フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2010-01-31

[][]ゲームセンターCX 有野の挑戦状2 もうすぐ丸一年

1月分。

f:id:fukutake:20100202005938j:image

すっかりやる気がなくなっております。時間がかかって面倒な挑戦が多くて…。来月2/26でちょうど一周年なので、そこで終わりにしようと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100131

2010-01-29

[][][]THE ゲームメーカー

ゲームセンターCXスタッフが作った新しいゲームDVDが出たので、購入しました。第一弾はサンソフトジャレコ

f:id:fukutake:20100129223402j:image

とりあえずサンソフトの方を一通り観ました。

最初にタイトルが発表されたときに、GCCXの第一シーズンをDVD化するのかと思ってましたけど違ってましたね。完全新作。とはいえ内容はGCCXの「19XX年」の超拡大版とクリエイターインタビュースタッフプレイと、どことなく第1シーズンを彷彿とさせる感じがします。挑戦中心のGCCXのようなバラエティ番組的な面白さを期待すると物足りないかもしれませんが、ゲームタイトル紹介にかなりの時間を割いてじっくり解説しているのが個人的にはかなり好印象。「ルート16ターボ」にハングアップするバグがあって1ループできない、なんて知らなかったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100129

2010-01-23

[][]週刊トロ・ステーション

始まってからなんだか本当にクロ枠ばっかり…ああいうのはたまに入ってたから盛り上がって良かったのに、少々ウンザリ気味です。1つ1つのコンテンツ再生時間も長くて途中で疲れることもあるし、いろんな意味で気軽に観られなくなっちゃったですね。

同じような感想持ってる人、多いんじゃないかな?と第五回のアンケート結果(ご当地グルメを再開する?しない?のアレ)の結果(圧倒的に「再開希望」)を見て思った次第です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100123

2010-01-22

[]Wiiウェアであのゲーム

が出るんだとか。

http://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/343/832/html/zoom01.jpg.html

どう見ても「ジェノサイド」の自機「ランディ」ですな。

うーん、初代「ジェノサイド」はかなりやりこんで、なんとかクリアできた経験があるので楽しみなのですが…正直「ファランクス」があの出来(id:fukutake:20091223#p1)だったことを考えると…複雑な気分です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100122

2010-01-21

[]ゼルダの伝説 大地の汽笛

年明けからボチボチとプレイしてます。

f:id:fukutake:20100124023857j:image

ちんたらプレイなのでまだ全然進んでないですが、セーブ画面のアイテム表示が2つになっているあたりです。全般的に面白いことは面白いんですが、一方で「なんか前作とやってることが同じだなぁ…」という感じもしています。ストーリーの進み方も、謎解きの仕方も。

トゥーンシェーディングなシリーズ(通称「猫目リンク」)は毎回広大なフィールド移動のギミックがあって、正直面倒に感じる部分も多いですな。あちこち往復させられたりするし。それでも前作「夢幻の砂時計」や今作は、フィールド移動中もいろんなギミックが仕掛けられていて気が抜けない分楽しさはあるんですが、やっぱり何度もこなしていると時間ばかりかかって大変。

まぁ「風のタクト」の本当にだだっ広いだけの移動に比べれば、全然マシですが(あれは本当に酷かった…)。

同じ「広大なフィールド」でも、64版の「時のオカリナ」で、目の前にハイラル平原が広がったときは本当に感動したんですけどね。「うわぁ、こんな広い空間がゲーム表現できるんだ」って、今でもそのときの気持ちはよく覚えています…ってぐらい印象的でした。なんででしょう?時代と技術表現力の向上によって感動が薄れたせいなのか、それとも、自分縦横無尽に歩き回れる平原と違って、制約が多い乗り物による移動だからなんでしょうか?

あ、でも今作の汽車でのフィールド移動中の音楽はすごく好きです。パーカッションが印象的ですよね。王道ゼルダフィールド曲って感じ。

マイクを使ったギミックは、外出先でやりにくいので通勤プレイヤーには厳しいです。マイクの感度を低く合わせているのか、電車に乗ってると笛吹きっぱなしになるし…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100121

2010-01-19

[][]いろいろなお祝いメッセージ

この歳になると、感慨もへったくれもないのですが、

f:id:fukutake:20100119004326j:image

魔王アリーノーとか

f:id:fukutake:20100124022309j:image

トロクロテレビさん(ツンデレ980円)とか。

それでもなんかちょっと嬉しいです。

そういえば初代DS/DS Liteは起動音が変わるんですよね。DSiは何も変化ないですけど、DSi LLもそうかな?年に1回のちょっとした機能ですけど、DSでその機能に遭遇したときに「こういう何気ない演出っていいな」と思ったので、DSiで何もないと知ったときにちょっと残念な気分になりました(故障勘違いされたとか?ですかね)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100119

2010-01-18

[]パックまん

サークルKサンクスで限定販売中の「パックまん」をついに食べましたよ。

f:id:fukutake:20100118162344j:image

…なんか形崩れまくってて全然パックマンじゃないんですけど。どっちかっていうと「モンスターハンター」の「フルフル」の頭のように見えます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100118

2010-01-16

[][]一人たまゲー 松戸のメクマンへ

今日ゲームセンターCXの日帰り社員旅行の日…僕は抽選ハズレたので行けませんでしたが。というわけでなんか寂しいので、思い立って一人で松戸のゲーセン「メクマン」に久々に行ってきました。id:fukutake:20060709#p1以来、2年半ぶりですねぇ。でもレトロゲームのラインナップはあまり変わっておらず、気づいた感じではid:fukutake:20050123#p1のときにあった大型筐体もの「デンジャーゾーン」や「クレイチャンプ」「免許トレーニング」がなくなってたぐらいですね。

プレイしたのは

こんな感じ。全部あわせて200円ぐらいしか使ってません。まさに激安。任天堂のVS筐体ものをプレイしたかったのですが、どれもすでにブラウン管がボロボロプレイできる状況ではなかったのが残念です。でも純正の「ディフェンダー」は今もかなり良い状態で稼働していました。嬉しいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100116

2010-01-05

[]レイトン教授と魔神の笛 ようやっとクリア

だいぶ遅ればせながら、ようやっとストーリークリアしました。「有野の挑戦状2」との並行プレイだったせいかもしれませんが、でもなんとなく今作は今までにくらべてもプレイするモチベーションが上がらなかったな、という印象。

そもそものストーリーに魅力を感じなかったせいかもしれません。過去作に比べると、あくまで「魔神伝説を解く」ことに主眼がおかれていて、シンプルストーリーでしたよね。シンプルゆえに物語の序盤でオチにつながるトリックの答えが見えてしまい、あとはただひたすら街中をお使いのように歩きまわされただけになってしまった、という印象が強いです。レイトン一行はただ思いつきで行き先を決めて行動してる感じ。

クリアした時点で未解決のナゾが大量に残ったのも今回がはじめてでした。今までだったら、ストーリーを進めていくなかで自然とナゾリストも埋まっていくような作りだったのに、今作はストーリーそっちのけでナゾ探しのためだけに町中を徘徊しなければならなかったりして、ちょっと穴埋め感が強かったかも。

全体を通して、シリーズとしての定番的な面白さはあったのですが、さすがにそろそろ新しい要素が見えないとマンネリになってるぞ、という感じがヒシヒシとする作品でした。少なくともあと2作は続くようなので、今後どのように出てくるかがちょっと楽しみです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100105

2010-01-04

[]謹賀新年

「今回こそは2009年ゲーム総括をしてから年を越そう」と思っていたのですが、気がついたら年が明けていました。

というわけで、こんな場末のブログを見に来てくださっている貴重な読者の皆様、本年もよろしくお願いいたします。

[]きね子II

というわけで、今年の初購入タイトルはといいますと

f:id:fukutake:20100105002830j:image

なぜか今さら「きね子II」でした。

f:id:fukutake:20100105002429j:image

とはいえ、パッケージ売りだった初代「きね子」と違い、この「きね子II」は書き換え専用ソフトでしたので、中古での現存数はかなり少なくなっていると思われます。実は私もしばらくの間ゆるゆると探してはいたんですが、これがなかなか見つかりませんで、ようやっと手にいれることができました。ガキの頃に一度書き換えをして持ってはいたんですが、別のゲームを上書きしてけしちゃったんですよね。バカバカバカバカオレのバカ、と何度思ったことか。

f:id:fukutake:20100105002638j:image

内容は「きね子」のエクストラ問題集で、新規に10面のゲームが入っています。個人的には初代「きね子」より若干簡単になっているような気がしましたが、どうでしょう?久々に9面「ヨーチエン」をプレイして気が狂いそうな気分になりましたムキィィィ。

ちなみに10面「レーザー・ファイター」はクリア後にシューティングゲームとしてプレイ出来るんですよね。プチ「ディフェンダー」状態です。

[][]ゲームセンターCX 有野の挑戦状2

12月

f:id:fukutake:20100105002952j:image

明らかにやる気が下がってます。年末年始は起動するだけで精一杯でした。一応1年分(2/26まで)はプレイするつもりです。

[]年賀状今年もキタ!

先日のイベント(id:fukutake:20091220#p1)で申込んだ年賀状が、4日遅れで届きました。ハズレたかと思いましたよ…。今年は笹野さん(!)、中山さん、阿部さん(メガネっ娘シールだ!)でした。うれしいー。

スタッフの皆様には本当に頭が下がります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20100104