フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2012-07-29

[]ドンキーコング オリジナルエディション

3DSの夏のキャンペーンで配布された「ドンキーコング オリジナルエディション」を早速ゲットしました。

f:id:fukutake:20120728145917j:image

ファミコン版で省略された50mが収録されてるのが特徴ですが、その他にも各面クリア時のデモシーンが追加されてたり、細かく微妙改善されてますね。

2012-03-09

[]メタルギアソリッド3D発売記念抽選会にて

東京ミッドタウンコナミスタイルで、「メタルギアソリッド3D」購入者を対象にしたくじ引きに参加できる、とのことで行ってみました。

f:id:fukutake:20120309180352j:image

そしたら…

f:id:fukutake:20120309181047j:image

2等のサイン入りポスター当たっちゃった!!大切にしま

2012-03-08

[]メタルギアソリッド3D

過去携帯ゲーム機で出たメタルギアソリッドは、毎回本体同梱版を購入してきましたが、さすがに今回は…

f:id:fukutake:20120414134901j:image

やっちゃった!

f:id:fukutake:20120309023837j:image

ヘビがらキター!!

2012-01-19

[]ゼルダエディション降臨

今日は誕生日なので、昨年買って一ヶ月間封印していた3DSゼルダエディションを開封しました。

f:id:fukutake:20120120022559j:image

おめでとうオレ…

2011-09-08

[]モンハン3(Tri)が3DS

モンハン3(トライ)が3DSでリリースで盛り上がってますね。マジですか?!って感じなんですけど。しかも拡張外付け右スティック付きですって…そこまでしてまで3DSで出さなきゃダメだったの?PSPじゃダメなの?


P3Gでなく、Wiiで出してたトライのGを持ってくることで、任天堂にもSCEにも仁義を通したって感じなんでしょうね。3DSじゃモンハン持ち出来ないから、外付けスティックは苦肉の策か…。それよりも、武器の種類は増えてんだろうな!?という所が心配なガンス使いの私でしたが、どうやら武器もモンスターもP3rd程度には揃ってるようで。でもニャーニャーが出てこないので、正直魅力はちょっと弱いかなぁ…と思ってます。変な周辺機器マニアとしては、例のスティックが非常に気になりますが。


それにしても、モンハン3Gを3DSに出すことによる、カプコン側のメリットって何だろう?と思わざるを得ませんな。単純に任天堂側の熱烈なラブコールと、それを利用して太いパイプを築いておきたかったってことなんだとは思いますが。

2011-08-12

[]VectorRacing

何気なくニンテンドーeショップみたら、オヤジゲーマーの琴線に触れる作品があったので、ダウンロードしてみました。

f:id:fukutake:20110822001057j:image:w400

f:id:fukutake:20110822001149j:image:h400

ワイヤーフレームベクタースキャン風レースゲーム。ちゃんと交差点だけ色が濃かったり、単色表示にできたりと雰囲気出ています。3D表示との相性もいいですね。光速船や往年のバーチャルボーイ「レッドアラーム」を思い出します。ただゲームとしては…淡白でちょっと盛り上がりに欠けるかなぁ、という気も。プレイが進めば白熱の展開になるのかもしれませんが。


それにしても、3DSウェアって地味すぎて、全然知られてないですよね。もう少し宣伝してもいい気もしますが、せっかくこういう挑戦的なタイトルが出てるのに…埋もれてしまうのはもったいないです。

2011-08-10

[]3Dクラシックス ツインビー

f:id:fukutake:20110822001239j:image:w400

3Dクラシックスシリーズ第3弾はツインビーですか。というわけで早速ダウンロードしました。

http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/sacj/index.html

「ゼビウス」と違って、ファミコン版がベースとなっているようです。また、3D表現は画面上方に向かって奥行きが深くなるようなパースがついていて、なかなか面白い見せ方をしているなぁ、と思いました(強いて言えば「アクスレイ」みたいな感じ?)。UI見た感じでは「ゼビウス」と同じところが開発史てるっぽいですが、3D表現がマイルドになっていてだいぶプレイしやすくなっています(むしろ「ゼビウス」は極端に奥行き感出しすぎ)。

f:id:fukutake:20110822001309j:image:h400

ゲームそのものも、連射が付いているせいかオリジナルより簡単になっている気がします。ベルを連続取得していくと最高で10万点までスコアが上がるため、残機がザクザクもりもり増えます。気がついたら下画面に残機表示がずらーって並んでる感じ。気のせいか先のステージでのベル出現回数も多く復活もしやすくなっているように思えます。「アーバンチャンピオン」のようにいつまでも終わらないってほどじゃないですけど、元のFC版をやったことある人なら、相当簡単に感じるんではないかと。

2011-06-30

[]パックマン&ギャラガ ディメンションズ

ナムコは何本パックマンとギャラガを出せば気が済むんだか…と思いつつ、おっさんホイホイに軽やかに引っかかってみました。

f:id:fukutake:20110703003956j:image:w400

f:id:fukutake:20110703002535j:image:w400

アレンジ版含め、6種類のゲームが入っているわけですが、おっさん的にはやっぱりオリジナルゲームを真っ先にプレイするわけでありますオリジナルゲームにはそれぞれにアップライト筐体、テーブル筐体、画面のみの3種類の表示モードがあります。画面のみモードにすると、キャラクタがBGから浮いて見える等、ゲーム画面そのものに裸眼立体視効果をプラスしたアレンジが加わるんですが、そのぐらいなら、まぁありがち3D化かな?と思います。でも、個人的にむしろすごいと思ったのはむしろアップライト、テーブル筐体表示の方

f:id:fukutake:20110703002618j:image:w400

写真だと分かりにくいんですが、なんと裸眼立体を使ってブラウン管独特の投影面の丸みを表現してるんです。これはいい!この発想はなかったわ。その他にもテーブル面より画面が若干奥まって見えたり、積んである100円玉が浮いて見えたり…あぁ、なんて3D表示の無駄遣い!でも、昔のゲームマシン独特の雰囲気表現にはすごく効果的だなぁ、と思いました。裸眼3Dを使うといえば普通はゲーム画面の中身を立体的に表現する、って発想に行くと思うんですが…こういう使い方もあるんですね。ちょっと目からウロコ出ました。


ちなみにゲームそのもののアレンジバージョンの方は…すいません、あんまり遊んでません。「パックマン チャンピオンシップ エディション」「ギャラガ レギオンズ」はPS3、Xbox360でも遊んだタイトルですが、両方共もう続編が出ているんですよね。どうせならそっちを移植して欲しかったところです…。ただ、「ギャラガ レギオンズ」は裸眼3Dによる効果がうまくハマっているように思えました。宇宙空間と奥行き感は相性が良いですね。

[]3Dクラシックス ゼビウス

3DSでナムコレゲーといえば、配信当日にダウンロードしてたのに紹介するのを忘れていたこの一本

f:id:fukutake:20110703002431j:image:h400

f:id:fukutake:20110703002346j:image:h400

年始の体験会(id:fukutake:20110108#p1)で公開していたタイトルがついに配信。「ゼビウス」コレクターな私としては、見逃すはずがありません。


そもそも「ゼビウス」というゲームデザインと裸眼3D表示は、コンセプト的に相性が良さそう、ってのは誰でも思いつくところですよね。で、実際にそれを具現化させていて、なるほど確かに効果はあるんですが…どういうチューニングをしたのか分からないのですが、全体的に視差表現を大きめに設定しすぎて、デフォルトの状態でプレイしても正直眼が痛いです。高高度を飛んでる、という印象を見せたかったのかもしれませんが、それにしてもちとやり過ぎな気がします。地上物と空中物に同時にピントが合わせられない…。


そんなときのための3Dボリュームじゃないか!と、自分で無理なく見られるちょうどいい深度にしてみると…今度はアンドアジェネシスが浮いてこない…。地面を走っている(ファミコン版のようにくっついてはいない)のですが、地上物→アンドアジェネシス→空中物の3層構造が「ゼビウス」の世界なわけで…それが表現出来ていないのは、魅力半減ですよ、となんだか自分で納得できる3D深度の設定ができませんでした。


あともう一つとても残念なのが…どんな3D深度を深く設定しても、ソルは平面で飛び出てきません。あーあ、ソルみたいな高度差がある建築物ほど、3D表現の甲斐があるってもんじゃ無いの?まぁ、本当に飛び出る塔にしようとすると、キャラパターン変えたりしなきゃならんので、難しいんでしょうけど。


ゲーム内容自体は、全般的にはアーケード版をベースにした極めてオーソドックスな「ゼビウス」でした。が、左右の空いてるスペースには「ガンプの謎」を彷彿とさせる、多重スクロールの雲が描かれてます。入ってもワープはしませんけど…。立体感を強調して演出するためでしょうね。


オリジナルとの決定的な違いは2点ほど確認できました。ひとつは「スペシャルフラッグは出すだけで1UP。取らなくてもいい」という仕様変更…って何そのゆとり仕様?。もうひとつは「画面の特定の箇所にブラスターを落とすとラッキーフラッグ出現。その後はミスをするまでスコアが2倍に」という新要素。まんま「ニューラリーX」のラッキーフラッグ状態ですね。まぁ、この程度の追加要素ならアリですが、オリジナルと比較してのスコアアタックはできなくなってしまいましたね。


まぁ元々、3DSデモ的コンテンツな意味合いも強そうなタイトルですし、オリジナルとの比較云々より「ゼビウス」のひとつのバリエーションだと思って楽しむのが正解でしょう。ただ、やっぱり3D深度の調整については、まだまだ難しくてノウハウが足りない要素なんだろうなぁ、と思うタイトルでもありました。

2011-05-05

[][][][]ゲームセンターCX チャリティーイベント〜課長と共に…2011春

バンダイナムコゲームス未来研究所で行われた、番組のチャリティイベントに参加してきました。今回も私はもちろん課長コスプレでの参加です(昨年のTGS以降すっかり味をしめてます)。開場30分前に到着したら、もう100人以上が並ぶ大盛況状態。ちなみに今回は、いつもイベントでご一緒するお友達2人が課長コス(うち一人はいつもコスプレの公認ニセ課長さんですが)、さらに自社作業服でいらっしゃった方を含めて4人で作業服軍団が結成されたりして、ご一緒させていただいたりもしました。


今回のイベントは、事前に番組宛に使っていないDSソフトを送り、会場では募金をすると課長との握手&集まったDSソフトがランダムでもらえる、という形になっており、私も事前に6本ほどのDSのソフトを送らせていただいてました。

f:id:fukutake:20110505125506j:image:w400

f:id:fukutake:20110505123945j:image:h400

f:id:fukutake:20110505154153j:image:w400

会場のシアター内は募金と握手の流れ作業で、課長がいる関係上写真も撮れませんでしたが、シアター外ではおなじみのスタッフの方々が普通に立っており、記念撮影したりお話したり、普段のイベントよりもさらに長い時間、まったりと楽しむ事ができました。しかも今回はAD陣もやめた人現役の人総登場。高橋先生と東島さんを除くほぼ全員が揃うという贅沢な状況で、番組ファン的にはたまらない時間を満喫。私もひと通りの方々とお話できてとても嬉しかったです。特に、中山さんと岐部さんはちゃんと私のことも名前ごと覚えていただいてて、なんというかファンとしてこれ以上ないほどにありがたき幸せですね。


シアターでの握手は、なるべく多くの方に参加していただきたいというスタッフの皆様のご意向に沿いつつも、午後は結構参加者がまばらだったので、人が並んでいない時間を狙ったりして、合計で3回ほど並ばせていただきました。もちろん3回とも寄付させていただきましたが、3回目はさすがにDSのソフトをいただくのは遠慮しておきました。というわけで、いただいたものはこんな感じ。

f:id:fukutake:20110508235900j:image:w400

いただいたDSのソフト、1回目はなんとまさかの最新ソフト「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー2プロフェッショナル」…って普通に今も新作扱いのゲームじゃないですか!いいんですか?こんなのいただいて?!ちなみに、送付DSのソフトは基本裸カートリッジなのですが、中には箱説つきだったものもあったようで、そういうソフトに関しては希望すればその箱もいただくことが出来るようになっていました。「DQMJ2P」に関しては箱説までそろっていたので、最終的には完品状態になってしまいました。ちょっと恐縮してしまます。2回目にいただいたのは「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊」…こちらはさすがに裸ソフトのみですが、これまた人気ソフトで嬉しいです。


あとはスタッフのコメント付きポストカードは3枚いただきました。イノコMAXさん、AD片山さん、元AD伊藤さん、高橋先生、VE府川さん、物販田辺さん、あとは新人ADさんの江川さん、伊東さん…はそのうちTVでもおみかけすることになるんでしょうかね?


会場では、インディーズ・ゼロの皆さんが新作ゲーム「ダブルタッチペンスポーツ」の体験会も行っていました。私もチャレンジしてみましたよ。

f:id:fukutake:20110505122425j:image:w400

両手持ちのタッチペンでプレイするスポーツゲームの数々、「ボクシング」に挑戦しましたが、ビックリするほどに左手が動かない!どうしても意識が右手の方ばかりに行ってしまい、左手がお留守になることが多かったです。その旨をスタッフの方にお話ししたら「そんな方のために、両手を均等に扱えるようになるためのトレーニングモードもありますよ」とのこと。このトレーニングモード、タイムアタックで画面内の光るパネルを指定された側の腕でタッチする、という内容なのですが、これがなかなか熱い。短時間のスコアアタックは盛り上がりますね。


ちなみに会場にはもちろんあの鈴井社長もいらっしゃっており、「まだ有野の挑戦状2やってますよ!」とお話したら、ソフトにサインまでいただけちゃいました。

f:id:fukutake:20110508235929j:image:w400


会場では、3DSのすれ違い通信が大賑わい。次から次へといろんな人が入ってきて、10人ごとに更新するのが大変になるぐらいでした。しかも、なんとスタッフの皆さんやと課長ともすれ違い成功!!

f:id:fukutake:20110509003001j:image:w400

鈴井社長、

f:id:fukutake:20110509003142j:image:w400

作家岐部さん、

f:id:fukutake:20110509003111j:image:w400

菅プロデューサーに、

f:id:fukutake:20110509003038j:image:w400

なぜかロン毛の有野課長!!会場では「3DSが欲しくなった」という声もたくさん聞きました。さらに会場に遅れてきたAD渡邊さんとは、PSPの「モンハンP3rd」のギルドカードの交換までしていただいたりもしました。本当はご一緒に一狩り行きたかったところですが…それはまた次の機会ですね。あこがれの方々とこうしてゲーム機で交流できる、こういう距離の近さもまた、この番組の魅力なんだよなぁ…としみじみ思います


16時半までの握手会終了後、スタッフの皆さんも交えて近所の公園での解散会&記念撮影まで含めてGCCX漬けの一日を、これでもかというぐらい満喫しまくりました。イベント後、家に帰った頃には足が痛くてパンパン。でも本当に楽しかったー。このようなイベントをこれからも企画されているそうなので、また次回にも期待ですね。そのときはまた、課長コスで参加させていただきますよー。

2011-04-19

[]3DSについて、通勤電車の中で考えたこと

3DSを購入して早1ヶ月半。すれちがいMii通信、ピース、帽子ともコンプリートしちゃいました。やってるときは面白かったけど、たぶんもう起動することもなさそうです。こうなると、本体内蔵アプリは邪魔な存在になってしまますね。もう少し恒久的に遊べる内容にしときゃ良かったのに…


3DSのすれちがい通信、通勤時にONにしてますが、発売直後に比べて明らかにヒット率下がった気がします。皆もう飽きちゃったのかしら?そしていつのまに通信でのコンテンツ配信を頑張っているのは、私が知る限りではカプコンとレベルファイブのみ…何この放ったらかし感。任天堂何やってんの?ストアサービスが始まる5月下旬から本気出す?ってそれ以前に買ったユーザはどうでもいいってこと?


3DSのストIVには、いつのまに通信で配信されたパスワードをゲーム内で手入力するとアイテムが貰える、という仕掛けがあります。通信してるのに手入力。このチグハグっぷりがニンテンドーセンスですな。2世代ぐらい遅れてる感。これで「スマートフォンに対抗」とか言ってるんだから、笑っちゃいますよホント。


任天堂は今回も結局、マリオとポケモンで売り抜けようって腹なのかなぁ…という気がしてきちゃいます。本当、以前にも増して短期的なことしか考えずに設計してる感ありまくりで、奢り…とまでは言わないけど、慢心しすぎなんじゃないかしら。昔はそれでも通用してたんでしょうけど、成功経験は人を変えるんでしょうかねぇ。