フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2005-01-30

[]OutRun2

宅配便をようやっと受け取れたので遅ればせながらプレイ。個人的には発売を首を長くして待っていたゲームでした。うちのXBoxはこのゲームのためにあった、と言ってもいいぐらい。

前作とはかなり趣の違ったドリフトドリドリなゲームになってしまいましたが、綺麗な景色の中、高級車の助手席に美女を乗せて、ありえないスピードで駆け抜けていく爽快感、純粋にゲームとしての面白さはアウトランしてるなぁ、と思います。それでも前作はクリアしようと思うとミスが許されないため、それなりにけっこうストイックだったように思うのですが、今回はそれに比べるとだいぶマイルドな気がして、面白さを満喫する敷居がだいぶ低くなったのではないかと。それもまたよし。

エジプトステージのピラミッドの大きさに感動。XBoxのグラフィックってやっぱすごいなー、と再認識しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050130

2005-01-27

[]ぷよぷよフィーバー

結局この1ヶ月、通勤電車の中ではひたすらコレをやってました。今だ5連鎖が精一杯ですが…コンティニューさえすればわくわくコースはクリアできるようにはなりました。フィーバーモードを狙うなら、相殺出来るタイミングをはかって連鎖しなきゃいけないことがようやっと分かってきました。分かっちゃいるけど…コレが出来ない。

それにしても、CPUキャラっていちいちムカつきますなぁ。特にケロケーロ、勉強小僧、フンガーあたり。

[]キャッチ! タッチ! ヨッシー!

そもそも、DSPSPも本体発売後に食指の動くソフトがなかなか出ないんだヨ!と思いつつ、酔った勢いで買ってみましたこのゲームCMの加藤ローサたん萌え

ようやっと、2画面でタッチパネルである必然性のあるゲームが出たって感じです。書いたものがキャラクター(雲とかシャボン玉とか)になるってのは確かに新鮮な感覚。けど、見た目のライトな感じに比べて、ゲーム自体はテキパキとすばやくいろいろなものと書いていかないといけないので、結構大変な印象をうけました。

面クリア型の普通のアクションと思いきや…ゴールするとそこで終了ってシステムは賛否両論ありそうな雰囲気ですな。最近めっきり集中力が無くなったおじさんゲーマーな私にとっては、1プレイ時間が短いこういうシステムはむしろ歓迎。電車の中の短い時間でもさくっとプレイできそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050127

2005-01-25

[]機動戦士ガンダム ガンダム VS Zガンダム

クラブニンテンドーの「シャア専用ウェーブバードプレゼントキャンペーン」が今週で終わってしまう前に、ということで購入しました(動機不純)。いや、最近CSで再放送されているZガンダムを見て勉強している(id:fukutake2:20041225)ので、ちょっとガンダムづいているのです。

「連邦 VS ジオン」と「エゥーゴ VS ティターンズ」の集大成ですね。といっても、ステージ構成とか音楽とか効果音とかは基本的にZガンダムがモチーフになっているようで、どちらかというと「連邦 VS ジオン」のモビルスーツもつかえるようになった「エゥーゴ VS ティターンズ」みたいな感じなんでしょうか。ファーストガンダム派な私としては「もう少しファーストの方にも気を遣ってあげてよ」とも思ったんですが、ともあれ原作アニメの雰囲気はこれでもかというぐらい漂っているのでナイスです。「連ジ」のときも思いましたが、モビルスーツごとに違った効果音をちゃんと用意してたしりて、製作陣のかなりこだわりを感じます。こういうのはファンとしても嬉しい限り。

宇宙世紀モードもちょこっとやってみましたが…これはZガンダムを一通り見てからプレイした方が良さそうですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050125

2005-01-23

メクマンってどういう意味?

[]千葉レトロゲーム紀行

先日放送されたCS番組ゲームセンターCX」の中で紹介されていた松戸のゲームセンター「メクマン」に行ってきました。放送見るまで知らなかったんですが、その筋では結構有名なレゲーセンのようですね。貴重なゲームマシンの数々に、私も興奮しっぱなしでした。しかもレトロゲームは軒並み10円、20円、50円という駄菓子屋価格。すばらしい。でもメンテが行き届いてなくて、画面がおかしい、音が出ない、コントローラが壊れてる、なんて機械のオンパレード。もう少しお金とってもいいから、ちゃんとメンテしてよーと思うことしきりでした。そうでなくても貴重なタイトルが盛りだくさんなのに。

というわけで、個々のゲームの印象など。

  • ディフェンダー(ウィリアムズ/タイトー)、ファンタジー(新日本企画)の純正アップライト筐体:すごい!こんな貴重なものが今だ現役で稼動しているとは!この時期(70年後半〜80年前半)のアップライト筐体って、ゲームごとにデザインされたパネルが綺麗で、すごく印象的なんですよね。私のアーケードゲームの原体験もこの時期のアップライト筐体の影響がものすごく強いので、こういうのを見てるだけでもうタマランのですよ。ヨダレモノ、ジュルリ。「ディフェンダー」「ファンタジー」ともゲーム自体に触れるのは実は初めてなんですが、いかにも時代を感じさせるゲームデザインがまたそそります。これだけでごはん3杯はいけますヨ!
  • 005(セガ):で、そのVivo筺体に入っていた「005」。「アタッシュケースを2個取ると空中戦面に」という説明があったのですが…2個とった瞬間青いバグバグ画面に変わってアレー?また通常ステージに戻っちゃった。良く見るとスコアも0点に戻ってるし…これ壊れてるよ。しかもタイトル画面に戻ったらクレジットの数がなんと「61」に!!ただゲーやり放題じゃないですか。もっとも、まともにゲームできませんけど。ゲーム自体はガードマンに見つからないように盗みを働く、という感じで、倉庫面なんかメタルギアソリッド感満点。つかまるとついつい「スネーク?スネェェェェーク!」などと叫びたく…なりません。
  • デンジャーゾーン(セガ):タイトルだけは聞いたことあったセガシューティングゲーム。照準を動かす代わりに筺体を画面ごと動かすという斬新な操作系。おもしろいです。でもたまに接触不良で画面が乱れます。「しまった!敵のジャミングか?」などと言いながらプレイすると楽しさ倍増(?)
  • ペンゴ(セガ):実はこのゲームは基板を持っているので、多少腕に覚えはあります。最近じゃとんと見かけなくなったテーブル筺体で久々にプレイ。ダイヤモンドブロック3回(壁沿いは無し)をそろえたり、一応10面までは行ったりと、そこそこ腕は衰えていない模様。
  • クレイチャンプ(ナムコ);昔はどこのゲーセンにもあったスクリーン投影式クレイ射撃のゲーム。もっぱら有名なのは「シュータウェイ」の方だと思いますが、これはその小型版。…でもこれ、クレイの動き早すぎて全然当たらないんですけど…。

2005-01-18

[]テクモ ヒットパレード 禿しく同意

Impress GAME Watchで激しく叩かれてますねぇー。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050117/thp.htm

以前の私の記事(id:fukutake:20041125)とほとんど同じ点を指摘してるので、この記事には大変共感しました。みんな同じこと考えてるのねー。

スターフォースの難易度についてはid:fukutake:20041127で私も指摘しているので、投書してみました。

[]ニューラリーX

最近のうちのPSPはすっかりニューラリーX専用機になっております。やればやるほどレッドカーのアルゴリズムが全然違うことに気づいてくるのですが、(・3・)<ブーブー 言いながらもついついやってしまいます。これはこれで新しいバージョンなんだ、と思うと新鮮に思えたりして。で、違うなぁ、と思った点あれこれ。

  • 一本道でレッドカーが方向転換してくる
  • 基本的にマイカーを追っかけるはずなのに、マイカー無視して迷走するレッドカーが多い気がする。こっちに来るか?と思いきや華麗にスルーされたり、気がつくと迷走したレッドカーに先回りされてることが多々あり。
  • 多分、レッドカーのスピードが全体的に速い。画面外のレッドカーも速い。

てな感じ。おかげで全体的に難易度上がってますね。四隅でうっかり囲まれてしまうことが多い気がするので、フラッグを取りに行く順番の作戦を変えていかないと、どうもうまくいきません。

あと、ゲーム進行には関係ないですが、チャレンジングステージ永久パターンができるバグ技も使えませんでした。使うメリットは全くないですけど、ちょっとだけ残念。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050118

2005-01-15

[]Ridge Racer DS

http://www.namco.com/games/ridgeracer/

iPodシャホー買えなかった腹いせに買ってきました。海外のみで売られているDSリッジレーサー

画面写真を見て気づく人も多いと思いますが、メニューとかの画面構成は違うものの、内容自体は基本的に同じく海外のみで売られていた「Ridge Racer 64」のベタ移植のようです。64版のときからゲーム自体は結構まっとうな作りをしていたんですが、いかんせん画面とか車のデザイン、特にテクスチャが安っぽくておもちゃみたいなんですよね。もっときちっとデザインして見栄えさえよくすれば、そこそこ日本でも通用するものになると思うんですが…。とはいっても解像度は低いし30fpsなので、感じとしてはPS版の「リッジレーサーレボリューション」とかその辺と比較勝負になる程度。PSPであれだけすごいリッジレーサーを出されてちゃっている以上、DSでリッジをやる必然性はない気がします。ある意味日本では発売しなくて正解かと。

DS版といえば気になるのは操作方法。タッチパネルにでかでかとハンドルが表示され、それを回すことでステアリング操作が出来ます。「きみのためなら死ねる」でも似たようなミニゲームがあって結構うまく出来たんで「意外といけるかも」と思ったんですが…やっぱダメだこれ。下画面みないと切れ角が分からないので、必然的に2画面を同時に見なきゃいけないし、ニュートラル位置にすばやくぴたっと戻せないのでどうしても蛇行気味になってしまいます。アイデアだけでとりあえず作ってみました的な感じじゃないんでしょうか?それでも慣れればなんとかなるのかもしれませんが、そこまでやる気にもならず。

あ、でもちゃんと十字キーでもプレイできる(っていうかデフォルトはむしろそっち)なので、タッチパネルを使わなきゃいけない、というわけではないのでご安心を。いろいろ書きましたが、PSPリッジレーサーズもクリアしちゃったし、新しいリッジとして暇つぶしに遊ぶレースゲームとしては充分な出来だと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050115

2005-01-13

[]ぷよぷよフィーバー

ついに「ひとりでぷよぷよ」の「わくわくコース」をクリアしました!父ちゃん、俺、やれば出来るんだね!

けどまだ自力で5連鎖以上が組めません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050113

2005-01-10

[]ナムコミュージアム(仮称)

http://www.rakuten.co.jp/edigi-game/557634/571154/

70〜80年代ナムコゲームは三度のメシより大好きですし、ラリーXを「人生最高のゲーム」と公言してはばからない私ですが…

…いくらなんでもいまさらこのラインナップは無いと思います。ニューラリーXなんてリッジレーサーズにいれたばっかりじゃねーかよ!

なんとなくですが、ゲームボーイナムコミュージアムみたいに海外の開発陣が中途半端な再現度で移植したゲームの詰め合わせ、みたいになる悪寒がします。

[]ニューラリーX

で、その「リッジレーサーズ」のおまけ版ニューラリーXですが、やっぱりなんとなくレッドカーのアルゴリズムが違うような気がします。体に染み付いたプレイスタイルでやってると思いがけないところでミスしちゃったりして、どうもしっくりこないです。

まぁ所詮おまけゲームだし、多くを望む方が間違ってる気がしますけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050110

2005-01-06

[]ぷよぷよフィーバー

会社のゲーム仲間の人が最近ぷよぷよにハマっているという話を聞いて、衝動的に買ってしまいました。このゲームに関しては2画面もタッチパネルも必要ない(一応パネルでも操作はできますが…必然性ないし)から、画面の綺麗なPSP版にしようかなー、とも思ったんですが、最終的には「カートリッジ1本で8人まで通信対戦が出来る」というのに惹かれてNDS版にしちゃいました。こういうところに手が届くのは任天堂ですね。伊達にゲームボーイからのノウハウを持ってないなぁ、と関心します。

ぷよぷよ」というゲーム自体はいくつか持ってましたが、真正面にこのゲームに向かい合うのはこれが初めてな気がします。で…いまさらながらにハマっております。毎日の通勤電車の中でひたすらぷよ。昨日布団に入って目を閉じたら、頭の中にぷよが降ってきました(マジ)。でも、所詮へっぽこプレイヤーなので狙って出来るのは4連鎖が精一杯(たまに偶然5連鎖に)。何度やってもアルルに瞬殺されます…。ばたんきゅー。

そこにきて今回から導入された「フィーバー」っていうシステム、ぬるゲーマーには実にありがたいシステムですね。ぷよぷよってなんだかんだいって、連鎖を繋げて相手に次々と攻撃をたたみかけるのが最大の醍醐味だと思うんですが、ある程度の達人にならないとその本当の醍醐味が味わえない。私もそれで挫折したんですが、フィーバーシステムのおかげで、そんな私にも割と簡単に何連鎖も繋げる気持ち良さが味わえるようになりました。アイデアの元はパチンコとかパチスロでしょうか?シリーズが進むにつれマニアック路線を突き進んできたこのゲームの門戸をもう一度広げたい、そんな欲求に対する一つの回答なんでしょうね。考えた人エラい!神!

ただ、古くからのファンには逆にあまり評判良くないとも聞きます。もっとも、そういう人は自在に連鎖が組めるんでしょうから、もうフィーバーとか関係ない世界なんでしょうね。

[]ルミネス 音と光の電飾パズル

一方、PSPでプレイしているのはこちら。こちらはルールが簡単なので、あんまり深く考えなくてもひたすらだらだらとプレイ出来るのがいいですね。ヘッドフォンでプレイしてるとどんどん気持ちよくなってくるし。落とすタイミングと実際にブロックが消えるタイミングが違うので今までの落ちモノに慣れてるとちょっと戸惑う気がします。このタイムラグのコントロールによってもゲーム展開をいろいろ変化させられそうなんですけど…イマイチよく分かってません。市松模様のブロックの組み方が分かると長続きする気がします。

チャレンジモードは毎回同じ順番でしかスキンが出てこないのがちょっと不満ですね。ランダムで出来るモードもあればいいのになぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050106

2005-01-03

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20050103