Hatena::ブログ(Diary)

フカショウのよもやま話

2015-01-21

長期金利が0.1%台にまで下落。住宅ローンは今がチャンス

長期金利がすごいことになっていますね。
日本の10年債利回りはついに0.1%台にまで下落しています。

ここまで金利が下がることを1年前に予想できていた人はほとんどいなかったのではないかと思います。

これを受けて定期預金や個人向け国債などの安全運用商品は軒並み利回りダウンで投資価値がありませんが、逆に出てきているのが「ローン」

おそらく来月(2014年2月)は住宅ローン金利はさらに下がることとと予想されます。フラット35なら1.5%台という超低金利で35年ローンを組めるというのはそれだけ安く借金できるということ。
参考:2015年1月の住宅ローン金利ランキング

住宅の購入を検討している人にとっては大チャンスといえます。すでにローンを組んでいる人は借り換えも検討するべきチャンスです。

まあ、物件候補もないと言う方が金利だけで物件を決めるというのはあまり良い決断ではないと思いますけどね。

2014-11-25

危険ドラッグの販売店をハーブ店と呼ぶのは即刻やめるべき

最近、報道されることが多い、危険ドラッグ(脱法ハーブ)に関する店の経営者が逮捕されたというもの。

この時、多くのマスメディアは「ハーブ店」経営の××が逮捕といった書き方をしています。

・危険ドラッグを販売容疑=ハーブ店経営の男逮捕—北海道警
・危険ドラッグ販売容疑、加古川のハーブ店経営者ら2人逮捕 兵庫県警
・家族で危険ドラッグ製造容疑 ハーブ店経営者ら逮捕

まあ、上のような感じです。
危険ドラッグの販売なんだから「危険ドラッグ販売店」じゃダメなの?なぜわざわざハーブ店って書くのかね。

実際問題として、いわゆる普通のハーブを販売しているお店や、ハーブを栽培している人に対して大きな迷惑なんですよね。

参考
脱法ハーブ(危険ドラッグ)とハーブティーの違い

2014-09-19

秋のキャンプと燻製

今週のお題「秋の気配」

朝や夜に外を出歩くと秋のニオイがすると思うのですが、周りの人からはあまり分かってもらえません…。

さて、行楽の秋といことで今週末は熊本の八代の方にキャンプに行きます。
久しぶりのキャンプなのですが、どうやら天候が結構怪しい模様なので、ちょっと気になります。

いちおう、燻製をしようと思っていて、「ベーコンの燻製」の準備はほぼ出来上がっています。

あとは、ダッチオーブンでなにか料理(鍋とかかな)と考えています。

山のキャンプだともうこの時期は秋の気配というよりも、若干冬よりの秋に近いので防寒対策もしっかりしていきます。

2014-09-18

書くこと、アウトプットは勉強になる

今週のお題「書くこと」

このブログもそうですけど、書くことは色々と勉強になります。
ネットで見たり、本を読んだりして得た知識や、ふーんと思ったことについてはなるべく文章としてアウトプットするようにしています。

本を読んで理解したつもりでもいざアウトプットしようとすると言葉に詰まることも多いですが、それはやっぱり理解が足りなかったということなのでしょう。

本やサイトなどをもう一度読み直して整理すると、もっと知識が深まったような気がしています。

これからもアウトプットは続けていこうと思っています。

投資や保険などで頼れるのは自分だけという現実

お金の運用や保険などは基本的に取引相手との間で利益相反が生まれやすいと考えられます。

・証券会社・銀行
株や投信の売買で手数料稼ぎができる。手数料の高い投信を売ろうとするとし、すぐに乗り換えを提案するインセンティブがある。
コストの低い(利幅の低い)インデックスファンドなどは売らずに、コストの高いアクティブファンドを売ろうとする。

・保険会社・保険ショップ(代理店)・FP
保険の販売がコミッションとして収入になるので、できるだけたくさんの保険に入ってもらおうとする。
基本的に「保険は損をする」という商品性があるため、必要最低限の保険に入るのが好ましいはずだが、自分の手数料のためには沢山の保険に入ってもらう必要があるので、リスクを過大に述べ不安を煽り、大型の保険に入ってもらうインセンティブがある。


こんな感じです。「資産運用の相談相手に金融機関・FPを選んではいけない」などにも書かれている通り、基本的に銀行や証券会社、保険会社の営業マンのいうことに従うのは本当に正しいかわかりません。


そうなってくると頼れるのは自分だけというのが現実です。
自分ではわからないから相談するという選択をしているのに、それが間違いだというのであれば、お金のことに関しては「自分自身で知識を得る」というのが最も近道ということになりそうです。

2014-06-25

年収600万円以上を望む婚活女子は高望みなのか?

結論からいうと高望みになるようです。

参考:婚活をしても結婚できない年収ギャップとは?

独身女性の33.4%が年収600万円超を望む
独身男性の5.7%がそれを達成している

全体のパイ(人数)がはっきりしているわけではないので、確実なことが言えるわけではないのですが、年収600万円を超える男性に対してそれを望む女性の数が多すぎるということは間違いないようです。

じゃあ、どうすりゃいいの?
参考元の記事では年収を下げて共働き、もしくは相手の年齢を妥協しろと書いているわけですが、首を縦に振る女性は少ないのではないでしょうか?


一方の男性側も経済的にゆとりがないということを結婚しない理由に挙げているというわけです。

こうしたギャップを埋めることができるのかどうかははたしてわかりません。個人的には多分無理なんじゃないかなと思っています。

ってか、結婚しなくてもいいと考える男性も多く、私の周りにも30代後半ですが結婚自体検討していないという人も多いみたいですからねぇ。

お互いが妥協することろは妥協するという姿勢にならないと厳しいんでしょうか。

Connection: close