フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2011-05-31

[]ありがとうハドソン高橋名人

5月中旬ファミコン戦士の間に衝撃が走りました。「あの高橋名人ハドソンを退社」のニュース高橋名人といえばハドソンハドソンといえば高橋名人、が僕らファミっ子の合言葉みたいなものだったので、私もこのニュースを聞いたときはとてもショックでした。


とはいえ、今のハドソンはもうあのころのハドソンとは全然違う会社になってしまっていたので、まぁいつかはこういう日が来るんだろうなぁ…という気がしていたのも事実なのですけどね。そんな名人ハドソンをやめる今日、この日、日本のゲーム史でひとつの時代が終焉を迎えた気がします。


実は私、小学生時代にマンガ雑誌のゲーム記事をコツコツとスクラップしていたことがあり、そのときのスクラップブック奇跡的に残っていました。今日あらためて記事を見たんですが

f:id:fukutake:20110601003026j:image:h400

こちらの記事はまだ名人じゃない頃の「ハドソン高橋さん」の記事。しかもこれ、コロコロじゃなくてボンボンの記事なんです。ハドソンといえばキャラバンキャラバンといえばコロコロっていうイメージですが、このころはまだ他誌でも営業として活動してたんですね。

f:id:fukutake:20110601003127j:image:w400

そしてこっちはもうすでに「名人」になってる第1回キャラバンの記事。高橋名人毛利名人も若い!。田舎育ちだったので、こういうイベントにはなかなか参加できなくて、雑誌の中だけで眺めるあこがれの存在でした。高橋名人本人に初めて会ったのは社会人になってから参加したライブイベント名人は昔雑誌やTVで見たとおり、大きなお友達にもとても優しいおじさんでした。


ハドソンを辞めたあともゲーム業界でのお仕事をされる、とのことですから、その点は嬉しかったですね。今後のご活躍を心よりお祈りいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110531

2011-05-29

[]ゲームレジェンド14

レトロゲーム/マイナーゲーム専門の同人誌即売会イベントゲームレジェンド」に行って来ました。イベントに行くのは、昨年11月に開催された前回に続いて2回目です。

f:id:fukutake:20110529143308j:image:w400

行くたびに「自分レトロゲーム知識/レトロゲーム熱もまだまだだなぁ…」と思い知らされます情報発信するのはやっぱり楽しそうです(自分がこのブログをつけている理由もそれなのですが)。やっぱりいつかは参加者側で行きたいなぁ、と思ってます


ちなみに会場にはいろいろ珍しいものもあったのですが、中にはこんなものも

f:id:fukutake:20110529140256j:image:h400

アタリ「アステロイド」のアップライト筐体…いやー、初めて見ました。ゲームプレイも自由にできたので1回プレイしてみましたが、もともと光速船版でやりなれていたこともあって、意外とすんなりプレイできました。筐体もコンパネも状態が良かったです。今でもこのコンディションを保ってるって、すごいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110529

2011-05-18

[]初代SG-1000がやってきた!

ついに、初代のSG-1000をゲットしてしまいました。

f:id:fukutake:20110519010213j:image:w400

SG-1000IIは2台ほど持っていたのですが、初代のSG-1000はなんか出会うチャンスがなくてずーっと持ってなかったんですよね。ものすごく探してた、というわけではないけど、いつか欲しいなぁと心の隅に引っかかっていたのですが、先日旅行先で運命の出逢いをしてしまい、その場では一旦買わずに諦めたんですが、あとからやっぱり欲しくなって、そのお店の通販サイトを見つけてしまい、そのままポチっと…。


一応箱説付き。そんなに状態は良くないですが、いやー、これでついに歴代セガハードを揃えることが出来ました。嬉しいものです。


ちなみに、2プレイ用の別売りコントローラは、以前たまたま近所の中古ショップで叩き売られているのを見つけて買っておいたんです。

f:id:fukutake:20110519010438j:image:w400

こっちも奇跡の箱つき。箱のデザインや説明書きが、古き良き時代の味を醸し出してて、眺めているだけでなんかウキウキしてしまいます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110518

2011-05-17

[][][]追悼、児玉清さん

夕方にとても残念な訃報が飛び込んできました。「アタック25」の司会でおなじみの児玉清さんが亡くなったとのこと。最近ではBSの「週刊ブックレビュー」などでも拝見していたのですが、病気だとは全く気づきませんでしたので、本当にびっくりしました。


実は私、学生時代はクイズ研究会に属していました。それ故「アタック25」はよく観ていた番組であると同時に、たくさんの友人先輩が実際に参加されていた番組で(残念ながら自分自身は参加することは叶いませんでしたが)、なんとなく身近に感じる番組でした。特に90年代後半は視聴者参加型番組冬の時代で、我々が参加できる番組が次々に無くなっていく中、かたくなに独自のスタイルを貫き続けた、とても貴重な番組でした。


「アタック25」はPSPS2、そしてPC移植されていますね。私もPS版は良くプレイしました。

f:id:fukutake:20110518002033j:image:w400

f:id:fukutake:20110518002322j:image:w400

f:id:fukutake:20110518002352j:image:w400

実際の番組もそうなんですが、基本的にクイズのレベルが高いんですよね。ちゃんと勉強してないと分からない問題が多いんです。でも、当時先鋭化の一途をたどっていた「クイズ王」系の番組と違って、難しくても一般視聴者でもギリギリついていけるレベル、そのチューニングの絶妙さが、これだけ長く続いてきた秘訣だったのかもしれません。


PS版は番組シミュレータとしての完成度も高く、効果音や問題の合間の演出、クイズの進行も本物をうまいこと再現できていたと思います。後に出たPS2版やPC版と違って予選がないので、番組の雰囲気を手軽に味わう、という意味では非常に良くできた作品だったと思います


子供の頃からおなじみだった番組司会者だったので、やはり突然の訃報はショックでしたね。またひとつ、思い出が無くなってしまった、そんな寂しさを感じます。ご冥福を心よりお祈りいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110517

2011-05-05

[][][][]ゲームセンターCX チャリティーイベント課長と共に…2011春

バンダイナムコゲームス未来研究所で行われた、番組チャリティイベントに参加してきました。今回も私はもちろん課長コスプレでの参加です(昨年のTGS以降すっかり味をしめてます)。開場30分前に到着したら、もう100人以上が並ぶ大盛況状態。ちなみに今回は、いつもイベントでご一緒するお友達2人が課長コス(うち一人はいつもコスプレの公認ニセ課長さんですが)、さらに自社作業服でいらっしゃった方を含めて4人で作業服軍団が結成されたりして、ご一緒させていただいたりもしました。


今回のイベントは、事前に番組宛に使っていないDSソフトを送り、会場では募金をすると課長との握手&集まったDSソフトランダムでもらえる、という形になっており、私も事前に6本ほどのDSソフトを送らせていただいてました。

f:id:fukutake:20110505125506j:image:w400

f:id:fukutake:20110505123945j:image:h400

f:id:fukutake:20110505154153j:image:w400

会場のシアター内は募金握手の流れ作業で、課長がいる関係上写真も撮れませんでしたが、シアター外ではおなじみのスタッフの方々が普通に立っており、記念撮影したりお話したり、普段のイベントよりもさらに長い時間、まったりと楽しむ事ができました。しかも今回はAD陣もやめた人現役の人総登場。高橋先生と東島さんを除くほぼ全員が揃うという贅沢な状況で、番組ファン的にはたまらない時間を満喫。私もひと通りの方々とお話できてとても嬉しかったです。特に、中山さんと岐部さんはちゃんと私のことも名前ごと覚えていただいてて、なんというかファンとしてこれ以上ないほどにありがたき幸せですね。


シアターでの握手は、なるべく多くの方に参加していただきたいというスタッフの皆様のご意向に沿いつつも、午後は結構参加者がまばらだったので、人が並んでいない時間を狙ったりして、合計で3回ほど並ばせていただきました。もちろん3回とも寄付させていただきましたが、3回目はさすがにDSソフトをいただくのは遠慮しておきました。というわけで、いただいたものはこんな感じ。

f:id:fukutake:20110508235900j:image:w400

いただいたDSソフト、1回目はなんとまさかの最新ソフト「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル」…って普通に今も新作扱いのゲームじゃないですか!いいんですか?こんなのいただいて?!ちなみに、送付DSソフトは基本裸カートリッジなのですが、中には箱説つきだったものもあったようで、そういうソフトに関しては希望すればその箱もいただくことが出来るようになっていました。「DQMJ2P」に関しては箱説までそろっていたので、最終的には完品状態になってしまいました。ちょっと恐縮してしまます。2回目にいただいたのは「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」…こちらはさすがに裸ソフトのみですが、これまた人気ソフトで嬉しいです。


あとはスタッフコメント付きポストカードは3枚いただきました。イノコMAXさん、AD片山さん、元AD伊藤さん、高橋先生、VE府川さん、物販田辺さん、あとは新人ADさんの江川さん、伊東さん…はそのうちTVでもおみかけすることになるんでしょうかね?


会場では、インディーズ・ゼロの皆さんが新作ゲームダブルタッチペンスポーツ」の体験会も行っていました。私もチャレンジしてみましたよ。

f:id:fukutake:20110505122425j:image:w400

両手持ちのタッチペンプレイするスポーツゲームの数々、「ボクシング」に挑戦しましたが、ビックリするほどに左手が動かない!どうしても意識右手の方ばかりに行ってしまい、左手がお留守になることが多かったです。その旨をスタッフの方にお話ししたら「そんな方のために、両手を均等に扱えるようになるためのトレーニングモードもありますよ」とのこと。このトレーニングモード、タイムアタックで画面内の光るパネルを指定された側の腕でタッチする、という内容なのですが、これがなかなか熱い。短時間のスコアアタックは盛り上がりますね。


ちなみに会場にはもちろんあの鈴井社長もいらっしゃっており、「まだ有野の挑戦状2やってますよ!」とお話したら、ソフトサインまでいただけちゃいました。

f:id:fukutake:20110508235929j:image:w400


会場では、3DSすれ違い通信が大賑わい。次から次へといろんな人が入ってきて、10人ごと更新するのが大変になるぐらいでした。しかも、なんとスタッフの皆さんやと課長ともすれ違い成功!!

f:id:fukutake:20110509003001j:image:w400

鈴井社長、

f:id:fukutake:20110509003142j:image:w400

作家岐部さん、

f:id:fukutake:20110509003111j:image:w400

菅プロデューサーに、

f:id:fukutake:20110509003038j:image:w400

なぜかロン毛の有野課長!!会場では「3DSが欲しくなった」という声もたくさん聞きました。さらに会場に遅れてきたAD渡邊さんとは、PSPの「モンハンP3rd」のギルドカードの交換までしていただいたりもしました。本当はご一緒に一狩り行きたかったところですが…それはまた次の機会ですね。あこがれの方々とこうしてゲーム機で交流できる、こういう距離の近さもまた、この番組の魅力なんだよなぁ…としみじみ思います


16時半までの握手会終了後、スタッフの皆さんも交えて近所の公園での解散会&記念撮影まで含めてGCCX漬けの一日を、これでもかというぐらい満喫しまくりました。イベント後、家に帰った頃には足が痛くてパンパン。でも本当に楽しかったー。このようなイベントをこれからも企画されているそうなので、また次回にも期待ですね。そのときはまた、課長コスで参加させていただきますよー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110505

2011-05-02

[][]銚子に桃鉄を見た

実は鉄ちゃん属性もある私、連休中の鉄分補給に銚子電鉄に乗りに行って来ました…ってここはゲームブログじゃないんかい?!とツッコまれそうですが、銚子電鉄は「桃鉄」とコラボしているので、桃鉄ネタがあったりするのです。

f:id:fukutake:20110502160647j:image:w400

桃鉄ラッピング電車。外装だけならよくあるラッピング電車なんですが、この車両なんと車内の座席にも

f:id:fukutake:20110502160952j:image:w400

キャラクタープリントがされてたりします。凝ってるー。


さらに、仲之町、笠上黒生、犬吠の駅には、貧乏神石像まであります

f:id:fukutake:20110502160450j:image:h400

仲之町の「貧乏がサル」

f:id:fukutake:20110502165052j:image:h400

笠上黒生の「貧乏をトリ」

f:id:fukutake:20110502124226j:image:h400

犬吠の「貧乏イヌ

どの像も良く出来てます。「ボンビー!社長さんのために物件を売ってきてあげたのねん。犬吠のぬれ煎餅屋なのねん。貧乏は怖いのねん」ってならないことを祈るのみです。


ちなみに、犬吠駅から徒歩10分ほどのところには、本州最東端の犬吠崎があります観光していたら、ふとどこかで見たことある様な「グランドホテル磯屋」を発見…ってここなんだっけ?

f:id:fukutake:20110502141938j:image:w400

考える事1分…あ!ここ「ゲームセンターCX 24時間生放送」の問題VTR「たまゲイ」で紹介されてたホテルだ!


というわけで、鉄分満喫する中でもゲームネタは忘れない私なのでした。

mamimami 2011/05/28 11:16 間違わないで。本州最東端は魹ヶ崎(宮古市)けっして、犬吠崎ではありません。

fukutakefukutake 2012/02/19 18:27 これは失礼しました。無知をさらけだしてしまいましたね。お恥ずかしい…

2011-05-01

[][]ナンジャタウンモンハンコラボイベント再び

なんかまたナンジャタウンイベントがあったので、連休を利用して行って来ました。

http://www.namja.jp/news/mhp3rd/

入り口に行ったら

f:id:fukutake:20110501174308j:image:h400

教官とニャン次郎さんが!!テンション上がりますなぁ。というわけで、

f:id:fukutake:20110501170847j:image:w400

f:id:fukutake:20110501163814j:image:w400

f:id:fukutake:20110501183706j:image:h400

f:id:fukutake:20110501172858j:image:w400

食べまくりー。どのお店のコラボメニューも良く出来てますなぁ。お腹がいっぱいになったら休憩スペースで食後の狩りに出発…一日たっぷりと満喫できました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110501