと、最先端の知識を総動員しました。

アマゾンは、https://www.amazon.co.jp/dp/4334039596/ref=sr_1_1

にて注文できます。

f:id:fukasaku:20161119011836j:image

 今回の出版は、光文社の新書です。約15万字で、かなり内容は豊富だと思います。

 つい最近の10月15日に、失明した患者を見えるようにする手術がアメリカ食品医薬品局FDAで認可になり、シカゴで発表されました。私もシカゴの発表の場にいましたが、これも取り上げています。本の中身は現時点での世界最高の眼科医療です。

 全ての眼の心配をされている方々に知ってほしいのは、どんな患者でも希望を失うことなく、僕らのような世界最先端の眼科外科医は日夜努力しています。いつも希望を持って待っていてください。

 他で手を付けることなく、また手遅れになることなく、世界最高の眼科医療を提供する横浜東京の深作眼科に来ることが、あなたの眼を救い幸せにする道です。その知識をこの本で是非得てください。

深作秀春 

2016-11-15 更なる高みへ。光文社新書12月に発売予定

 昨日は死ぬほど忙しかった。朝5時半まで次回作の原稿ゲラを校正し、7時半には横浜から六本木院に移動し、9時から20時まで診療と網膜剥離などの重症症例を手術しました。

f:id:fukasaku:20161116044652j:image


 やっと20時から、写真のような次回作の本の帯の写真撮影をしました。このカメラマンはなんとビートルズを撮影するなど、女性カメラマンでは草分けの重鎮の方です。1週間後に多分最終ゲラの校正が入り、12月には新刊本が発売になります。すごい、タイトなスケジュールです。

また、今日は、テレビの撮影が有る予定です。放送日も決まればお知らせします。

 12月にはまたアメリカ出張です。毎日が睡眠時間が短いので、ほとんど睡眠は移動時間の車の中でドライバーに起こされるまで寝ています。

 新刊本の詳細がもうすぐ出ると思います。出たらお知らせしますので、その際はよろしくお願いいたします。

f:id:fukasaku:20130405213945j:image

 これは懐かしの写真です。いまでは当たり前の、白内障手術後の眼内レンズ移植術ですが、それを世界最初に行ったリドレー先生と私です。いわば、これが私が世界で最高の眼科外科医に成ろうとした原点です。これらのいきさつも次回の光文社の新書には書いてあります。12月に発売予定ですので、お読みください。

2016-10-22 「やってはいけない目の治療」は正しい治療のお勧めの本だ

「やってはいけない目の治療」アマゾンより予約受付中

https://www.amazon.co.jp/dp/4041047080

 

f:id:fukasaku:20160221163030j:image

 ボクサーに網膜剥離が多いのはよく知られています。顔にパンチが当たった瞬間をテレビなどのスローモーション映像で見ると分かりますが、顔が信じられないほどに歪んでパンチがいかに強力かが分かります。後楽園ホールでボクシングの試合を見たことがありますが、顔などにパンチが当たるときに、バシバシ、ボスボスと鈍い音がして汗のしぶきが宙を舞っているのを見ると、そのすさまじい破壊力が理解できます。確かに網膜が避けてまくりが起きるのは当然なのです。

 ところが、花粉症などで目をこする人でも網膜剥離は起きるのです。しょっちゅう目をこするということは、弱い力でもボクサーの強いパンチ一発くらいの力は目に加わっているのです。アトピーの方はより明らかです。アトピーの方は一日に数百回と目をこすり時には叩く人もいます。この際の目への衝撃は合わせるとかなり強い衝撃です。多くの10代や20代の方が、白内障網膜剥離になっています。脳は頭蓋骨に心臓は肋骨に守られていますが、目はむき出しの臓器なのです。外傷に極端に弱いのです。

  昔の、辰吉(たつよし)丈一郎などのころはバックリングによる手術〔シリコンバンドやスポンジを眼球の外から縫い付けて凹みを作り、眼球に冷凍凝固を当てて、炎症によって網膜をつけようとする術式〕しかなく、激しいスポーツをすれば必ず網膜剥離が再発するので、ボクサーを引退せざるを得なかったのです。しかし、我々が器具から開発した小切開で無縫合の硝子体手術でなら完全に網膜剥離を治せます。網膜剥離になる硝子体線維の牽引を完全に取ることもあり、時間をおけば網膜剥離手術後に激しいスポーツもできます。気を付けなくてはならないのは、日本では世界ではもはや行わなくなったバックリング法を、大学病院や総合病院のような研修病院では行っており、本質的意味では網膜剥離が治らないのです。世界最先端の深作眼科では当院で開発した小切開無縫合の近代的な硝子体手術で、必ず治します。

 深作眼科は世界一手術件数が多いので知られています。特に白内障緑内障、そして網膜剥離の手術は、手術件数が一位だけでなく、その手術成績が世界で最も良いのが特徴です。とくに子供の網膜剥離は、研修病院ではやらないほうが良いのです。多くが失敗して、若くして失明した子供がたくさん日本全国から当院へ来ます。初めから深作眼科で手術すれば、助けられた子たちがほとんどです。

f:id:fukasaku:20161014131721j:image

この写真は人工網膜を模型眼につけているところです。放置して失明したり、他院で手術失明して完全に失明した人でも、将来に視力回復の夢が持てます。この装置はごく最近、アメリカFDA(食品医薬品局)で認可になりました。 

2016-09-21 人を救い全力を尽くす深作眼科が『やってはいけない目の治療』を出版

角川書店からの出版本の『やってはいけない目の治療』がいよいよ9月24日に出版されます。紀伊国屋三省堂などの大手書店やアマゾンで予約して購入してください。これを見ることで、救われる人々は実に多い筈です。本代の1200円の何百倍もの価値があります。ついでに言いますが、これは深作秀春自身が書いた角川書店からの商業出版です。よくあるライターが書いた自費出版の類の本ではありません。内容には絶対の自信があります。読んでください。

f:id:fukasaku:20160901193505j:image

いまやお手軽な情報しか見ない層が増えたとのことです。でも、立った二つしかない目ですよ。大事にしてください。日本の眼科医療がとんでもないことになっているので、救える目がつぶれている現状を何とかしたい。人を救いたいのです。この事情を鑑みて、フェイスブックにも本の紹介サイトが出ました。すると、目の悩みを抱える患者の多くがそのサイトを見ているのです。出して数日で24,000リーチとあり、実に多くの人が悩んでいることが分かります。

正しいこと、世界では多くが認めて絶賛していることでさえ、日本では中傷する者がいます。陰で言うのです。陰で言っても実は誰であるかは分かるのです。そんな輩は相手にする価値もないので無視することが一番ですが、患者は結構騙されることがあります。本来は、他院でしかも腹を立てさせたふざけた輩の施設で手術を失敗した患者など引き受けたくないのです。でも患者が、深作眼科さえ知っていればすぐに来たかった。と嘆くのです。私に取ればジレンマです。散々妨害と誹謗した者の失敗した手術を、なぜ後始末しなくてはならないのか。なぜ不愉快極まりないことを陰で言った輩の失敗した手術を治してやらねばならないのか。しかも、治してもその馬鹿医者は謝ることなど無いのです。患者はもちろん感謝しますが、とても複雑な嫌な気持ちで人を救っているのです。ですから、決して他院で手を付けずに深作眼科に来てくれと伝えてください。もしも、深作眼科を知っていて、自分は●●大学病院がよいとか、××病院眼科が良いと研修病院などを選ぶなら、どうぞ行ってください。宣伝するつもりなど毛頭ないからです。しかし、深作眼科を選ばないで、自己責任で他院を選んだのですから、手術を失敗しても当院に助けを求めては来ないでいただきたい。それがフェアと言うものです。

日本ほど眼科外科医が遅れた国は珍しいですが、基礎研究は立派なものもあります。でも患者にとって一番大事なものは、病気を完全に治してくれる臨床医なのです。

f:id:fukasaku:20160509183233j:image

 

目の病気にとって最も大事なのは初期治療です。最初の手術が全てです。後始末などは本来は無いのです。私は、医師であるとともにプロの画家であり芸術家です。私にとっては、手術も芸術なのです。常に完璧であろうと全身全霊で取り組んでいます。ですから、研修病院のアマチュアレベルは我慢できないし、そのアマチュアレベルの輩から、あろうことか中傷を浴びる場合は、その輩を非常に許しがたい思いが吹き出ます。患者を救いたいとの思いからと、プロ中のプロとして、常に世界最先端でいる努力を怠っていないのです。今年も国際眼科学会で最高賞を取りました。20回目です。当然世界最多です。これこそが世界での証明です。

このようなことを言いながらでも、患者を自分の家族とみようとして、親身になる習慣は抜けません。患者を自分の親なら、自分の兄弟なら、自分の子供なら、と感情移入して心から同情して診てしまうのです。そして、どんな嫌な条件でも、患者のために全力を尽くして救くおうとする自分がいます。徹頭徹尾、自分は医師として生まれるべくして生まれたのだと思うことがありますし、周りの者もそう評価しているようです。患者自身の為に、手遅れになることなく、他で手を付けることなく、深作眼科に早めに来院することが重要だということが、現代日本眼科治療での真理です。


さらに、9月9日に美術出版の求龍堂から出版された『深作秀春 画文集』は芸術好きの方は非常に面白いと思います。これもぜひお読みください。

f:id:fukasaku:20160822160224j:image

2016-09-11 目を守るには正しい目の知識や正しい眼の治療法を知らねばならぬ。

f:id:fukasaku:20160901193505j:image

糖尿病に対しての画期的な治療法の『糖質制限』の大家である宗田先生と江部先生から直接多くの教えを受けました。この糖尿病合併症である糖尿病網膜症は、重症になると失明に繫がります。現実に、多くの糖尿病網膜症が悪化して網膜剥離にまでなり失明している方が日本では毎年少なくとも数千人レベルでいます。公式には報告のある方だけですので年間に3千人と言いますが、おそらく失明者は毎年1万人程です。

 これらの患者の手術は非常に難しいのですが、我々が器具も含めて開発した小切開の硝子体手術なら治せます。治せるのに、日本では優秀な眼科外科医が少ない為に、間違った治療や劣った手術にて失明しているのです。

 我々は、毎年1000人以上の糖尿病による網膜剥離患者を、横浜六本木の2か所の深作眼科で、最新の硝子体手術で治しています。しかし、若い方で多いのですが、せっかく治しても従来の糖尿病治療によって、ふたたび血管が破れて硝子体出血して見えなくなる方がいます。これには正直言って難渋していました。

 しかし、宗田先生との知己を得て、お教えいただき、『糖質制限食』と『ケトン体へのエネルギー変換』を実施して、それらの患者が救えるようになりました。

 ある私の患者の例で言います。27歳の男性がひどく進んだ糖尿病網膜症での網膜剥離で来院しました。ほぼ失明状態であったのですが、何と本人は糖尿病に罹患している事さえも知らなかったのです。結構、糖尿病を気づかない人っているのです。

 血糖は400ほどと高くヘモグロビンA1Cも12%ほどです。網膜剥離が有るので緊急の手術をしました。幸いほぼ失明の方でしたが網膜剥離も治って視力も0.9出ました。患者は運転が仕事でしたが、仕事も復帰できたのです。

 さらに、本人が放置していた糖尿病のコントロールも必要なので、当時は内科的治療を糖尿病専門の内科医に紹介しました。ところが、問題は内科に紹介した後に起きたのです。血糖をインシュリンでコントロール始めた途端、血管がおかしなことになって行きました。

 私達のような網膜の手術専門家は毎回眼底の血管を詳細に診ます。僕らは、血管の動脈硬化や血管壁の変化や血管の太さの変化、血流の変化、血液の赤血球の動き等さえ拡大して見ているのです。おそらく、それができるのは私達のような網膜手術を普段多数例行っている眼科外科の上級者だけです。

 手術中の検査機械は我々がドイツの仲間とドイツで開発した広域網膜観察システムです。さらに、ドイツライカとツアイスの手術用顕微鏡の評価を私は行い、常にその開発責任者のドイツスイスの責任者に注文して修正させています。この結果、1000分の1ミリの幅さえ観察できます。この機械では細胞レベルの変化さえ見えます。

 ですから、今述べているのはまさに世界最先端の話題なのです。一般の日本の大学病院などのレベルの低い病院の話題ではありません。つまり元に戻って、簡単に言えば、一般の内科医は血管など見ていないのです。

 こうして、糖尿病内科の先生の治療の後に血管壁が非常にもろくなり血流が悪くなるのを観察して心配していたところ、数か月後にまた血管が破れて眼内の大出血で見えなくなりました。

 この方だけではありません。困り果てて、患者の食生活を聞くと、お米が大好きなのです。少々太っています。

 そこで、今後コメなど主食を含めて糖質を厳密に制限することを指示しました。もちろん低血糖を起こしていたインシュリンは最初は半分量にしました。さらに膵臓を刺激してインシュリンを出す内服薬のSU剤は中止させました。

 これは患者だけでなく私も強い決断が必要でした。患者は米も全く取れない厳密な糖質制限は辛そうでした。それなら主治医の私も同じように糖質を絶つから一緒にやってみようと勧めました。私は患者を診る時に、自分の家族だったらどうしたいかと看るようにしています。

 私は糖尿病ではありませんが患者を救うためにも、深刻な問題だった患者と一緒に糖質制限を努力することにしました。患者も主治医が同じことをやるならと同意して、糖質制限を開始しました。すでに破たんした血管と出血へは再度の硝子体手術で治しました。硝子体手術で目を治して、さらに糖質制限で安定化しようとしたのです。

 この結果は驚くほどの血管安定を示し、毎回の診察でも安定していて、視力も1.0まで回復してもとの運転手に戻れ、彼の家族の奥さんも小さな子供達も喜んでいます。

このように、糖尿病の治療では、未だに糖尿病の専門の内科医の方が糖質を大量に取らす食事を勧め、インシュリン投与を増やしています。糖質を取りインシュリンで急速に血糖を下げる血糖変動がどれほど多くの問題が有るのかを内科医は無視していることがあります。またインシュリン投与がどれほど多くの活性酸素を増やし血管をもろくするのかを従来の糖尿病専門の内科医は知らないようです。つまり、糖質制限で血糖の上昇を防ぎ血糖を安定化することと、できるだけ分泌や注射によるインシュリンの量を減らすことが大切なのです。脂質から分解され得られるケトン体エネルギーも重要です。これらの重要性は、いつも重症の糖尿病網膜症を治療している眼科外科医の我々の方が良く知っています。いかに、内科の世界も非常識な常識が定説とされている不思議な日本なのです。

 眼科の世界に目を向けますと、さらに多くの非常識なことが常識とされているとっても不思議な世界が日本なのです。目のことでも日本には間違った常識が蔓延しているのです。知っていれば目を救えたと思うことが多いのです。今回の私の眼科の本を読めば良く分かります。写真にある目の本は角川書店より9月24日に発売予定です。定価は税別で1200円です。アマゾンでも予約販売しています。大手の本屋さんでも予約できます。ぜひ私の本を読んで、あなたやあなたの家族の目を守ってください。

f:id:fukasaku:20160901193505j:image

2016-09-05 やってはいけない目の治療。9月24日角川書店より一般書の発売

毎日、多くの難しい患者さんが日本中から殺到しています。

とくに、網膜剥離緑内障白内障糖尿病網膜症、屈折矯正(近視や老眼を治す)手術が多いのです。

何も手を付けないで来ればよいのですが、他院で既に手術を行って目をほとんど駄目にしてくる方や、本当は重症なのに何でもないとの誤診を受けた方、また自分で気づかないままで手遅れになってから来る方々が多くいます。彼らが口をそろえて言うのは、「早く深作眼科を知りたかった。」と言う嘆きです。目は身体の臓器で最も大切なものです。しかし、本当の目の治療とはどんなものかを知るようなまっとうな情報本が今までに全く無かったことです。本屋に行くと、1分で目が直るなど、ありえないインチキ本が有るだけです。しかもこんな本が売れているのだそうです。患者は救われません。現実には、まっとうな本がどこにもないことが分かりました。眼科の世界で長らく世界一を取り、今年も世界一と国際眼科学会で表彰されています。現実に、私自身でも今まで15万件もの手術をして実績で世界一ですし、内容は世界中の眼科医を教えるくらいですから当然トップで設備も日本一です。このようなトップランナーであるからこそ、医師を教育する専門書ばかりでなく、患者さんを救う為に患者自身の知識と意識を高める必要があり、この為に一般書を出す決心をしました。5月に角川書店から執筆の依頼がありましたので、5月から書き始め一気に出版となりました。この本を読むことで、必ずやあなたや家族の目は救われます。

f:id:fukasaku:20160901193505j:image

私は眼科の専門書は多く執筆してきました。しかし、一般向けの眼科本は書かなかった。しかし、多くの人を救うには一般の方達に本当の眼科医療とは何かを伝えてやらないと、人々を救うことができないと痛切に感じるようになりました。そして、この度、9月24日に角川出版から、「やってはいけない目の治療」と題した正しい眼科治療を伝える本を出版します。定価は1200円です。内容はお手軽とは言いません。噛み砕いた表現ですが、これを知らないとあなたの大事な2つしかない目が潰されるかもしれないのです。ぜひ多くの方々に読んで頂き、失明の恐怖から多くの方々が救われることを願っています。

I have written many ophthalmology technical books in both Japanese and English up to now.

However, I realize that it is more important to publish an ophthalmology book for the general public. So, this time, I have written and will publish such kind of ophthalmology general book on September 24th by Kadokawa publishing company(one of the largest publisher).

I believe this book solve many eye problems and save many people who are afflicted with eye disease or who are suffering from fear of blindness.

2016-09-04 視力を回復した方に美を提供したい。9月9日に画文集が求龍堂から出版

日々の眼科手術を続ける毎日ですが、同時にプロの画家としても活動しております。

長年描き溜めた絵画や、今まで多くの賞を受賞した絵画、さらに新しい分野に挑戦した絵画が有ります。これらを、一冊の画文集としてまとめられ、9月9日に美術専門出版社の求龍堂から出版の運びとなりました。

先日の国際美術展では市長奨励賞もいただきました。今後の芸術活動の広がりの為にも今回の画文集は大きな意味を持ちます。ぜひ皆様方がこの画文集に触れて、新しい芸術の息吹を味わっていただきたいと思います。

f:id:fukasaku:20160822160224j:image

On September 9th, my art book will be published.

I show my cover page. This picture is my oil painting of my surgeries in the operating theater.

Mainly, I painted in oil. Also, I make copperplate print, silk screen, lithograph, water color and encourstic art.

I work as two professional work, artist and eye surgeon as you know. This year I got two big awards in both Art festival and ASCRS film festival. Thank you for your encouragement.

2016-08-07 高齢化社会では最高の眼科治療が最高の生き方のカギになる。

総務省統計では65歳以上の日本での高齢者数は平成26六年度で3300万人もいます。全人口の26%で日本の高齢化率は世界一です。前年が3190万人ですので1年で110万人も増えています。つまり、すごいスピードで高齢化が進んでいます。高齢者は白内障緑内障網膜剥離加齢黄斑変性のどれか一つか複数に必ずかかります。どれも失明に繫がる病気です。今や平均寿命が90歳の時代が来つつあります。しかし、眼の寿命はずっと短く、高齢者は失明のリスクに怯えることになります。失明はご本人にはもちろん悲劇ですが、世話をしなくてはならない子供や孫の負担はますます増えてしまいます。世界一、高齢者の割合の多い高齢化社会が日本なのです。かつては、多くの生産人口で高齢者の生活費を支えました。今や生産者がどんどんいなくなり、高齢者が増えている状況です。年金問題でも話題になりますが、医療についても少数の生産人口が高齢者の健康を支えなくてはなりません。

f:id:fukasaku:20080407193727j:image

 「人間50年」と織田信長は『敦盛』で舞ったそうです。そんな昔でなくても、実際には明治以降でも第二次大戦後でも日本人の平均寿命は50歳代と短かったのです。寿命が短いうちは、目の病気で困る人は少なかったのです。高齢者が掛かる病気として代表的なものは白内障(はくないしょう)、緑内障(りょくないしょう)、網膜剥離(もうまくはくり)、加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)などがあります。どれも失明に繫がる病気です。かつてのように寿命が50歳代であった頃は、目の病気で失明する前に寿命が尽きてしまっていました。ですから、目の寿命について真剣に考えなかったと思います。ところが、近年のように平均寿命が90歳近くになると、目の寿命ははるかに短いので多くの視力障害を起こす目の問題が起きるようになりました。世間では、これらの当たり前の病気が治らないかの如く言われていますが、現在の最先端の世界的な眼科外科医のレベルであれば必ず治します。しかし、残念ながら世間には優秀な眼科外科医が極端に少ないのです。いかに、世界最先端の眼科治療の真実を知り、またその世界レベルにいる眼科外科医を探すかが、失明を防ぐ唯一の道です。

f:id:fukasaku:20140512091234j:image

 例えば、白内障は人間の眼の中のレンズに相当する水晶体の老化現象ですが、寿命は個人差があっても、せいぜい65年から70年ぐらいです。ですから誰でも高齢者になれば必ず白内障にかかるのです。白内障は眼科の手術で治るのですが、世界的に見ても優秀な眼科外科医は少ない為に、世界では白内障が失明の圧倒的第一位原因です。さらに、白内障をほっておくと水晶体が年々大きくなるために、目の中の水が流れる隅角(ぐうかく)という隙間が狭くなります。この為に水の流れの悪くなることで眼圧が上がり、緑内障となります。つまり、緑内障白内障と非常に関係が深いのです。日本では見えなくなるまで待ちましょう、などとさえ言う眼科医もいます。しかし、世界では、白内障を早く見つけ、早く手術するのが常識です。これは世界の先進国では白内障手術の成績が日本の一般レベルより比較的良いのと、白内障をほっておくと緑内障を引き起こすことが共通した認識として知られているからです。日本では、白内障で経過を見ているつもりが、緑内障にかかり、視神経が駄目になってしまっている患者さんをよく診ます。一昨年度には、緑内障治療にはまずは白内障手術が必要だ、との国際眼科学会での共通見解も出ました。ですから緑内障白内障同様に高齢者になるほどかかる病気であることを知って、腕のある眼科外科医にて、白内障手術を早期に受けるのが世界的には常識なのです。

さらに、むき出しの臓器である目は外傷などの外の力に極端に弱いのです。この為に網膜剥離は想像以上に一般的に多い病気です。10歳ごろから増えるスポーツ外傷などの網膜剥離アトピー花粉症で目を掻くことで起こる10歳代から20歳代に多い白内障網膜剥離があります。さらには、20歳代以降での強度近視や強い遠視で若くても起こる緑内障、50歳代以上なら今度は老化現象での網膜剥離が増えます。また、全ての者に起こる調節力不足による40代以降の老眼問題もあります。もっと上では、65歳以上の高齢者では必ず起こる、白内障緑内障網膜剥離加齢黄斑変性などがあります。つまり誰もが、いつかは失明する可能性のある目の病気にかかる可能性があり、それがいつかはわからないのだ、という認識が大切です。ですから、正しい眼科知識を知り優秀な眼科外科医を見つけることは、全ての方にとって非常に重要なのです。

 目をつぶって歩いてみましょうか。あちこちにぶつかってとてもじゃないが怖くてたまらないでしょう?人間の知覚は。「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」の五感覚や「温度感覚」「平行感覚」など、その他の全ての感覚を合わせても、「目から入る情報が全情報量の九割」だそうです。その大事な情報の「視覚」をまさに目の機能によるものです。他のいかなる感覚を失うよりも、人間らしい生活を行う上で、重大な損失になるのです。ですから、「目」は命の次に大事な器官であることにどなたも異論はないでしょう。

 大切な器官は、大切に守られている筈ですよね。実際に、人間らしい知能を司る、「脳」は頭蓋骨で守られているので、少々の物が頭に当たっても、脳は傷つきません。生きて行くのに最も重要な血液を全身に送る「心臓」は、肋骨で守られています。これも少々の力で胸を押しても、骨が守ってくれるので心臓が傷つくことはありません。さあ、目はどうですか?目は光を網膜というカメラのフィルム、もしくはビデオの光センサーチップのようなものに取り込みます。その光の信号を網膜で電気に変えて、その電気信号が脳に伝わります。脳は信号を過去の記憶と比較してそれが何であるかを理解します。この理解することが、物が見えるということなのです。この為に、光の信号がちゃんとセンサーである網膜に届く実用があります。つまり、光を通さなくなる骨などで前を塞ぐことはできないのです。つまり、これほど重要な「目」は誰も外力からは守ってくれない、むき出しの臓器なのです。

 この大事な「視覚」を失ったら、本人はもちろん高齢化社会を迎えた子供や孫の負担は大変なことになります。生産人口として支えるだけでも大変なのに、視覚を失った親の面倒を看ていたならばすぐに仕事も失ってしまいます。大切なのは、寿命は90歳であっても、目の寿命はもっと短くてせいぜい70歳ほどであることを認識することが大切です。車と同じです。しっかりとしたメンテナンスと悪い場所を治す事です。特に、白内障緑内障網膜剥離加齢黄斑変性の四大失明疾患をちゃんと早期診断早期治療をすることで失明を防ぐことが大切です。