フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2012-04-02

[][]THE ゲームメーカー セガ

楽しみにしていた「THE ゲームメーカー セガ編」が届いたので、早速一通り観てみました。

f:id:fukutake:20120402225103j:image

これまであまり日の目を見なかったSGシリーズの紹介から始まって、ソニック中氏のインタビューまで、ゲーム映像てんこ盛りで、相変わらずのものすごい充実っぷり。一本一本丁寧に解説されているので、資料的価値も高いです。とはいえ一方で、Disk2枚組みでも未紹介なタイトルもたくさんあったので、やっぱり物足りなく感じる気もします。セガを語るにはあと2枚ぐらいは欲しいところです。

2011-04-09

[][]THE ゲームメーカー Tシャツ当たった!!

身に覚えのない宅配便が届きました。品名を見ると「ご当選品」…なんじゃこりゃ?開けてみてビックリ!!

f:id:fukutake:20110410222747j:image

DVD「THE ゲームメーカー」の購入者プレゼントTシャツ当たったー!!!!マジすんごく嬉しいんですケド。ちなみにバックプリント

f:id:fukutake:20110410222804j:image

こんな感じ。「ゼビウス」大好きっ子としては、このデザインはたまりません!大事に着させていただきます。

2011-02-07

[][]THEゲームメーカー ナムコ編/テクモ編

遅ればせながら、先週発売の「THEゲームメーカー」の2本を観終わりました。

f:id:fukutake:20110220024649j:image

これまでの「サンソフト/ジャレコ/タイトー/アイレム」に比べて、ミニコーナーがさらに充実してとっつきやすくなった感じですが、ゲームを説明するメインコーナーではあいかわらず一本一本をかなり丁寧に紹介しており、資料的か価値もかなり高い作りで大満足です。ただ、ナムコ編はもともとリリースタイトルがかなり多いこともあって、さすがに全部紹介とはいかず、初期にリリースされたタイトルのみにフォーカスされています。後期のタイトルのほうがマイナー度が高く知らない人も多いと思うので、ぜひとも後日続編で紹介してほしいなぁ…なんて思うのですが、そんなこと思うのはマニアだけですかね?

2010-01-29

[][][]THE ゲームメーカー

ゲームセンターCXのスタッフが作った新しいゲームDVDが出たので、購入しました。第一弾はサンソフトとジャレコ。

f:id:fukutake:20100129223402j:image

とりあえずサンソフトの方を一通り観ました。

最初にタイトルが発表されたときに、GCCXの第一シーズンをDVD化するのかと思ってましたけど違ってましたね。完全新作。とはいえ内容はGCCXの「19XX年」の超拡大版とクリエイターインタビューにスタッフのプレイと、どことなく第1シーズンを彷彿とさせる感じがします。挑戦中心のGCCXのようなバラエティ番組的な面白さを期待すると物足りないかもしれませんが、ゲームタイトル紹介にかなりの時間を割いてじっくり解説しているのが個人的にはかなり好印象。「ルート16ターボ」にハングアップするバグがあって1ループできない、なんて知らなかったです。

2008-12-20

[][][]ゲームセンターCX DVD発売記念握手会&スタンプラリー

というわけで今回も行ってきました。今年のイベント計4回ありましたが、皆勤賞(id:fukutake:20080328#p1id:fukutake:20080824#p1id:fukutake:20081012#p3)ですな。

11時にアキバヨドバシに到着し、握手会の参加券をもらったのち速やかにスタンプラリー開始。5ヶ所のチェックポイントでスタンプを押し、最後の一ヶ所はヒントを元に探し当てる、というものでしたが、実は最初のヒントでだいたいの位置は特定できちゃいました。オレって冴えてる!(実は別のヒントはむしろよく分からなかったりしたんですが)。

スタンプポイントのゲームセンター「Hey」ではお台場冒険王のときもあった「スペースインベーダーCX」(id:fukutake:20080824#p1)に再会。前回は無料開放で1機設定でしたが、今回は1クレジット100円で3機設定。あいかわらず課長の声がかなりウザい(褒め言葉ですって)です。

てなわけで、スタンプラリーはあっさりとクリア。最終ポイント「謎の場所」では、AP東島さんとタニーさんがお出迎え。タニーさんには「あれ?今日はずいぶん遅かったんじゃない?」と声をかけていただきました。覚えててくださったんですなぁ。

スタンプラリーは終わったのですが、同時イベントで作家の岐部さんを探す「キベラリー」というイベントも開催中とのことで、早速アキバの街に戻って探しまわりました…が、中央通りを3往復するぐらい歩き回ったのですが、人が多くて全然見当たらず。つーか、ヒント少ないっすよ岐部さーん。

てなことやってるうちに、握手会の時間が来たので会場に移動。結局アソビットシティとアキバヨドバシの2ヵ所をはしごで参加してきました。2ヵ所参加して思ったんですが、やっぱりこの手のイベントをやりなれているアソビットシティのほうがクオリティが上ですね。会場への移動もスムーズで、席順もくじ引きなので公平です。一方のヨドバシは、オープンスペースなので寒い上、買ってない人でも余裕で見れちゃう不公平さだったり、参加者スペースも狭い上に立ち見で先着順という感じ。イベント運営としてはスムーズに進行していたのですが、参加者への配慮という上ではアソビットのほうが数段上な印象を受けました。

課長のトークは相変わらず軽妙で楽しく、適度におなじみのスタッフも絡んできて、とても楽しいイベントでした。

さて、16時前にイベントは終了したのですが、相変わらず岐部さんを探さねばなりません。どうしよう…と途方にくれてWebの速報掲示板をみると「今から謎の場所(ゴール地点)で余りを全部配ります」との書き込みが…。そこから猛ダッシュで一路謎の場所を目指し、なんとかギリギリで岐部さんの賞品をいただくことが出来ました。残りあと数枚だったようで…ラッキーだったわ。でも疲れたわー。

ゴール地点ではその後もプロデューサの菅さんとお話できたり、新キャラ渡邊さんにもお会いできました。スタッフさんとのこの距離の近さがまた楽しいのですな。春の「ミュージアム」イベント(id:fukutake:20080328#p1)同様、手作り感にあふれていて、大スター有野課長が出てくる握手会イベントとはまた違った魅力がある気がします。だからこの番組大好き。

f:id:fukutake:20081220120349j:image

来年もいろんなイベントがあるといいなぁ、と思いつつ、会場をあとにするのでした。

2008-12-19

[]ゲームセンターCX DVD-BOX 5

本来の発売日は21日ですが、フライングで今日ゲットしてきました。早速特典映像「ドルアーガの塔」を鑑賞。チョメチョメ。

明日は握手会&スタンプラリー。私も一日アキバを駆け回ります。勢い余って握手会を2ヵ所で予約してしまったため、もしかするとDVD-BOXももう1個購入?

2008-09-10

[][]NIGHT STRIKER & SYVALION PERFECT BOX 不具合

昨年暮れに発売されたDVD/CDボックスに不具合があったそうで、無償交換してくださるそうです。

http://www.sweeprecord.com/?p=197

受付は今月いっぱいとのことですが、うっかり見落とすところでした。不具合を出してしまったのは残念ですけど、こうしてちゃんと交換対応してくださるところは非常に好感触ですね。マニア心をわかっていらっしゃる。

2008-02-10

[][]ゲーム・ジェネレーションX 〜8ビットの魂

ゲームセンターCX」がヒットした影響か、最近CSとかローカル番組レベルでビデオゲームを扱った番組が増えたようですね。ゲーム好きには大変うれしい状況なのですが、有料チャンネルとかだとさすがに全部をチェックできないのがチト悲しいところです。

てなわけで、CSのMONDO21で放送されていたらしい番組ですが、チャンネルの契約をしていないので残念ながら放送は見ていませんでした。こういうところでのDVD化は非常にありがたいですねぇ。若干値段が高いのが難点ですが。

内容は要するに「今、あえて8ビット機(ファミコン)のゲームを作ろうと思ったらどうなるか?」といったドキュメントのようです。実際に企画をぶち上げてから一本のカセットになるまでの2ヶ月をを2時間程度にまとめています。個人的には非常に興味のある分野でしたので、とても面白かったです。簡単ではありましたが、技術的な側面にも触れられていたり、実際に開発を行う上で使われたツール群の紹介なんかもあったので、おんなじ様なことをやりたいと思ってた人には結構参考になる部分も多いのではないでしょうか?今はPC上でフリーウェアを使えば、作るだけだったら割と簡単に出来てしまうようですね。いい世の中になったなぁ…。

印象深かったのは、プロジェクトの中心人物であるポリゴン犬飼氏が、ゲームを表現する上でのバックグラウンドシチュエーションとかストーリーをどうしよう?と苦悩する場面ですね。こういう「事前の設定」的なところを考えてしまうあたりが「今どきのゲームクリエイターなんだな」と思わせるヒトコマでした。「んなもん、必要ないじゃん」と内心思ってみているところで、アドバイス役の遠藤雅伸氏にキッパリ「いらないでしょ」って言われてしまうあたりの流れはおやじゲーマー的には非常に共感できる部分がありました。

あと、個人的には伝説の「ファミベのよっしん」氏が見られたのはうれしかったかも。リアルタイムでベーマガ見てたファミベー使いとして、記憶に残るスタープログラマーでしたね。

全体的にファミコンリスペクトな内容ではあるんですが、一部ネタ元として紹介されているファミコン映像が、いわゆるパチモン互換機を使って収録されてるように見受けられる(音聞けば分かっちゃうんですよね)のは、ちょっといかがなもんかと思いました。

あと、特典映像の「ファミコン版ゼビウス 全16エリアプレイ映像」ですが、てっきりノーミスで16エリア攻略なのかと思ったら、普通に3回ほどやられてました。まぁ、たしかに「ノーミス」とはどこにも書いてないんですけどなんかちょっとズコーな感じ。

もっとも、最高で14エリアまでしか行けない私が偉そうにいえた義理はありませんが。

2004-07-31

[][]カプコンコンシューマークロニクル Vol.1

ASIN:B0000EI9W6

買いました。こうやってまとめてみると…つくづく格闘ゲーとロックマンばっかしだなー、この会社。