フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2008-12-31

[]悪魔城ドラキュラ THE MEDAL

今年のゲーム納めはこのゲームになりました。

f:id:fukutake:20090104032142j:image

http://www.konami.jp/products/am_dracula_medal/

コナミメダルゲーム悪魔城ドラキュラ THE MEDAL」。ドラキュラメダルゲームになるとは聞いていましたが、調べてみたら割と近所のお店にもあったのでプレイしてみました。

f:id:fukutake:20090104184000j:image

PSPの「悪魔城ドラキュラXクロニクル」のグラフィックとキャラをモチーフにしたスロットゲームですね。この手のゲームはあまりやったことないのですが…プレイしてみてもなんだか要領がつかめず、正直よく分かりませんでした。要はメダルを入れてベットしてアタリ目が出たらおめでとう、ってことなんでしょうけど…ってそんだけなの?!って感じ。みるみるメダルばかりが吸い込まれていって、面白さがよく分かりません。2000円分のメダルが消えかけたときに1回だけ「RUSH MODE」ってのになってなんだかリヒターが敵を倒したり、狼男ボスが出てきて対戦したり…ってイベントが発生したんですが、そこで何をすればよいのやら(もしかして何もできないのかしら?)さっぱり分からず、気がついたら終わってました。

…うーん、いくらモチーフがドラキュラだからって言っても、正直私には合わないゲームだったのかもしれませんな。

2008-12-28

[][]ドラキュラII 呪いの封印

クリスマスイヴ(id:fukutake:20081224#p1)の続きをプレイしてクリアしました。

f:id:fukutake:20081228025921j:image

もとよりグッドエング(c)有野課長を見ようなんて思ってないおきらくプレイだったのですが、「フンドウノムチ」の入手に妙にてこずってしまい、15日以上かかるダメエンディングになってしまいました。昔はもっとサクサク進んだ気がするんですが…こんなに面倒でしたっけ?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081228

2008-12-27

[]うつすメイドインワリオ

遅ればせながらDSiウェアの「うつすメイドインワリオ」をプレイしてみました。画面に映る自分のシルエットを動かすことでプレイするミニゲーム集ですね。

職業柄、この手のゲームのしくみが気になるのですが、完全にカメラを固定した状態(本体を机の上においたりして)でのプレイということで、動き検出とか顔検出、画像間の差分なんかをつかって判定しているのではないかと思います。一応顔のパーツ検出なんかもしてるみたい(目の位置とか)。最初の記念撮影でキャリブレーションをしているっぽいですが、この演出は面白いですなぁ…とか、まぁそんなことはどうでもいいのですが、自分の動きが画面に反映されるまでに若干のタイムラグがあって(画像処理時間かな?)、その辺の感覚がつかめるまではなかなか難しいですが、慣れてくると何とかなってきます。

って、ただ自分の姿を使ってゲームプレイする、ってだけなら「EyeToy亜流か」で済んでしまうのですが…

(ちょっぴりネタバレっぽいので、隠します)

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081227

2008-12-24

[][]クリスマスイヴは…

ろうそくと十字架と賛美歌のゲーム、ってことで「ドラキュラシリーズプレイするのです。

今年は「ドラキュラII 呪いの封印」をプレイしました。バーチャルコンソールだとロード時間が短くて快適ですね。

ドラキュラの心臓」を入手したところで明石家サンタが始まったので終了。

[][]クリスマスイヴは…

そういえば昨年はひたすらゲームセンターCXの「カイの冒険」を見ていたんでした。しかもちょうど引越しの日で、荷物の移動が完了した直後にチューナーTVHDDレコーダー繋いで、ヘトヘト状態のまま朦朧としながらの視聴…すごい一夜でしたなぁ。

というわけで、なんとなくあのBGMを聞きたくなる今夜なのでした。

2008-12-23

[]ツインゴッデス

id:fukutake:20081215#p2

なんとなくですが、PSのかの名作「ツインゴッデス」を思い出します。次に買うのはそれか?

なんて書いちゃったので、本当に買ってきちゃいました。

思ったよりちゃんと出来てますね。ちゃんとしてるだけに、実写合成に違和感ありまくりな気もしますが。

で、意外とムズいスわ。全然勝てません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081223

2008-12-20

[][][]ゲームセンターCX DVD発売記念握手会&スタンプラリー

というわけで今回も行ってきました。今年のイベント計4回ありましたが、皆勤賞(id:fukutake:20080328#p1id:fukutake:20080824#p1id:fukutake:20081012#p3)ですな。

11時にアキバヨドバシに到着し、握手会の参加券をもらったのち速やかにスタンプラリー開始。5ヶ所のチェックポイントでスタンプを押し、最後の一ヶ所はヒントを元に探し当てる、というものでしたが、実は最初のヒントでだいたいの位置は特定できちゃいました。オレって冴えてる!(実は別のヒントはむしろよく分からなかったりしたんですが)。

スタンプポイントゲームセンター「Hey」ではお台場冒険王のときもあった「スペースインベーダーCX」(id:fukutake:20080824#p1)に再会。前回は無料開放で1機設定でしたが、今回は1クレジット100円で3機設定。あいかわらず課長の声がかなりウザい(褒め言葉ですって)です。

てなわけで、スタンプラリーはあっさりとクリア。最終ポイント「謎の場所」では、AP東島さんとタニーさんがお出迎え。タニーさんには「あれ?今日はずいぶん遅かったんじゃない?」と声をかけていただきました。覚えててくださったんですなぁ。

スタンプラリーは終わったのですが、同時イベントで作家の岐部さんを探す「キベラリー」というイベントも開催中とのことで、早速アキバの街に戻って探しまわりました…が、中央通りを3往復するぐらい歩き回ったのですが、人が多くて全然見当たらず。つーか、ヒント少ないっすよ岐部さーん。

てなことやってるうちに、握手会の時間が来たので会場に移動。結局アソビットシティアキバヨドバシの2ヵ所をはしごで参加してきました。2ヵ所参加して思ったんですが、やっぱりこの手のイベントをやりなれているアソビットシティのほうがクオリティが上ですね。会場への移動もスムーズで、席順もくじ引きなので公平です。一方のヨドバシは、オープンスペースなので寒い上、買ってない人でも余裕で見れちゃう不公平さだったり、参加者スペースも狭い上に立ち見で先着順という感じ。イベント運営としてはスムーズに進行していたのですが、参加者への配慮という上ではアソビットのほうが数段上な印象を受けました。

課長のトークは相変わらず軽妙で楽しく、適度におなじみのスタッフも絡んできて、とても楽しいイベントでした。

さて、16時前にイベントは終了したのですが、相変わらず岐部さんを探さねばなりません。どうしよう…と途方にくれてWebの速報掲示板をみると「今から謎の場所(ゴール地点)で余りを全部配ります」との書き込みが…。そこから猛ダッシュで一路謎の場所を目指し、なんとかギリギリで岐部さんの賞品をいただくことが出来ました。残りあと数枚だったようで…ラッキーだったわ。でも疲れたわー。

ゴール地点ではその後もプロデューサの菅さんとお話できたり、新キャラ渡邊さんにもお会いできました。スタッフさんとのこの距離の近さがまた楽しいのですな。春の「ミュージアム」イベント(id:fukutake:20080328#p1)同様、手作り感にあふれていて、大スター有野課長が出てくる握手会イベントとはまた違った魅力がある気がします。だからこの番組大好き。

f:id:fukutake:20081220120349j:image

来年もいろんなイベントがあるといいなぁ、と思いつつ、会場をあとにするのでした。

2008-12-19

[]ゲームセンターCX DVD-BOX 5

本来の発売日は21日ですが、フライングで今日ゲットしてきました。早速特典映像ドルアーガの塔」を鑑賞。チョメチョメ。

明日は握手会&スタンプラリー。私も一日アキバを駆け回ります。勢い余って握手会を2ヵ所で予約してしまったため、もしかするとDVD-BOXももう1個購入?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081219

2008-12-18

[]ロボット起動

夜中にふと思い立って、ファミコンロボットを起動してみることにしました…ってなんでやねん。突如として昔のゲームを引っ張り出してみたくなったりするもんなんです。

f:id:fukutake:20081220010241j:image

我が家にはどういうわけか2台のロボットがありまして、そのうち1台は発売直後に買って使い続けてるもの、もう1台は後日安売りしていた中古を衝動的に保護してきたもの。

f:id:fukutake:20081220010250j:image

んで、こっちが発売直後に買ったほう(B装備)です。よく見ると、あの映画のウォーリーに似てますなぁ。っていうか、Pixarパクリ疑惑発覚か?!(んなこたーない)。

発売直後とはいえ、いくらゲーム好きでもこの「ロボット」に手を出す人は相当ファミコンに入れ込んでいるか、あるいは相当の好き者だったであろうと思います。当時のファミコン仲間でも買ったのは私だけでした。正直プレイできるゲームは当時のセンスをもってしても微妙だったんですが、それでもTV画面の前でギーギー音を立てながら動く様子にワクワクしたものです。

というわけで、久々に電池をいれて動かしてみたのですが…残念ながらすでに動かなくなっておりました。まぁ、確かにしばらく放置プレイだったしなぁ…と思いつつ、なんとなく電池ボックスの金具に緑青がふいていたのが気になってガリガリ削ってみたのですが…

…動いちゃった。

これまでの沈黙がウソのように、元気よく起動しました。よかった。まぁギミック的にもそんなに複雑なもんじゃなさそうだし、さすがは「枯れた技術の水平思考」ですなぁ。

というわけで、うれしくなって「ブロック」をプレイしたんですが…それにしてもこのソフトユーザ任せっぷりは潔いぐらいですね。初期ブロックの配置はおろか、プレイしたあとのブロック配置判定も基本的にプレイヤー任せ。正直ロボットは動かさずとも…っていうか、究極的にはプレイすらしなくてもゲームは進行していきます。

ファミコンTVも、目の前のロボットを動かすためのデバイスでしかなく、ゲームそのものの勝敗設定はプレイヤー自身が行うという…アナログなんだかデジタルなんだか分からないあたりが、ステキです。もはやゲームではなく玩具なんですよねー。

さすがにそれではまずいと思ったのか、「ジャイロ」では2コントローラーを使ったフィードバックを返すようにはなってましたが。

でも、なんかこういう発想、私は嫌いじゃないです。勝ち負けじゃなく、機械を動かして遊ぶ純粋さがあるというか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081218

2008-12-16

[]ゲームセンターCX 特別編

昨夜放送された特別編、もちろん見ました。ゲスト呼んでトークして、プロモビデオ流れて…



つくづく「この番組地上波に持ってきちゃダメだなぁ」と思いました。



まぁ、今回みたいにたまにやる分にはいいんですけど。

「ディシジア ファイナルファンタジー」のPV、メチャ長かったですなぁ。ワンセグでもチェックしてましたが、CM時に流れていた放送も雑誌「コンティニュー」の方のインタビューだったり、PS3PSP(だけ)の新作紹介だったり。いろいろお金の匂いがしました。

[]DSiウェアついに配信決定

DSi発売後、まったくやる気の見えなかったDSiウェアがついに本格始動するそうで。

http://www.nintendo.co.jp/ds/dsiware/index.html

いきなり13タイトルも集めたなんてすごい!と思いましたけど、よく見ると…微妙に水増し感が漂ってます。「鳥とマメ」「紙ヒコーキ」って初代「メイドインワリオ」のネタだし、「マジック大全」やら「アソビ大全」のネタの切り出しだったり…まだ「脳トレ」でひっぱるの?!って感じだったり。若干お茶を濁されてる気もします。

本命はDSi500のタイトルですかね。どことなくGBAの「bit Generations」を彷彿とさせるパズルゲーム2タイトルと「うつすメイドインワリオ」は面白そうなので買ってみようかと思ってます。

このラインネップを見てると、個人的に好きだった「ネコロイド」とかもそのうち来そうな雰囲気。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081216

2008-12-15

[]120G HDD導入

というわけで、id:fukutake:20081119#p1で注文した360用の120G HDDがようやっと届きました。

f:id:fukutake:20081215124151j:image

HDDインストールができるようになって、だいぶ品薄だったようですね。汎用品じゃないので容量の割にお値段が高いのがナンですけど、データ移行用のケーブルとソフトがちゃんと付属しているのは、すばらしい気遣いだと思いました。PS3の場合は汎用品使えますけど、その辺はオウンリスクですからね(逆にps3の場合は、バックアップのしくみがしっかりしてるので、それも非常にありがたいんですけど)。

というわけで、1時間半ほどの作業で無事移行完了。HDDインストールもし放題ですよ。ヤッホー。

[]大江戸ファイト

f:id:fukutake:20081215232412j:image

買っちまった…。先日トライタワーで久々に見かけて(id:fukutake:20081130#p1)、それ以来頭の片隅にずーっと印象が残ってしまい、うっかり買ってしまったのです。

f:id:fukutake:20081215232420j:image

f:id:fukutake:20081215232357j:image

コントロールボックスを買って15年ぐらいになりますが、実は初めての「キックハーネス」対応基板だったりします。一度も使ったことなかったボタンがようやっと役に立ったわ…ってよりにもよってこのゲームか。

f:id:fukutake:20081215233011j:image

紅一点の「霞」たん…。格闘ゲームで「カスミ」といったらこの人ですよネ!というわけで「大江戸ファイト」はギャルゲー認定。なんとなくですが、PSのかの名作「ツインゴッデス」を思い出します。次に買うのはそれか?

2008-12-10

[][]ゲームアーカイブス メジャータイトル連発

最近、割とメジャータイトルの配信(神配信)が続いてますね。スクエニがだいぶ積極的になってきたみたい。一体何が起きたんだろう…。

Σ(゚Д゚)ハッ!

次の配信、2週間後は12/24のクリスマスイブ!ってことは、ここできっとすごい配信があるに違いない!!

たとえば、全部パチスロの「山佐アーカイブス祭」とか!!!

…今のSCEJの空気の読めなさからして、ありえなくもないところが怖いです。

[]ドラクエXWii

個人的には初代しかプレイしたことがないヒネクレ者なので、割と興味なさげな「ドラクエシリーズなのですが、それでもやっぱり日本のゲーム産業は今だ「ドラクエ」を中心に回っているといっても過言ではないわけで。そんな「ドラクエ」の次々回作がWiiで出ることがもう発表されたそうで。

…いくらなんでも、なんか発表早すぎね?

発売はずいぶん先なんでしょうけど、このタイミングでの発表には驚きました(勝ち馬に乗る、と明言している以上Wiiで出るのはそれほど意外でもなく)。

つーかなんとなく、初めて携帯ゲームで出すことになったことが賛否両論を巻き起こした「ドラクエIX」に実はそんなに自信持ってないのかも…と穿った見方をしてしまう私。まぁ、実際は黙ってても売れるでしょうけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081210

2008-12-09

[]街 〜運命の交差点〜 特別篇

レイトン」が一段落したので、今日から通勤電車のお供がこのソフトになりました。まだ序盤なのですが、あっという間にバッドエンドになってばかりで、まだいまいちプレイのカンが掴めてません。

一通りの登場人物の話を一度プレイしてからザッピングしてみようかな、という感じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081209

2008-12-08

[]レイトン教授と最後の時間旅行 オワタ

ストーリーモードクリアしました。1週間半ほどかかりましたね。前作は去年の11/28から始めて12/11に終わってるので、3日ほど早かった感じ。全体的に今作のほうがかんたんなナゾが多かった気がします。

それにしても…ストーリーの最後で泣きそうになりました。電車の中で涙こらえるのに必死。ああいう話に弱いんです私。

ますたぁますたぁ 2008/12/09 23:00 自分も一昨日クリアしました。
謎は前作に比べ優しかったですね〜

エンディングはそうきたか〜という感じ。なかなかよかったですねぇ

fukutakefukutake 2008/12/10 21:19 クライマックスの展開は割と無茶ありすぎで「こんなんアリ?!」って感じなんですけどね(まぁ、過去作もそうでしたが)。あの最後は…そりゃ泣けますよ。
まだ結構解き残しのナゾがあるので楽しめそうです。

2008-12-07

[]ゲームセンターCX DVD-BOX5発売記念イベントに向けて

なんか今月は「ゲームセンターCX」関連のイベント目白押しのようです。

http://stylejam.co.jp/gccx/

というわけで、今日は朝もはよから秋葉原に繰り出し、12/20に開催される「300人握手会 in 秋葉原」の参加チケット引換券をゲットしてきました。最近すっかりメジャーなっちゃったし結構争奪戦厳しいかなぁ?とも思いましたが、現地に行ってみたらそうでもなかったです(とはいっても、お昼ぐらいにはもうなくなってたみたいですが)。

元々予約していたヨドバシカメラakibaで引換券をゲットしたあと、なんとなくアソビットシティ方面に向かってみたら、そこもまだ余裕だったようで、うっかり貰ってきてしまいました。こうなったらいっそ2つ買って2ヵ所制覇しようかとたくらんでおります。って、お前はどんだけ好きなんだよこの番組

でも、こういうのにどっぷりハマるのってなんかとても楽しい…。

もちろんスタンプラリーもやりますよー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081207

2008-12-06

[]TRY

言ったからにはやりますよ。やれば出来る子なんです。というわけで

f:id:fukutake:20081207232118j:image

本当に(id:fukutake:20081124#p1)サンヨー3DO TRYをゲットしちゃいました。ちょうどいいタイミングオークションで見つけちゃったので。こうしてみると、一昔前のVHSビデオデッキみたいに見えますなぁ…ってゲーム機自体も一昔前のシロモノかぁ。

f:id:fukutake:20081207232142j:image

コントローラー。当然ながらロゴが「SANYO」になってます。HITACHIロゴのサターンコントローラとか思い出しますね。

f:id:fukutake:20081207232408j:image

動画面。堂々としたロゴです。

おまけでソフトも色々付いてきました。3DOソフトって何種類ぐらいあるんでしょうね?次はソフトコンプ?と思いましたけど、結構あるみたい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/3DO%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E4%B8%80%E8%A6%A7

流石に無理ぽ。

[]渋谷会館

昼間、久々に渋谷に行く用事があったので、ゲームセンター渋谷会館に寄ってみました。学生の頃はよく来てたんですけどね。当時はアタリ「スターウォーズ」の筐体なんかもあって、よくやったもんです。

というわけで、当然のように最上階のレトロゲームコーナーに行ったんですが…入り口すぐにはやっぱりMAME筐体が…時代の流れか?とはいえショックです。こんな安直な方法でレトロゲームフロアを名乗って欲しくないです。

…と、失意のまま奥に行ったら、一応純正レトロゲームもそこそこ置いてあったのでちょっと安心。覚えてる範囲では

…もっとあったような気がするんですが、いまいち思い出せず。レトロゲーはオムニバスな復刻版になってますな。メンテの都合もあるし、これはこれでしょうがないのかもしれません。MAME基板なんか置くよりよっぽどマシですヨ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081206

2008-12-03

[]バンバンカー 訂正

宇宙一の「バンバンカー」サイトを目指すからには、きちんと訂正もしなければ!というわけで、お詫びと訂正。

先日の記事(id:fukutake:20081201#p1)中の記載

敵をかわしたり迷路そのものを飛び越えたり出来ます(無茶な飛び方をしても迷路から外れることはないようです)。

は嘘っぱちでした。迷路を外れて木に突っ込んだりしてミスになることがあります。ご注意ください…って、どうでもいいですか…。

[]四ツ谷

ファミ通クロスレビュー40点、という触れ込みでだいぶ売れているようですが、釣られた人がここにも一人。amazonにしては珍しく前日に出荷されたみたいで、明日届きそうな勢いです。受け取れないけど。

とはいえ、実は前作「街」は以前からやってみたいやってみたいと思いつつ、今だ未プレイなのです。というわけで、PSP版の「街 〜運命の交差点〜 特別篇 」も買ってみました。まずはこっちからプレイしてみようと思います。

え?!「428」って「四ツ谷」じゃないの?!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081203

2008-12-02

[]きょうとあしたの占いラッキーチャンネル

久々にWiiのお知らせランプがついてたので何事かと思ったら、こんなものが配信されてたようで。

http://www.nintendo.co.jp/wii/features/uranai_lucky/index.html

占いねぇ…。DSで出る「DS占い生活」にでもあわせてきたんでしょうか?

天気予報にニュースTV番組表占い。なんか安直な気がしませんか?「毎日電源を入れる」がコンセプトだったWiiチャンネルのはずですが、このコンテンツでそれが実現できる、と考えているんだとしたらちょっとあんまりな気がしますね。Wii独自の見せ方や機能を用意しているにせよ、情報そのものはどれもTVやらケータイやらで事足りるものばかり。

街へいこうよ どうぶつの森」が、DSからのシステム的な進化がほとんどなかった点とか見ても、当初に比べて「目新しさ」がない、そんな雰囲気が最近任天堂ラインナップから感じます。それでも売れてるからいいんでしょうけど、いよいよアイデア煮詰まってたりしないでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20081202

2008-12-01

[]バンバンカー

小学生の頃、両親に連れられて旅行に行った福島県の山奥の温泉観光ホテルゲームコーナーで、このゲーム出会いました。

f:id:fukutake:20081202000628j:image

f:id:fukutake:20081202000516j:image

バンバンカー」1983年、サンリツ電気(後のシムス)の作品です。ポップでカラフルな色使いと楽しげな内容に惹かれ、その場で何度もプレイした思いで深いゲームなのですが、なにせマイナー作品なようで、「バンバンカー」でググってみても

細胞凍結保存液: http://www.n-genetics.com/cell_culture/data/bambanker.htm

だの

コンビ バンバンカー: http://www.combibaby.com/goods/toy/ride.html?PHPSESSID=263b930c1279d3aae59e761261b2347a

だの、全く関係のないものしかヒットしない有様。そんなわけで私も「ゲーム基板収集を開始したら、いつか手に入れたい」と思いつつ、探すことすら忘れていた作品の一つだったのです。

が、先日訪れたアキバのゲーム基板ショップで偶然にも大発見(しかも2軒も!)。抑えられない衝動に身を任せ、このたびようやっと手に入れるに至りました。

というわけで、今このゲームを詳しく紹介したら「世界一バンバンカーサイト」になれると信じてちょっと解説。

f:id:fukutake:20081202000611j:image

ゲーム画面はごらんのとおり、迷路の上を走る黄色い「バンバンカー」を操作して、画面内の風船を全部割るのが目的のいわゆる「固定画面ドットイートタイプ」のゲームです。キャラクターは以下のとおり。

f:id:fukutake:20081202000715j:image

バンバンカー」は4方向レバーで迷路内を自由に行き来できます。進行方向にレバーと倒すと若干加速します。ボタンでジャンプし、敵をかわしたり迷路そのものを飛び越えたり出来ます(無茶な飛び方をしても迷路から外れることはないようです)。ジャンプをして風船の上に乗ると、さらにバウンドしてその先まで飛ぶことが出来ます(このとき風船は割れない)。

このようにして敵をかわしつつ風船を割っていくのですが、ただ逃げ回るだけでなく反撃もできます。(E)と書かれた風船を割ることで「バンバンカー」の前方に貫通ミサイルが装備され、ジャンプボタンで任意に発射ができるようになります。打ち出されたミサイルは直進し、途中にある風船や敵キャラを一気に破壊することが出来ます。直線状になるべく多くの風船が並んでいるところで使うのがポイントですね。

f:id:fukutake:20081202000524j:image

もちろん敵も反撃をしてきます。(OIL)と書かれたキャラをコース上にばら撒きながら走り、「バンバンカー」が(OIL)を踏んづけると、壁に当たるまでそのまままっすぐ滑り続けてしまいます。もちろん途中に敵がいたらアウトなんですが、考えようによっては滑っている間は高速移動が可能なので、逆に上手く利用すれば迷路内をスムーズに移動できるようにもなります。

ちなみに風船が残り8個を切ると、残りのうち一つが虹色に輝きボーナスバルーンになります。光っている時間は10秒間。この間にボーナスバルーンを割ると、その時点の残りバルーンが一気に破裂して(一つにつき500点)ゲームクリアになるので、高得点のチャンスです。というわけで、風船はなるべくまとまったエリアごとに処理し、ボーナスバルーンを取りがさないようにしたほうがよさそうです。

ざっと説明するとこんな感じ。いかにも80年代前半テイスト満点な牧歌的な内容ですが、色とりどりの風船とキャラクターの色使いがとても綺麗で楽しい感じですね。

実際にプレイしてみて、ふと自分がこのゲームに惹かれた理由が分かった気がします。内容のエッセンスが、私が「人生最高のゲーム」と公言してはばからない「ラリーX」を非常に近いんですね。ぶっちゃけ固定画面な「ラリーX」といっても過言ではないかも。もちろん、ジャンプというアクションがただの「迷路アクション」にないアクセントを与えていますし、自機の攻撃方法も思ったより多彩なので、単に「似てる」ってゲームなだけでないのはもちろんですが、つくづくこういうゲーム好きなんだなオレ…ということに今更ながら気づいた次第です。

ってことで、これで一応「世界で一番「バンバンカー」に詳しいサイト」になれたかしら?最後にインストカード写真を紹介して今日の記事を終了したいと思います。

f:id:fukutake:20081202015533j:image