フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-07-27

[]ギャラクシーフォースII

というわけで、ブログの更新がすっかり遅くなってしまいましたが、ついに期待のPS2版「ギャラクシーフォースII」をゲットいたしました。

…もう、どっからどう見ても、文句のつけようがまったく無いぐらい完璧な出来です。これで満足できなきゃ、本当に基板か筐体買うしかないですね。私もアーケード版はそんなにやりこんだわけではないので、すっかり記憶が薄れてしまっておりましたが、巨大なスプライトで覆われた画面がきっちり60fpsでグリングリン動く画面は、「大迫力」という一言では言い表せないぐらいものすごいインパクトでした。たいてい、昔のゲームをあらためてやってみると「あれ?こんなに地味だったっけ?」と思うことが多い昨今ですが、今回はむしろ「あれ?こんなにすごかったっけ?」と思ってしまいました。id:fukutake:20070725#p2で「こういうものだと割り切ってしまえば」なんて書いたサターン版がまったくの別物であったかのように見えます。

で、オリジナル版が完璧に作りこまれているからこそ、さらに引き立ってくるのが「ネオクラシック版」。PS2の解像度にあわせて倍密化されたらしいテクスチャデータは、Xbox LIVE ArcadeでDIGITAL ECLIPSE社がやっているような「単純に斜めの線を滑らかにしてみました」的なものではなく、ちゃんと新たに書き込まれているように見えます。出力こそ最高で480pの16:9ですが、左右の視界が開けているだけで空間的な広さはかなり大きくなっているような気がしました。40インチ液晶でやるとそれだけで没入感満点です。PS2はそもそもHD環境に対応してないハードですが、チューニングすればここまでできるんだなぁ、とあらためて感心しました。

で、毎回のM2作品ではおなじみになった「もうやりすぎなんじゃね?」的オプション、設定の数々はもはや我々ゲーマーですらおなかいっぱいになるぐらい充実してます。リプレイサウンドテストは当たり前。「たられば」的な細かい設定項目もいじれるところが、分かっているというかツボに入るというか。

しかも今回、かなりうれしかったのはホリの初代「フライトスティック」にも対応していたところ。「フライトスティック2」対応は公式にもうたわれていましたが、初代のスティックも使えたのはかなりうれしい誤算。そもそもなぜか知りませんが、初代「フライトスティック」って、「エースコンバット4」用に作られたにもかかわらず、5以降は公式対応がうたわれなかったりして、微妙に不遇な周辺機器な気がするんですよね。確かにアーケードの雰囲気を出すならセパレート型の「フライトスティック2」なんでしょうけど、今持ってるハードでもちゃんと使えたのはやっぱかなりうれしいですよ。あ、ちなみにPS3PS2互換モードでもちゃんと使えますのでご安心を。HDMIで出力するともはや最強ですね。

いやー、久々に最高の満足度が得られたゲームでした。気になってる方はぜひぜひ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070727

2007-07-25

[]メタルギアソリッド4 プレイアブルデモ映像

昨夜、公式サイトで公開されてたビデオを見ました。

http://www.konami.jp/kojima_pro/event2007/index-jp.html

なんつーか、すごすぎてタメ息しか出ませんな。PS3ってやっぱすごかったんですねぇ、と改めて実感させられました。今度の舞台は戦場ということで、なんとなく全体的なイメージが、最近ありがちなFPSリアル戦争ゲーム似た雰囲気になってしまいましたが、「銅像変化でドコ持ってんの!?」とか「回りすぎてオエー」とか「ショック受けて☆がクルクル」とか「眠らせるといびきかいてZzz...」とか…そういうセンスがしっかりメタルギアしてていい感じです。

楽しそうなんですけど、僕程度のヘボい腕でプレイできるのかな?とやや弱気になってみたりもします。

ちなみに、PlayStation StoreでHD画質のムービーも配信されているようです。HDで見るとさらにすごいですよ。実機お持ちの方はぜひぜひ!!

[][]ギャラクシーフォース前夜祭

明日は待ちに待ったPS2版「ギャラクシーフォースII」発売日!!ということで、今日は家で一人「前夜祭」と称して過去移植作品をプレイしたりしてました。

まずはFM-TOWNS版「ギャラクシーフォースII」版。久々に「マーティにチャンネルを合わせたまえ!」です。発売は1990年FM-TOWNSは当時確かにスペックこそ高かったのですが、さすがに「ギャラクシーフォースII」がそのまま移植できるほどのパフォーマンスは無かったわけで、それでも当時は「画面の綺麗さ」では一番の出来ではなかったかな?と思います。

内容そのものは、まぁ当時のハードスペックを考えたら無難なダウンスケールアレンジ移植なのですが、当時のCRIはどうも見た目重視な傾向が強く、同時期にX68kでいくつもの好移植をしてきたマイコンソフトとくらべると、ゲームそのものの移植センスはあまりよくないように思います。写真で見ればすごいんだけど…ってヤツ。とはいえそれでも今作は、TOWNSの本体発売と同時に出た悪評高い「アフターバーナーII」に比べると、かなり遊べるつくりになっていたとは思いますが。

BGMはCDDAを使ってアレンジ曲を流していましたが、なんとPS2版にも採用されているようです。味なことしてくれますなぁ。

お次はセガサターン版「ギャラクシーフォースII」。当時次々と完璧に近い移植を繰り返してきた「SEGA AGESシリーズとして発売されたわけですが、誉高きサターン版「アウトラン」「アフターバーナーII」を送り出してきた比類なき移植集団「るつぼチーム」はこの作品から関わらなくなっちゃったとの噂を聞き、発売前からかなり不安になったことを思い出します。で、その不安は的中したわけですが。

パッケージに「資料・写真提供:GAMEST(新声社)」とあるので、多分、セガにもほとんど資料が無いような中、そういった写真ビデオを元にしてがんばって再現しようと移植したんだと思います。でも、当時「より完璧なもの」を期待していた身としては、写真から書き起こしたような「ガビガビのスコアの文字フォント」を見てかなりがっかりしたものです。せめて見た目だけでももう少し気を配ってくれたら…。

ただ、さすがにハードスペックは高いので、こういうものだと割り切ってしまえばゲームそのものは割と楽しめるんじゃないかと思います。画面も30fpsで動きますし、スプライトが拡大しながら迫ってくるインパクトはなかなか。

というわけで、明日はいよいよ本命登場。ようやっと完璧移植のGFIIができるのか、と今から楽しみで仕方ありません。ワイドモードも楽しみ〜。

2007-07-24

[]ファームアップデート1.9

が来てたので早速適用。今回は、個人的にはさほど恩恵に与れる内容ではない感じなのですが、ゲームの並べ替えができるようになったあたりはうれしいですね。体験版とかゲームアーカイブスとか増えてきたところでしたし。

単なる壁紙機能でも、ちゃんとトリミングとかできるところとか見ると、細かいところまでちゃんと作り込んでるんだなぁと感じます。

あとささやかですが、いちいちUSBケーブルを挿さなくてもアップデートできるようになったのはかなりうれしい!面倒でしたもんねぇ。っていうか、このぐらいは最初からできても良かったのに…という気もしますが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070724

2007-07-15

[]悪魔城ドラキュラ 闇の呪印 ようやっとクリア

というわけで、今日ようやっとクリアしました。2005/11/25の発売日に買って以来、1年半以上ぶりにクリアです。結局、婚約の中の人には先を越されてしまいました。

最後のころはだらだらと続くマップの中、惰性で進めてた気もしますが、まぁ、面白かったですね。I.D.のレベル上げに夢中になっていたせいか、ラスボスは思ったよりあっけなかったです。婚約の中の人はもう少しやりこむみたいですけど、僕はとりあえずそろそろ飽きてきたので一段落かなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070715

2007-07-12

[]E3についてつらつらと

規模が縮小されたとはいえ、やはりビッグな発表があるE3は注目してしまいますね。しかもネットのおかげで、遠くはなれた日本でもリアルタイムカンファレンストレイラーのムービーが見られたり、時代が変わりましたなぁ。というわけで、思ったことをつらつらと。

[][]Xbox360の展望

Xbox360は今年も「Bring It Home」で、お家でE3。去年より回線状況も良く、バックグラウンドダウンロードができるようになった(去年のE3のときはまだ機能がなかった)ので、かなり快適に使えるようになりましたな。今回の発表あわせで公開されたコンテンツも多く、なかなかのやる気を感じさせてくれます。

[][]Ace combat 6 体験版

で、その目玉の「Ace combat 6」体験版プレイしてみましたが…すげぇなぁ。ものすごくリアルデモ画面にうっとり。これ、リアルタイムCGですよね?と疑いたくなる出来です。高解像度と16:9画面の効果は抜群で、画面が緻密でものすごく広くなったように感じます。こりゃあ、本編が楽しみ。ちなみにこの体験版って視点変更はないんでしょうか?初代からHUD視点でプレイしてきた身としては、後方視点はどうも慣れなくて…。せっかくだからHUD視点でやりたいなぁ。

(2007/7/14追記:右スティックを押し込むと視点変更できるようです。)

[][]Wiiの展望

Wiiは事前の予想通り、「ヘルスパック(仮)」改め「Wii Fit」。DSの実用系ラインナップと「Wii スポーツ」がすっかり認知されてしまった今となってはそれほどインパクトはないかなー、という印象です。予想の範囲内かと。ここで「ビリー・ブランクス電撃参戦!」とかだったら驚いたのに。いや、むしろそれは「スマブラX」の方に期待か?!(んなこたーない)。新機軸でユーザの取り込みという意味ではアリだと思うのですが、私のようなゲーマー視点で見るとなんか「どこに行くんだ任天堂」という気がしないでもないです。ゲームとしても面白ければいいんですけど、あんまし実用系に振りすぎるのもなぁ…。特にWii家族とか人が集まって楽しむことが前提になっているので(たしかにうちでも多人数で遊ぶと圧倒的に楽しいですし)、独り者はターゲットアウトしている気がしてちと寂しいのです。実際、うちのWii稼働率も低いしなぁ…。

[][]ありがちネタ

バランスボード活用で「お遍路さん2」を是非!

[][]その他タイトルの印象

その他は「マリオ」とか「スマブラ」とか「メトロイド」とか。定番、逆に言ってしまえば、変わり映えのしないタイトル群かなぁ、と。でも、こららをあえて前面に推してこない任天堂もその辺は分かっているような気がします。この辺で勝負を賭けるわけではない、と

[][]SCEの展望

SCEは来ました「PSP-2000」。薄く、軽くなっているのは私的にはそれほど気にならないのですが、TV出力できるようになったのは大きいです。常々「家の大画面でもプレイしたいなぁ」と思っていたので、ようやっと実現したという感じです。これで「沙羅曼蛇ポータブル」の「XEXEX」とかTVプレイできちゃいますよ(って結局レトロゲームか…)。ちょうど今使っているPSPがだいぶくたびれてきてしまったので、いいタイミングで買い替えできそうです。持ってて良かったPSP。ダースヴェイダーの絵の入ったモデル、日本でも出ないかなぁ…。

[][][]次世代機の不安

にしても、PS3といいXbox360といい、FPSリアル戦争モノ大杉、っていうかそればっかりなのが気になりますなぁ。もともとFPS系に興味のなかった私には、もはやどれがなんなのか見分けがつきません。ゲームに触れる時間が長い私ですらこの状況なのに、この流れについていけてる人ってどんだけいるんでしょうか?こういうのはXbox360に任せておけばいいのに、と思ったらPS3までその流れについていっちゃってますからなぁ。これでいいのか?次世代機

[][]注目のタイトル

そんな中でPS3でグッと来ちゃった「LittleBigPlanet」。昨年発表されたときは「物理演算使ってステージが作れるアクションで…」ときいてもなんかピンとこなかったんですが、このトレイラー(http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=2983)見たらなんとなく納得。ユーザワークでいろんなことができそうですな。遊び場と最低限のルールだけ用意して、あとは自由に遊んでね、って感じでしょうか。ワクワクします。しかも結構サクサク動いて気持ちよさそう。

hidariwakibarahidariwakibara 2007/07/14 09:07 右スティックを押し込むと変わりましたぜ>視点

fukutakefukutake 2007/07/15 00:16 ホントだ!気がつきませんでした。情報ありがとうございます。これで慣れた視点でプレイできますよ。やったぬ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070712

2007-07-11

[]ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 無事クリア

遅ればせながら、ようやっとクリアしました。

今回は、ストーリー的なつながりとトゥーンシェーディングされた3D画面という点では「風のタクト」との繋がりが強い感じですが、ゲーム内容そのものは「神々のトライフォース」からの流れの2Dアクションでしたね。おかげで、謎解きの醍醐味とたっぷり味わえました。

といっても、そもそもゼルダ的謎解きセオリーが身に染み付いてる「ゼルダ脳」な私には、ダンジョンの謎解きはほとんど詰まることもなく、ストレートクリアできてしまいました。ちょっとヌルかったかなぁ、という感じ。1箇所だけ、ダンジョン以外のフィールドでほぼノーヒントの場所があって、30分ほど悩みましたが…(今までのセオリーが通用しなかったので)。

心配していた大海原の移動ですが、「風のタクト」ほどの煩雑さ、面倒さはなかったです。移動中もいろいろ気を抜けないイベントがあったりしましたし、サルベージイベントアクション要素が高かったので面白かったです。ただ、それでも後半はちょっとダレましたね。しかもところどころにある岩礁が幾何学的に整然と並んでいたりして、あえて遠回りさせる意図を持って配置させられていたのがミエミエでちと興ざめだったかも。

タッチペンのみでの操作も、最初はやや違和感があったもののあっという間に慣れて、ほとんどストレスなくプレイできました。ただ「移動する」という動作でも、「画面をタップする」「ペンをドラッグする」と2通りの操作が出来るのですが、場面によって使い分けをするでもなく、どちらもかなり自然に扱うことが出来て、思い通りにリンクコントロールできました。ここまで自然な動作を実現するのに相当チューニングしたんだろうなぁ…と思うと開発陣には頭が下がる思いがしますなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070711

2007-07-07

[]悪魔城ドラキュラ 闇の呪印 ドハマり状態

id:fukutake:20070624#p2で書いたとおり、今更ながら再開した「闇の呪印」ですが、もうめちゃくちゃハマってますよ。平日は流石にあまりやる時間がないので、週末に集中してプレイしてます。婚約の中の人より先行してプレイしつつアドバイスしたり、逆に向こうも攻略サイトをみているようで「どこどこに何があるみたいだけど」みたいな情報を毎日のように交換しつつ、もうどっぷり。とりあえず、おそらく最終ステージまでは来たんですが、なんとなくイノセントデビル育成のために以前のステージに戻ったりしてます。

今作のおもしろネタとして「マップのあちこちにあるいろんな椅子に座る」というのがあるのですが、これを探すのがなかなか楽しいのです(変な椅子もたくさんあったりして)。だんだん、椅子探し合戦になってきつつあります。

[]HUDSON Premium Audio Collection

FC時代のハドソンミュージックは本当にいい曲ばかり。で、買いました。

このCD

…正直なところ、全体的に今回のアレンジはあまり私の肌には合いませんでした。が、高橋名人の歌う「ボンバーキングテーマ」は良かったです。相変わらずの熱いテーマですけど、今回は割と抑え目にしっとりとしたアレンジになっていたのが新鮮。しかも、ちゃんとカラオケバージョンつきじゃないですか。オリジナルのキーではとても歌えない(特に「ここはコリドー」のとこ)ですけど、これならなんとかなりそう。

思いっきり歌ってみたいですなぁ。

[]ゼルダの伝説 夢を見る島

今号のゲームサイド

http://www.microgroup.co.jp/gs/

は「夢幻の砂時計」に合わせたゼルダ特集で、読んでいたらむしょうに「夢を見る島」のエンディングが見たくなったので、夜中に引っ張り出して見ました。

…何度見てもいいなぁ。

ものすごく寂しいんだけど悲壮感はなくて、とってもシンプルエピローグなんだけど、ものすごく心に沁みる、そんなフシギなエンディングです。

私自身も、シリーズNo.1はやっぱりこのゲームだと思いますねぇ。

[]スクールメイツマスター

世の中ではアイドルマスターMAD動画が色々出ているようですが、正直なところどれも、これ(id:fukutake:20070210#p1)を超えるほどのインパクトはないなぁ、と思っておりました。

が、ここに来てネ申動画が。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm511172 (ニコニコ動画ですいません)

…これ、このコラボを思いついた時点で勝ちですね。しかも間奏のコントダイジェストの部分までちゃんと作りこんである当たりにすっかりやられました。すごすぎ。

ドリフ世代にはたまらんです。

2007-07-02

[]まいにちいっしょ 7月のバージョンアップ

来てました。今回も盛りだくさん。なんだか多機能になってきましたね。

そろそろルーレットの商品が溜まりに溜まって、これ以上いらないよーと思っていたところに登場した「みゃイルポイント」システム、うーん、卒がないですな。しかも当日に見るとポイント20%増量って、消費者心理をつくのがうまいなぁ。リアルマネー使わなくても部屋の置物が増やせるのはうれしいかも。

さらに今回から始まった「おトク情報」、オープニングが旧トロステの曲でなんだか懐かしいです。で、内容はわりとストレートタイアップ宣伝なのですが、ゲーム内アイテム(置物、贈り物)がもらえるようにしてあるあたりがまたニクい。ついつい見ちゃうじゃないですか商売上手め。

今回はどこいつトースター(ゲーム内アイテム)をもらえましたが、これ、リアルトースターも欲しいなぁ…。

デイリーヤマザキは、高校のとき学校の最寄コンビニだったので(当時はヤマザキデイリーストア)良く利用してました。毎日カップメン買ったり、変な形の瓶をしたポストウォーターとかチェリオのBYGコーラ買ったりしてたのを思い出して懐かしくなりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070702

2007-07-01

[][]ニンテンドウパワーは死せず

今月のバーチャルコンソールラインナップに

http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/index.html

ニンテンドウパワー専売の「はじまりの森」が!!!!!

この流れはかなりうれしいですね。

…僕はサービス終了間際に慌てて書き換えちゃいましたけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20070701