フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2011-06-30

[]パックマンギャラガ ディメンション

ナムコは何本パックマンギャラガを出せば気が済むんだか…と思いつつ、おっさんホイホイに軽やかに引っかかってみました。

f:id:fukutake:20110703003956j:image:w400

f:id:fukutake:20110703002535j:image:w400

アレンジ版含め、6種類のゲームが入っているわけですが、おっさん的にはやっぱりオリジナルゲームを真っ先にプレイするわけでありますオリジナルゲームにはそれぞれにアップライト筐体、テーブル筐体、画面のみの3種類の表示モードがあります。画面のみモードにすると、キャラクタがBGから浮いて見える等、ゲーム画面そのものに裸眼立体視効果をプラスしたアレンジが加わるんですが、そのぐらいなら、まぁありがち3D化かな?と思います。でも、個人的にむしろすごいと思ったのはむしろアップライト、テーブル筐体表示の方

f:id:fukutake:20110703002618j:image:w400

写真だと分かりにくいんですが、なんと裸眼立体を使ってブラウン管独特の投影面の丸みを表現してるんです。これはいい!この発想はなかったわ。その他にもテーブル面より画面が若干奥まって見えたり、積んである100円玉が浮いて見えたり…あぁ、なんて3D表示の無駄遣い!でも、昔のゲームマシン独特の雰囲気表現にはすごく効果的だなぁ、と思いました。裸眼3Dを使うといえば普通ゲーム画面の中身を立体的に表現する、って発想に行くと思うんですが…こういう使い方もあるんですね。ちょっと目からウロコ出ました。


ちなみにゲームそのもののアレンジバージョンの方は…すいません、あんまり遊んでません。「パックマン チャンピオンシップ エディション」「ギャラガ レギオンズ」はPS3Xbox360でも遊んだタイトルですが、両方共もう続編が出ているんですよね。どうせならそっちを移植して欲しかったところです…。ただ、「ギャラガ レギオンズ」は裸眼3Dによる効果がうまくハマっているように思えました。宇宙空間と奥行き感は相性が良いですね。

[]3Dクラシックス ゼビウス

3DSナムコレゲーといえば、配信当日にダウンロードしてたのに紹介するのを忘れていたこの一本

f:id:fukutake:20110703002431j:image:h400

f:id:fukutake:20110703002346j:image:h400

年始の体験会(id:fukutake:20110108#p1)で公開していたタイトルがついに配信。「ゼビウスコレクターな私としては、見逃すはずがありません。


そもそも「ゼビウス」というゲームデザイン裸眼3D表示は、コンセプト的に相性が良さそう、ってのは誰でも思いつくところですよね。で、実際にそれを具現化させていて、なるほど確かに効果はあるんですが…どういうチューニングをしたのか分からないのですが、全体的に視差表現を大きめに設定しすぎて、デフォルトの状態でプレイしても正直眼が痛いです。高高度を飛んでる、という印象を見せたかったのかもしれませんが、それにしてもちとやり過ぎな気がします。地上物と空中物に同時にピントが合わせられない…。


そんなときのための3Dボリュームじゃないか!と、自分で無理なく見られるちょうどいい深度にしてみると…今度はアンドアジェネシスが浮いてこない…。地面を走っている(ファミコン版のようにくっついてはいない)のですが、地上物→アンドアジェネシス→空中物の3層構造が「ゼビウス」の世界なわけで…それが表現出来ていないのは、魅力半減ですよ、となんだか自分で納得できる3D深度の設定ができませんでした。


あともう一つとても残念なのが…どんな3D深度を深く設定しても、ソルは平面で飛び出てきません。あーあ、ソルみたいな高度差がある建築物ほど、3D表現甲斐があるってもんじゃ無いの?まぁ、本当に飛び出る塔にしようとすると、キャラパターン変えたりしなきゃならんので、難しいんでしょうけど。


ゲーム内容自体は、全般的にはアーケード版をベースにした極めてオーソドックスな「ゼビウス」でした。が、左右の空いてるスペースには「ガンプの謎」を彷彿とさせる、多重スクロールの雲が描かれてます。入ってもワープはしませんけど…。立体感を強調して演出するためでしょうね。


オリジナルとの決定的な違いは2点ほど確認できました。ひとつは「スペシャルフラッグは出すだけで1UP。取らなくてもいい」という仕様変更…って何そのゆとり仕様?。もうひとつは「画面の特定の箇所にブラスターを落とすとラッキーフラッグ出現。その後はミスをするまでスコアが2倍に」という新要素。まんま「ニューラリーX」のラッキーフラッグ状態ですね。まぁ、この程度の追加要素ならアリですが、オリジナル比較してのスコアアタックはできなくなってしまいましたね。


まぁ元々、3DSデモコンテンツ意味合いも強そうなタイトルですし、オリジナルとの比較云々より「ゼビウス」のひとつのバリエーションだと思って楽しむのが正解でしょう。ただ、やっぱり3D深度の調整については、まだまだ難しくてノウハウが足りない要素なんだろうなぁ、と思うタイトルでもありました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110630

2011-06-29

[]ドラゴンクエスト25周年記念 ドラゴンクエストI・II・III おまけの話

パッケージ内容が公開され、予約も始まったようですね。なんと同梱特典は「ファミコン神拳」の復刻版だとか。も、も、もょもとーっ!!!


ファミコン神拳リアルタイムで読んでました。昔自分で作ったゲーム記事スクラップブックを見てみたら、当時の袋とじの記事が保存されていました。

f:id:fukutake:20110630011248j:image:h400

第1回、第2回のときの記事ですね。当時、コロコロ裏技コーナーで「禁じ手」扱いされていた

f:id:fukutake:20110630011712j:image:w400

「怪・鋼鉄のソルバルウ?」の情報がおもいっきり載ってたりして、「なんかジャンプってズルイ」と思った少年時代を思い出しました。最初のころは、新作ゲームのあたた大紹介と裏技紹介の奥義袋とじの2部構成だったんですよね。ドラクエ付属するのはそれより後、単行本化されたものの復刻版のようですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110629

2011-06-24

[][]DEADLIEST CATCH SEA OF CHAOS

最近ブログ書く暇がなくて、このままでは6月更新がゼロになってしまう!と危機感を覚えて、買ってきましたこのゲーム

f:id:fukutake:20110630011503j:image:h400

世界で最も危険職業(?)であるカニ漁をモチーフにした、知る人ぞ知るアクションゲームです。パッケージの絵も、パッと見、マッチョなおっさんが活躍する戦場FPSドンパチゲームのテイストですが、よく見ると、おっさんが持っているのは銃ではなくてカニだったり。っていうか、そもそもなんでカニ漁をゲーム化しようとしたのか?その意図が一番謎な気がしますが、その発想が面白いので許す。なんか初代PS時代の混沌を感じさせますね(タイトルCHAOSが入ってるだけに…ウヒョッ)。


内容としては、捕獲用カゴを海に投げ込んだり、そのカゴを回収したり、カニの分別をしたり、荷降ろし用のバケットにカニを投げ込んだり、海に落ちた仲間を救ったりするみたいです。ちょこっとだけプレイしてみましたが、まぁなんというか微妙な感じでした。まぁ、微妙さ目当てで買った側面も強いですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110624