フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2011-08-26

[][]ファミコン三銃士 vol.2

阿佐ヶ谷Loftで行われた、夜中のファミコントークイベントに参加してきました。折からの大雨のせいか、客席がなんと10人ぐらい。なんてローカルイベントだ…。

f:id:fukutake:20110826234332j:image:h300

第1部はゲイムマンさんによるチョイスゴコンピュータオリジナルゲームの紹介、第2部はくさなぎゆうぎさんと恋パラ支部長によるオススメファミコンゲーム(アドベンチャー、シュ−ティング)の紹介、第3部は杏野はるなさんのゲーム博物館紹介と1UPゲームスタッフによるチョイスゴコンピュータの宣伝、という感じで、第2部は期待通りの楽しさだったのですが、全体的になんか販促ムードの濃いイベントで、ちょっと期待はずれだったかなーという感じでした。


でも2部はすごく楽しくて、プレイしたことのないゲームもあったので見ごたえがありました。くさなぎさんは本当にアドベンチャーゲームがお好きなようで、特に自分クリアした(id:fukutake:20080607#p1)「ライブインパワーボウル」の紹介は、聞いていて「うんうん」とうなづきながら見ていました。ネタ的に扱われることも多いタイトルですが、ゲームそのものは結構楽しいですよねアレ。帰り際にその子とをお話ししたら、ステージ中で使用した直筆のTMネットワークイラストをいただけちゃいました。嬉しい!

f:id:fukutake:20110912011936j:image:w200


3部終了後には、さらに1時間ぐらいのフリートークがあったのですが、第1部からの流れでゲイムマンさんを弄る方向に話が進んでしまい、正直見ていて辟易してしまいました。何もあんなに責めなくても…。杏野はるなさん、さすがアイドルだけかわいいルックスだなぁと思ってみてましたが、でも容赦無いゲイムマンさんへのツッコミをみてると、ちょっと怖い印象を受けました。キッツイなぁ…と。


終了後にはゲストの荒井清和さんともお話ができました。ログイン時代からべーしっ君読んでます!とかしか言えなかったのが悔やまれます。うすらのばぼーん。

2011-08-18

[][]ユクモ村温泉紀行

お盆休みを使ってどこかに行こう!と思い立ち、気がついたらここに来てました。

http://ameblo.jp/mh-shibu/

f:id:fukutake:20110817161049j:image:w400

ユクモ村…じゃなくて信州渋温泉モンハンコラボ絶賛開催中であります。行く前は「適当キャラ絵とか配置してるだけのコラボでしょ?」と思ったのですが、行ってみたら温泉街を挙げての本気コラボでした。街中モンハンだらけ。

f:id:fukutake:20110818153954j:image:h400

f:id:fukutake:20110817145938j:image:w400

行きの電車(長野電鉄)からしてもうこんな感じ。

f:id:fukutake:20110817170637j:image:w400

温泉旅館もこんな感じ。

f:id:fukutake:20110818115943j:image:h400

中心地には木彫りのアイルー(完成度高い!)とモンハン神社

f:id:fukutake:20110818113245j:image:h400

茶屋ではアイルーパフェドリンクが出てきて

f:id:fukutake:20110818103335j:image:w400

旅行者の貴重品はメラルーが狙っていて(ひぃ!)

f:id:fukutake:20110818092627j:image:w400

外湯めぐりもモンスター名前に!


街はずれには盆踊り会場。ここが一応イベントの中心地ということになり、グッズ販売や屋台の食べ物販売もしていますが、なんといっても夜に行われた

f:id:fukutake:20110817194711j:image:w400

みんなで本当に盆踊り。私も輪の中に入って踊ってきましたが、思ったより楽しくて夢中になってしまいました。

f:id:fukutake:20110817161832j:image:w400

本物の10連肉焼き器があったり(写真で見ると肉小さいですが、そもそも肉焼き器がデカいのです)、

f:id:fukutake:20110818134441j:image:h400

ギルドでおなじみのニャン泉岩の本物があったり、わりと徹底的なコラボになっていて、ファンなら思わずニンマリしてしまうこと間違いなし。このぐらいやってくれると、遠くから足を運んだ甲斐もあるという感じですね。街中も平日にもかかわらず結構お客さんが行き来していました。私も正直このイベントを知るまで、失礼ながら渋温泉存在自体を知らなかったりしたのですが、アピール効果絶大ですなぁ。


というわけで1泊2日ではありましたが、ユクモ村旅情を満喫してきたのでありました。

2011-08-12

[]VectorRacing

何気なくニンテンドーeショップみたら、オヤジゲーマーの琴線に触れる作品があったので、ダウンロードしてみました。

f:id:fukutake:20110822001057j:image:w400

f:id:fukutake:20110822001149j:image:h400

ワイヤーフレームベクタースキャンレースゲーム。ちゃんと交差点だけ色が濃かったり、単色表示にできたりと雰囲気出ています。3D表示との相性もいいですね。光速船や往年のバーチャルボーイレッドアラーム」を思い出します。ただゲームとしては…淡白でちょっと盛り上がりに欠けるかなぁ、という気も。プレイが進めば白熱の展開になるのかもしれませんが。


それにしても、3DSウェアって地味すぎて、全然知られてないですよね。もう少し宣伝してもいい気もしますが、せっかくこういう挑戦的なタイトルが出てるのに…埋もれてしまうのはもったいないです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110812

2011-08-10

[]3Dクラシックス ツインビー

f:id:fukutake:20110822001239j:image:w400

3Dクラシックスシリーズ第3弾はツインビーですか。というわけで早速ダウンロードしました。

http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/sacj/index.html

ゼビウス」と違って、ファミコン版がベースとなっているようです。また、3D表現は画面上方に向かって奥行きが深くなるようなパースがついていて、なかなか面白い見せ方をしているなぁ、と思いました(強いて言えば「アクスレイ」みたいな感じ?)。UI見た感じでは「ゼビウス」と同じところが開発史てるっぽいですが、3D表現がマイルドになっていてだいぶプレイしやすくなっています(むしろ「ゼビウス」は極端に奥行き感出しすぎ)。

f:id:fukutake:20110822001309j:image:h400

ゲームそのものも、連射が付いているせいかオリジナルより簡単になっている気がします。ベル連続取得していくと最高で10万点までスコアが上がるため、残機がザクザクもりもり増えます。気がついたら下画面に残機表示がずらーって並んでる感じ。気のせいか先のステージでのベル出現回数も多く復活もしやすくなっているように思えます。「アーバンチャンピオン」のようにいつまでも終わらないってほどじゃないですけど、元のFC版をやったことある人なら、相当簡単に感じるんではないかと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110810

2011-08-06

[][]有野の生挑戦 クライマックス体験会

f:id:fukutake:20110806103145j:image:w400

毎年恒例、夏のゲームセンターCXイベントに今年も参加してきました。もちろん今回も課長コスプレで。当日は曇だったとはいえ、ものすごい暑さで汗ダクダクでした。


昨年(id:fukutake:20100828#p1)同様、会場整理券取得のためにゆりかもめ始発で現地入りしましたが、今年は

f:id:fukutake:20110806111923j:image:h400

22番目。告知が少なかったせいか、昨年の半分の番号ですね。イベントでいつもあるファン友達と歓談しながら整理券配布を待ったり,発売されたばかりの「カチョーオン!デマンド名刺」を交換したり、イベントまでスタッフさん見つけてお話をしたり、そういうところもゲームセンターCXイベントの醍醐味ですね。


イベントは、先日課長が挑戦しつつもスタッフの力を借りてなんとかクリアした(ことになった)SFCの「F-ZERO」で、自力でのクリアに再挑戦という内容でした。ステージ上には念のために用意された3台のスーパーファミコンが…

f:id:fukutake:20110806113253j:image:w400

これが、のちに実に課長らしいドラマを生むことになるのですが…放送までのお楽しみ。


生の挑戦を会場で見るのは、ファン感謝デーのマイティボンジャック(id:fukutake:20061223#p1、うわ、もう5年も前だ)以来でした。今回はあの時ほどのドラマチックな展開はなかった(むしろ課長らしい、ややグダグダな展開)とはいえ、ステージと客席の盛り上がり、会場の一体感はあのときと同じ。やっぱりたくさんの人で集まってワイワイやるのは楽しいですね。


放送はおそらく8月下旬ごろでしょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110806

2011-08-01

[]みんなのリズム天国

f:id:fukutake:20110822001004j:image:h400

GBA版(id:fukutake:20060803#p1)、DS版(id:fukutake:20080731#p1)とプレイを続け、ついに3作目ですか。というわけで、軽やかに購入&プレイしております


単純にリズムにノッてボタンを押すだけ、でも気持ちいい、というプリミティブな爽快感はこれまでのシリーズ同様で、なにはともあれ基本的な面白さ、完成度の高さはさすがといった感じです。DSの「リズム天国ゴールド」では、タッチパネルを使った「はじく」操作が特徴でしたが、個人的にはその相対的な判定でのゲーム進行がなんかしっくり来ず、やや不満があったので、もっと相対的でわかりにくいリモコンポインティング操作やモーション操作Wiiだからといって安易に取り入れなかった今作の方針は大歓迎です。


一方で、今作は逆にさらなるライトユーザー向けにコンセプトを振ったせいか、A、Bボタンしか使用しない操作系になっています。が、個人的にはこれも少々やりすぎかなぁ、と。操作を絞りすぎたせいで、どのゲームも「見せ方を変えただけで同じようなゲーム」に思えてしまうのです。A、Bボタンリモコンを「つまむ」感覚Wii独自の側面として提示したかったのかもしれませんが、ちょっと割りきり過ぎかなぁ…と。素直に横持ちファミコン操作でもよかった気もしますが…。


確かに面白いんだけど、やっぱり初代の出来の良さには及ばない気がして、なんだかモヤモヤとした残念感も感じています

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fukutake/20110801