フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2007-10-31

[]スーパーマリオギャラクシー

というわけで、フライングで買ってきて1時間ほどプレイしたので、ファーストインプレッションなど。

ヌンチャクスティックで方向操作、リモコンでボタン操作という操作形態は「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」と同じなので多少の心得はあったつもり(未クリアですが…)なのですが、今回はそれに「リモコンを使ったポインティング操作」が加わります。あくまで補助的な操作のようですが、これが入っただけでかなり印象が変わったような気はします。多分、操作に対して注力する意識が変わるせいかもしれませんが、なんか今までのゲームで味わったこと無いような操作感とその難しさといいますか。右と左を協調動作させる必要があってなかなかしっくりこない、というか、熟練したパッド操作を違って全くの初心者からのスタートになったような、そんな新鮮さすら感じますね。最初のステージチュートリアル的なイベントがあり、それでだいぶトレーニングはさせられるのですが、思い通りに操れるようになるにはもう少し熟練が必要そうです。

スティック操作とポインティングを両立させる、とはいっても、基本リモコンは縦持ちスタイルでテレビに向けていますから、「スーパーペーパーマリオ」で感じたような持ち替えによる煩雑さというか、とってつけたような操作感はありません。ヌンチャクポインティング自然に対応できますね。

ポインティングだけでなく、リモコンを振ることによる操作もありますが、これもゼルダのときの「斬る」動作のように大振りなイメージでもないので、反応は充分納得できるレベルかと思います。ジャイロセンサーによる操作って、どうしても操作の判定基準が相対軸上なので、なんか一体感というかシンクロ感が足りない感じのものばかりだったんですが、この程度の操作だったら納得かな、と思います。かなり念を入れてチューニングされたんではないでしょうか。任天堂的にも、リモコン操作のスタンダードが出来上がりつつあるのかもしれませんね。

内容的にはどちらかというと、「スーパーマリオサンシャイン」よりは「スーパーマリオ64」のイメージを強く感じました。具体的にどう、ってのは分からないのですが、むやみに難易度が高いわけでもなさそうです。むしろ今思えば「サンシャイン」がマニアックすぎる出来だったのかな?という気もしますね。私も途中で挫折、というか飽きちゃったクチなので…。

まだ序盤なせいか、小さい規模の惑星を縦横無尽に駆け回るステージが多いです。これがまた今作のミソで、今までにあまり味わったこと無い箱庭感覚でかなり戸惑いました。星の上方に向けて歩いているうちはこれまでの3Dアクションと変わらないのですが、逆に星の下方に向かって歩いているときの感覚が、1時間プレイした今でもまだなんか頭の中で掴みきれていません。最初のステージでは、ただ歩き回るだけで結構神経を使いました。歳かなぁ…。とはいえやってるうちにその感覚にも慣れては来るんですが、それでもボス戦とか、頭に血が上ってしまうとわけ分からなくなることが多いです。ここでもまた「全くの初心者に戻った気分」が…。

普通に惑星を歩き回るだけなら大して難しくも無さそうですが、細かい操作を的確にこなそうとする(たとえば、表面を歩いてるクリボーを踏み潰すとか)にはそれなりの熟練が必要な気がしました。

ただ、こういう3次元空間の使い方ってのはうまいですね。別に重力が下を向いている必要はない、と。ゲームが3Dになってかなり時間が経ちますが、実はこういう表現をしているゲームってそう多くない気がします。64の「F-ZERO X」とか「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の迷いの森の神殿を見たときに「やられたー!!」と思ったんですが、その感覚に近いものがありました。

ただ、どっかで「ゲーム中、3D酔いが起こらないように配慮してデザインした」という開発者の話を読んだ気がするんですが…これ、酔う人には結構きついんじゃないかなぁ、という気もします。見てるとだんだん、上も下も分からなくなるので。

てな具合で、なんだかイマイチはっきりしない印象ばかりのレビューになってしまいましたが、自分でもこの感覚がまだイマイチつかみきれてないのです。でもそのせいか、プレイしていて新鮮味というか、ワクワクテカテカする気持ちがたくさんあって、すごく楽しそうだ、という印象はひしひしと伝わってきました。これからプレイを進めていくのが本当に楽しみな一本です。

[]エースコンバット6

こっちも買ってきました。が、「マリオギャラクシー」もあるし「ビューティフル塊魂」もまだクリアしてないし、しばらくお預けなヨカーン。高いけどやっぱフライトスティック欲しいですなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071031

2007-10-28

[]まいにちいっしょ 金の招き猫効果

先日貯まったみャイルでうっかり買ってしまった「金の招き猫」(id:fukutake:20071020#p1)、僕はてっきり「みャイルを貯めた人への単なるステータスアイテム」なだけかと思っていたのですが…

以下ネタバレなので隠します。

続きを読む

[][]チーターマン2

海外ファミコン(NES)で発売されたらしい、チーターマン2というゲームがあるそうで、ニコニコ動画で話題になってます。オーソドックスな横スクロールジャンプアクションで、正直いってゲーム内容そのものは…かなり微妙(でも個人的にはこういう変なノリかなり好き)なのですが、BGMが妙に耳について離れないのです。つーか、かなりカッコイイ!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1289422 (見られない人ゴメンナサイ)

しかもこれ、最後まで見るとアレンジバージョンが流れるのですが、これがもうハンパなくすばらしい出来なのです。癖になりそう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071028

2007-10-25

[]DSテレビ

ワンセグもすっかり旬を逃しちゃった感もありますし、てっきりこのままもう出ないかと思ってました。

http://www.nintendo.co.jp/ds/unsj/index.html

しかも、まさかのロッドアンテナ2本ですか。やっぱ本体ノイズ等で感度がよくなかったんでしょうか?。ちょっと前に「PSPが旧型機種でワンセグを封印したのも感度の問題だった」というウワサをどこかで耳にしましたが、なるほど、このアンテナを見るとそれも分かる気がします。

にしても、やっぱ飛び道具的なアイテムですね。アンテナもそうですが、TV見る機能のためにゲームスロットが犠牲になっちゃうってのは、ゲーム機としては致命的かと。なんとなく「プレイやん」とか「DS用Operaブラウザ」とかを思い出してしまいます。「何もDSでやらんでもいいだろ?」的な。こういうところの任天堂のピントのボケっぷりは昔から変わらずって感じもします。

個人的には「DSの液晶の解像度ってワンセグより小さかったんだ」ということに今更気づいてビックリ

ただ「DSテレビ」ってネーミングは流石かと。DSでテレビが見られる装置、実にストレートキャッチーですな。「任天堂の64ビット機だからニンテンドウ64」という発想に近い。センスはともかく分かりやすい、こういう発想は個人的には割と好きです。

買ってみようかしら?もちろんネタとして。あ、うちワンセグ入らないんでした(id:fukutake:20070920#p5)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071025

2007-10-24

[][][][][][]年末商戦に向けて

さて、そろそろ年末商戦のタイトルが出揃ったようなので、今後購入しそうなタイトル脳内整理の意味も込めて列挙してみることにしました。

…どうみても買いすぎだろ…常識的に考えて…。このまま行くと、年末までほぼ毎週(11/22を除く)ゲームを買ってしまうことになりかねません。どうするか…。

     |┃三        / ̄\
     |┃         |     |
     |┃          \_/
 ガラッ. |┃            |
     |┃  ノ//   ./ ̄ ̄ ̄ \
     |┃三    /  ::\:::/:::: \
     |┃     /  <●>::::::<●>  \   オプーナが無いとは
     |┃     |    (__人__)     |   どういうつもりだ
     |┃三   \    ` ⌒´    /
     |┃三   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

[]ナムコミュージアム DS ゼビウス革命的な出来事

解像度が足りなくて正直厳しい感じもする本作ですが、実は「ゼビウス」ファンには革命的ともいえる機能が盛り込まれていますね。

もちろん「プレイナビ機能」のことです。

…といっても、マップ上のソルの位置やスペシャルフラッグの位置が分かるというメイン機能のことではありません(スーパーゼビウスのソルの位置が分かるのはうれしいけど)。むしろ、その横にひっそりと表示されている「DIFFICULTY」の表示の方。「ゼビウス」にはもともと、プレイ内容によって難易度が自動調整される機能が入っていましたが、それを視覚的指標でズバリと表示してしまったのは、オリジナルを含め数あるゼビウスプログラムの中でも今作が初めてなのではないか、と思います。私のような古くからのプレイヤーならなんとなく体感していた難易度レベル調整だと思いますが、こうして具体的に見えてしまうのはある意味非常に新鮮な体験だと思うのです(私もそうでした)。へぇー、ゾルバグ壊すとレベルが2ずつ下がるんだー、とか。

これって、ゼビウスの歴史をひっくり返すほどすごいことじゃないか?と個人的には思うのですが、いかがでしょうか?

ただ一方で、今まで明示されてなかった神秘性みたいなものが薄れてしまって、若干興ざめな側面があるのも否めないのですが…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071024

2007-10-20

[]まいにちいっしょ みャイルでやったぜ

毎日欠かさず見てきた「まいにちいっしょ」。ついに…

f:id:fukutake:20071021020314j:image

1000みャイル達成!

というわけで、

f:id:fukutake:20071021020409j:image

金の招き猫を早速引き換え。ちっちゃー!

[]グランツーリスモ5 プロローグ 体験版ダウンロード開始

やっとこさ体験版ダウンロード来たみたいですね。というわけで、軽やかにダウンロードしてプレイ

今更言う必要もないですけど、やっぱこういうゲームHDの解像度は相性がいいですなぁ。ゲームそのものは16台同時対戦のレース形式。前回の「HDコンセプト」はタイムトライアルだけでしたけど、それに比べるとゲームっぽく楽しめるので、個人的にはこっちの方がいいですね。コースもTVゲームでおなじみの鈴鹿なのでシャトルバスを4時間も待たずに済むレイアウトも知ってるし、走り甲斐がある気がします。

でも、さすがにリプレイ時の16台表示でフルフレーム表示はきつかったと見えて、30fpsになってしまうのは残念。また、たまに描画の同期があわないような乱れ方をするのもちょっと気になります。プロローグ本編(ってのもなんか変だな)発売は12月でしたっけ?さすがにそこまでは直らないかなぁ…。

個人的にはネット連携のGTTVとか、モーターショウ連携のアンヴェイル機能が楽しみですね。何気に豪華な作りしてますなぁ。で、中には

f:id:fukutake:20071021021604j:image

このスタイリングに青いヴェイル…これってやっぱりアレだよね!スバルのあの車だよね!!ワクワクテカテカ

2007-10-17

[]ビューティフル塊魂

PS2の初代、2、PSP版とやってきた人としては買わざるをえないわけです。ってゆうか、王様ファン?Xbox360でもこういう一般ウケしそうなタイトルが出てくるようになったのはいい傾向ですな。

というわけで序盤をすこしプレイしてみました。一番心配していた「アナログスティックが左右対称じゃない」ことについては、ほとんど違和感を感じませんでした。直前にプレイしていたタイトルが「操作がスティックじゃないPSP版」だっただけに、むしろすごくやりやすく感じる気もします。そういう意味では、PSP版のほうが「プレイできなくはないとはいえやっぱりキツかったのかなー」と思わないわけでもありませんな。

が、ゲーム内容そのものについては、さすがに過去3作も遊んできただけにやや食傷気味でもあります。いろいろバリエーションはあれど、基本的にやってることはいっしょですしね。

ただ、「大量のオブジェクトを一度に扱う」というゲーム内容そのものは、高性能ハードにうってつけな気がしますね。今回はステージ内で行動範囲が広がるときもロードなし、シームレスになっているようです。ミクロ世界からマクロ世界まで切れ間なく繋がってるって、けっこうすごいことかも。

今回は本格的に「ステージネット販売」のギミックを取り入れてきたようですね。つまり「別途買わなきゃプレイできないステージがある」と。アイマスで味をしめたかバンナムよ。まぁ、そういう売り方もあるんでしょうけど、まだそういう文化になれないせいか、ちょっと抵抗感があるのも事実ですなぁ。

[]レベルファイブ見直した

id:fukutake:20070922#p8で酷い目を見たレベルファイブ。私も少々腹に据えかねたので、大人気なく苦情のメイルなんか送っちゃったりしましたが、製品版に同梱されることになったそうな。

http://www.level5.co.jp/news/071017/popup.html

この対応はありがたい。素直にありがとうと言いたいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071017

2007-10-11

[]ナムコミュージアム DS 悲しき解像度

今日はじっくり通勤電車の中で一通りプレイしてみました。昨日は「画面の設定項目についても充実してます」とは書いたんですが、触ってみるとアーケードそのままの配置で、っていうモードはどうやらなさそうなことがわかりました。

80年代アーケードゲームにあこがれたゲーム戦士的にはやっぱりモニタ縦配置の画面には特別な思い入れがあると思うんです。なので、横持ちの引き伸ばし画面はもってのほか。というわけで縦長表示できる設定としては、横持ちで無理矢理縦表示できるレベルまで縮小したもの、縦持ちでドットバイドット表示(画面の上下左右が欠けます)、縦持ちで画面一杯にはいるように縮小したものの3つがあります。

横持ちで縦表示はさすがにつぶれすぎて厳しいですし、もちろんドットバイドットが一番綺麗で、画面の端が欠けてもほとんど違和感がないように配置や文字数を絶妙にアレンジしてくれてはいるんですが、でもやっぱりなんかアーケードの雰囲気は出ないんですよ。というわけで、自ずと横持ちで画面一杯に表示…を選びたくなるんですが、そのときでも画面比率やスコア表示なんかは若干アレンジが加わっているようです。

PSPとの比較画像を作ってみました。

マッピー

f:id:fukutake:20071012021108j:image

f:id:fukutake:20071012021149j:image

ディグダグII

f:id:fukutake:20071012021516j:image

f:id:fukutake:20071012021501j:image

上下のゲーム関係なさそうな箇所をカットして、スコアやラウンド表示の位置をアレンジしてあります。確かにこうすれば相対的に表示される範囲は大きく出来そうですが、オリジナルに忠実に!という期待からは外れてしまいますね。あと、どういうわけかDS版はちょっと画面が縦長すぎると思います。微妙違和感を感じますね。

そもそも、PSPぐらいの解像度があれば、縮小表示でもそんなに気にならず(フォーカスは甘くなりますが)そこそこいい感じで見られる出力にはなってるみたいなんですが、さすがにDSの解像度では無理があるようにも思えますね。スムージング表示できるようにもなってますけど、効果あるんだかないんだか、と言う感じ。

おまけ関係機能はPSP版よりかなり充実しているだけに、解像度が足りないのが実に惜しい、惜しすぎるのです。まぁ、これ以上はどうにもならないんですけど。「コナミ アーケード コレクション」のときも思いましたけど、ほんと残念ですわ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071011

2007-10-10

[]ナムコミュージアム DS

どうせ買うんでしょ?ええ、買いました。買いましたとも。ナムコレトロゲームは全部やらないと気がすまないですから。…にしても、いい加減いつまで同じようなタイトルばっかり出すんでしょうねぇ。そろそろもう少し冒険してくれよ。

マニアックオプション」という言い回しを見て「PSPナムコミュージアムと同じところが開発かな?」と思ったんですが、どうやら今回は「M2」が担当しているようです。「コナミ アーケード コレクション」といっしょですね。ですので、移植の完成度についてはもう心配する必要も無いと思いますし、オプションや画面の設定項目についても、把握しきれないぐらい充実しています。ただ、ちょっとプレイしてみた感じだと、若干音の再現度が落ちる箇所もちょこっとだけ見受けられました。「ゼビウス」の空中物破壊音とか、ギャラクシアンの隊列の遊動音とか。

今回、一番ウケたのは「ゼビウス」のマニアックオプションに「海賊版モード」があったところ。オンにすると、1面最初の森で出るコピーライトの文言が、デッドコピー海賊版メッセージになります。その発想はなかったわ

あと、なんとびっくり「ゼビウス」は「スーパーゼビウス」(ガンプの謎じゃないよ、アーケード版だよ)も入ってます。オプションで切り替えが出来るようになってました。「ギャラガ」「ドルアーガの塔」「ディグダグII」も基板のバージョン違いが選べます。ここまでやってくれると本当に気持ちがいいです。すばらしすぎます。

[]今日Wiiの日 その1 発表いろいろ

いろいろ発表があったようなので、個人的な感想など。Wiiコネクト24あたりでなんか大きな発表とか無いかな?と期待してたんですが、それほどのことはなかったみたい。

世間的なウケはいいようですが、個人的には正直なところ、Xbox LIVEとかPlayStation Networkで出来てたことがようやっとWiiでも出来るようになったか、という印象ですね。とりたてて「Sugeeeee!!」とまでは思わず。ただ、ようやっとネットワークも有効活用できるようになるかな?ということで期待大です。特にDS体験版が配信されるのは気になりますね。もう、ずーっと前から「いつ始めるのー?さっさと始めろよー」と思ってましたよ。

でもまだ開始まで半年近くあるんですな。またずいぶんと先の予告ですなぁ。任天堂らしくも無い。

  • WiiFit 12/1発売

思ったより早かったですね。来春ぐらいかと思ってました。でもまだ正直正体が分からなくて、面白いのかどうかさっぱり分かりません。カンファレンス映像を見てもイマイチ面白さが伝わってこない気が。値段もそこそこするし、手を出すべきか出さざるべきか…。脳トレを発売日に買った身としてもちょっと食指が動かないのです(ってまぁ、そんなこと言いながら買ってそうですけど)。

問題は…今の部屋だと狭くてプレイできないことでしょうかね。ちゃぶ台と座椅子をどけないとプレイスペースが作れません。これって、毎日気軽に遊ぶにはかなりハードル高そうです。年末に広い家に引っ越す予定だし、それまで待ちかも。

個人的にはモンハンシリーズはやったことないので割とどうでもいいのですが、GCの「バイオハザード」独占騒動(id:fukutake:20041103#p2)を思い出しますね。あるいはPSからSSにロゴがモーフィングした「エネミーゼロ」騒動。

ゲーム会社だって慈善事業やってるわけじゃないのですから、こういう方針転換をしないとやっていけないところもあるんでしょうけど、ちょっと軽率だとは思うのです。ファン不在。そういえば似たようなことでPS3版「ビューティフル塊魂」の一件もありました。そもそも出せるかどうか分からないうちから「開発中」なんて大々的に言わなきゃいいのに。メーカー的にはそうもいかないのかしら?

それにしてもかわいそうなのはPS3。昨日「これからはPS3タイトルの拡充を目指して」って言ったばかりで看板タイトルをライバルハードに持っていかれる心中やいかに。個人的には「それ見たことか!」という気もしないでもないです。

[]今日Wiiの日 その2 ファームアップデート

アップデート更新お知らせ灯(違)が点灯していたので、早速アップデートUSBキーボードが使えるようになったそうで。やっぱしねー。発売日にも書きましたけど(id:fukutake:20061202#p1)ソフトウェアキーボードポインティングデバイスで、って操作はあんまし使いやすくないんだと思いますよ。結局。

ブラウザチャンネルみんなで投票チャンネル更新しました。後者は久々に起動しましたが…どこが変わったのか分かりませんでした…。

[]今日Wiiの日 その3 リモコンジャケット キター

Wiiリモコン用オバチャンパーマアタッチメントキター

f:id:fukutake:20071011004408j:image

試しにつけてみました。結構しっかりとした作りしてますね。確かにグリップ感はかなり増しましたが、それ以上にものすごくゴッツいリモコンになっちゃった気がします。スマートさゼロ。言うならば、

とってもかわいらしくて愛くるしかったポッチャマが、目つきの悪いポッタイシなっちゃった

って感じ(違)。

[]ゲームアーカイブス 月2回更新キター

Wiiのこと色々書きましたけど、それよりなにより今日一番のビッグニュースだったのはひそかにPSPゲームアーカイブスが月2回更新になったことでした。これであの「何が配信されるかドキドキ」感と「またマイナータイトルばっかしでズコー」な気持ちを月に2回も味わえるのです。持ってて良かったPSP

しかし、このところのPSPはホントにイケイケですなぁ。よきかなよきかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071010

2007-10-09

[]廉価モデル発表

あえて新モデルとは書きません。廉価版モデルが発表されました。

http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20071009_ps3.html

値段が下がるのはよい事ですが、ついに下位互換機能を切り捨ててしまいました。EE/GSを切り捨てることは以前から名言していましたが、結局のところ、これは「Cellを使ったソフトウェアだけでのPS2完全エミュレートをギブアップした」ということなんでしょうね。会社のトップが代わって、方針転換がしやすくなった結果なのかもしれません。

低迷にあえぐSCEとしては英断だったのかもしれません。が、個人的にはかなり失望してしまいました。ガッカリです。あんた、もう現行機種持ってるんだからいいじゃン!って思われるかもしれませんが、長い目で見ると、廉価モデルPS2ソフトが使えないだけでなく、現行モデルPS2互換機能についても、これ以上のクオリティアップは望めなくなったような気がします。PS2周辺機器PS3対応、なんて夢の話はもちろんのこと、現行うまく互換が取れていないタイトルについても、もしかしたら今後のアップデートは望めないかもしれません。PS2タイトルネット配信もおそらく今後は見込めないでしょう(あくまで私見で、なんの裏づけもありませんけどね。根拠レス)。

ビジネス的に見れば正しいのかもしれません。私は業界動向やら商売のことなんかさっぱり分かりませんけど、純粋に一人のゲーマー意見としては、なんだか目に見えないいろんな可能性を一気につぶしてしまったなぁ、と思わずにはいられないのです。残念。実に残念。

一方でSCEは、今回の発表を持っていよいよ本気でPS3を売らなくてはならない状況になったと思います。もう過去資産に頼ることは出来ません。どうもPS2時代の成功に胡坐をかいて、PS3の商品戦略には本気が見えないのが心配ですが、むしろこれからの動向に注目しましょう(これでダメなら、いっぺんドン底まで落ちたほうがいいかもね…)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071009

2007-10-08

[]アイドルマスター やっと一人目終了

…すいません。一人目育成中になんとなく飽きてしまって、半年ほど放置プレイをしてしまいました。残り3週ぐらいだったんですが、このままではあまりにも雪歩たんが不憫なので、思い立って今日最後までプレイしました。

…お別れコンサートズタボロ。

最後は雪歩たん泣きっぱなしでした。ダメなプロデューサーでごめんよー。でも、最後まで「プロデューサーさんとお別れしたくないですぅ。うぇぇぇん」と泣き続けた雪歩たんでしたが、最後にはしっかりと

女の子のプロデューサー評価:E+

と冷酷な評価をつき付けられて「ああ、現実って厳しいんだね」と気づきました。

で、勢い余って2週目をスタートさせちまったわけですが。矢口真里高槻やよいと辻加護双海姉妹でユニットを。どうみてもミニモニ。です。本当にありがとうございました。あ、ミカがいないのは仕様です。という感じ。

で、例のとかち姉妹がムカつくのなんの。わがままばっか言いやがってこのゆとり世代め!!とおじさん本気で怒っちゃうよ!!まったくもー。

…いや、これはゲームゲーム。冷静にならねば。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071008

2007-10-07

[][]SUPER PAC-MAN

前々回の記事を書いて思い出した!実はこれも買いました。

http://www.jakkstvgames.com/superpacman.html

以前にもネタにした(id:fukutake:20041012#p1)JAKKS Pacific社のPlug & Playゲームの新作です。新作といっても、発売は結構前なのかな?4種のパックマンゲームが入ってます。つーか、米国の人ってどんだけパックマンが好きなんだか。

今回の注目は「スーパーパックマン」「パック&パル」の2本が収録されているところでしょうか。日本では過去にあまり移植されなかった(PSナムコミュージアムでもスルーされた)不遇なタイトル2本ですね。有名どころではWindows版のナムコヒストリー3ぐらいしかないんじゃないでしょうか。あ、スーパーパックマンゲームパソコンM5にもありましたな。

…てな感じでネタを膨らませていこうと思ったのですが、

http://carnival.namco-ch.net/

Wiiの新作「みんなで遊ぼう!ナムコカーニバル Wii」に収録されることになったようで。わりとギャフン=3。まぁ、そっちもどうせ買いますけど。

完成度に関しては、以前の同社製ゲームマシンと同様に、見た目での移植は結構がんばっているように見えます。細かい演出にもこだわっていて、なかなかそれっぽいです。今作は音楽まわりの再現度も高いですね。ただ、アルゴリズムレベルでの移植度については多分オリジナルそのまま、とはなっていないようです。少なくともパックマンモンスターの動きについてはオリジナルとは違っていると思います。まぁ、そこまでこだわらずに遊ぶ分には充分な出来。モンスターの動きについてもこういうものだと思えばそれはそれで楽しめるのではないかと(オリジナルに忠実なパックマンPSP等でも遊べますしね)。

4つ目の収録作「PAC-MAN PLUS」は、オリジナルパックマンを元に、モンスターのデザインが変わったり(頭に葉っぱが生えてる!)フルーツターゲットモダンになってたり(缶コーラ、アイスクリームなど)、途中で迷路が見えなくなったり、といったアレンジが加わっています。というわけで見た感じなんとなく、日本でもたくさんあったパックマンコピーゲーム(「スキャンダルマン」とか「ポパイマン」とか「ニューパックワン」とか「ピラニア」とか…)のかほりがプンプンするのですが、調べてみたら海外ではミッドウェイ社がリリースしてた正規版があったんですね。

http://www.coinop.org/g.aspx/101253/Pac_Man_Plus.html

これは知らなかった…つーか、本当に米国人はパックマンがどんだけ好きなんだか。

ちなみにこのマシンゲームの筐体がなかなか凝ってます。スティックの持ち手のボール部分が一部透明で、横から見るとパックマンになってたり、手前のコイン投入口を模したスイッチ部分、MENUスイッチが昔懐かしい筐体の返却ボタンっぽくなってたり(しかも電源投入すると赤く光る!)、ゲームセンターあらし世代のゲーム戦士はちょっと胸キュンしちゃうのではないでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071007

2007-10-06

[]カスタムテーマを作ろう

新型発売で俄然元気を取り戻してきたPSPのようですが、ひそかにカスタムテーマ作成ツールが公式リリースされてたんですね。

http://www.jp.playstation.com/psp/dl/tool/psp_customtheme_tool_eula.html

やるなぁ、SCE。で、早くもユーザーワークスなカスタムテーマが色々作られてるみたいです。

http://psp.themesup.net/

試しにWindows XPっぽいカスタムテーマをいれてみたら、すごくよく出来ててビックリ。一発ネタかと思ったら、意外としっくりきてますね。しばらくこれ使おっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20071006

2007-10-03

[][]PlayPal PORTABLE PLAYER

勢い余ってこんなものを買ってみました。

http://www.playpalworld.com/portable.html

海外のPlug & Play系マシン、Master SystemとGame Gearのゲームが20本内蔵されているマシンで、TV(ビデオ端子)に出力できるほか、本体についている2.4インチ液晶でもそのままプレイ可能、しかも電源は単4乾電池3本、というなかなかイカスつくりになっています。本体もプラスチッキーながら渋めの黒メタリック(ちょこっと青入り)でなかなかクール

ビデオ出力したときの画面は、実機Master Systemをビデオ出力したときと同等はクオリティは出ている感じで、充分実用的なクオリティです。っていうか、むしろ気になるのは本体の液晶なのですが、モノとしては昔よくあったポータブルテレビのカラー液晶というか、ハンディカムカラーファインダーというか、そんな感じで、画素が互い違いのHEX状に並んでいる液晶を採用しているようです。なので若干画面は粗め。デジカメ写真を撮ってみました。室内の蛍光灯下でフラッシュなしで撮影しています。

f:id:fukutake:20071003231044j:image

メニュー画面はこんな具合、拡大すると

f:id:fukutake:20071004001509j:image

こんな感じです。まぁ、たしかに荒いんですが、バックライトがとにかく明るい上、かなりクッキリハッキリしている(ビデオ変換とかせずにRGB信号出してるっぽい?)ので、画面そのものは思ったよりかなり見やすいです。

ちなみに、個人的に一番うれしい収録タイトルは「ファンタジーゾーン」。携帯ゲームで出来る「ファンタジーゾーン」はゲームギア版以来でしょうか?画面は

f:id:fukutake:20071003231057j:image

こう。画像がつぶれてるせいもありますが、こう見ても綺麗でしょ?で、拡大すると

f:id:fukutake:20071004001847j:image

さすがにこうやってじっくり見ちゃうと厳しいのですが、ゲーム中はさほど気にならないぐらいの視認性は確保されています。携帯ファミコン「ポケファミ」の暗くてボケた絵作りと比べても雲泥の差ですね。ここまでの綺麗さは期待していなかったので、うれしい誤算でした。

ちなみに収録タイトル

  • Super Columns
  • Astro Warrior
  • Kung Fu Kid
  • Quartet
  • Bomber Raid
  • Sonic Triple Trouble
  • Columns
  • Sonic Drift 2
  • Alex Kidd in High Tech World
  • Alex Kidd in Miracle World
  • Altered Beast (獣王紀)
  • Assault City
  • Aztec Adventure
  • Global Defence (SDI)
  • Fantasy Zone
  • Fantasy Zone The Maze (オパオパ)
  • Penguin Land
  • ECCO Tide of Time
  • Snail Maze
  • The Ninja (忍者)

の20本です。ちなみにお値段はアキバの某店で5千円ほど。8bitなセガフリークは結構買いなんじゃないかな、と思います。先ほども書きましたが、個人的にはやっぱり「ファンタジーゾーン」がうれしいところです。

[]新型、誤算の2台目

なんということか、とあるツテで新型PSPがもう1台手に入ってしまいました。ゴサーン!

f:id:fukutake:20071003232125j:image

またこれかよ。色は選べなかったのでセラミックホワイト。どうせならピアノブラックがよかったなぁ…。って、誤算だったので文句は言わない。

ちなみに、譲渡先はすでに内定(婚約の中の人)しておりますのであしからず

2007-10-02

[]PixelJunk RACERS

http://www.jp.playstation.com/ps3/psn/store_new.html#pixelJR

そういえば配信になってましたね。あんまし話題にもなってないようですが。個人的には以前から気になっていたタイトルなのでダウンロードしてみました。

HDの高精細な解像度を生かして、ちいさな車がチョコマカ走るゲーム。内容的にも操作感も、なつかしの「スロットレーシング」を彷彿とさせます。自由にレーンチェンジできるのがホンモノとの違いですな。いろんな種類のルールがありますが、基本的なルールは固定画面の中をぐるぐると回っているだけなので割と地味。なんですが、自分と同時にお邪魔カーがたくさん走っており、時には避けたり時にはわざとぶつけたり、自機のスピードがどんどん上がっていくとこれがだんだん熱くなってきて、脳汁が出てきます。

ちょっとした時間でさくっと遊べるミニゲーム、でも画面はHD品質ってアプローチは面白いと思いました。続編にも期待。

でも正直言って…この内容で900円は高くないすか?もう少しがんばって欲しいとも思います。

[]リモコンジャケット無料配布

のお知らせが来ました。

http://www.nintendo.co.jp/wii/jacket/index.html

以前からWiiリモコングリップ感が悪いと思っていた(id:fukutake:20061218#p1)ので、ようやっと対応してくれたか、という感じですなぁ。

にしてもこのデザインは…どうなんだろうなぁ。ぶっちゃけキモいっす。リモコン上部の緩衝部っぽい縞々の部分が…ミミズに見えます。グリップエンドが広くなっているあたりはよい感じかとも思いますが、やっぱりデザイン的なスマートさはかなりスポイルされちゃった感じ。まぁ、このダサいデザインがある意味、昔の任天堂っぽい味にも思えますケド。

早速、WiiのWebサイトのトップページ写真も変わってます。徹底してますけど、やっぱかっこ悪いなぁ。

http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html

なんかそのうち、リモコンジャケット要素も考慮に入れた一体デザインの新リモコン、とか出そうな気がします。今回の配布は、旧リモコンユーザへの配慮、みたいな感じで。