フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2009-10-31

[][]まいにちいっしょ 最終回

ああ、ついに終わりですか。発売日(id:fukutake:0061111#p1)からほぼ3年。いつかこんな日がくるんじゃないか…と心のどこかで心配していた感じもありましたが、ついにその日が…。

f:id:fukutake:20091101132245j:image

この時点で号泣(マジ)

f:id:fukutake:20091101132244j:image

週刊少年マンガ雑誌のようなラストは実にトロステらしいなぁ…

と思ったら

f:id:fukutake:20091101132243j:image

まだちょっとだけ続くんじゃ。

うれしいような、泣いて損したような。

[]まさかのフライングゲット?!

朝、ふとんの中でゴロゴロしていたら、宅配便がやってきました。何かと思ったら…なんと中には

PSP go」!!!

















f:id:fukutake:20091031103525j:image

…のポーチコンポーネントケーブルだけ。

本体はやっぱり明日届くみたいです。

2009-10-28

[]ドラキュラ伝説 ReBirth

昨日はいろいろ余計なことを書いてしまったので、今日はもう少し冷静になってプレイしてみました。

…やっぱり全体的な雰囲気は、「ぼくがかんがえた悪魔城ドラキュラ」になっちゃってる気がしますね。旧作ネタたっぷり入れとけばとりあえずヲタは喜ぶだろう、的な。同じリメイクものでもX68k版やPSP版「血の輪廻」のような、元ネタを踏襲しつつ全く新しいものを作り出そうとしてる感が薄いというか…ってこのままだと昨日と同じになっちゃうのでやめときましょう。

ただ、ゲーム内容そのものは本当によく出来てると思いました。これこそまさに、私のような回顧ドラキュラ厨が求めていた「正統派2Dアクションドラキュラ」。難易度は低くはないけど、かといって高すぎもせず、何度もやってれば自然に対応できるように自分が進化していく、という絶妙さは昔ながらという感じで、よく調整されているなぁ、と思いました。気がつくと、手に汗かきつつ夢中になってましたもの。

1つの面のマップはかなり長めで、複数のルートがあったり、隠し部屋があったりするようです。その辺は「血の輪廻」的でもあり、どことなく「月下」以降の探索型に通じるところがあったり。そういうのを探し回るという意味でも奥は深くなっていると思いますが、ただ制限時間もかなりきつめなので、マップの細部までチクチクと探し回ろうと思うと、割とあっさりタイムオーバーになってしまいます。この辺は今までのシリーズに無かった感覚かな。

1000円という値段を考えると十分納得のいく出来だと思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091028

2009-10-27

[]ドラキュラ伝説 ReBirth

というわけで、今日配信なわけです。

f:id:fukutake:20091027231203j:image

f:id:fukutake:20091027231245j:image

f:id:fukutake:20091027231451j:image

まだ1面をクリアしたところなので、あくまでファーストインプレッションという感じなのですが、なんつーか「コアなファンがさまざまなシリーズからあらゆるネタ(しかもマイナー寄り)を寄せ集めてきて作った公式パロディ同人ゲーム」という感じがしてしまいました。つまらないわけじゃないですし、正直よく出来ていると思うんですけど、「あの『ドラキュラ伝説』がついに復活」とか「久々の正統派2Dアクションドラキュラ」とか大々的にいわれてた割に「え?こんなもん?」っていうか、なんか志が低いなぁというか。音楽もグラフィックもデザインも、予想してた範囲でしかなかったんですよ。自分コアなファン目線で見すぎているだけなのかもしれませんけどね。

以前どっかで「グラディウス」のファンの方が「グラディウス ReBirth」の感想を「ただネタを寄せ集めただけの悪いパロディ」と酷評していたのを見て「そんなことないと思うなぁ…」と心の中では真っ向から否定してたんですが、今作を見てしまった今は、なんとなくその気持ちが分かるような気もします。

好きなシリーズものだけに辛らつな意見ばかり書いてしまいました。もう少しプレイしたら、感想がガラっと変わる可能性もあるので、主観的な感想はこのぐらいにしておきます。

ゲームシステムは初代の2ボタン踏襲していて、サブウェポンは「↑+攻撃」で出るようになってます。上撃ちや↓撃ち、ムチ垂らし等、後期シリーズでみられた多様な攻撃方法はなく、あくまで横方向のみの攻撃です。ストイックです。階段への飛び乗り、飛び降りアクションもないようです。実にストイックです。

ドラキュラ伝説」と名うってはいますが、内容そのものはGB版の原作とは似ても似つかない感じですね。「ムチの先から火の玉が出る」とか「デカい目玉が転がってくる」ってところに若干面影を感じる程度。スタッフクレジットを見たらどうやら「IGA」氏もかかわっているようです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091027

2009-10-24

[]ゲームセンターCX 有野の挑戦状2 リベンジならず

今日の挑戦はいつぞやの挑戦で失敗した「ガンデュエルで500機撃墜」(id:fukutake:20090911#p1)の再チャレンジでした。同じお題が出ることもあるんですね。

というわけで、出かけたついでに電車の中でプレイしておりました。途中で乗り換えのために一度DSのふたを閉じてスリープ。乗り換えた電車で再びプレイ…で、これがいけなかった。乗り換えた電車の中で、以前教えていただいた攻略法を使って見事クリア!!!したんですが、保存画面に移行した瞬間に

書き込みが出来ませんでした。電源を切ってやり直してください。

の文字が…ってウソー!!!!ありえないんですけど。

確かにDSって、スリープからの復帰でカートリッジ認識できなくなってフリーズしたりすることがたまにあるんですよねー。よりによってこのタイミングで…。結局力尽きてその後はプレイしませんでした。

[]Homeのアレ

ものすごくいまさらなんですが、たまにHomeに接続してはこつこつとやってたおかげで、ついに私も

f:id:fukutake:20091024144015j:image

ホメ春香装備コンプリート

ウワサにたがわず…微妙な感じですなぁ。

2009-10-23

[]ドラキュラ伝説 Rebirth

ドラキュラ」がWiiリメイクされそう、というウワサは聞いてましたけど、まさか「ドラキュラ伝説」のリメイクとは…

http://www.konami.jp/products/dl_wii_dracula_re_ww/

といっても、よくよく考えると「グラディウス Rebirth」もゲームボーイ版「ネメシス」のオマージュっぽいネタ(BGM)が多かったので、想定の範囲内(懐かしい)といえばそんな気もします。グラフィックイメージを見ると、色使いはSFC版とかGBA版的なテイストを感じさせつつ、デザイン全般のイメージX68k版を意識しているようにも見えます。

f:id:fukutake:20091024020537j:image

f:id:fukutake:20091024020446j:image

f:id:fukutake:20091024020508j:image

ゲームボーイ初期の作品。この頃はソフトメーカーもまだゲームボーイというハードに不慣れで、いろいろ試行錯誤しているのが見て取れる作品が多かったように思えます。それゆえにまだ成熟しきってない感じも強くて、個人的にはこの時代のGBタイトルって実は結構好きなのです。

このゲームも、妙に主人公の動きがもっさりしていたのは、本体液晶の反応速度(初代GBは残像がかなり厳しかったですしね)を考慮したうえのチューニングなのかな?と思ってました。

内容としては決して難しい部類ではないのですが、攻撃を受けるとムチのレベルが下がってしまうというシビアルールに加え、いやらしい敵キャラの動きに、かなり陰険なステージギミック(初見ではほぼ対処できないギリギリマップ構成)もあいまって、とっつき難いゲームだった記憶が強いです。実際、ラスボスドラキュラが未だに倒せなかったりするんですが。

何はともあれ、久々の正統2Dアクションドラキュラ」の新作、今から配信が実に楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091023

2009-10-19

[]久々のPSP-1000

そういえばしばらくアップデートしてなかったなぁ、と思って、久々にPSP-1000を起動させてみたんですが…2000、3000にすっかり慣れたせいか、ものすごくデカくて重いすね。とくに厚みがなかなか強烈です。びっくり。

[]モンハンの日々

あいかわらずちんたらと「モンハンP2G」をプレイしてます。ようやっと下級クエストならそこそこ無難にこなせるようになってきたところ。ビストロ装備とか作ってみたりして。

最近になって、このゲームジャンルが「ハンティングアクション」じゃなくて「ネコゲーム」であることに気づきつつあります。アイルーメロメロ。雇ってやってるのに常に上から目線なところとか…たまらんです。

[]みんなのスッキリ

モンハン」の隙を縫うようにプレイしてますが…メダルが全然たまらなくて、正直あんましスッキリしないなぁ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091019

2009-10-15

[]グラディウス Rebirth アップデート

グラディウサーさん、アップデートですよ!アップデート

http://www.konami.jp/products/dl_wii_gradius_re_ww/#info

BGM追加されたり、いろいろ調整されてるみたいですよ。すごいなぁ。

アップデートしなきゃ、おしおきだからね!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091015

2009-10-14

[][][][]「バラデューク」と「爆突機銃艇」for バーチャルコンソールアーケード

まさかのシリーズ同時リリースですか。

まずは「バラデューク」、といえば…

「わては怪物ランド!」

f:id:fukutake:20091015011551j:image

f:id:fukutake:20091014213809j:image

って、この画像違うゲーム!!

f:id:fukutake:20091015011616j:image

そうそう、こっちがホンモノ。X68kPS(「ナムコミュージアム Vol.5」)に続く移植ですな。

f:id:fukutake:20091015014634j:image

私自身が一番プレイしたのがX68k版でした。「オールアバウト・ナムコII」を片手に、結構本気でやりこんだんですよ。結局エンディングにはたどり着けず、面セレクトエンディング見たんだったかなぁ。アーケード版は、当時ほとんどゲームセンターにいけなかった時代なので2,3回しかプレイしませんでした。ストイックなんですが、パターンつくってじわじわ攻めていくのが楽しかったですね。カプセル開けるたびにバガンばっかり出てきて「ムキー!!」ってなったのも、今となってはいい思い出。

一方で「爆突機銃艇」

f:id:fukutake:20091015011749j:image

f:id:fukutake:20091015011817j:image

マイナーすぎてアーケード版1回も見たことなかったよシリーズ」です(今勝手につけた)。グラフィックテイストこそ前作を踏襲している部分がありますが、ゲームシステムとか全体のノリは全然違いますね。まさか横スクロールシューティングになっているとは。雰囲気も「前作で見せた重厚さのかけらもないじゃない!」って感じ。主人公の頭に変なプロペラついてるし。軽く感じるのはパケットが前面に押し出されているせいですかねぇ。

でも、プレイしてみた感じは、思ったより面白いです。システムが分かりやすい分「バラデューク」よりとっつきやすいかも。

[]正解は…

間違ってる、とツッコんだコレ

f:id:fukutake:20091014213809j:image

ファミコンの「エアー・フォートレス」でした。

f:id:fukutake:20091014213252j:image

反動銃の挙動といい、空中を飛び回る感覚といい、実に「バラデューク」っぽいんですよね。

ちなみにこのゲーム、開発中の画面が当時のTV番組「ファミッ子大作戦」に毎週のように放送されていたのを覚えてます。そのときは正直「あまり面白そうなゲームじゃないな…」と思っておりまして、でもなぜかその後発売が結構遅れたような気がしたんですが、発売後はうまいことまとまってるなぁ、という印象を受けたのを今でもよく覚えてます。

2009-10-06

[][]ベラボー参上

ビバ!!ベラボーマン おにぎり、くわんかい

f:id:fukutake:20091006233959j:image

というわけで「超絶倫人ベラボーマン」のバーチャルコンソールアーケード版が出ました。気になる操作方法は、というと

f:id:fukutake:20091006235035j:image

まさかの「6ボタン弱中強方式」。PCエンジンみたいに「押した時間で強さを決定」のほうが直感的でよさそうなものですが、もともと2接点の時間差で強弱を決めている「ベラボスイッチ」をその方式にコンバートするには手間がかかりそうですし、こうするしかなかったんですかね。慣れればやれないことはなさそうですが、やっぱり直感的な操作感とはだいぶかけ離れてしまっている気がします。攻撃するたびに「どのボタン押そう?」と一瞬考えちゃうんですよね。

※後に追記

コンフィグで操作方法を変えれば、PCエンジンのように押した時間で強弱を変えるようにも出来ました。

お詫びして訂正します。ごめんなさい。

あと、どうやら面クリア時の音楽が再現できてないです。再現うんぬんってレベルじゃなくて、ちゃんと鳴ってない感じ。バージョンアップで対応して欲しいところですなぁ。

以下、気になってた重箱の隅つつきコーナー

f:id:fukutake:20091007000408j:image

タバコ屋が…

f:id:fukutake:20091006234153j:image

タバタ屋。って、コボちゃんかい!!よい子のゲーム機にタバコはタブーだったんですかね。でも、もともと昭和の雰囲気を出す演出だったわけですし、ちょっと神経質すぎる気が。

f:id:fukutake:20091007000518j:image

東京ガスは…

f:id:fukutake:20091006234254j:image

源平ガス。これはPCエンジンといっしょですね。

f:id:fukutake:20091007000606j:image

1面のナショナル乾電池はPCエンジン版では「ナチョナル」でしたが…

f:id:fukutake:20091006234404j:image

ナムコ看板。まぁ、上手くまとめてるといえばそうなんですけど、これもホドラハラ商店街の雰囲気作りアイテムだったことを考えると、やっぱりちょっと残念。昔はゲーム機の性能うんぬんで再現できない、というフィーチャーはたくさんありましたけど、最近はこういう社会的背景で再現できない、ってのが多いですね。ちょっとさびしい。

全体的に見て、今回の移植は個人的にはやや残念感が漂う結果となりました。押し時間での強さ調整モードをみつけてからは、そこまででもない気がしてきました。まぁ、それでも出るだけいいですけど。「Let's!TVプレイCLASSIC」版がポシャった過去もありましたしねぇ…。

[]ニューラリーX for バーチャルコンソールアーケード

というわけでこっちも

f:id:fukutake:20091006235315j:image

f:id:fukutake:20091006235235j:image

まぁ、散々移植(エミュレータレベルで)されてきたソフトですし、完成度は磐石ですな。遊んでみた感じ、レッドカーのアルゴリズム違和感ありませんでした。

ちなみにスティック入力はちゃんと4方向にチューニングしてあるようなので、8方向レバーでもコーナーに引っかかったりお花畑にめり込んだりはしにくくなってました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091006

2009-10-05

[]超絶倫人ベラボーマン

明日からWiiバーチャルコンソールアーケードで配信、とのことで、久々に基板の「ベラボーマン」を起動してみました。

f:id:fukutake:20091006005418j:image

無事起動。ほっ=3

ちなみに、基板買ったときにベラボスイッチもついていたので、安売りしていたセガサターンリアルアーケードVFを改造して「ベラボーマン」専用スティックを作っていたりもします。

f:id:fukutake:20091006005225j:image

B、Cボタンがベラボスイッチ。だいぶ痛んでますが一応ちゃんと動作します。でもいつか壊れたりしたら…と考えると不安ですな。どっか再販してくれないかなぁ。

なんだかんだいって、基板とスティックと電源/画面出力用のコンパネをつなぐと

f:id:fukutake:20091006005234j:image

こんな感じになっちゃって大変なのです。そういう手間を考えると、Wiiで手軽に出来るようになるのはいいですね。ただ、デジタルボタンでベラボスイッチをどう再現するかは気になるところですな。あと、「東京ガス」とか「ナショナル」のロゴとか…やっぱ挿し変えられちゃうかなぁ。

[]ニューラリーX

ちなみに明日のバーチャルコンソールアーケードでは、私が自分人生でNo.1ゲームと思っている「ニューラリーX」も配信なんですね。いい世の中になったなぁ…。

ちなみにうちにはオリジナル基板が都合3枚(「ニューラリーX」2枚、「ラリーX(後期Ver?)」1枚)あるのですが、今日起動してみたら「ニュー」の1枚が死亡している模様です。がっかり。修理できるかなぁ…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091005

2009-10-02

[][]アレプラス

任天堂ハードで大人気な「プラス」なソフト、遅ればせながらようやっとアマゾンから届きました。

f:id:fukutake:20091004183354j:image

Wiiフィット プラス」ですが?

以前に指摘した内容や要素(id:fukutake:20080916#p1)がまさに追加されているようで。EAの「30日間生活改善プログラム パーソナルトレーナーWii」が思いのほかいい感じで運動できたので、これにあとは体重管理の要素が追加された(っぽい)「Wiiフィット プラス」はかなりいい感じなのではないか、と期待してます(逆にビリーバンドもどきは使えないですが)。

でも正直「このぐらい最初からやっとけや」という気もするわけですが。任天堂自身もそれは認めているみたいで

http://wii.com/jp/articles/wii-fit-plus/crv/vol2/index.html

から、前作をつくって売った人間としては、

本当はお客さんのお家を1軒ずつ回って、

すみません、これに入れ替えてください!」と

やりたいところなんですけど

同じくソフトを作ってる人間としてはこの気持ちは分かるところ。ただ、開発者とか売る側の人間がこういうことをグダグダと語る最近任天堂の風潮って、個人的にはあまり好きじゃないですな。

ネットワークアップデートでも出来ればよかったんでしょうけどね。でもそれが出来ないところにWiiネットワークプラットフォームの弱さを思い知ります

ますたぁますたぁ 2009/10/04 22:03 本当はWii Fit Plusの隣のプラスを自慢したいところをぐっと我慢したんですよね。わかります。

fukutakefukutake 2009/10/06 01:07 ナンノコトヤラサッパリワカリマセン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091002

2009-10-01

[]本日PSPの日

今日PSPが大収穫の日でした。

f:id:fukutake:20091001223219j:image

みんなのスッキリ」は当初買う予定は無かったんですが、ちょっとしたきっかけでご購入。ゲームそのものはわりと簡単で、ものによってはだらだらプレイしてても全然終わらない感じなのですが、メダルを取ろうと思うと結構大変そうな雰囲気がします。

続いては「マクロス アルティメット フロンティア 超時空娘々パック」。マクロスは初代「超時空要塞」と「愛・おぼえていますか」しか観ていなかった(しかもリアルタイム世代)のですが、先日なんとなく観た「マクロスフロンティア」がすごく面白かったので、買ってみました。予約していなかったのですが、運良く限定版をゲット。ゴージャスデリシャスデカルチャー。

そして、ダウンロードにはまさかの「テグザーネオ」…については次の項で。意外と配信早かったですね。

[][][]「テグザー」と「テグザーネオ」

「テグザー」というと、PC-8801mkII版が発売された当時は私はパソコンを持っていなかったので、パソコン雑誌の記事を見ながらあこがれたゲーム、というイメージでした。とにかくレーザーの表現がかっこいい!とは聞いていたのですが、運悪く実物を見ることなくブームは過ぎ去り、後に出たファミコン版で我慢していたのですが、レーザーが連射式の弾丸になっていることに、当時大勢のファミっ子が経験したのと同じ絶望感を感じていたのです。

といっても、SFのメカと要塞のような迷路世界観はそれだけで輝いて見えるぐらいクールでしたが。

その後はなんとなくこだわりも無く年月が過ぎていったのですが、数年前にプロジェクトEGGで復刻されたのを期に買ってみたのです。

http://www.amusement-center.com/project/egg/index.shtml

f:id:fukutake:20091002005316j:image

f:id:fukutake:20091002005315j:image

いやー、今見てもクールですなぁ。自動追尾レーザーの美しいこと。うっとりしちゃいます。

んで今日、ほぼ突然にPSPへの移植になったわけです。

http://www.square-enix.co.jp/thexderneo/

操作法はPSPボタンをフル活用したモードも選べますが、昔ながらの「↑でジャンプ、↓で変形」も選べます。プロジェクトEGG版はその操作方法でプレイしていたので、今回もそちらをチョイス。グラフィックこそ綺麗になってますが、操作感は割とオリジナルイメージそのままに再現出来ている気がしました。初めてでもスルスルプレイできるこの感覚はいいですね。

ゲーム内容にはイージーモードが設定されているので、オリジナルよりも簡単にクリアすることも出来そうです。変にアイテムギミックを増やしたりするような今風なアレンジの仕方をせず、レーザーとシールドのみでガンガン進んでいく感じが昔そのままで、むしろシンプルで良いですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20091001