フクタケ的 ゲームさん

ゲーム以外の日常に関する話題はこちら(フクタケさん)へどうぞ。

2003 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2012-07-02

[]謎の周辺機器

ツイッターでフォロワーさんたちと、福武書店の「スタディボックス」の話で盛り上がったので、久々に引っ張り出してきて起動してみました。

f:id:fukutake:20120702005328j:image

f:id:fukutake:20120702005259j:image

まぁ、読み込ませるカセットテープを持っていないので、本当に起動させただけなのですが。よく見ると、使われているフォントファミリーベーシックのものと同じで、ビックリしました。


さて、そんなことをやっている時に「そういえば、これによく似た謎の周辺機器を持っているけど、起動したことないな…」と思いだし、引っ張りだしてみました。

f:id:fukutake:20120702005800j:image

f:id:fukutake:20120702005710j:image

TV NETと書かれた謎の画面。どうやらモジュラージャック電話線をつないでプレイするものらしいのですが、ここからは一切先に進まず…何だこりゃ?


インターネッツで調べたところ、これは山一證券大和証券がやっていたファミコントレードシステムモデムカートリッジだったようです。ファミコントレードというと、任天堂オフシャルで出していた野村證券のものが有名ですが、そういえばそれとは別のファミコントレーディングサービスがあったことを思い出しました。なるほど!それだったのかー。インターネッツは便利ですねぇ。

2012-05-01

[]ファミコン漂白大作戦

なぜかうちには初代ファミコンが6台ぐらいあるのですが、うち数台をダンボールにいれて物置にしまっておいたら、とんでもなく黄ばんでしまいました。ホレ、こんな感じ

f:id:fukutake:20120501004253j:image

ギニャー!!


どうにかならんか…とネットを調べたら、なんとこの黄ばみをとる秘密兵器があるとのこと。

f:id:fukutake:20120506153726j:image

じゃじゃーん!「ワイドハイターEXー!」(CV:大山のぶ代)。こいつに漬け込んで紫外線(太陽光)に当てると綺麗になるよ、と聞いたので、連休の長い休みを利用してさっそく試してみました。


5日ほど漬け込んだ結果がこちらになります

f:id:fukutake:20120506154841j:image

完璧はいいませんが、だいぶマシになったと思いませんか?ちなみに注意すべき点がひとつ。本体前面の「FAMILY COMPUTER TM」と書かれた赤い帯部分をそのまま漬け込むと、色落ちしてしまます(写真ではあまり目立ちませんが、実は結構薄くなってる)。うまいことやるには、この部分を綺麗に剥がすか、しっかりマスキングして漬け込んだほうがよさそうです。

2012-02-29

[][]ハドソン最後の日

今日であのハドソンが会社としては消滅、コナミに吸収合併だそうで。ブランドは残るとはいえ、なんとも寂しいですね。

f:id:fukutake:20120301010108j:image

初めて買ったハドソンのソフトはFC版ロードランナーでした。ファミリーベーシックのNS HU-BASICでプログラミングを覚え、プログラマを目指すきっかけになりました。


f:id:fukutake:20120303211102j:image

X68kユーザとしても感慨深いですね。Human68kでOSの概念を知り、X-BASICでオブジェクト指向型プログラミングの基礎を学びました。ビジュアルシェルは今みてもクールなデザイン。ファイル操作ぐらいしか出来ませんでしたけど、好きだったなぁ…。


さよならハドソン。また会う日まで

2012-02-11

[][][][][]真夜中のゲーム大会7

昨年(id:fukutake:20110206#p1)に続いて、高橋名人のイベント「真夜中のゲーム大会7」に参加してきました。

f:id:fukutake:20120211174750j:image

看板は前半イベントの内容になってますが…。


前回は「スターフォース」での参加でしたが、ライバルが多いので今回はあえてマイナータイトル「ヘクター'87」で挑みました。「ヘクター」は実はほとんどやったこと無かったんですが、一週間ぐらい前から攻略ビデオ見ながら練習してました。おかげさまで

f:id:fukutake:20120414134850j:image

「ヘクター'87」部門で2位に入ることが出来ました。やったネ!(ちなみに参加者4人…)。全部門の結果は高橋名人のブログにアップされています

http://ameblo.jp/meijin16shot/entry-11162593228.html

今回、表彰者はゲームのスコアではなく「いかに会場を沸かせるプレイができたか?」で争われました(判定者はもちろん名人)。今回せっかくなので有野課長のコスプレで参加してお約束の台詞を言いながらプレイしてきたんですが、そのおかげか、なんと3番目ぐらいに会場を沸かせたことになってしまい、

f:id:fukutake:20120414135114j:image

大変貴重な2006年版シューティングキャラバン公式Tシャツをいただくことが出来ました!うれしい!でもこのTシャツ、Lサイズなので残念ながら私には着られないのです。次回までにがんばって痩せるか…。

2012-02-10

[][]あの伝説のゲームを復刻

先日のゲームセンターCXで放送されていた、カーディガン高橋AD作のあの伝説のゲームを自宅で再現しました。

f:id:fukutake:20120211144619j:image

ヤター!!「AKB」ゲームデキタヨー!!


…ってこれ、ファミリーベーシックをいじったことある人ならお分かりのことと思いますが、元ネタはマニュアルに掲載されている「サンプルゲーム3」なんですよね。ちょっと分かってる人ならば、BGグラフィックをちょちょいといじれば、簡単に再現できてしまます。しかもこのサンプルゲーム3、

f:id:fukutake:20120211143724j:image

純正データレコーダの付属カセットテープに収録されているので、それさえ持っていればプログラムを入力する必要すらありません。というわけで、それらを使って20分ほどで再現させてみました。

2012-01-30

[]箱付きナムコット補完計画

実は去年の夏ごろからファミコンのナムコットを箱説付きで集め直そう、というプロジェクトを密かに始めています。一気に集めるんじゃなくて、毎月1本ペースでのんびりと。

f:id:fukutake:20120128233627j:image

半年ほどたって6本。集まって賑やかになっていくのを眺めるのが楽しいです。

2011-08-26

[][]ファミコン三銃士 vol.2

阿佐ヶ谷Loftで行われた、夜中のファミコントークイベントに参加してきました。折からの大雨のせいか、客席がなんと10人ぐらい。なんてローカルなイベントだ…。

f:id:fukutake:20110826234332j:image:h300

第1部はゲイムマンさんによるチョイスゴコンピュータのオリジナルゲームの紹介、第2部はくさなぎゆうぎさんと恋パラ支部長によるオススメファミコンゲーム(アドベンチャー、シュ−ティング)の紹介、第3部は杏野はるなさんのゲーム博物館紹介と1UPゲームススタッフによるチョイスゴコンピュータの宣伝、という感じで、第2部は期待通りの楽しさだったのですが、全体的になんか販促ムードの濃いイベントで、ちょっと期待はずれだったかなーという感じでした。


でも2部はすごく楽しくて、プレイしたことのないゲームもあったので見ごたえがありました。くさなぎさんは本当にアドベンチャーゲームがお好きなようで、特に自分もクリアした(id:fukutake:20080607#p1)「ライブインパワーボウル」の紹介は、聞いていて「うんうん」とうなづきながら見ていました。ネタ的に扱われることも多いタイトルですが、ゲームそのもの結構楽しいですよねアレ。帰り際にその子とをお話ししたら、ステージ中で使用した直筆のTMネットワークイラストをいただけちゃいました。嬉しい!

f:id:fukutake:20110912011936j:image:w200


3部終了後には、さらに1時間ぐらいのフリートークがあったのですが、第1部からの流れでゲイムマンさんを弄る方向に話が進んでしまい、正直見ていて辟易してしまいました。何もあんなに責めなくても…。杏野はるなさん、さすがアイドルだけかわいいルックスだなぁと思ってみてましたが、でも容赦無いゲイムマンさんへのツッコミをみてると、ちょっと怖い印象を受けました。キッツイなぁ…と。


終了後にはゲストの荒井清和さんともお話ができました。ログイン時代からべーしっ君読んでます!とかしか言えなかったのが悔やまれます。うすらのばぼーん。

2011-02-11

[][]STAR FORCE for NES

先日の「真夜中のゲーム大会」(id:fukutake:20110206#p1)でご一緒したゲーム戦士の友人に、「海外版の『スターフォース』は国内版とは結構違う」と教えていただいたので、私も興味が湧いて買ってみました。

f:id:fukutake:20110207000129j:image

f:id:fukutake:20110206234948j:image

存在そのものは以前から知っていたんですが、ただ単にキャラクターパターンが変更してあるだけだと思ってました。実際は音楽、キャラクターの出現パターンなどもかなり調整が加わっているようです。明らかにベースはハドソン版なのだろうなぁ、という感じなのですが、よりアーケード版に近くなっている部分もあり、むしろ離れている部分もあり…と、正直どういうコンセプトでアレンジされているのかがよく分からない感じです。


敵の出現タイミングはアーケード版の3段階目(PS2版、Xbox版、Wii VC版のNormal設定)に相当するようです(ハドソン版はおそらく1段階目でした)。なので出現テンポが早く、難易度はハドソン版より格段に高いです。「スターフォース」の難易度設定については、以前から疑問に思っていることがあるので、そのへんはまた機会があれば書きたいと思ってます


パーサーとったあとの曲が妙に音痴なのが最大のガッカリポイントだったかなぁ。ハドソン版とこの海外版を折衷すると、かなりいい感じでオリジナル版に近い「スターフォース」になりそうなんですが、なかなかうまくいかないものですね。

2011-02-06

[][][]高橋名人の真夜中のゲーム大会6

以前から噂には聞いていましたが、今夜初めて参加してきました。酒を飲みながら夜通しゲームを楽しむ大人のキャラバン大会。事前の夜の部から参加なので、実に11時間にも渡る長丁場。名人、スタッフのみなさん、参加者のみなさん、お疲れさまでした。


f:id:fukutake:20110214021810j:image

今回のソフトは「スターフォース」「スターソルジャー」「ヘクター'87」「スーパースターソルジャー」「ファイナルソルジャー」「ソルジャーブレイド」の5本。「パワーリーグ」以外のキャラバンソフト全部ですね。ちなみに私は「スターフォース」の部に参加…だったのですが、予想通り「スターフォース」「スターソルジャー」は参加者が多く、かなりの激戦でした。逆に「ヘクター'87」はなんとエントリー1人で参加するだけで入賞という美味しい状態…しまったー。選択ミスった。


上記認定証にある通り、スコアは116,000点。参加者の中でも中の上程度の順位だと思います。1回ミスってしまいましたが、ラリオスはきっちり仕留めましたし、ジムダも割と効率的に破壊、Bターゲットボーナスも全部とれたので、個人的には結構満足のいくプレイが出来たなぁ、という気がしてます。ちなみに12万点後半までいかないと入賞は厳しかったようです。


夜通しはさすがにしんどかったですが、大興奮で楽しいひとときが過ごせたので、次回都合が合えばまた参加したいですね。ちなみに詳細は名人のブログで見られるようです。

http://blog.hudson.co.jp/16shot/archives/2011/02/post_1756.html

http://blog.hudson.co.jp/16shot/archives/2011/02/post_1755.html

2010-09-13

[]スーパーマリオブラザーズ発売25周年記念

今日は「スーパーマリオブラザーズ」発売25周年だそうです。確かゲームボーイミクロが出たときに20周年とかやってたけど、それってつい最近じゃなかったっけ?という気分です。時の過ぎるのは早いもんですなぁ。一方その分、自分も確実に歳をとっているわけで…。

f:id:fukutake:20100913232647j:image

というわけで、せっかくなので記念にFC版を引っ張り出してクリアしてみました。このゲーム自体は実は今だにたまに引っ張り出してプレイしたりもするので、特別懐かしいという気分は全然ないんですけどね。


確か私も、当時は発売して割とすぐに入手した(発売日ではなかったですが)クチです。発売直後に友人宅でプレイして衝撃をうけ、家に帰って晩飯時などにそこはかとなくその凄さを語ったりしていたのですが、次の土曜日に半ドンで家に帰宅したらなぜかファミコン本体に新品のこのカセットが刺さっていた!という、なんとも甘やかされていたなぁというエピソードで入手したのでした。25年たった今でも、入手したその日のことを鮮明に覚えてるぐらいなので、それほど衝撃的だったんでしょう。


25周年と同時にWii版「スーパーマリオコレクションスペシャルパック」なんてもんも出るそうで。

http://www.nintendo.co.jp/mario25th/index.html

多分自分も買ってしまうし、実際にかなり売れちゃうんだろうなぁとは思いますが、SFC版の割とベタな移植っぽいですね。バーチャルコンソールではなく、あえてCDとブックレット付けてパッケージソフトとして売っちゃうって…ちょっとやり方があざとい気もしてしまます。そこまでしてWiiの年末商戦の目玉を作ろうって魂胆なのかしら?と穿った見方をしてしまうのです。Wiiのネタ不足ってそこまで追い詰められてるのかなぁ…と。最近の任天堂は、過去の遺産に頼る傾向に拍車がかかった気がします。レトロゲーム好きとしては嬉しいような、でも新作で勝負してくれないことが残念なような…複雑な気分です。


商売としては正しいのかもしれませんが、こんなやり方ではそれこそ「スーパーマリオ」のような、長く楽しまれるエポックメイキング的な作品も出てこないよなぁ…と思ってしまうわけです。