フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2009-01-31

[]ポケットゲーム改造

先日紹介した携帯ファミコン「ポケットゲーム」(id:fukutake:20090117#p3)、A、Bボタンの配置が逆とかセレクトボタンがないとか書きましたが、どうやら改造すれば問題が解消できる、とのこと。

http://wave.ap.teacup.com/pachi/255.html

この辺にやり方が書いてありました。ジャンパ線3つ飛ばすぐらいなら僕にも出来そう!と思いやってみました。

チップ周りの半田付けがかなり細かくて苦戦しましたが、なんとか改造には成功。A、Bボタンの並びもセレクトボタンもちゃんと機能するようになりました。やったね。

…が、どうもうまく組み立てられず、液晶表示がものすごく不安定にちらつくようになってしまいました。なんでー?!組み立てて本体カバーをかぶせるところまでは正常なのですが、ネジを締めて固定するとダメ。本体をグッと握るようにするとちゃんとした絵が出るんですが、ちょっとした衝撃で画像が乱れてしまうありさま。液晶に接続するフレキの接触不良かなぁ…。

というわけで、改造には成功したような失敗したような結果になってしまいました。残念。

まぁ、ポケットボーイがあるからいいか…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090131

2009-01-30

[]キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

id:fukutake:20090116#p1からプレイを始めた「白夜の協奏曲」をクリアしました。

…かなり難易度低いですね。割と力押しでもごりごり進めちゃいました。ボスもアドリブで攻略できましたし、ラスボスも弱い弱い。昨年末プレイした「悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」に比べると難易度は雲泥の差ですよ。

何も考えずにサクサク進めるのは楽しかったですが、ちょっとマップが冗長だったかな、という気がしないでもないですね。ブロックごとのつながりがいちいち遠回りでかつワープポイントが後半にならないと作動しないので、移動がかったるかったです。前後にダッシュ移動が出来るのでまぁなんとかカバーできますが。

マップそのものに隠された最大のギミックは面白かったですね。途中まで何がなにやら分からずにプレイしてたら、あるときに「ああ、そういうことだったのか!」と分かって目からウロコ。「月下の夜想曲」に似ているけど別のアプローチうまいですなぁ。

探索型「ドラキュラ」の売りといえば緻密なグラフィックですが、GBAとしては及第点といえるでしょう。前作「サークル オブ ザ ムーン」と比較しても格段に表現力が上がっているのが分かります。この技術力が後の「暁月の円舞曲」に生かされているわけですなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090130

2009-01-29

[]ナムコミュージアム.comm

http://www.jp.playstation.com/software/title/jp0700npjb00012_00namcomuseumcomm1.html

β版として公開されていたPS3ナムコミュージアムが正式にリリースされました。レトロゲームバカは迷わずお買い上げです。相変わらず変わり映えのしないラインナップですが、「ドラゴンスピリット」とアレンジ版の新作「ゼビウス リザレクション」なるものが追加されていたのはビックリです。これで1200円なら結構いいんじゃないですか?やるなナムコ

で、とりあえず新作はさておき、変わり映えしないレトロタイトルから真っ先にとりかかるわけです。とにかく心配なのはβ版のときにあった理不尽な「トリガの入力遅延」(id:fukutake:20081031#p1)なわけですが…ちゃんと直ってました。ホッ=3。さすがにアレはないですよね。不良品といってもおかしくないぐらいの遅延でしたから。まだ若干の遅延はあるのかもしれませんが、個人的には全く気にならないです。普通プレイには問題ないレベルではないかと。

[]ゼビウス リザレクション

というわけで、こっちは別エントリで。ゼビウス世界観ゲームシステムをモチーフにした新作のアレンジ版が収録されています。今どきっぽく、高解像度で緻密がグラフィックになっているのが売りだとか。

早速プレイ…したのですが、出てきたのは宇宙空間。なんじゃこりゃあ。正直な感想として「ゼビウスシステムを流用したパチモンシューティングゲーム」にしか見えません。自機(もなんだか全然ソルバルウっぽくない)の前にある照準が辛うじて「ゼビウス」っぽさを語っていますが、それ以外は似ても似つかない別物という感じ。これに「ゼビウス」って名前をつけるのはいくらなんでも…と思ったら、ステージ4〜5にかけて惑星に降下していき、ようやっとゼビウスっぽくなってきました。このぐらいの雰囲気ならアリかな、というところです。正直宇宙空間面は蛇足じゃないすかね?

ステージ5以降は確かに現代風「ゼビウス」という感じです。緻密で写実的なグラフィックは、「ゼビウス」というゲームが持っていた神秘性ともそこそこ相性がよく、個人的には結構イケてるんじゃないかと思います。あの世界が実物であったら確かにこんな感じかなぁ、と。

ただ、これまで多くのアレンジ版「ゼビウス」(「ファードラウト伝説」しかり「ガンプの謎」しかり「アレンジメント」しかり)がそうだったように、メカ関連のデザインは…個人的には少々ヤボったさを覚えます。オリジナルの極々シンプルシャープなデザインがあまりに完成しきっていたせいか、なんかとってつけたようなメカデザインに見えてしまって。なんかニセモノっぽいんですよね。まぁ、こればっかしはしょうがない気もしますが、もう少し何とかならないもんですかね。

システムとして、敵がレーザーを撃ってきたり、それを防御するバリアシステムがあったりします。個人的にはこれは完全な蛇足だと思いました。ただシステムと操作を複雑にしているだけで、全然面白みを感じません。そもそもレーザーしか防御できない(通常弾をはじけない)バリアって…。なんか「斑鳩」みたいなシステムを目指していたのかもしれませんが、「ゼビウス」に求められる面白さってそういうのじゃなくね?と。

亜癖亜癖 2009/01/31 20:41 初めまして。…かな。

ゼビウスでは、正規の関連作品であるアーケード3DSHT
「ソルバルウ」や「ゼビウス3D/G」で既に宇宙面が
あったのでリザレクションに宇宙面があったとしても
そんなにおかしくはないと思いますが…

いやまあ、「ソルバルウ」や「3D/G」の時点でも
なんかオカシイとは思いましたけども(笑

fukutakefukutake 2009/02/02 00:24 こんにちは。
おっしゃるとおり、他の作品にも宇宙空間が出てくるものはありますね。それらも確かに「なんかオカシイ」とは思っていたのですが、今回はのっけから宇宙空間、ってのがかなり違和感を感じたんですよ。
まぁ、確かに過去作のイメージにとらわれすぎかなぁ、とも思うんですが、それもまた「ゼビウス」愛ってことで…。

「リザレクション」は「リザレクション」で充分よくできた作品だと思いますけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090129

2009-01-28

[]追悼 青山孝史さん

元フォーリーブスの青山さんがお亡くなりになったそうで…。って、ゲーム関係なさそうな気もしますが、青山さんといえば、かのファミコン番組「ファミっ子大作戦」の初代司会者でした。毎週日曜日の朝、眠い目をこすりながら見ていたのを思い出します。ボクたちファミっ子たちの兄さん的な存在でした。

ご冥福をお祈りします

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090128

2009-01-25

[]O・Mの謎

というわけで、id:fukutake:20090111#p1福袋で、それまで持っていたカセットを含めると3本になってしまった「F1レース

f:id:fukutake:20090126004255j:image

これを見ていたら「いっそのことお店で見かけたF1レースを全部買い占めて集めたら面白くね?」とかいう考えが浮かんできてしまったわけです。

ハッ!

そんなことしたら「O・Mの謎」を解くために片っ端から「F1レース」を買い占めた芸夢遊一郎になってしまう*1ことに気づいたので、やめることにします。

そういえば「燃えプロゲッターズ」の方って今頃どうされてるんでしょうね…実は私も結構協力してたんですが。

*1:マンガ「ファミコンロッキー」第1話「ローキー登場」参照

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090125

2009-01-24

[]1抜け!脱出ゲーム★マイホーム編

気がつくと、Wiiウェアもいつのまにか結構たくさんのタイトルが出揃っていて、出ていたことですら知らないゲームがたくさんあるのに気づきました。

http://www.nintendo.co.jp/wii/wiiware/index.html

PS3360もそうですけど、どうしても配信専用ゲームってメディアへの露出が少ないせいか、どんなもんが出ているのかよく分からなかったりしますね。

そんな中、ふと見つけたこのゲームが気になってプレイしてみました。

http://myhome.a-game.jp/pc/1.html?dcode=wiiware_myhome

一言でいえば、「Wiiリモコンを使った『ミステリーハウス』風アドベンチャー」ですな。部屋の中を探索しつついろいろなギミックを解除して脱出するゲームです。

グラフィックを見て分かるとおり小さなお子様向けっぽいのですが、意外と謎が難しく、私も結構苦戦しました。とはいっても、謎解きに詰まっても、一定時間おきにヒントがオープンしていきます。大体それを見れば答えは分かるので…っていうか最終的には答えそのものが出てくるので、時間をかければ誰でもクリアできる親切設計

ただし、ヒントの粒度がバラバラで、全然役に立たないものがあったと思えば、ものすごく詳細に答えまで説明しちゃってるのもあり、もう少し調整してくれれば…という気もします。個人的には、「全部自力では分からなくても、答えそのものを教えてもらうのはイヤだなぁ」という感じでしたので、ややガッカリ。ていうか、結局一番最後の謎は自力ではクリアできなかったから、なんだかすごく悔しかっただけなんですが…。

プレイ時間も短いですし、1回解いたらもうおしまい!なゲームなんですが、500円ならまぁ充分楽しめたかな、という感じです。

[]ピットクルーパニック

同じくWiiウェアで出ていたゲーム

http://www.hudson.co.jp/ww/pitcrewpanic/jpn/j/

発表時の情報でとても気になって、配信直後に買ってみたソフトです(結構前ですね)。

ピットインを題材にしたゲーム(?)というと、その昔ファミコンで発売予定にありながら結局出なかった「ピットストップII」というタイトルを思い出します。あれ、洋ゲーだったんですかね。

そんな昔話はおいといて、このゲームも完全にピットイン作業のみを題材にしていて、次々に入ってくる「ナニ」を修理して送り出すというもの。題材も面白そうですし、わけのわからない「ナニ」がやってくる、というノリもなかなか面白そうです。

というわけでプレイしてみたんですが…、たしかに題材もバカゲーっぽいノリも楽しいんですが、肝心の操作がしづらいですね。6人の女の子Wiiリモコンドラッグする形で修理部分に割り当てていくのですが、女の子も修理対象部分も小さいので、とにかくそドラッグ操作がしにくいことこの上なし。正確無比なポインティングが勝負の鍵なのですが、目標が小さすぎてイライラします。

そのイライラゲームの味として楽しいと思えるか否かが、このゲームを楽しめるかそうでないかの鍵になりそうです。私の場合、正直あまり楽しめませんでした。テイストはすごく好きなのに…残念。

[]珍道中!!ポールの大冒険

そういえば、まもなくこんなゲームが出るそうで。

http://pole.sega.jp/

最近ありがちな「エセ8bit」なグラフィックと音楽、それだけでファミコン戦士的にはグッとくるものがあります。

ゲームプレイ中に「ツッコミ」文字が入るってのは、明らかに有野課長からのインスパイヤでしょうな。これが面白いか否かで、ゲームそのものの評価もかなり変わってきそうな気がします。

ちなみにタイトルを略して読んだりすると、マズそうな気がします。

[]アレとかコレとか

PS3の配信ゲームも気になるタイトルが続くんですが、「のびのびボーイ」は来月まで延期、「みんなでスペランカー」は3月配信、とちょっとまだ先ですね。待ち遠しいワン。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090124

2009-01-23

[]今年も付け焼刃

実は来週、TOEICを受けることになったんです。って、前回の受験(id:fukutake:20080306#p1)から1年しか経ってないやんけ。みぞうゆうのこのご時世「英語喋れないヤツはクビにするYo!」という会社からのありがたいメッセージなのだと理解しております。

というわけで買ってきました。「もっとTOEIC TEST DSトレーニング

試験まで残りあと5日。付け焼刃にも保土ヶ谷バイパス。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090123

2009-01-19

[]ゲームさん的インテリア時計

リビングとかで使う大きくて見やすい時計が欲しいなぁと、とある店を探していたときにふと見に入ったLED時計のあまりのすばらしさにものすごい衝撃を受けてしまい、ついにその時計を買ってしまいました。

それがこれ。

f:id:fukutake:20090119225721j:image

HOUSE USE PRODUCTS製 LED 8Bit clock。

ゲーム戦士の皆さんならすぐに分かるでしょう。この時計で表示される文字は、我々のDNAに深く刻み込まれた、まぎれもない「ATARIフォント」なのです。我が家の表札(id:fukutake:20080115#p3)と同じ字体ですよ。文字も大きくてとても見やすいです。

残念なのは、年表示が50年までしか対応してないので、あと41年しか使えないってことなんですが…。

[]まいにちいっしょ 今年も飛ばすトロ・ステーション

まいにちいっしょ」がバージョンアップして、ゲームセンターが追加されたようです。まったく、この開発力には頭が下がりますなぁ。みャいるが貯まりまくっているので、ガチャガチャ三昧でした。

ゲームセンターの奥にはテーブル筐体が!!

f:id:fukutake:20090120021512j:image

なんだ、故障中か。コンパネのカラーリングからして、ナムコ筐体と見た。

一方、相変わらず絶好調のトロ・ステーションにはこんなネタが…。

f:id:fukutake:20090120021510j:image

中の人、2ちゃんの見杉。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090119

2009-01-18

[]悪魔城ドラキュラ ジャッジメント ストーリーモードクリア

てなわけで、ストーリーモードクリアしました。操作に慣れてきたせいもあり、初日に比べてゲームそのものも面白く感じられるようになってきた気がします。闘いの中で駆け引きの仕方が分かってきた、という感じ。とっつきにくい面は否めないですが、そこさえ乗り切ればなかなかいいゲームなんじゃないか、って思えてきています。

それにしても、エリック強ぇぇぇ。

しかし、ラスボスにまさかあんな展開があろうとは…。なんか「闇の呪印」とかやってる気分に。かなり歯ごたえありましたが、コツコツプレイしてパターンを作っていくのが往年のドラキュラらしくて楽しかったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090118

2009-01-17

[]携帯ファミコンブーム到来?

なにやら最近、アジア製のカラー液晶搭載なファミコンコンパチブル機が流行ってきているそうで(そうでもないか)。というわけで、私もいくつか入手してみました。

f:id:fukutake:20090117184658j:image

上から

の3種類。というわけで折角なのでそれぞれのインプレッションなどを書いてみます。

[]ポケファ

f:id:fukutake:20090118022354j:image

この機種は別に最近出たものではなく、ゲームテックから2004年に発売されていたもので、私自身も実は2〜3年前に購入しておりました(ブログでネタにするのをすっかり忘れてました…)。当時出ていたポータブル機は画面も汚く、あまり実用的ではなかったので(id:fukutake:20041211#p1で紹介した「アドファミ」なんかも酷いものでしたし…)そんなに期待もしていなかったのですが、思ったよりは画面も綺麗だし、本体サイズもボタン系もまとまっていて、そこそこ実用にも耐えられるなー、という感じでした。

ちなみに画面はこんな感じ。

f:id:fukutake:20090117185344j:image

f:id:fukutake:20090117185352j:image

よりによってこのゲーム(id:fukutake:20040213#p1)か…。

アナログ出力っぽくて、今見ると画面は暗めですし、ちょっとボケボケしてますが、まぁプレイできないほどではない、と。難点を挙げるとすれば、十字キーが硬くて斜めに入りやすいことと、パチモンファミコンありがちな「音の再現度が悪い(調べてみたら、Duty比が間違ってるらしい?)」ことですなぁ。

それでも当時は「それなりにまとも」な部類の携帯ファミコンであったろうと思っています(少なくともアドファミとかよりはねぇ…)。

[]ポケットゲーム

f:id:fukutake:20090118022353j:image

昨年秋ぐらいに相次いで携帯ファミコンの新機種がリリースされました。そんな中、最初に買ったのはこれ(たしか11月ごろでした)。

前述の「ポケファミ」とは比べ物にならないぐらい明るくて鮮明な画質です。

f:id:fukutake:20090117185733j:image

「爆笑!スターものまね四天王」が何故か動かなかったので、とりあえず手元にあった「ドラゴンボール」で撮影。画質的には、以前紹介した「PlayPal」(id:fukutake:20071003#p1)に近いです。液晶の画素は荒いのですが、ボケがなくてクッキリハッキリとした画像。これぐらいなら、普段使いでも全然大丈夫ですね。ちなみに音関係の再現度も高く、ありがちなDuty比間違いも無いみたいです。

と、ここまでは良かったんですが、2点ほど重大問題が。

  1. Selectボタンがない
  2. A、Bボタンの配置がホンモノと逆

Selectボタンがないので、モノによってはゲームが成り立たなくなることがあります。また、ボタン配列が逆ってのは、それほどたいした問題では無さそうにも思えますが、体が完全にホンモノの配置を覚えてしまっているので、個人的にはもう致命的レベル。あれだけやりなれた「スーパーマリオ」すらまともにプレイできません。これはいただけない。実にいただけない。

というわけで、残念ながらSelectボタンを使わない、かつゲーム中もAまたはBボタンしか使わない、というゲームに限れば充分に使えるなぁ、という感じです。

そういえば、もう1つ気になるところ。動作的には問題ないですけど

f:id:fukutake:20090117191056j:image

このカセットの挿し方はないわぁ…。それを見越してか、このハードにはカセットを差さなくてもプレイできる、いわゆる「76 in 1」が内蔵されています。まぁ大体はどこかで見たタイトルゲームが入ってるだけなのですが、こんなのも。

f:id:fukutake:20090117191824j:image

…なにこの怪しいタイトル画面。と思ってスタートすると、

f:id:fukutake:20090117191729j:image

これは…「クラッシュローラー」ではないですか。しかも何気に完成度高いです。まさかファミコンでこのゲームプレイできるとは思いませんでしたよ。

[]ポケットボーイ

f:id:fukutake:20090118022351j:image

どうみてもPSPです。本当にありがとうございました。

この機種は「ポケットゲーム」と同時期に発売されていたそうなのですが、「ポケットゲーム」同様

の問題があった上に

  • 内部動作がPAL(欧州向け)になっていて、ゲームの速度が遅い
  • カセットが入れにくい(形状によっては入らない)

との重大な欠陥があったようで、そのときは買わずにスルーしていました。

が、その後これらの問題をすべて改善した改良版が出たとのことで、喜び勇んで今日買ってきたわけです。で触ってみましたが…

個人的にはほぼ完璧な出来

という印象です。確かにボタンも動作速度も問題なく、液晶そのものも「ポケットゲーム」より高精細で綺麗です。

f:id:fukutake:20090117185020j:image

f:id:fukutake:20090117185011j:image

「ポケファミ」との違いを見ても一目瞭然。

ただ、ヘッドフォン端子がないのは非常に残念です。電車の中でプレイとかしたかったのに。あと、画面のサイズをデジタル的に調整しているのか、画面のアスペクト比が揺らいでいて、デザイン的に汚く見えたり、横スクロール時にちらついて見えるように感じたりします。

いやー、とはいってもここまで出れば全く問題ないでしょう。Duty比の間違いも無く、ようやっと理想携帯ファミコンが手に入った、という感じです。

今後もしかしたら、もっと性能がいい携帯ファミコンが出てくるかもしれませんね。所詮はパチモノとはいえ、ちょっと期待しちゃいます。

2009-01-16

[]キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲

てなわけで、なんだか年末から「ドラキュラシリーズ」づいているこのブログですが、昨夜ふと、「そういえば『白夜の協奏曲』って、どんな内容だったか全然覚えてないな」と思い、引っ張り出してみました。

…ははぁ、こりゃ覚えていないはずだわ。

最初のセーブ部屋までしかやってませんでした。あはははは。このころは探索型のゲーム食傷気味だったのかなぁ。

ということで、とりあえず今日通勤時間に1時間ほどプレイしてみました。…序盤のせいか、ヌルいすね。とりあえずボスなんかも力押しでなんとかなっちゃう感じ。

このまま飽きなければ、しばらくやってみようと思います。

2009-01-15

[]悪魔城ドラキュラ ジャッジメント

f:id:fukutake:20090116011750j:image

ドラキュラバカなので迷いなく買うわけですが。しかももちろん、コナミスタイルの限定セット。とりあえず、シモンアルカードストーリーモードクリアしました。

…なんだろう、このムズムズした気持ち…。

ストII」系のオーソドックス格闘ゲームみたいなのかと思ったら意外とそうでもなく、体力ゲージ等のシステムこそ格闘ゲームのテイストですが、一定のフィールド内をフリーで移動しつつ攻撃する、という、どちらかというとPS2キャッスルヴァニア」「闇の呪印」のボスラッシュ的な内容ですね。

そのせいか、意外と攻撃を当てるのが難しかったり(攻撃方向はある程度ホーミングはしてくれるんですが)、特に飛び道具は全然当たらず使い物にならない感じなのです。

操作系はWiiリモコンヌンチャククラシックコントローラGCコントローラに対応してますが、入力シビア格闘ゲームで反応の曖昧Wiiリモコンって選択肢はまずありえないに等しいでしょう。というわけで、クラシックコントローラを使ってます。が、Lボタンでガード、Rボタンでジャンプってのがしっくりこなかったり、必殺技がA+B同時押しだったりと結構複雑で、とっつきにくい感じが強いです。

戦いそのものも、基本はガードしつつ隙をついて反撃、という傾向になりやすく、やや単調な感じもうけます。しかもその反撃のタイミングを逃すとひたすら一方的にボコられ続けることになったりして、結構シンドいですなぁ。

で、一番致命的なのがカメラワークの悪さ。なんだか敵味方が画面奥行き方法に向かって一直線に並ぶような視点になることが多く、しかも自キャラが画面奥だったりして、自分がよく見えない!って展開になることが非常に多かったのです。単に私のプレイの仕方が悪いのか、それともそういうものなのか…どちらにしろ、いわゆる「奥行き移動があるけど基本横並び」な一般的な格闘ゲームとは全然違います。そんなカメラワークの悪さも手伝って、よりいっそう攻撃が当てにくくなってる気がします。イライライラ…。

正直、格闘ゲームとしては微妙かなぁ…という印象なのですが、音楽はものすごくいいですね。過去シリーズの名曲ぞろいで、アレンジがまたかっこいい。対戦相手に合わせた選曲がされるので、古くからのファンはそれだけで「おおっ!」と思うことうけ合いかと。

デスノートの人デザインのキャラについては…しっくりくるものあり、なんか違う感じのものありの賛否両論です。ラルフとかコーネル(って人選がまた絶妙ですが)は個人的には好きかなー。逆にグラントとか死神はちょっとイメージと違う感じ。まぁ、これはこれで面白いと思いますが。

というわけで、全体的な評価は「悪くはないけどなんかちょっとイマイチ」という感じにしておきます。まぁ、格闘ゲームってことでチャレンジングな面も多いわけで、いろいろがんばってるんだなぁとは思いますけど。

[]追悼 MTJ氏

バブルボブル」「サイバリオン」「ハレーズコメット」等の作者として知られるMTJ氏が先月亡くなったそうです。

バブルボブル」も好きですけど、個人的には「サイバリオン」にはそりゃもうどっぷりハマりました。ベーマガに載ってた「サイバリオン」の開発者インタビューや、X68k版「バブルボブル」でオマケ要素という枠を超えて本気で製作したという「サイバブルン」の解説記事を読んで、とても感銘をうけたことを思い出します。

氏のご冥福を心よりお祈りいたします。

f:id:fukutake:20090116013641j:image

写真X68k版「サイバブルン」とPS2版「タイトーメモリーズ」収録の「サイバリオン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090115

2009-01-11

[][][][]意地のゲーム探しツアー2008 新春スペシャル

ファーストサムライがどこにも売ってないムキー!!」と意地になってきたので、「ゲームセンターCX」でも紹介されていた「千葉鑑定団」の店舗をしらみつぶしに探してみることにしました。

遠くは佐倉(酒々井)から成東(東金)まで、全部回ったところ…やっぱりありませんでした。ギャフン=3

つーか、このところのDSPSP市場の急激な増大によって、旧機種のゲーム売り場はますます縮小傾向にあるようです。SFCどころかPS/SS世代ですら、圧倒的に探すのが困難になってきましたよ。酒々井の店なんか、TVで紹介されたときに比べても明らかに規模縮小されてる印象でしたもの。困ったなぁ。

で、見つからなかったからと何も買わずに帰るのもなんだったので、何本か安いのを物色してきました。

f:id:fukutake:20090111233622j:image

この3本で、合わせて500円ぐらいですな。

それだけでは物足りなかったので、ファミコンソフト福袋も購入してきました。16本ほどのゲームが入っていたのですが、

f:id:fukutake:20090111233746j:image

持っていなかったのは上記9本でした。他、すでに持っていたものは

f:id:fukutake:20090111233825j:image

と、さらに

f:id:fukutake:20090111233852j:image

…って、あれあれー?!?!?!

f:id:fukutake:20090111233915j:image

同じ袋にダブリが2本も…コレはひどい。あぁぁぁんまりだぁぁぁぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090111

2009-01-10

[]パチスロ 悪魔城ドラキュラ

個人的にはパチンコとかパチスロにあまりいい印象を持っていないので、「パチスロ化」との話を聞いたときは少々複雑な気分だったのですが、今日何気なく街を歩いていたらパチスロ屋の前にポスターが貼ってあるのを発見。モノは試しとばかり店の中を覗いてみることにしました。実に10数年ぶりにこの手のお店に入りましたよ。

4台ほどのスロット機があるのを発見しましたが、新機種のせいか全部の代が埋まっていたので、プレイするには至りませんでした。残念なようなちょっとホッとしたような。入り口パンフレットが置いてあったので、それだけ貰って帰ってきました。

f:id:fukutake:20090111012642j:image

中身読んでみても全然分かりません…。グラフィック等のモチーフは「闇の呪印」のようですね。はまっていたのはもう1年半も前(id:fukutake:20070707#p1)かぁ…。

[]悪魔城ドラキュラ THE MEDAL 再挑戦

パチスロを見てたら、前日プレイした(id:fukutake:20081231#p1)「悪魔城ドラキュラ THE MEDAL」をもう一度プレイしてみたくなったので、やってきました。こっちは空いてるのね。

とりあえず1000円分をメダル(100枚)にしてプレイ開始。と思ったら、なんとBET3回目にしてRUSH CHANCE!!に突入し、そのまますんなりとBOSS RUSH!!突入。あれよあれよという間にワイバーンを撃破し、気づいたら

f:id:fukutake:20090111023916j:image

7倍以上になってました。スンゲー!!

まぁ、いわゆるビギナーラックってヤツで、調子にのってMAX BETばかりを繰り返していたらあっという間に半分以下になってしまったんですが。まぁ、そんなもんだよねーと思っていたそのとき、今度はCRUSH BONUS!!に突入適当に壷を選んだら…

f:id:fukutake:20090111023915j:image

さらに倍!って、大当たりじゃないすかこれ。なんだかだんだん自分が怖くなってきました。人はこうしてバクチにはまっていくわけですなぁ…。

ちなみに最終的には、あっさり300枚程度まで減らしたところで終わりにしました。それでも元手の3倍ですものね。怖いなぁ。まぁ、メダルゲームなので換金は出来ませんけど。

[]あのゲーム、ついに購入

今日今日とて、SFCの「ファーストサムライ」を探して近所で思いつく限りの中古ゲーム屋を一通り探してみたんですが、残念ながらやっぱり見つからず。ムムー。

その代わり、叩き売られていたこれを買ってきました。

f:id:fukutake:20090111012627j:image

奇跡クロスレビューオール3ゲームキター!!!!ギリギリ…ドギャッ

早速プレイしてみました、いわゆるゴルフゲームってのは「方向を綿密に決めてパワーを調整してショットすることにより、ボールをカップにいかに近づけるか」で争うものだと思うんですが、このゲームをそういったゴルフゲームといっしょに考えてはいけないと思います。

「方向は綿密に決めているのではなく、いくつかある選択肢から選んでいる」「パワー調整ではなく、タイミング的にあったか合わなかったかの判定をするためのショット動作」という操作形態を駆使した「プロゴルファー猿シミュレーションアドベンチャーゲーム的に考えると、意外としっくりくると思います。割り切ってプレイしたら、僕は結構楽しめちゃったクチです。

まぁ、確かにボリューム的には致命的なくらい薄っぺらい気もしますが…2000円ぐらいだったら許せるかな、という感じです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090110

2009-01-08

[]ゲームサイドが悪魔城ドラキュラ特集

今月のゲームサイドで「悪魔城ドラキュラシリーズの特集をしてますね。メジャーシリーズだけど、ここまで前面に推し出した特集も珍しい気がします。

そっか、「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」の発売ってもう来週なんですな。なんだか全然ドラキュラシリーズっぽくないですけど、それはそれで楽しみだったりします。

それにしても…「漆黒たる前奏曲」はやっぱり黒歴史扱いなのですな。…まぁ、あのストーリーはないと思いますけど。

[][]ゲームセンターCXで「ファーストサムライ

今週の「ゲームセンターCX」挑戦ソフトSFCの「ファーストサムライ」でしたが、実は私、このゲーム知りませんでした。不覚なり。

なんだか非常にやってみたくなったので会社帰りにゲーム屋をあさってみたんですが…売ってないですね。SFCゲームもだんだん手に入れにくくなってきた気がします。

しょうがないのでなぜか「アクトレイザー」買ってきました。実はこれもいつか買おうと思いつつ持ってなかったタイトルなのです。クリエイションモードが意外と面白いですな。課長ばりにハマってしまいそうです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090108

2009-01-07

[]初バンバン

新年を迎えて、どうもバタバタしておりゲームをする時間がなかなか取れません。気がついたら今年はまだプレイしてなかったではないですか!というわけで…

f:id:fukutake:20090108002808j:image

初「バンバンカー」。

今年こそは宇宙一の「バンバンカー」サイトを目指します(まだ言ってる)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090107

2009-01-01

[][]謹賀新年

というわけで、今年もたくさんのゲームが楽しめればなぁ、と思いますです。

ちなみに今年のゲーム初めはバーチャルコンソールFC版「悪魔城ドラキュラ」でした。

[]ゲームセンターCX 年賀状キター

年末スタンプラリーイベント(id:fukutake:20081220#p1)の特典(?)、年賀状がちゃんと元旦に届きました。気になる直筆コメントは、元ADイノコMAXさん、AD中山さん、AD伊豆さんの3人でした。感激ですわ。

ますたぁますたぁ 2009/01/04 21:58 うちには高橋名人から年賀状がきてました。(しかも直筆サイン入り)
感動しました(^^)

fukutakefukutake 2009/01/08 00:53 いいなぁ…。
僕は募集してたことすら気づかなかったです…ザソネソ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20090101