フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2006-07-31

[]E3 オワタ\(^o^)/

以前(id:fukutake:20060523#p5)、妄想気味に

こりゃいよいよ体験版CDを貰うために奔走するゲームショースタイル時代遅れになるのかな?

なんて書きましたけど、まさかこんなに早く現実にこういうことが起ころうとは。世の中変わって行くのねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060731

2006-07-27

[]ファームウェアアップデート 2.80

早速上げました。今回のアップデート内容はそんなに目玉機能はないのかなー、と思ったけど、ブラウザのデフォルト接続先が設定されて自動接続されたり、ブラウザ画面からクロスメディアバーへのシームレスな移行ができたりと、地味に使い勝手もよくなっている感じです。

で、もっぱらの目的はこれだったりするわけですが。

タマラン体験版ダウンロードサービス http://www.jp.playstation.com/scej/title/tama-run/dl/trial_dl_agree.html

体験版をあれだけ配った「ロコロコ」はセールス的に不調なようで(おもしろいんだけどなぁ…)、体験版ダウンロードサービスにも影響しなきゃいいなぁ、と心配だったのですが、とりあえず3本目が出てくれてちょっとうれしかったりします。

っていうか、これって「[Hg]ハイドリウム」とそっくりなんですけど、いったいどういうご関係で?ハイドリウムは結構ハマりましたが、結局最後まではいけなかったなぁ…というわけで、「タマラン」も買うかどうかは微妙です。

[]ギャラガ for Xbox Live Arcade

昨日から配信になったようなので、早速体験版をダウンロードしてみました…のですが、エミュレータベースで動作してるっぽいのはよいとして、入力遅延を結構感じてしまいます。レバーを左→右とか振ったときにあきらかに「ぬめっ」っとした動きで反応するのが非常に気持ちが悪いです。プレイに支障をきたすかどうかはさておき、オリジナルの感覚を知っている私にとっては精神的にはかなりイヤ。

っていうかさー、天下のXbox360でしょ?仮にも次世代機の名を冠してるんでしょ?ギャラガぐらいまともに移植出来なくてどうすんのよ!コントローラレスポンスなんて、シューティングゲームの命よ?!その辺ちゃんとわかってんの?

愚痴りたくなってしまいます。こういうのを平気で出せちゃうバンダイナムコのセンスもどうかと思っちゃいますが。ナムコにとって70〜80年代の栄光はもっと大事にして欲しいですよ。そういえば同じXbox Live Arcadeの「ストII」は「日本人の満足できるクオリティに達してない」とかで日本では未配布なんだそうな。正直、賢明な選択だと思います。ホント、ガッカリだわ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060727

2006-07-22

[][]レトロゲーセンツアー in 有楽町、御茶ノ水

CSのテレビ番組ゲームセンターCX」の「たまゲー」コーナーで紹介されていたゲームセンターに友人といってきました。

  • 有楽町「リノ」

都会のショッピングビル地下一階に突如として現れる静かなゲーセン。今じゃめっきり見なくなったテーブル筺体がずらっと並んでいる光景は、まさに私のゲーセン体験の原風景で、あふれ出すノスタルジーって感じです。っていうか、日曜なのに客いねぇなぁ…。ほとんど店長趣味でやってるって感じです。

散々やりつくしたゲームも、テーブル筺体ってだけですごく新鮮に感じます。「パックマン」なんか純正コンパネ(しかもロゴが「PUCKMAN」版)ですよ。すげー。しかも、割とちゃんとメンテが行き届いているのがすばらしい。全筺体ちゃんとインストカードついてるし、自作っぽい遊び方のメモまで貼ってあります。「アルカノイド リベンジオブDOH」「エレベータアクション」「ソニックウイングス」「VS テニス」などを堪能。経営状態が心配ですが、いつまでも末永く続いていて欲しいゲーセンでした。

ゲーム1プレイ50円が魅力のお店。で、店内に入ると中は迷路のように入り組んだ複雑な形状をしておりました。あっちのフロアに行くにはどうすればいいのか分かんない、みたいな。こんなとこで火事があったら…と思うと怖いです。

全般的に最新ゲームが置いてある普通ゲーセンなのですが、一部にレトロゲームのコーナーがあるということで覗いてみると…ええーっ?!確かにあるにはあったんですが、全部「XXX in 1のマルチエミュレータ基板(通称MAME基板)」じゃないすか…orz。こういうので商売やっちゃうのね…もうなんか心底ガッカリ、っていうかドン引き、いやボン引き((C)ピカデリー梅田)だよ。いくらなんでも、こんなもんに金を入れる気にはならず、「テーレッテー」でウワサの格闘ゲーム北斗の拳」だけプレイして帰りました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060722

2006-07-19

[]しゃべる!DSお料理ナビ

任天堂が作るDSソフトはもう「なんでもアリ」な感じになってきましたが、面白いのでどんどんやれ。 そういう土壌を作ってしまったことがすごいんだなぁ、と思います。

で、このソフト。「自炊なんかほとんどしない / 出来ない人」が対象ですな。ってそりゃ、料理できる人はそもそもこんなソフトなくても出来るから、当然ですな。で、その対象にまさにドンピシャな私として「料理用語の基礎」はもちろんのこと、「下ごしらえの仕方」とか「用意する道具」とか、そういう基本の基本からちゃんと教えてくれるってのが、ものすごくツボです。普通の料理本とか見ても、この辺はもはや知ってるのが前提でなので、やってみるとさっぱり分かんなかったりするんですよねぇ…というのがよく分かってるなぁ、という感じです。手順も写真で図解されてたりして、ほんと、これよく出来てますよ。やってみようかな?って気になりますもん。

個人的には、モノポリーカードに書いてあるようなテイストのコックさんの絵が機械声でしゃべるのもかなりツボ。こういうノリ好き。あと、音声操作で「おっけー!」とかしゃべると「はい!」って返事してくれるのも気持ちイイ!こういう演出はうまいなぁ、としみじみ感心してしまいました。

「なんでもアリ」な感じ、と書きましたけど、スーパーで材料集めて、調理して…って、料理そのものがある意味ゲーム(RPG?)なのかもしれないなぁ、なんて思ったりしちゃいました。今度なんか作ってみよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060719

2006-07-13

[]ビットジェネレーション

というわけで当然のごとく3本買ってきましたが、何か?タイトルが覚えられなくて、行きつけの店で店頭予約できなかったのはナイショ。

まず手にとって見て、箱がオッシャレー。化粧品みたいです(とはいってもオレ、化粧品なんかもってないですが)。引き出し式のジャケットはアイコンがレリーフ調に浮き出ていて、その部分だけツヤツヤ塗装。中箱は銀色のピカピカ。手にしたときの満足感にあふれています。ウォークマンAのパッケージで言われていた「おもてなしの心」って奴ですな。高級感あふれるパッケージは、ファミコンミニあたりからの系譜でしょうか。

で、内容。ぱっとやってみた感じですが…真っ先に思いついたのが「実にベーマガちっくだなぁ」ということでした。あの雑誌に載っていた「ちょっとアイデアに富んでいるシンプルゲーム」なかほりを感じます。もちろん、こっちのほうがやってることは高度なんでしょうけど、でも、いくらライトゲームがブームの昨今とはいえ、ゲームとしてのこの内容だけに2000円の価値を見出すのは正直厳しいのではないかと思います。ゲームウォッチが6000円で売れていた時代でもあるまいし(って、これでも飛ぶように売れちゃうのでしたら、ごめんなさい)。

かといって「じゃあ7種類を1本にまとめて売れよ」っていうのも違う気がします。そもそも、そういう売り方をしたら、ありきたりの「ミニゲーム集」みたいな、さほど話題にもならない凡作にしかならないと思います。

結局、これはゲームの中身と一緒に、シリーズのコンセプトとかデザインとかパッケージとか、そういったのを全部ひっくるめて「2000円」という価値で売っているってことなんでしょうね。そういう意味では「エレクトロプランクトン」に近いのかなぁ、と思ってみたり。多分これを買うような人には、1本単体で買うより、7種全部買っちゃう人が多いんじゃないかとも思います。ただ、やっぱり見た目的にはプロダクト寄りの傾向からは離れられず、アートにもなりきれていない、という感じ。素敵なパッケージも、前面の「CEROマーク」に気づくとかなり興ざめな感じがします。

それと、プレイするならやっぱり金属の高級感漂うゲームボーイミクロでないと魅力半減ですな。アドバンスDSのプラスチッキーな筺体ではやっぱりイマイチかもしれません。

[]ロコロコ

昨年の東京ゲームショウで一目惚れして以来10ヶ月…待たされたなぁ、待ちくたびれたよ、という感じです。もう散々体験版プレイしたので、今更かも…と思ったのですが、やっぱり新しいステージやってみちゃうと惚れ直してしまいます。「レッツ学校!」もあるし、のんびり進めて行こうと思います。

ちなみに、タイトル画面をボーっと見てるだけでも結構楽しかったりして、素敵です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060713

2006-07-12

[]-どこでもいっしょ- レッツ学校! しりとり対戦と文化祭

最近id:sega_machiさんとしりとり合戦を2回しました。「ドリフ学園 VS いぶり学校」

一回目は余裕で勝利!だったので余裕かましてたら、二回目に惨敗…。くそぅ。修行せねば。

学園生活は1年の半分が過ぎ、12月に突入。2学期はイベントがたくさんで楽しいですな。学校生活のシミュレートというゲームシステムと演出は本当にすごくて、なんだか学生時代が懐かしくなったり、ふとしたイベントで自分が先生なんだということを考えさせられたり…すっかりハマりきってます。別に悲しくもなんともないのに、見てるだけで切なくなって、ちょっと泣きそうになりました。こんなんじゃ3月を迎えらんないよ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060712

2006-07-10

[]サッカー ワールドカップ2006を振り返って

ふと思ったこと。

ハーフタイムにチアガールショーないの?

[]FCBで演奏して欲しかった曲

昨日のFCB 8thで途中ファミリーベーシックCMが流れる場面があったので、「絶対流れるに違いない!」と思ったのに、流れなくてちょっと残念だった曲がありました。

オリジナル ロックンロール

「ソ ソ ミ ソミ ソ ナ7レ〜」のアレ。CMで流れてたから知ってる人も多いと思いますが、さすがにマイナーすぎるかなぁ。いい曲なんですよねぇ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060710

2006-07-09

[]FCB 8th Live 〜の栄光〜

FCを中心にしたゲーム音楽の演奏を行うブラスバンドの演奏会

http://famicomband.org/live_8th

に行ってきました。マンガ「いい電子」等で知っていたもののチェックするほど気になってたわけでもなかったのですが、今回はid:hawky氏の紹介があったので行ってみました。家から近かったし。当日券で何とかなるだろ、とお気楽に考えて開場1時間前にちんたらと行ったら黒山の人だかり。なんとかギリギリ滑り込みセーフでした。

真面目にバカやってる感、最高。随所に「分かってるなぁ」と思わせる演出がてんこ盛りで楽しかったです。DNAに刻み込まれた数々の楽曲を見事にアレンジした演奏も素敵。最近たまたまマンガ「のだめカンタービレ」をまとめ読みしていた影響もあり、生音のオケストラなんか聴くのも久々だったので、なんか音に酔いしれてしまいました。アコースティックいいですな。

実は私、楽器は丸出ダメ夫ですが、学生のとき学園祭ライブで「人間FM音源」っていうのを考えた(妄想に近いけど)ことがありました。8人1組、1人1パートで8音同時発声でアカペラ口楽器(RAG FAIRとかああいう感じ)をしつつ、ゲーム音楽(候補はスペースハリアーのメインテーマだった)の演奏(?)をやろうとしたんですが、結局構想のみで実現には至りませんでした。今回のコンサートを見ながら「あれがもし実現してたら…」と思うとちょっと悔しい気もしてきますなぁ。

ところで、クイズに出ていた2面(第2幕)の曲の正解が気になるところです。僕の答えは

  1. ヘラクレスの栄光
  2. おにゃんこTOWN
  3. アトランチスの謎
  4. グーニーズ
  5. ボンバーキング

としました。3曲目以降は簡単だったんですが、1曲目だけは全く自信ありません。曲が分からなかったので、出てきたキャラだけで答えてしまいましたが、違うかも。2曲目も曲はあいまいでしたが、出てきたキャラから考えると間違いないかなぁ、とは思いますが、はたして…。

ちなみにアンコールで流れた「ファイナルファンタジー」のテーマは、昨日「FFXII」をクリアした私にはぴったりの選曲、長かった冒険の思い出に浸りながら聴けました。すばらしい…。で、そのあとの「スペランカー」でフィーバー。実にいい演奏会でした。これが無料だなんて、太っ腹ですな。

閉演後は余韻にひたりつつ、松戸といえばココ!のメクマン(id:fukutake:20050123#p1)へ。

2006-07-08

[]ファイナルファンタジーXII オワタ\(^o^)/

つーか、ま だ や っ て た の ?

と言われそうですが、やってました。というか、1ヶ月半ほど放置プレイしつつ、ようやっと久々に起動し、そのままエンディングを迎えました。プレイ時間60時間、レベル53前後。いやー、RPG嫌いの私が我ながら良くやった。

旧来のファンからはあまり評判良くなかったみたいですが、僕は充分楽しめました。むしろ、ゲームとしては「FFX」より好きだったかも。敵との強制的なエンカウントストーリーの進展を阻害されるような旧来のシステムより、今回の、ある程度自分で戦闘エンカウントコントロールしつつ、ほぼ自動でコマンド発行してくれる今回のシステムのほうが、性に合っていた感じですね(要は、面倒くさがりなだけかも)。

世界観も割と好きだったのかも。よく「スターウォーズっぽい」なんて言われてますが、元々スターウォーズのファンであるところの私から見ても確かにそんな感じもします。ついニヤニヤしてしまった場面も多かったです。っていうかスターウォーズも今作も、割と王道的でありがちな世界観だから、自然と似ているように見えただけかもしれません。でも、そういえばビックスとウェッジは出てきませんでしたなぁ。

今回のストーリーについては…行き当たりばったりすぎてイマイチだったかなぁ。確証のないまま次の街へ次の街へが続いて、ちょっとダレたかも。でも、ラストの盛り上がりは良かったです。バルフレアかっこよかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20060708