フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2006-06-27

[]-どこでもいっしょ- レッツ学校! あー夏休み

このゲーム、学校生活を元にしたゲームシステムってのは実に秀逸だなぁ、と思いました。4月から、5、6、7月とプレイして、ややマンネリになりつつある時期に「夏休み」というアクセントが来るわけですよ。

で、この夏休みの内容が、むちゃくちゃ面白かったです。楽しすぎて本当に「夏休みが終わってしまうのが惜しい」と感じてしまいました。作者の術中にハマってる感じ爆発。

というわけで、我が「ドリフ学園」は2学期に突入しました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060627

2006-06-17

[]怪盗ルソー

脳を(略)」の成功で、DSタッチパネルの使い道が「文字入力」の方向に発展していく中、かたくなに「絵を描く」ゲームを追及していくナムコの姿勢は割りと好きです。「パックピクス」とか。

このゲーム、メインフィーチャーであるところの「お絵かき変装」が注目されますが、内容はわりとオーソドックステキストアドベンチャーですね。場所移動して、行く先々で話を聞いたりアイテムを集めたりしつつ進めていく、みたいな。話数+章立てな構成は、なんとなく「逆転裁判」を彷彿とさせます。

オーソドックス、とはいえ、その見せ方が面白いのです。新しいコマが次々と上画面に送られていくスタイルはかなり新鮮に思えました。まさにマンガをパラパラとめくっていく感じ。しかも重要なシーンでは2段ぶち抜きコマするのもいい。コマの中でもキャラが結構ダイナミックな動きをしたり、擬音の文字が出たり、まさにデジタルマンガ。本を読み進める感覚でゲームが進んで行きます。

逆に言うと、プレイスタイルの大部分が「受身的」なので、アクティブゲーム展開を期待してると、ちょっと物足りないかもです(先日書いた「-どこでもいっしょ- レッツ学校!」も同じような感じですな)。

というわけで、内容はさておき、誰もが考えそうなことをやってしまいました。

f:id:fukutake:20060617154209j:image

f:id:fukutake:20060617154250j:image

スプーだぁ!

f:id:fukutake:20060617154337j:image

f:id:fukutake:20060617154403j:image

よかったぁ、描けて。

…しょうこおねえさんごめんなさい。

[]安直な企画にドロップキック

一方で、何にでも「右脳の達人」と付けりゃいいと思ってるナムコの姿勢はキライです。「ガンバれっトレーナー」に続いて次は「マイエンジェル」かよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060617

2006-06-15

[]-どこでもいっしょ- レッツ学校!

買ってきました。PSの初代「どこでもいっしょ」、「こねこもいっしょ」、PSP版「どこでもいっしょ」と3作プレイしてきて正直飽きた感もありましたが、今回はネット連携があるとのことで、ちょっと興味が出てきて買ってみました。

で、今作。前作まで同様「ひたすら言葉を入力して、人工無能的な言葉の組み合わせ遊びで笑うだけでしょ?」と思っていたら、大間違いでした。前作までの基本エッセンスを保ちつつ、単調なプレイスタイルにならないように、よく考えられたゲームデザインになっている気がしました。

私がこれまでの作品をプレイしてきて、思ったのは以下の2点でした。

  1. 基本的に言葉を教えてその反応を見るだけなので、単調でメリハリのない内容。そのうちめんどく;さくなって、言葉を教える手間を惜しむと、することがなくなってしまう。
  2. 教える言葉が思いつかないと何もできない。自分で思いついた言葉を教えるしかないので、ネタが偏り気味。

前者については、今作は舞台を学校にすることで「授業」という単位プレイが区切られるので、メリハリが出ます。また、5人のポケピを相手にするので、ポケピ同士の掛け合いを眺めたり、会話の中で自分(先生)に話題を振られることも多く、モチベーションも上がります。

後者については…ここでネット連携ですよ。ネットから話題の単語が配信だせるので、ネタには困りません。あとはそれをどう覚えさせるか、そこがプレイヤーの腕の見せ所になるわけです。覚えさせる言葉が多ければ多いほど面白みがあがるゲームですから、この方法は「考えたなぁ」と感心することしきりです。

あと、授業で扱う内容が…割と本気でためになる内容だったりするのもグッドですな。「昔の日本の暦による月の名前」とか、確かになんとなく知ってたけど、ちゃんと勉強するのは初めてって感じの内容。部活の内容も気が効いてます。「漢字部」なんか、ちょっと読みにくい漢字が出題されつつ、その用法用例まで(変な例ですが)まで解説されるので、正直先日の「漢字の渡り鳥」よりは勉強になる気がします。

PSP版「どこでもいっしょ」から、学習データが引き継げる、というのも地味ながらポイントが高いです。以前に覚えさせたデータはもう覚えた状態になるので、手間が省けます…っていうか、久しぶりに「覚えさせた単語」を見たら…よくもまぁこんなくだらない単語ばかり覚えさせたなぁと、むしろ自分のセンスに飽きれっぱなし。

いやホント、よく出来てるわ。「前作まででもう飽きた」という人にも、是非もう一度チャレンジして欲しい一本です。

[]-どこでもいっしょ- レッツ学校! RSSでおもすれー

というわけで、RSSでニュース授業連動できるので、ためしにこのブログのRSSを登録してみたら…

できた!

ウッハー!お友達のブログとか登録しちゃったりしようかしらん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060615

2006-06-12

[]漢字の渡り鳥

どうみてもネタ先行なゲームのかほりがプンプンですが、買ってみました。近頃はやりのエデュテイメント系ゲームとしてもそこそこ興味があったのです。

予想通り、ネタゲーですね。まさに期待通りの小林旭調。「♪だひなまひとがよほ〜」なネタが出てきたときには大笑いしました。

でもゲームとしては…びっくりするほどあっさり終わってしまいました。正味プレイ時間30分ぐらい。まぁ、クリアすることが目的でない、繰り返しプレイして勉強するゲーム的なスタンスが強いのかと思いますが、といっても、そもそもプレイヤーの答えに対して正誤判定判しかされず、間違えても問題へのフォローは一切なしなので、お勉強ソフト的な意味合いはほとんど感じられません。分からなかったら自分で勉強しなさい、と。それじゃあ、あんましゲームでやる意味もないよなぁという感じです。

なんか、雰囲気作りとか題材には惹かれるものがあっただけに、とても残念な気分です。

[]クラブニンテンドーアンケート

なんだか項目が増えて、しかも記入を強制される入力フォームとかあって、めんどくさくなっちゃいましたな。お気軽に入力、登録が出来るのが利点だったのに…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060612

2006-06-10

[]ファミコンハリーポッター?

そういえばブログネタにするのをすっかり忘れていたのを思い出したので、唐突ですが書いてみます。

先日、近所のファミコンショップで例の中国製「** in 1」なソフトが安売りされていたのを見つけて、何かのネタになればいいや、と衝動買いしてみたのです。ちなみに「SUPER 4 in 1」というタイトルで、パッケージを見ると「SUPER MARIO WORLD」「F-1 RACE」「BOMBER MAN」「Harry Potter」と、書いてあります。は、ハリーポッター?!

で、起動してみました。タイトル画面。

f:id:fukutake:20060611004441j:image

どうみても「アテナ」です。本当に(略)、な画面にタイトルが並んでいます。

f:id:fukutake:20060611004449j:image

確かに「HARRY POTTER」の字が。しかもよく見ると「SUPPER MARIO」…スッパーマリオ?!ちなみに起動してみたら「速度が1.3倍早いスーパーマリオ」でした。通常BGMがハリーアップ時ぐらいのテンポで流れます。「スーパーマリオTURBO」って感じですな。

で、あんまし期待もせずに「HARRY POTTER」を起動するとタイトル画面が

f:id:fukutake:20060611004518j:image

f:id:fukutake:20060611012707j:image

うおっ、ラドクリフ君!意外とまともだ!!!ネット界隈で有名な

ハリーポッターと怒りの鉄拳」(http://www.jimpower.org/HarryPotter/)

とは違うもののようです。で、ゲーム画面。

f:id:fukutake:20060611004535j:image

シューティングでした。とりあえずメガネをかけた少年が箒にまたがって、オリエンタルな背景な中、アンビエントなBGMに乗せて飛んでいます。実は私、ハリーポッターは原作はおろか映画すら見たことがないのでよく分からないのですが、自分の中のイメージ的には割りと合ってそう。

f:id:fukutake:20060611004741j:image

ラドクリフ君と敵。ノーム?指輪物語とかにこんなのいませんでっしたっけ?ヤマラム?カー!!

f:id:fukutake:20060611004815j:image

で、ボスです。なんかイメージ全然違います。ちなみに、このボスがなかなか倒せなくて、この先には進めませんでした。

これって、なんか元ゲームがあるんですかね?情報求む。なんか知ってる人は教えてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060610

2006-06-07

[]ジーコジャパンダ

こんなときぐらいしか試合も見ないし応援もしない、根っからのニワカサッカーファンを自負するワタクシですが、今日はこんなものを買ってみました。

f:id:fukutake:20060608024931j:image

これですな。こんなの出てたなんて知りませんでした。たまたまPS2メモリーカードの容量が不足してきて、お店に寄ってみたら売ってたので「せっかくだから、オレはこの青いカードを選ぶぜ」と買ってみました。もちろん「ウイイレ10」を買う予定もございませんが。

何はともあれ、がんばれニッポン。

[]システムアップデート

があったんですね。

http://www.xbox.com/ja-JP/support/systemupdate/

新たにバックグラウンド ダウンロード管理機能を採用し、ダウンロードするコンテンツを6つまで予約できるようになりました。

E3(id:fukutake:20060523#p5)の前にやってくれてれば良かったのに…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060607

2006-06-04

[]Newスーパーマリオブラザーズ

のんびりとやって、3日ほど前にクリアしました。まだ、W4とW7は途中までしかすすんでませんが、とりあえずエンディングを迎えたという感じ。

内容的にはスーパーマリオ3(とマリオワールド)を下地にしてた感じですが、全体的には初代スーパーマリオを意識している(オマージュ的?)のがひしひしと伝わってきますな。GBA以降のアクションマリオシリーズリメイクモノばかりで正直失望した(特にDSで64版出したあたりなんかは安直過ぎて…)のですが、ここにきてオリジナルモノで攻めてきたのは、DSの爆発的な普及はもちろんのこと、ファミコンミニの初代スーパーマリオ再販されるほどにヒットしたことがひとえに影響してるんでしょうなぁ。やっぱり初代は偉大なゲームです。全体的な難易度も、これまでのシリーズモノにくらべて極端に低く感じるのですが、脳トレゲームに帰ってきてくれたのライトユーザーへの配慮なんでしょうね。

けど、私も大人になってしまったのか、今回のDS版をやってみて、初代のときにあった「隅々まで徹底的に調べ上げつつ冒険しよう」的なモチベーションがなくなっていることに気づきました。いろいろやりこみ要素も入ってるみたいですけど、普通にクリアするだけでおなかいっぱい的な気分。コインを1、2個取り逃しても「別にいいや」と。執着心がなくなってしまったのか、子供の頃のワクワク感が薄れてしまったのか…なんにせよちょっと悲しいことです。

ところで、今作では音楽にあわせて敵やアイテムが踊ったりしますが、リズムに乗ってカメが振り返るところで、ついつい

「こっち見んな」

とツッコんでしまったのは、僕だけかしら…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060604
Connection: close