フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2004-05-30

[]PAC-LAND

先日あんな写真を撮った影響で、久々にLYNXを出したんで、なんか新しいソフトが欲しいなぁ、と思い、買ってみました。海外版「PAC-LAND for LYNX」。ちょっと音楽が音痴ですが、なかなか言イイ出来ですなコレ。細かい違いまでは分からないけど、エッセンスはしっかりアーケード版パックランドしてます。楽しいです。

LYNXは他にも欲しいソフトがいくつかあるんですよねー。日本発売が発表されたときにものすごくうらやましかった「ブルーライトニング」とか、とにかく面白いらしい「カリフォルニア ゲームズ」とか、定番ですが海外版の「Hard Drivin'」「S.T.U.N. RUNNER」もやってみたい。あとネタではやっぱり「Paper Boy」もいいなぁ。海外から個人輸入できないかしら?

[]アウトラン(SEGA AGES 2500)

オリジナル版とのギャップは覚悟しつつ、買ってみました。このシリーズにはいろいろ不満がありつつも、結局付き合っちゃうのがダメなゲーマーですなぁ。

で、今作。個人的には「思ったよりいいじゃん」という印象です。あの戦慄を覚えた開発中画面を考えると、良くここまでクオリティをあげられたなと思います(ある意味、あのまま出して伝説を作って欲しかった気もしますが)。細かいところを見るとやはりオリジナルには及ばないのでしょうけど、まぁ、わりとイメージを保ったままうまくアレンジできてるんじゃないかなーと思いました。BGMもオリジナル版が選べるし、効果音もオリジナルをそのままもってきたのが正解だったかも。こういうところでイメージってガラッと変わるんですよね。

不満といえば、自車のデザインがヘボいのが最大の欠点かな。ついでにセンスのかけらも感じられない意味不明な環境マッピングも。やっぱりアウトランはテスタロッサでないと…とは思いますが、まぁこれは仕方がないかなぁ。けど、それ以上に自車の表示がでかすぎて、上り坂で前方が完全にブラインドになってしまうのはどうかと思います。瞬間的とはいえ敵車全然見えないのはもはやゲームになってませんよ。こればっかりはゲームの内容に大きく響く要素なので、ちゃんと調整して欲しかったところ。

新しい「大陸横断モード」のステージ構成を見て、アウトランというよりは「ラッドモビール」を思い出したのは私だけでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040530

2004-05-22

[]携帯電話買い替え

先日、携帯電話をmova N504iからFOMA N900iに買い換えました。こんな話をこの日記に書くのはもちろん、私にとって携帯電話はある意味ゲームマシンとしての用途が強いからです。というわけで、最新のiアプリゲームが出来るようになったので、感想など。

[]ニューラリーX

私は幼少の頃から本当にラリーXというゲームが好きで、多分人生のベストゲームだと思っております。3年前に初めて携帯電話(N503i)を買ったのも「携帯ラリーXが出来るから」という理由が強かったからだったりするのです。

が、当時のJavaアプリの処理性能は貧弱で、せっかくのラリーXも動作が遅すぎてとても遊べるものではありませんでした。翌年にN504iに買い換えましたが、それでもほとんど改善はありませんでした。

で、今回のN900i、いやー、ようやっとまともな速度で動くようになりましたよ。これだけ動けば充分遊べます。N503iから3年、感激ですね。

と、こうなると今度はスクロールが半キャラ単位なのが気になってしまうところが、人間というのは贅沢なもんですなと思います(自分のことだろうが)。900iのパフォーマンスにあわせてリファインしたバージョン作ってくれないかなぁ…。

[]悪魔城ドラキュラ

というわけで、お次は「このために900iにしたんだよ」といわんばかりの悪魔城ドラキュラ for 900i。まぁ、なにはさておき、一周クリアしてみました。

とにかく驚いたのはグラフィックの高精彩なこと。液晶のピクセルが細かいせいもあるのでしょうけど、とにかく緻密な感じがしました。デザインのテイストはX68k版に近い感じですね。

ゲーム内容は基本的にファミコン版を踏襲していますが、微妙にマップ構成が変わっていたり、演出的に省かれている部分なんかもあります。難易度は、携帯電話の操作性を考えてか、あるいは小ステージ単位でコンティニューできるせいか、ファミコン版に比べるとかなり低くなっているようです。携帯電話で遊べるレベルとしては充分な出来だとは思いましたが、細かいところでまだまだ調整不足な点があるのも正直なところですね。

たとえばラストステージのドラキュラだと、主人公はタイミングを合わせて前方にジャンプしつつ伯爵の頭を攻撃するわけですが、この「前方にジャンプ」の跳躍力がありすぎて、かなりの広い間合いを取っていないと、着地点でドラキュラ本体につっこんじゃうのです。かといって充分な間合いをとると今度はドラキュラがスクロールアウトして見えなくなる、とか。こうなると完全に予測しながら攻撃をしかけなきゃならないので、なかなかしんどいです。そのほかにも階段を上ってスクロールさせたその場に背むし男がいたりして回避できなかったり、とまぁ些細ではありますが、ちゃんとしたゲームを求めると厳しいところもあります。

最大のネックは操作系でしょうか。電話ボタンに快適な操作性を求めること自体間違ってるのでしょうけど、それでもちょっと首をひねりたくなるようなボタンアサインになってます。中でも厳しいのは十字キーの上でジャンプするようになっている点。…ストロークの短いタクトスイッチのせいか、振り返ったときについつい押してしまうことがあり、前述の跳躍力の効果もあって、敵に特攻すること多数。ジャンプボタンは別にも用意されているのだから必要ないのでは?という気もしました(多分片手プレイを考慮したんでしょうねぇ)。その他、攻撃、ジャンプ、サブウエポンのボタン配置も妙にバラバラで、せめて自分でカスタマイズできればなぁ、なんて思ってしまいました。

ともあれ、携帯電話ゲームとしてはかなりいい出来だと思います。実際楽しかったです。

[]電車でGO!3D

携帯電話の3D表示なんてたいしたことないだろ、と思っていたのですが、これ…なかなかすごいです。オブジェクトの数とかを比較するとPSとまではいかないですが、間違いなくセガサターン版は越えてます(てか、あのサターン版では比較にならないか…)。

というわけで、すごい…にはすごいんですが、起動時間かかりすぎです。ゲーム開始まで何分待たすねん!って感じ。駅間でも待ちが入るところもあるし。そもそも携帯ゲームって待ち時間の暇つぶし目的でプレイされることが多いと思うんですが、その暇つぶしのために待たされるというのは本末転倒な話ですなぁ。

まぁ、3Dにチャレンジしたその心意気は認めたいと思います。

ますたぁますたぁ 2004/05/23 22:16 ここはやっぱり、iアプリ自作ですね。:-)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040522

2004-05-17

[]PSPとDS

というわけでE3も終わり、情報もだいぶ落ち着いてきた感のある両ハードですが、私の感想としては

という、誰でも思いつきそうなところに行き着きました。まぁ、発表されたハードスペックだけではどっちがすごいともどっちが売れそうだともいえないですな。

PSPソニーらしくメディアプレイヤー的な側面を押し出してきました。そこで気になるのが「独自のメディアを採用」してきたところです。つまり、現状世にあふれている映像/音楽メディアとは互換性がないというわけで、よっぽど充実したコンテンツラインナップがないと、この方向性は失敗するのではないかと思います。さらに、冷静に考えてみると、外出先に持ち歩いてまで見たいコンテンツって何?映画?PV?そう考えると、「そこまでして見なくても…」と思えてきたりするもので、これが意外と必要なかったりするものです。あるいは自分でコンテンツを作れる(記録できる)しくみがあれば、ウケるかもしれません。私は「DVDウォークマン」なんてマニアックなシロモノを持っていますが、市販のDVDソフトを見るだけだったら、正直ほとんど使い道のないものですが、これをたとえばDVDレコーダと組み合わせると、俄然使い道が増えます。通勤中でドラマの一本も鑑賞できますからね。

それと気になるのが、ディスクメディアを採用してきた点。Spin Upして読み込みが始まってデータがメモリに展開されて…起動までどのぐらい短時間で出来るかって、こと携帯ガジェットには重要なファクターだと思います。起動だけではありません。電源切るときもすぐ切れるかどうかってのも。ホームの待ち時間とか電車の中でのちょっとした暇つぶし、なんてユースケースを考えると、実はとても重要だと思うのです。携帯Javaアプリなんかも妙に起動の遅いものがあったりすると、それだけで1,2駅過ぎちゃったりしますもんねぇ。これに対する回答をSCEがどのように見せるのか、気になるところではあります。

かつてのPCエンジンのコア構想以来、汎用性、拡張性を考えたゲームハード構想はいまだ胸を張って成功したといえるものがありません。「ホームネットワークの中核に!」と鳴り物入りで発表したPS2も、結局オンラインゲームの端末程度にしかなりませんでした。PSPで描いた未来がどの程度実現するのか、見ものです。

一方でDSは非常にチャレンジングなハードです。一見飛び道具的なハード構成になっている一方で、新しい使い方楽しみ方を提案するという面では非常に面白そうではあります。が、やはりそのネックは、そのハードをうまく使った魅力あるソフトが出せるか否か、にかかってくるんですよね。

その昔、SFCを出した任天堂は、単なる演出の道具と思われた回転拡大縮小をレースゲームのコースマップにすることで、レースゲームという手垢のついたジャンルに新たな可能性を示しました。それと同じように、多分本家はそれなりのソフトを用意してくるでしょう。それをお手本にして、サードパーティがさらに発展した使い方を提案してくる…ような展開に出来ればいいんでしょうけど、今発表されているソフトラインナップを見るかぎり、なんかどっかで見たようなタイトルばかりなのが気になります。どうも、ゲームボーイの枠組みから脱却できてないのがありありと見えて、正直心配でなりません。

そう思えば「GBAとの互換性」という逃げ道を残した任天堂はある意味正解だったのかもしれませんが、それによって自らが提案する「新たな遊びの創造」の色を、自らの手で薄めてしまっているこの矛盾に対してどういった回答を見せてくれるか、それもまた見ものであるといえるわけです。

まぁ、結局何がいいたいかといえば、

「俺は両方買うよ」

ってことなんですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040517

2004-05-12

[]新機種続々発表

E3目前の今日、奇しくも任天堂SCEから同時に新携帯ゲーム機の発表があったわけですが、当日記編集部では独自のルートでこれらの機種の最新画像を入手しましたので、これを堂々独占公開いたします(下のリンククリックしてね!)。

■ニンテンドウDS

PSP

…ごめんなさいもうしませんゆるしてください。

[]逆転裁判3

始めました。くそー、おもしろいぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040512

2004-05-09

[]連休終了

間に出勤日を1日挟んだ連休も無事終了。ということで、休み中にやったゲームタイトルを並べてみました。

番長い時間を費やしたのはピクミン2ですな。でも、まだクリアまで残り4割弱。時間があったので、このところしまいっぱなしのAC基板を出してきて遊んでみたりしました。たまには棚卸しないと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040509

2004-05-02

[]ピクミン2

前作も結構はまったクチですが、今回のもおもしろいですねぇ。グラフィックも、操作感も、すべてが心地よく感じます。大勢のピクミンを「ピピーッ」と集めて、スティック操作で「♪パッパラッパパー」と隊列組んで、敵を囲み込んでボコボコ殴る。んー気持ちいい。ゲームのプリミティブな部分での快感というか面白さというか、なんかゲーマー本能に響くものがあると思います(チト大げさか)。うっかりすると、連休中はこのままピクミンと過ごすだけになりかねないので、気をつけねば。

前作に比べると日数制限がなくなったので、「今日は宝物を捜しに行く日」「今日はピクミンを増やす日」「今日は道を開く日」なんて、まったりプレイできるようになりましたね。ただその分、事前に行動計画立てて戦略的にピクミンを操るようなプレイ感覚が薄れたので、それはそれでメリハリのないプレイになりがちかも。

年をとったせいか最近虫系にめっぽう弱くなったので、昆虫的な敵キャラのデザインは個人的には結構くるものがあります…( ´Д`)キモイヨー。とはいえ、そのキモさもこのゲームの味ですよね。グラフィックのセンスも手伝って、いっそう箱庭(というか本当の家の庭)感が強くなったと思います。宝物のセンスもいい!本当に任天堂ゲームを作るのがうまいなぁ、と思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20040502