フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2008-03-30

[][]ゲームセンターCXミュージアム おかわり

はい、というわけで予告どおり今日CSゲーム番組ゲームセンターCX」のイベントゲームセンターCXミュージアム」

http://www.stylejam.co.jp/gccx/

に行ってきました。構成作家岐部さんの同人誌目当てだったので、とりあえずそれだけ買えたら早々に撤退しよう、と思っていたのですが、気がついたらグランドフィナーレまで残っていました。今日イベント目白押しで興奮しっぱなし。

で、結局

f:id:fukutake:20080331000020j:image

買っちゃってるし。いつ着るんだよう…。とりあえずXLでもウエストがかなり厳しいので、次回のイベントまでにはダイエットしよう!と心に決めました。

ちなみに、岐部さんの同人誌は裏話満載で読み応え抜群でしたが、なんと20冊に1枚封入されていると噂の名刺が当たってしまいました。今年の運を使い果たした感じがします。

さらにインディーズゼロのブースで、「からくり忍者ハグルマン」のデザイナー田中さんの色紙をいただいたのですが、ものすごく時間をかけて丁寧に書いていただいて感激です。

f:id:fukutake:20080331000047j:image

ほおづき姫と小梅ちゃん(と小さくカラクリケーン)とサービス満点な構成。家宝にいたしますです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080330

2008-03-28

[][]ゲームセンターCXミュージアム

CSゲーム番組ゲームセンターCX」のイベントゲームセンターCXミュージアム」

http://www.stylejam.co.jp/gccx/

に行ってきました。

Webサイトでは大々的に発表されてますが、どちらかというとスタッフ手作り文化祭のようなイベントで、平日の昼間ということもあってか思ったよりお客さんも少なく、お客さんとスタッフさんが和気藹々と楽しむ、実に牧歌的イベントでした。なんかのんびり出来て居心地が良かったです。朝一で会場にいって、午後のイベントを見たら帰ろう、と思っていたのですが、気づいたら閉場近くの時間までダラダラと居座ってしまいました。

長居したといっても、物販で限定アイテム買ったり、ステージイベントみたり、漫画家サダタローさんに似顔絵を描いていただいたり(こういうの初めてでしたが、さすがプロうまい!)、ゲーム大会に参加したりといろいろなイベントに参加しつつ、その合間にじっくりと展示物を拝見したり、スタッフさんと記念撮影しつつお話をしたりと、楽しめることが目白押しだったので、あっという間でしたね。おかげでかなり充実した一日になりました。

会場の真ん中に設置された歴史年表(菅プロデューサーと有野課長コメントつき)は圧巻で読み応えがありました。この番組と当ブログは始まった時期がちょうど同時期だったこともあり(id:fukutake:20031129#p1参照。ちょうど「CX」第一回本放送直後でしたな。ちなみに見逃した第1回は再放送でフォローできました)、取り上げる機会も多く、なんか親近感が強いんですよ。番組の歴史を見ていると、一視聴者としてもなんだかものすごく感慨深いものがあります。

ゲーム大会イベントでは、プレイ中にDSゲームセンターCX 有野の挑戦状」開発元、インディーズゼロの鈴井社長から直接裏技攻略のヒントを教えていただけたりもしました。製作者直々にアドバイスをいただけるなんて、初めてですわ。とても親切丁寧に教えていただいて、感激です。TVで観たとおりのお人柄でした。

物販でも色々散在してきました。中でも「ゲーム内雑誌を本当に作ってしまった」という「ゲームファンマガジン」の完成度は見事。読み応えあります。ちなみについに課長制服が公式に発売になるようで、先行販売をしてました。スッゲー欲しかったのですが、手持ちの軍資金が足らず断念…。

日曜日構成作家岐部さんの同人誌を買いに再び行こうかと思ってます。そのときに制服も…?

2008-03-24

[]ライデンファイターズ エイシス

元のゲームをやりこんだわけでも、シューティングが上手なわけでもないのですけど、なんか昔気質の縦シューって最近見逃せないんですよ。というわけで、ヘタの横好きで購入予定だったりします。

買う前に体験版が配信されていたのをプレイしたんですが、ものすごく丁寧に作られていてとても好感触でした。特にビデオ関係の設定項目がすごい。フレームレート(60/57fps)やら、アスペクトレート(ちゃんとDot By Dotの設定もある)やら、モニタ縦置き設定やら、拡大時の補間処理のアルゴリズムまで選べるようになってるって、ものすごいこだわりです。どんなモニターでもほぼ満足いく設定に出来るんじゃないでしょうかね?これだけ丁寧に作られていれば、ゲームそのものの移植度もきっと満足いくに違いありません(私には分かりませんが)。

原作に対する愛を感じますね。こういう好移植にめぐり合う旧作って幸せだなぁ、と思います。

一方で同日に発売する「なんとかPortable」ときたら…実に悲しい限りです。

[]メタルギアソリッド for ゲームアーカイブス

通勤電車で毎日スネークしてます。2以降を否定するつもりはないですけど、このころのスネークゲームとしての面白さと映画的ストーリーものとしての重厚さの比率が一番よいバランスな気がします。写実的に表現された中でゲーム的に都合よく記号化された世界、みたいな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080324

2008-03-21

[]ゲームアーカイブスメタルギアソリッド降臨

というわけで、噂どおりPSの超ビッグタイトルメタルギアソリッド」が配信開始されたようです。PSP携帯しながらプレイできるってのは非常に有意義ですね。折りしもPS3メタルギアソリッド4の予約開始日にあわせて配信してきたところにも、コナミSCE気合を感じます。ゲームアーカイブスファンとしては本当にうれしい!

で、今回はイレギュラーな日程での配信だったので特別なのかな?と思ったら、他にも配信タイトルがありましたね。割とメジャータイトルな「エリーのアトリエ」とか「デザエモン KIDS」とか、こちらもいい感じ。

おっと、ちゃんとハムスタータイトル麻雀も入ってましたよ。そういうところもちゃんとハズさないアーカイブス。偉いというかなんというか…。

[]メタルギアソリッド4 予約完了

というわけで、私もひそかにコナミスタイルでの予約完了。つーか、コナミスタイルのサイト今だに重いんですけど(現在朝3:10)。俺、よくこんなサイトから買えたなぁ…。

[]海腹川背Portable…が大変らしい

来週発売されるこのタイトル、なんかバグだらけで往年のファンの間では大騒ぎになっているとか。

http://www32.atwiki.jp/kawasepsp/

これは酷い。

私自身はこのシリーズはそれほどハマったことはないものの、SFC版が発売した当時から知っていて、なんだかすごく気になっていた、けれどタイミングを逸してあまり遊べなかったタイトルだったんですね。で、SFC版は一応持ってますし、それなりにプレイもしています。すごくへたくそですけど。

こういう、特に一部マニアに絶大なる支持を受けているゲームが安易にリメイクされて失望される、そういう事例をいくつも見てきて、実際に失望する立場になったこともたくさんある私としては、ファンの方々の気持ちが痛いほど伝わってきます。そういうファンの気持ちとか立場って、メーカーの人はどう思ってるんでしょうね。

安易に劣化版だされるぐらいなら、思い出のままそっとしておいて欲しいのに。

新しいハード移植されると聞いたときのうれしさと、ちゃんと作ってくれるんだろうか?という漠然とした不安、大ハズレしたときの絶望感、いつの世も変わらないのですなぁ。

ちなみにPSP版は私も発売日に買おうと思ってましたが、とりあえず先送りにして中古PS版「海腹川背 旬」を買いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080321

2008-03-19

[]ゲームアーカイブスにあのビッグタイトルが?!

最近はズコーどころかネタギレ感も漂うPSPゲームアーカイブスですが、なにやら、あの超ビッグタイトルが登場する?!とかいう噂が。

大佐「一体どういうことなんだ?スネークスネーク?!スネェェェェーーク!!!」

そんなメジャータイトルが配信されるなんて!ハムスターゲームとか麻雀とかパチンコじゃないなんて!そんなの、僕の知ってるゲームアーカイブスじゃないやい!!

とか思ってしまう自分がちょっと悲しくなってみたりします。いや、別にマイナータイトルの配信が悪いわけじゃないですよ。そういったタイトルが日の目を見るは良いことですし、自分自身も知らなかったタイトルとのめぐりあいがあるので楽しいんですけど、やっぱたまにはメジャー級のビッグタイトルもないとねー、と思うわけです。そういう意味で、今回の噂がもし本当なら、もうものすごく期待しちゃいますよ。

どうも大手のメーカーは、過去作の配信にあまり積極的な姿勢をみせないみたいですが、今回の英断には拍手を送りたいです。

[]無限回廊

買いました。コンセプトとゲームデモを見た時には「すっげー面白そう!」と思ったのですが、実際にプレイしてみると…予想したほど面白く感じないのは何故でしょう?

正射影による錯視を利用した内容なので、理不尽な解法を要求されることが多いのは当然だと思うのですが、錯視が成立する条件が意外とあいまいなので「こうすると空間が繋がるのに、こうだとなんでダメなの?」となる状況が多く、クリアできてもなんだか納得いかないことが多い気がします。成立する基準がわからない、と。

あと、基本的にプレイヤーの行う操作は視点を動かすことだけなのですが、結構緻密な操作を要求されるのもイライラする原因かもしれません。ピッタリあわせないと錯視が成立しないのになかなか合ってくれないとか、あと若干ではありますが、線があるのに空間が繋がってしまったり、また逆もしかりだったりして、あいまいな条件下での見た目と効果のギャップが出てしまうことがときたま発生してしまうのが残念。まぁ、三次元空間とニ次元描写のギャップを扱うというモチーフそのものが、CGで扱うにはかなり大変なシロモノであるでしょうから、ある程度は仕方ないのかもしれませんけど。

エンジニアの立場では、むしろ錯視をどうやって3DCGで再現しているかが気になりますね。

[]何かあったのか?

さっき、amazonをみたらゲームランキングがとんでもないことになっててビビりました。

f:id:fukutake:20080319204207j:image

…なんかあったんすか?スネーク効果…じゃないですよね、まさか。

そういえば最近電車の中でやたらとPSPやってる人を見かけるようになった気がします。気のせいかしら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080319

2008-03-18

[]写真チャンネル復旧プログラム

id:fukutake:20080214#p1で書いた「スマブラXアップデートすると写真チャンネルが1.0に戻せなくなる罠」の復旧プログラムがこっそりと公開されてたみたいです。

http://www.nintendo.co.jp/wii/rsbj/info02.html

まぁ、こっそりアップデートして機能ダウンされてたらそりゃ困るわなー。

なんだかややこしいというか、おかしなことになってしまいましたな。そもそもmp3の蓋を今更こっそりふさごうとしたことそのものが、ナンダカナーってことだと思うのですが。

以前の度重なる本体アップデート不具合といい、IT家電的な側面での任天堂の弱さを見た様な気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080318

2008-03-16

[]Homeはどこへ

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080315/ogc_02.htm

Homeの実機映像が紹介されたそうで。コンセプトもセカンドライフというよりはマッチングロビー的な内容に舵を切りなおしたようで。

…新規情報聞いてもちっともワクワクしないのは私だけでしょうか?

本気でやるつもりなんでしょうかね?セカンドライフもすっかり廃れてしまった(らしい)し、今さら感がぷんぷん漂ってくるのですが。

ぶっちゃけマッチングのためだけにHome起動する時間と手間かけるぐらいなら、ゲームを直接起動しちゃうでしょ。それこそ、XMBやめて標準ソフトとして真っ先に起動できるとかしないと、メリットが感じられない気がします。

SNS的アプローチは、いっそ「まいにちいっしょ」に任せて集約しちゃったほうが、なんぼか魅力的だと個人的には思うんですがね。

SCEPS3に何を求めているんでしょう?さっぱり分かりません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080316

2008-03-12

[]アイドルマスター ライブフォーユー

昔、フジテレビのイベントでやってたやつだよね!ってそれは「ライブユーフォー

…ってなボケ置いといて(つーか覚えてないすよね)。

えー

別に話題を避けていたわけではないのです。

つーか、konozamaが発動してプレイするのが遅くなってしまい、しかもこのところ思ったより多忙ゲームやってる時間がなかなか取れなくて、話題に出来なかっただけなのです。

というわけで、結局限定版を買っておりまして、少しずつ進めているところです。まだ全曲クリアしてませんけど。

どっちかっていうとファンディスク的なイメージもある今作ですが、確かに出来ることは思ったより少ないです。ユニット組んで、曲と衣装決めて、パート割り決めて、あとはリズムゲーム、という感じ。結構ストイックな内容ですね。

それにしても、リズムゲームにヲタ芸ってのがこんなにもハマるもんだとは思いもしませんでした。つーか考えた人偉い。結構楽しい&気持ちいいのです。よもや、我が家で一人PPPHが出来る時代が来ようとは!

って、多分傍から見たらきっと「きんもーっ☆」。

でもいいんです。自宅なら人目も気にならないし。ビバ!プロデューサーさん

難易度によってヲタ芸でなく楽器の演奏になったりもするようですが、掛け声の気持ちよさを考えるとむしろそっちは魅力半減な気もしました。

それと、前作はオーディション合格しないとライブプレイができなかったので、ゲームがうまくないとライブを楽しむ機会も少なく、衣装のコーディネイトとかを楽しむにはそれなりの熟練が必要だったような気がします。なので、私のようなヘッポコプレイヤーだとダウンロードコンテンツで衣装を買ったりするほどのモチベーションには繋がらなかったのですが、一方で今回はすぐにライブプレイが楽しめるので、衣装コーディネイトも充分楽しめるようになりましたね。

…ということは、当然新しい衣装が欲しくなったり、買うことに対するモチベーションも高まるわけで…危険です。これは危険ですヨ。実際、私もちょこっと衣装とか欲しくなってみたり…いや、残念ながらなかなか買えませんけど。

とりあえず、いきなりエクストラアイテムに「スクールミズギ」とか出てきてビックリしましたが。ナムコも変わったのう…。ステージで着せるとなんだかほのかに「売れないヨゴレアイドル」のようなふいんき(←略)が…ハァハァ。って、べ、別にスク水好きなわけじゃないんだからね!ネタとして見てみたかっただけなんだからっ!

こっそり某フレンドの人とスコア争いしてます。これがまたちょっと楽しかったり。実績を全部オープンにするのも割と簡単らしいので、とりあえずそこぐらいまではプレイしてみましょうかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080312

2008-03-08

[]HD DVDドライブキター

id:fukutake:20080227#p1で注文した外付けHD DVDドライブが届いてしまいました。

f:id:fukutake:20080308113344j:image

とりあえず接続して本体もアップデートしましたが、ソフトがないので、トレイを開閉して満喫しています。まぁ、コレクターズアイテムね。

[]課長椅子

ゲーム書斎パワーアップ計画その壱、思い切って買ってしまいました。

f:id:fukutake:20080311011327j:image

ゲームセンターCX有野課長椅子!!!

http://www.dinos.co.jp/defaultMall/sitemap/CSfLastGoodsPage_001.jsp?DISP_NO=005052007002&GOODS_NO=382971

いやーこれ、欲しかったんですよ。ちょっと高かったですが、摩訶不思議感覚で座り心地も満点。座ってると顔がニヤけます。これで「カイの冒険」の98階を9時間やっても大丈夫です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080308

2008-03-06

[]付け焼刃

実は来週、数年ぶりにTOEICを受けることになったんです。前回受けたときは米国出張の直後でそこそこ耳も慣れていたんですが、それから数年…最近は日常で英語に触れる機会もめっきりなくなり、サボり効果で英語力が抜群に落ちていることが容易に想像できます。

というわけで買ってきました。「TOEIC TEST DSトレーニング

…一週間程度やったところで無駄無駄無駄ァァ!なのは分かるのですが、気休めに。

2008-03-05

[]みんなの常識力テレビ

DS版は買ったけど、脳トレゲーム食傷気味だったせいか結局あんまし続かなかったんですよねー、と思いつつ、なんとなくWii版も買ってしまいました。

今作は、より問題のジャンルが多彩になっていますね。DSのときはマナーとか生活とか全体的に内容がお堅い感じもしたのですが、今回はそれに比べると遊びとか雑学系の問題もあったりして、砕けた感じというかとっつきやすくなった気がします。

進行の演出も、ナビゲーター役の音声合成がついてきたりする要素もあってか、TVのクイズ番組に参加しているような感じで好印象です。「テレビの友チャンネル」でTV業界に擦り寄っておいて、翌日にはTV業界を食うようなコンテンツの発売、任天堂…なんておそろしい子!

中には「みんなで投票チャンネル」と連動している問題もあります。って、それって常識かよ!!とツッコミたくなる気もしますが、ようやっとあのアンケート結果を活用するコンテンツが現れたということで、それはそれで興味深いですな。

まぁ、難しいことはさておき、とりあえず言っておきたいことは、

f:id:fukutake:20080306014226j:image

進行役が ま た メ ガ ネ 女 教 師 ! !

ちなみに前作 > id:fukutake:20061025#p1

ますたぁますたぁ 2008/03/06 12:16 最近、メガネ教師というとエドはるみを連想してしまいます…

fukutakefukutake 2008/03/07 02:18 吉本芸人すか。知らんかったですわ。
TV見ないせいか、最近のお笑いについていけてないなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080305

2008-03-04

[]テレビの友チャンネル

「我が局の視聴率が落ちたのはWiiのせいだ!」なんてトンデモなことを言ってたテレビ局のお偉いさんがいましたが、そんなWiiTVとの共存を選んだようです。というわけで、早速落として試してみました。

ゲームハードを使ってサクサク動くUIもさるものながら、ネットを使って番組の注目度を投票、共有できる機能なんかは、実は誰でも考えつくようなことだと思うのですが、意外とそれを本気でやろうと思っていた人は少なくて、それを実際にモノとして出しちゃったところにはすごいことですなぁ。正直脱帽します。

ただ、一番の問題は…

TVを見るだけのためにWiiを起動しないよね。

ってことでしょうなぁ。最近の地デジTVならEPGは当たり前の機能ですし、Wiiとはいえ本体を起動してチャンネル開いて…ってのは意外と手間と時間のかかる作業ですし。最初は面白くて使うだろうけど、継続的に使うにはかなりモチベーションが必要だろうな、と。

今回のチャンネルWiiリモコンを直接TV制御に使えたりと、TVとのシームレスな連携については結構がんばっているのは分かるんですが、がんばっている分だけに、結局いつぞや書いたこれ(id:fukutake:20061115#p2)が最大の足枷なんだなぁ、としみじみ思ってしまった次第です。

もっともうちの場合はスタンプ押してわいわい楽しめる家族もいないし、そもそも地上波放送は「タモリ倶楽部」と「ガキの使い」ぐらいしか見なくなってしまったので、またしてもターゲット層には入らなさそうです。残念。せめてCS番組表が見れたらなぁ…。

一方で、エンジニア的には「センサーバーの光を壁に反射させてTVコントロール」っていう力技にはちょっと惚れました。外付けチューナやロケーションフリービデオデッキと連動させるために外付けの赤外線発信機をつける「AVマウス」ってのはわりと昔からありましたけど(私も使ってましたが、意外とこれが便利なんですヨ)、発想的にはそれと同じですね。ただし、それに輪をかけた無茶っぷり。ちょっと無理矢理っぽくも思えつつ、その手があったか!と。確かにWiiリモコンセンサーバー関係って、TVリモコンのしくみとは真逆ですから、そのままでは赤外線コントロールできませんしね。

TVと対面する壁までの距離がそこそこある我が家環境でも問題なく動きました。センサーバーの出力って結構強いのかしら?起動時に注意書きが出てきましたが、確かに別の機器が誤動作したらちょっと怖そうな機能ではありますが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080304

2008-03-02

[][]ドルアーガの塔ブーム到来

先週から私の中で突然「ドルアーガの塔プレイしたい!」という欲求が高まりまして…1週間で3回もクリアしてしまいました。うち2回は東京〜名古屋間の新幹線の中。行きはDS版「ナムコミュージアムDS」、帰りはPSP版「ナムコミュージアム Vol.2」と、ちょうど片道で60階通しでプレイできる感じで面白かったです。

まぁ、両ソフトとも宝の出し方をアンチョコで見ながらプレイできるので、ヌルいといえばヌルいのですけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20080302